燃焼とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 燃焼 > 燃焼の意味・解説 

ねん‐しょう〔‐セウ〕【燃焼】

読み方:ねんしょう

[名](スル)

燃えること。物質酸素化合して光や熱を出す現象広義には、熱や光を伴わない酸化反応や、酸素でなく塩素弗素(ふっそ)などと反応して光や熱を出す場合にもいう。「ガスが—する」「不完全—」

力のかぎり尽くして事に当たること。「全生命を芸術に—させる」


ねんしょう 燃焼 combustion

物質が光と熱を放って急速に酸化する現象をいう。

燃焼

作者薄井

収載図書稲刈りに来た女薄井短編小説集
出版社町田ジャーナル
刊行年月2001.4


燃焼

作者清水保野

収載図書死の日付
出版社山梨日日新聞社
刊行年月2007.3


燃焼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/25 01:01 UTC 版)

燃焼(ねんしょう)とは、可燃物が光や熱の発生を伴って、激しく酸素と反応する化学反応酸化反応)である。燃焼に必要な酸素は、空気中の燃焼であれば空気から供給されるが、酸化剤火薬類など)が存在する場合は、空気が無くても燃焼は起こる。


  1. ^ 化学工学会SCE・Net、2011年『熱とエネルギーを科学する』東京電機大学、ISBN 9784501419004、47ページ目。
  2. ^ Miyoshi, Y.、2000年「Selection guide of incinerator on medical organizations」『臨床病理』2000年5月、補冊112、53~63ページ、PMID 10901046
  3. ^ 燃焼の化学反応機構を研究する分野では、慣習上例えば水素ラジカル2個を表現する場合、"2H"とは書かず、"H + H"のように表記する。また、Mはここでは任意の化学種である(エネルギーだけを与えたり、持ち去ったりするもの。反応の前後で化学変化をしない)。


「燃焼」の続きの解説一覧

燃焼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/12 14:27 UTC 版)

エタン」の記事における「燃焼」の解説

エタン完全燃焼させたときの燃焼熱は1561 kJ/molであり、完全燃焼により二酸化炭素発生するC 2 H 6 + 7 2 O 22 C O 2 + 3 H 2 O + 1561 k J / m o l {\displaystyle {\rm {C_{2}H_{6}+{\frac {7}{2}}O_{2}\longrightarrow 2CO_{2}+3H_{2}O+1561kJ/mol}}} 燃焼は複雑に連続したラジカル反応により起こる。計算化学反応速度論について計算すると、数百種類反応経路考えられるという結果出たその中で重要な連続反応として、エチルラジカル酸素との結合、それに続く過酸化物生成その分解によるエトキシラジカルヒドロキシルラジカル生成挙げられるC 2 H 5 ∙ + O 2C 2 H 5 OO ∙ {\displaystyle {\ce {C2H5\bullet +O2->C2H5OO\bullet }}} C 2 H 5 OO ∙ + HRC 2 H 5 OOH + ∙ R {\displaystyle {\ce {C2H5OO\bullet +HR->C2H5OOH{}+\bullet R}}} C 2 H 5 OOH ⟶ C 2 H 5 O ∙ + ∙ OH {\displaystyle {\ce {C2H5OOH->C2H5O\bullet +\bullet OH}}} 酸素不足した際に不完全燃焼起こり一酸化炭素ホルムアルデヒド生成するこのような炭素1つを含む物質生成するためには、エタンC-C結合を切る必要がある。これにはエトキシラジカル分解しメチルラジカルホルムアルデヒド生成するという経路挙げられるこれらの生成物更なる酸化により別の化合物へと変化することとなる。 C 2 H 5 O ∙ ⟶ CH 3 ∙ + CH 2 O {\displaystyle {\ce {C2H5O\bullet ->CH3\bullet +CH2O}}} 不完全燃焼では他にアセトアルデヒドメタンメタノールエタノールなどが少量生成する600900高温では、エチレン主な生成物となる。 C 2 H 5 ∙ + O 2C 2 H 4 + ∙ OOH {\displaystyle {\ce {C2H5\bullet +O2->C2H4{}+\bullet OOH}}} 同じような反応エタンからエチレン製造する際のクラッキング法として利用されている。

※この「燃焼」の解説は、「エタン」の解説の一部です。
「燃焼」を含む「エタン」の記事については、「エタン」の概要を参照ください。


燃焼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/29 23:13 UTC 版)

二硫化炭素」の記事における「燃焼」の解説

二硫化炭素燃焼すると、二酸化硫黄二酸化炭素発生するCS 2   + 3 O 2 ⟶ 2 SO 2   + CO 2 {\displaystyle {\ce {CS2\ + 3O2 -> 2SO2\ + CO2}}}

※この「燃焼」の解説は、「二硫化炭素」の解説の一部です。
「燃焼」を含む「二硫化炭素」の記事については、「二硫化炭素」の概要を参照ください。


燃焼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/08 09:41 UTC 版)

シアン化水素」の記事における「燃焼」の解説

シアン化水素空気中強熱すると、炎を上げて燃え窒素二酸化炭素水になる炎色桃色(『化学辞典普及版森北出版)・青色(『化学辞典東京化学同人)・紫色(『実験化学ガイドブック丸善)と各種の表記見られるものの、概ね赤紫色呼べる。なお、原子吸光分析燃料ガスとして、シアン化水素ガスボンベ使用する事がある。 4 HCN + 5 O 22 H 2 O + 2 N 2 + 4 CO 2 {\displaystyle {\ce {4 HCN + 5 O2 -> 2 H2O + 2 N2 + 4 CO2}}} シアン化水素 + 酸素 + 窒素 + 二酸化炭素

※この「燃焼」の解説は、「シアン化水素」の解説の一部です。
「燃焼」を含む「シアン化水素」の記事については、「シアン化水素」の概要を参照ください。


燃焼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 18:02 UTC 版)

ヴァンパイア (ゲーム)」の記事における「燃焼」の解説

デミトリの「カオスフレア」など。燃えて焦げたりなどする。ただしパイロンのみ焦げることは無い。

※この「燃焼」の解説は、「ヴァンパイア (ゲーム)」の解説の一部です。
「燃焼」を含む「ヴァンパイア (ゲーム)」の記事については、「ヴァンパイア (ゲーム)」の概要を参照ください。


燃焼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 09:57 UTC 版)

「火」記事における「燃焼」の解説

詳細は「燃焼」を参照 火を付けるには、可燃物酸素ガスのような酸化剤それらの混合物引火点越えるための熱が必要である。火が点火すると、燃焼によって発生した熱エネルギーさらなる燃焼を起こすが、燃焼し続けるには連鎖反応生み出すよう燃料酸素連続的に供給される必要がある。火はこれらの要素揃わない環境では存在しない燃料酸素だけでなく、触媒必要な場合もある。触媒それ自体燃焼するわけではないが、化学反応促進する役目を果たす火を消すには、上述要素いずれか取り除けばよい。例え天然ガス火を消すには以下のいずれか行えばよい。 ガスの供給止める - 燃料除去する。 炎を何かで完全に密閉する - 酸素供給断ち炎の周囲CO2充満させる大量にかけ、炎が熱を発生するよりも素早く熱を奪う冷気吹き込んでも同じ効果得られるハロメタンのような反応遅延剤を使う。燃焼の化学反応そのもの遅延させ、連鎖反応できなくする逆に燃焼効率高めることで火を強めることができる。そのためには化学量論的につりあいのとれた形で燃料酸素供給量調整するこれによって火の温度高くなって連鎖反応強まるが、同時に触媒必要とする場合もある。

※この「燃焼」の解説は、「火」の解説の一部です。
「燃焼」を含む「火」の記事については、「火」の概要を参照ください。


燃焼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 01:21 UTC 版)

アンモニア」の記事における「燃焼」の解説

通常の状態における空気中での引火性知られていない発火点651空気中アンモニア含有量1625%爆発性ガスができる。液体アンモニアハロゲン強酸接触する激しく反応して爆発飛散することがある酸素中で燃焼し窒素酸化物発生する

※この「燃焼」の解説は、「アンモニア」の解説の一部です。
「燃焼」を含む「アンモニア」の記事については、「アンモニア」の概要を参照ください。


燃焼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/10 21:23 UTC 版)

熱重量分析」の記事における「燃焼」の解説

TGA分析中に測定試料燃焼したかどうかは、TGA曲線記録された明瞭な形跡により識別できる興味深い例のひとつが、大量の金属触媒を含む未精製カーボンナノチューブ試料TGA分析みられる。燃焼のために、TGA曲線典型的な形状から外れることがある。この現象は、急激な温度変化によって引き起こされる重量温度時間に対してプロットすると、その一次微分曲線急激な傾き変化は、試料重量減少および熱電対観測される急激な温度上昇と同時に起こっている。その重量減少は、燃焼によりスス粒子発生した結果であり、燃焼は材料自体ムラによって引き起こされる、すなわち、重量減少制御不充分なため、炭素酸化追いつかない態と言える

※この「燃焼」の解説は、「熱重量分析」の解説の一部です。
「燃焼」を含む「熱重量分析」の記事については、「熱重量分析」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「燃焼」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

燃焼

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 07:33 UTC 版)

名詞

ねんしょう

  1. (化学) もえること。理化学では物質激しくを出す酸化反応広義には生体内起こ緩やか酸化や、激しく熱を出して酸素以外の物質反応することも指す。

発音(?)

ね↗んしょー

参照

動詞

活用

サ行変格活用
燃焼-する

「燃焼」の例文・使い方・用例・文例




燃焼と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

燃焼のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



燃焼のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2022 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの燃焼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのエタン (改訂履歴)、二硫化炭素 (改訂履歴)、シアン化水素 (改訂履歴)、ヴァンパイア (ゲーム) (改訂履歴)、火 (改訂履歴)、アンモニア (改訂履歴)、熱重量分析 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの燃焼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS