可燃性ガスとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > ガス > 可燃性ガスの意味・解説 

可燃性ガス

自ら燃焼するガス

可燃性ガス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/05 07:32 UTC 版)

可燃性ガス(かねんせいガス、英:inflammable gas)とは、継続的に燃焼する性質のある気体のこと。可燃物の一種である。ほかの可燃物同様、通常環境において着火した場合に燃焼する。可燃性ガスの特徴として、広い空間に高い密度で存在する場合ガス爆発を伴う激しい燃焼を引き起こす原因となる。


  1. ^ GHS文書 改訂初版(2005年7月)
  2. ^ IATA「DGR第3章2.1 引火性ガス」
  3. ^ IATA「DGR 第2章制限第7項 微量危険物として輸送できないもの」
  4. ^ IATA「DGR 第2章 2.8項少量危険物として輸送できないもの」
  5. ^ ガス工作物の技術上の基準を定める省令 第二十二条[1]
  6. ^ スプレー缶の東京消防庁発表資料 火災に注意! 「注意喚起」[2]
  7. ^ 川口市 廃棄物対策課 お知らせ「エアゾール缶・ライターの捨て方について」[ http://www.city.kawaguchi.lg.jp/kbn/28050008/28050008.html]
  8. ^ 容器保安規則 第八条から第十二条 [3]
  9. ^ 一般高圧ガス保安規則 第二条の一[4]


「可燃性ガス」の続きの解説一覧



可燃性ガスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「可燃性ガス」の関連用語

可燃性ガスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



可燃性ガスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
大光電機大光電機
Copylight 2019.DAIKO ELECTRIC CO.,LTD.All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの可燃性ガス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS