アンモニアとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学反応 > 気体 > アンモニアの意味・解説 

アンモニア【ammonia】


アンモニア(NH3)

特有の刺激臭のある無色の気体で,圧縮することによって常温容易に液化します。粘膜刺激呼吸器刺激腐蝕性があり,眼に入ると結膜浮腫等を起こします主な発生源は,畜産農業鶏糞乾燥場等。

アンモニア

分子式H3N
その他の名称ニトロ-シル、R 717Ammonia、Nitro-Sil、Spirit of Hartshorn、R-717、液体アンモニア、Liguid ammoniaAmine
体系名:アミン、アンモニア塩、アンモニア


物質名
アンモニア
英語名
Ammonia
化学式
NH3
原子量
17.0
融点(℃)
-77.7
沸点(℃)
-33.4
密度(g/cm3
17.0


アンモニア(NH3)


アンモニア(あんもにあ)

NH3分子式をもつ化合物水中のアンモニア含量が0.1ppmを超えるときは、汚水混入疑いがあり、醸造用として好ましくないアンモニア水は、清酒除酸用いことがある

アンモニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/27 03:30 UTC 版)

アンモニア: ammonia)は、分子式 で表される無機化合物。常圧では無色気体で、特有の強い刺激臭を持つ。


  1. ^ NIST Chemistry WebBook (website page of the National Institute of Standards and Technology) URL last accessed 15 May 2007
  2. ^ a b c Ammonia”. NIST. 2021年3月8日閲覧。
  3. ^ a b c 厚生労働省モデルSDS
  4. ^ MSDS Sheet from W.D. Service Co.
  5. ^ シャロー 『溶液内の化学反応と平衡』 藤永太一郎、佐藤昌憲訳、丸善、1975年
  6. ^ 汗が臭くなる病気沢井製薬(2017年7月)2018年4月12日閲覧。
  7. ^ 山崎昶 『ミステリーの毒を科学する』講談社ブルーバックス〉、1992年。ISBN 4-06-132919-7ISBN 978-4-06-132919-5 
  8. ^ a b アンモニア (PDF) 化学物質安全シート 高千穂科学工業
  9. ^ MSDS 液体アンモニア (PDF)
  10. ^ a b D.D. Wagman, W.H. Evans, V.B. Parker, R.H. Schumm, I. Halow, S.M. Bailey, K.L. Churney, R.I. Nuttal, K.L. Churney and R.I. Nuttal, The NBS tables of chemical thermodynamics properties, J. Phys. Chem. Ref. Data 11 Suppl. 2 (1982)
  11. ^ FA コットン, G. ウィルキンソン著, 中原 勝儼訳 『コットン・ウィルキンソン無機化学』 培風館、1987年、原書:F. ALBERT COTTON and GEOFFREY WILKINSON, Cotton and Wilkinson ADVANCED INORGANIC CHEMISTRY A COMPREHENSIVE TEXT Fourth Edition, INTERSCIENCE, 1980.
  12. ^ 田中元治 『基礎化学選書8 酸と塩基』 裳華房、1971年
  13. ^ a b c 江崎正直、アンモニア合成 (PDF)
  14. ^ 秋鹿研一、小山建次、山口寿太郎 ほか、「アンモニア合成用カリウム金属添加ルテニウムおよびオスミウム触媒の製法に関する研究」『日本化学会誌』 1976年 1976巻 3号 p.394-398, 日本化学会, doi:10.1246/nikkashi.1976.394, NAID 130004155575
  15. ^ 秋鹿研一『化学と教育』第10巻、1994年、 680 - 684頁。
  16. ^ 北野政明、原亨和、細野秀雄、「電子化物を利用したアンモニア合成用触媒材料の開発」『スマートプロセス学会誌』 Vol.2 (2013) No.6 p.293-298, doi:10.7791/jspmee.2.293
  17. ^ K. Arashiba, Y. Miyake and Y. Nishibayashi, A molybdenum complex bearing PNP-type pincer ligands leads to the catalytic reduction of dinitrogen into ammonia, Nature Chem. 3, 120-125 (2011).
  18. ^ 世界最高の活性を示すアンモニア合成触媒の開発に成功 東京大学、九州大学、科学技術振興機構
  19. ^ 貴金属を使わない高性能アンモニア合成触媒を開発 東京工業大学、Yutong Gong, Jiazhen Wu, Masaaki Kitano, Junjie Wang, Tian-Nan Ye, Jiang Li, Yasukazu Kobayashi, Kazuhisa Kishida, Hitoshi Abe, Yasuhiro Niwa, Hongsheng Yang, Tomofumi Tada & Hideo Hosono., Ternary Intermetallic LaCoSi as a Catalyst for N2 Activation(日本語タイトル:窒素分子の活性化触媒としての3元系金属間化合物LaCoSi)., Nature Catalysis, doi:10.1038/s41929-017-0022-0
  20. ^ 経済産業省生産動態統計・生産・出荷・在庫統計 平成20年年計による
  21. ^ http://www.ueri.co.jp/jhif/12Conference090610/doshisyauniv.pdf [リンク切れ]
  22. ^ 「自然冷媒(アンモニア)高効率ヒートポンプチラー」の開発・販売について 〜地球環境にやさしいアンモニア冷媒を採用、4月より販売開始〜 2004年3月30日 東京電力
  23. ^ 石炭火力発電所向け 燃焼試験設備で世界最高水準のアンモニア混焼を実証~CO2排出量低減に寄与 アンモニアの燃料利用を可能にする燃焼技術を開発~ IHIプレスリリース(2018年3月28日)2018年4月12日閲覧。
  24. ^ アンモニアを直接燃焼させる 炭素を含まない燃料による火力発電 科学技術振興機構(2018年4月12日閲覧)。
  25. ^ 世界初,カーボンニュートラルな「ブルーアンモニア」を利用する混焼試験を実施 ~CO₂フリーアンモニアのバリューチェーン構築に向けて,燃料製造側と利用側をつなぐ~”. 株式会社IHI. 2021年3月15日閲覧。
  26. ^ 燃料アンモニアサプライチェーンの構築」 プロジェクトの 研究開発・社会実装の”. 経済産業省. 2021年6月30日閲覧。
  27. ^ 永岡 勝俊 (2016). “触媒の酸化熱を利用したアンモニアの酸化分解による水素製造プロセスのコールドスタート”. ENEOS Technical Review 58 (2). https://www.noe.jxtg-group.co.jp/company/rd/technical_review/pdf/vol58_no02_04.pdf. 
  28. ^ 排煙脱硝装置 (PDF) 」 『エネルギア総研レビュー』第33巻第3号、エネルギア総研、2013年、 23頁、2021年3月15日閲覧。
  29. ^ アメリカ合衆国特許第 125,577号
  30. ^ アメリカ合衆国特許第 105,581号
  31. ^ Louis C. Hennick; Elbridge Harper Charlton (1965). The Streetcars of New Orleans. Pelican Publishing. p. 14-16. ISBN 9781455612598 
  32. ^ キンカン」など。
  33. ^ 坂口力、「環境要因とアンモニア代謝 第1報: 各種環境要因における脳, 肝, 血液のアンモニア濃度変化」『日本衛生学雑誌』 1965年 19巻 6号 p.369-373, 日本衛生学会, doi:10.1265/jjh.19.369
  34. ^ 福嶋真理恵、古藤和浩、遠城寺宗近 ほか、「バルプロ酸ナトリウムにより高アンモニア血症をきたしたC型慢性肝炎の1例」『日本消化器病学会雑誌』 2005年 102巻 1号 p.42-47, 日本消化器病学会, doi:10.11405/nisshoshi.102.42
  35. ^ “新年企画 食べるって何だ? 郷土の味 知恵凝縮”. 朝日新聞栃木版 (朝日新聞社). (2009年1月1日). http://mytown.asahi.com/tochigi/news.php?k_id=09000360901010002 2009年8月10日閲覧。 
  36. ^ 加藤章信、鈴木一幸、「肝性脳症: 診断・検査」『日本消化器病学会雑誌』 2007年 104巻 3号 p.344-351, doi:10.11405/nisshoshi.104.344
  37. ^ ヤリイカの人工飼育”. 松本 元先生 メモリアルサイト. ブレインビジョン株式会社. 2011年12月15日閲覧。



アンモニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/30 00:25 UTC 版)

皮膚ガス」の記事における「アンモニア」の解説

アンモニアはたんぱく質アミノ酸の代謝過程筋肉中のリボ核酸(AMP)の分解過程により生じ、体を使った運動労働をすると皮膚からの放散量が増加するまた、ヒト緊張状態ある時にもアンモニア放散量が増加するとの報告もある。皮膚から放散されるアンモニアは身体的精神的ストレス指標になると考えられ腕時計疲労度計インジケータ)が開発されている。

※この「アンモニア」の解説は、「皮膚ガス」の解説の一部です。
「アンモニア」を含む「皮膚ガス」の記事については、「皮膚ガス」の概要を参照ください。


アンモニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/06 03:40 UTC 版)

熱媒体」の記事における「アンモニア」の解説

フロン登場前は広く冷却機冷凍機熱媒体として利用された。安全性面で使用しにくい。

※この「アンモニア」の解説は、「熱媒体」の解説の一部です。
「アンモニア」を含む「熱媒体」の記事については、「熱媒体」の概要を参照ください。


アンモニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/07 00:21 UTC 版)

代わりの生化学」の記事における「アンモニア」の解説

アンモニアはおそらく代替物質として提案されたもののうち、最も一般的なものである多数化学反応はアンモニア溶液でも可能であり液体アンモニアはいくつ同じような化学性質を持っている。アンモニアは、ほとんどの有機分子と同じように溶かすことができ、さらに多くの金属元素溶かすことができる。これらの化学特性から、アンモニアを基盤とする生命は可能かもしれないという理論存在している。しかしながら、アンモニアは生命基礎していくつかの問題持っている。アンモニアの気化熱水の半分で、表面張力は1/3ほどである。これはアンモニア分子間水素結合より遥かに弱いこと意味している。 アンモニアを元とする生物圏は、おそらく地球上生命からすれば極めて珍し温度気圧存在しているだろう。地球上普通の生命は、1気圧0℃(273K)〜100(373K)という水の融点沸点間に存在している。アンモニアの融点沸点は-78(195K)〜-33(240K)である。そのような非常に冷た環境では、化学反応は非常に遅くなる

※この「アンモニア」の解説は、「代わりの生化学」の解説の一部です。
「アンモニア」を含む「代わりの生化学」の記事については、「代わりの生化学」の概要を参照ください。


アンモニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/03 14:57 UTC 版)

高野豆腐」の記事における「アンモニア」の解説

過去に用いられ製法で、極めて吸水性が高いアンモニアの性質生かし高野豆腐戻し時間短縮する役割を持つ。乾燥終わった高野豆腐をアンモニア処理室にいれアンモニアガスを充満させるスポンジ状高野豆腐内部までアンモニアガスが行渡りアンモニアが全体に吸着したら、密封包装をして出荷される。アンモニアが揮発してしまうと効果がなくなるので保存時は必ず密封しなければならない。アンモニア臭を抜くために、ではなく熱湯で戻すことが推奨されている。戻した後、何度か替えて完全にアンモニア臭を抜く必要がある。アンモニア自体有害であること、保存時にアンモニアが揮発する効果がなくなる。

※この「アンモニア」の解説は、「高野豆腐」の解説の一部です。
「アンモニア」を含む「高野豆腐」の記事については、「高野豆腐」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アンモニア」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

アンモニア

出典:『Wiktionary』 (2021/08/07 00:21 UTC 版)

語源

英語 ammonia < ラテン語 sal ammoniacus (エジプトアメン神殿付近アンモニウム塩産出したことから)。 「アメン」(Ammon)は古典ギリシア語 Ἄμμων (Ámmōn) < 古代エジプト語 jmn

名詞

アンモニア

  1. 分子式 NH3表される無色刺激臭のある気体

発音(?)

あ↗んもにあ

翻訳


「アンモニア」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



アンモニアと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アンモニアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アンモニアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2022 京浜河川事務所 All rights reserved.
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2022 Japan Sake Brewers Association
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアンモニア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの皮膚ガス (改訂履歴)、熱媒体 (改訂履歴)、代わりの生化学 (改訂履歴)、高野豆腐 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアンモニア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS