燃焼とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 燃焼 > 燃焼の意味・解説 

ねん‐しょう〔‐セウ〕【燃焼】

[名](スル)

燃えること。物質酸素化合して光や熱を出す現象広義には、熱や光を伴わない酸化反応や、酸素でなく塩素弗素(ふっそ)などと反応して光や熱を出す場合にもいう。「ガスが燃焼する」「不完全燃焼

力のかぎりを尽くし事に当たること。「全生命芸術に燃焼させる」


ねんしょう 燃焼 combustion

物質が光と熱を放って急速に酸化する現象をいう。

燃焼

作者薄井清

収載図書稲刈りに来た女―薄井清短編小説
出版社町田ジャーナル
刊行年月2001.4


燃焼

作者清水保野

収載図書死の日付
出版社山梨日日新聞社
刊行年月2007.3


燃焼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/27 21:36 UTC 版)

燃焼(ねんしょう)とは、可燃物有機化合物やある種の元素など)が空気中または酸素中で光や熱の発生を伴いながら、比較的激しく酸素と反応する酸化反応のことである(ろうそくの燃焼、木炭の燃焼、マグネシウムの燃焼など)。




  1. ^ 化学工学会SCE・Net、2011年『熱とエネルギーを科学する』東京電機大学、ISBN 9784501419004、47ページ目。
  2. ^ Miyoshi, Y.、2000年「Selection guide of incinerator on medical organizations」『臨床病理』2000年5月、補冊112、53~63ページ、PMID 10901046
  3. ^ 燃焼の化学反応機構を研究する分野では、慣習上例えば水素ラジカル2個を表現する場合、"2H"とは書かず、"H + H"のように表記する。また、Mはここでは任意の化学種である(エネルギーだけを与えたり、持ち去ったりするもの。反応の前後で化学変化をしない)。


「燃焼」の続きの解説一覧

燃焼

出典:『Wiktionary』 (2018/04/18 08:45 UTC 版)

名詞

ねんしょう

  1. (化学) もえること。理化学では物質激しくを出す酸化反応広義には生体内で起こる緩やか酸化や、激しく熱を出し酸素以外の物質反応することも指す。

発音

ね↗んしょー

参照

動詞

活用

サ行変格活用
燃焼-する



燃焼と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「燃焼」の関連用語

燃焼のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



燃焼のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2021 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの燃焼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの燃焼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS