ロケットとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > ロケット > ロケットの意味・解説 

ロケット【locket】

読み方:ろけっと

写真など入れて身につける小型の容器。鎖に通して首から下げることが多い。


ロケット【rocket】

読み方:ろけっと

推進剤燃焼させ、噴出するガス反動によって前進する装置また、それで推進される飛行体

ロケットサラダ」の略。


ロケット

名前 LockettRocket

ロケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/02 23:02 UTC 版)

ロケット: rocket)は、自らの質量の一部を後方に射出し、その反作用で進む力(推力)を得る装置(ロケットエンジン)、もしくはその推力を利用して移動する装置である。外気から酸化剤を取り込む物(ジェットエンジン)は除く。


注釈

  1. ^ 一時期OTRAGというこの種の概念のロケットが試みられたが資金調達、政治的理由等により頓挫した。
  2. ^ アマチュアロケット
  3. ^ そもそも、第二次世界大戦前の各国のロケット開発の多くは宇宙旅行協会に所属したヴェルナー・フォン・ブラウン反動推進研究グループに所属したセルゲイ・コロリョフを含む民間の好事家達による開発によるものであった。

出典

  1. ^ 越川智瑛「【Next Tech 2030】無燃料ロケット、電磁波で飛ばす 東大グループ考案 地上から照射、物資輸送向け」『日本経済新聞日本経済新聞社、2019年5月24日。2019年6月13日閲覧。
  2. ^ “Russia unveils nuclear-powered interstellar spaceship - Russian space industry news” (英語). Pravda.ru (Pravda). (2018年11月13日). http://www.pravdareport.com/news/science/tech/13-11-2018/141982-interstellar_spaceship-0/ 2018年11月13日閲覧。 
  3. ^ Russia unveils NUCLEAR spaceship poised for groundbreaking INTERSTELLAR missions - YouTube”. youtube.com (2018年11月14日). 2018年11月14日閲覧。[リンク切れ]
  4. ^ Interstellar for Real Meet the Nuclear-Powered Spaceships of the Future - Sputnik International”. sputniknews.com (2018年4月22日). 2018年4月22日閲覧。
  5. ^ Onward to Mars! (1988) russian - YouTube”. youtube.com (2015年11月2日). 2015年11月2日閲覧。
  6. ^ В В Роскосмосе задумались о создании ракетоплана с ядерным двигателем - РИА Новости, 06.03.2019 ria.ru | 2019年3月6日閲覧
  7. ^ A brief history of rocketry”. NASA. 2006年8月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月16日閲覧。
  8. ^ 白金はロケット戦闘機「秋水」製造用に(昭和20年10月20日 朝日新聞)『昭和ニュース辞典第8巻 昭和17年/昭和20年』p148 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  9. ^ 瀬名秀明 (2007年9月21日更新). “火星飛行機を実現する!”. 瀬名秀明がゆく!. 2020年5月3日閲覧。 “取材先:「見えない流れを見る科学」浅井・永井研究室。”
  10. ^ 四谷智義、金崎雅博「1405 火星探査航空機翼型の設計探査(OS8-1 近似最適化I)」『設計工学・システム部門講演会講演論文集』第20巻セッションID:1405、日本機械学会、2010年、 doi:10.1299/jsmedsd.2010.20._1405-1_



ロケット (Loket)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/27 09:15 UTC 版)

古城街道」の記事における「ロケット (Loket)」の解説

前項温泉地カルロヴィ・ヴァリから日帰りできる位置に、オフジェ川の渓谷抱かれるようにロケットの古城がある。13世紀建造されロマネスク様式の城で、温泉保養客がしばしば観光訪れる。ゲーテもロケットを訪れウルリカという娘に恋をしたが、娘の親の反対で別れている。

※この「ロケット (Loket)」の解説は、「古城街道」の解説の一部です。
「ロケット (Loket)」を含む「古城街道」の記事については、「古城街道」の概要を参照ください。


ロケット (ROCKET)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 09:02 UTC 版)

Xeodrifter」の記事における「ロケット (ROCKET)」の解説

上方高速で飛翔する。

※この「ロケット (ROCKET)」の解説は、「Xeodrifter」の解説の一部です。
「ロケット (ROCKET)」を含む「Xeodrifter」の記事については、「Xeodrifter」の概要を参照ください。


ロケット(宇宙船)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 06:49 UTC 版)

特殊相対性理論」の記事における「ロケット(宇宙船)」の解説

具体例をあげると、高速で飛んでいるロケットは停まっているときより短く見える。 ロケットの後端基準にしたとき、先端へいくにつれロケット側と観測者側との時刻のずれが大きくなる。 ロケット側からすれば新し時刻位置後端と、古い時刻位置先端が、観測者側に同時に見える。 ※進行方向にのみ収縮する。 ※実際にはロケットから観測者までの光の到達具合によってさらに歪んだ見え方となりうる。

※この「ロケット(宇宙船)」の解説は、「特殊相対性理論」の解説の一部です。
「ロケット(宇宙船)」を含む「特殊相対性理論」の記事については、「特殊相対性理論」の概要を参照ください。


ロケット(ROCKET)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/04 17:08 UTC 版)

星霜鋼機ストラニア」の記事における「ロケット(ROCKET)」の解説

威力着弾すると巨大な爆風発生させるロケット。わずかだ誘導機能もある。

※この「ロケット(ROCKET)」の解説は、「星霜鋼機ストラニア」の解説の一部です。
「ロケット(ROCKET)」を含む「星霜鋼機ストラニア」の記事については、「星霜鋼機ストラニア」の概要を参照ください。


ロケット(2巻)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 14:41 UTC 版)

星のカービィ デデデでプププなものがたり」の記事における「ロケット(2巻)」の解説

カイン発射台)の中に入ったカービィが、デデデ大王下半身から入った態でスパーク発動エネルギー充電)。その後バーニング点火しデデデ大王ごと発射する仕組み厳密にデデデ大王合体加わっていることになる。

※この「ロケット(2巻)」の解説は、「星のカービィ デデデでプププなものがたり」の解説の一部です。
「ロケット(2巻)」を含む「星のカービィ デデデでプププなものがたり」の記事については、「星のカービィ デデデでプププなものがたり」の概要を参照ください。


ロケット(短射程)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 23:22 UTC 版)

ヒズボラの保有兵器」の記事における「ロケット(短射程)」の解説

ヒズボラ保有しているおよそ13,000発のロケット弾多くは、ソ連製BM-21 グラートイラン版である「アーラシュ」から発射される射程20.75km、直径122mmのロケット弾である。アーラシュ発射機30-40連装であり、ヒズボラ75程度保有している。通称で「カチューシャ」と呼ばれているが、本来のカチューシャとは別物である。 また、ヒズボラシャヒン-1(Ra'ad 1)というロケット弾所有しており、その射程は13kmである。そのほか中国製63式107mmロケット砲イラン版である「ハセブ」12連装107mm牽引式ロケット弾発射機も140-150基有しており、その射程は8.5kmである。 さらに、一部ロケット弾殺傷能力を高めるために着弾時に金属片飛び散るように手を加えてあり、2006年7月16日にはハイファ列車倉庫着弾し、8人の民間人死亡した。続く8月6日にはIDF予備役12人が死亡したヒューマン・ライツ・ウォッチ2006年10月18日、「ヒズボライスラエルクラスター弾撃ち込んだ」とレポートしたが、厳密に言えば122mmロケット用の対人キャニスター弾である。

※この「ロケット(短射程)」の解説は、「ヒズボラの保有兵器」の解説の一部です。
「ロケット(短射程)」を含む「ヒズボラの保有兵器」の記事については、「ヒズボラの保有兵器」の概要を参照ください。


ロケット(長射程)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 23:22 UTC 版)

ヒズボラの保有兵器」の記事における「ロケット(長射程)」の解説

ヒズボラは、イラン(シャヒード・バゲリ・インダストリーズ社)製の射程長いロケット弾ファジル-3(Fajr-3)とファジル-5(Fajr-5)を保有している。ファジル-3は、射程43km、口径240mm、炸薬重量45kgである。ファジル-5は、射程75km、口径333mm、炸薬重量90kgである。2006年イスラエル・レバノン紛争おいても使用された。2004年には、ヒズボラはおよそ500発のファジルロケットを保有していると考えられていた。しかし、最近の資料によると数十発の保有変更されている。2006年8月2日に、ファジルロケットがレバノンとの国境から南に70km離れたベィト・シェアン近郊着弾した。 通常ファジル-3 ロケットは専用トラック標準型メルセデス・ベンツ 2624)上に設置され発射装置によって運用される2000年以前ヒズボラのロケット攻撃は1発ずつ手製固定式発射装置から発射されており、敵の反撃避けるためにロケットは離れたところから発射されていた。2001年前半になるとヒズボライスラエルとの戦闘備えイスラエルとの国境沿い牽引式多連装ロケットランチャートラック据付のロケットを配備したファジル-5 ロケットは、牽引式住宅公園山岳地などの隠蔽陣地から発射されるまた、何人かアナリストによると200-400kmの射程を持つZelzal-2を保有しているとされる。しかし、現実的にはZelzal-2の射程は100km程度であると考えられており、南レバノンから発射した場合テルアビブ達す恐れがある。このロケットの弾頭は600kgの高性能爆薬使用している。非誘導であるが、都市部に向けて発射され場合重大な被害をもたらすことが想像できる通常弾頭以外に化学兵器搭載弾頭使用することができる。ヒズボラはZelzalロケットを30保有している。 その外シリア製ハイバル-1ロケット(口径325mm)も使用されたという報道があるが、詳細不明である

※この「ロケット(長射程)」の解説は、「ヒズボラの保有兵器」の解説の一部です。
「ロケット(長射程)」を含む「ヒズボラの保有兵器」の記事については、「ヒズボラの保有兵器」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ロケット」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ロケット

出典:『Wiktionary』 (2021/07/22 23:13 UTC 版)

名詞

  1. 物体一部質量後方に射出ロケットエンジンまたは推力得た装置によって前進する装置
  2. ロケット兵器の略称。

類義語

翻訳


「ロケット」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ロケットと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ロケット」の関連用語

ロケットのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ロケットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
すずらん工房すずらん工房
Copyright (c) 2000-2022 BOW All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロケット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの古城街道 (改訂履歴)、Xeodrifter (改訂履歴)、特殊相対性理論 (改訂履歴)、星霜鋼機ストラニア (改訂履歴)、星のカービィ デデデでプププなものがたり (改訂履歴)、ヒズボラの保有兵器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのロケット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS