腕時計とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 計測 > 時計 > 腕時計の意味・解説 

うで‐どけい【腕時計】


腕時計

作者神津カンナ

収載図書スターダスト
出版社角川書店
刊行年月1989.5

収載図書スターダスト
出版社角川書店
刊行年月1992.11
シリーズ名角川文庫


腕時計

作者内海隆一郎

収載図書街の眺め
出版社文芸春秋
刊行年月1993.10
シリーズ名文春文庫


腕時計

作者都筑道夫

収載図書悪魔はあくまで悪魔である都筑道夫恐怖短篇集成 1
出版社筑摩書房
刊行年月2004.5
シリーズ名ちくま文庫


腕時計

作者吉尾健太郎

収載図書記憶のない街
出版社文芸社
刊行年月2005.12


腕時計

作者瀬高

収載図書ふたり心地
出版社東京図書出版会
刊行年月2008.2


腕時計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/01 00:56 UTC 版)

腕時計(うでどけい、: watch)は、ベルトによって手首に巻くことで携帯できる時計である。


  1. ^ たとえば、「シチズン」ブランドのクロック事業を担っているのは「リズム」だ、といったように。
  2. ^ a b c 中央公論社『時計の社会史』
  3. ^ a b Marco Richon『OMEGA SAGA』Chap.7
  4. ^ WATCH WIKI "SANTOS" [1]
  5. ^ 沿革|セイコーホールディングス株式会社
  6. ^ a b c d e 『時計史年表』p.180。
  7. ^ a b WATCH WIKI "MEGA1" [2]
  8. ^ a b 世界初、人工衛星から時刻情報を受信する光発電時計「エコ・ドライブ サテライト ウエーブ」” (日本語). シチズンホールディングス (2011年6月15日). 2013年6月23日閲覧。
  9. ^ 世界初の「GPS+電波受信」、ハイブリッドG-SHOCK発表――カシオ”. ITmedia (2014年6月25日). 2020年4月17日閲覧。
  10. ^ カシオ、世界初の3つの時刻取得システムを搭載した「G-SHOCK」”. PC Watch (2017年3月1日). 2020年4月17日閲覧。
  11. ^ 『軍用時計物語』
  12. ^ 第一次世界大戦による腕時計の軍隊での普及”. セイコーミュージアム. 2019年12月10日閲覧。
  13. ^ 長尾善夫・木村好孝『戦後の国産腕時計』(1994年 トンボ出版)p28での長尾の記述による。
  14. ^ a b c 『世界の特選品 時計大図鑑』p.133。
  15. ^ From the roots until today's achievements..”. Federtywfdywoiration of the Swiss Watch Industry. 2007年12月6日閲覧。
  16. ^ a b c 『世界の特選品 時計大図鑑』p.134。
  17. ^ セイコー クオーツアストロン 35SQ(エプソン マイルストンプロダクツ)
  18. ^ 『ビスカススイープシステムの開発』NAID 110002775858
  19. ^ SEIKO TECHNOLOGY
  20. ^ SEIKOのニュース - セイコーウオッチ株式会社
  21. ^ マリーンマスタープロフェッショナル スプリングドライブ搭載モデル(プロスペックス「海」) プロスペックスについて - セイコーウオッチ株式会社
  22. ^ SEIKOのニュース - セイコーウオッチ株式会社
  23. ^ https://news.mynavi.jp/article/20130517-a090/
  24. ^ http://www.swatchgroup.com/en/services/archiv/2013/swatch_sistem51
  25. ^ 世界初。全世界39のタイムゾーンに対応。ソーラーGPSウオッチ<セイコー アストロン>衛星シグナルをキャッチし、地球上どこでも現在時刻をすばやく取得” (日本語). セイコーウオッチ (2012年3月5日). 2013年6月23日閲覧。
  26. ^ ソニー×カシオ! 世界初「GPSハイブリッド電波時計」のキーデバイスに迫る!|マイナビニュース(2014年3月26日付 マイナビ
  27. ^ ハイブリッドの“G-SHOCK”を発売 - 2014年 - ニュースリリース(2014年6月25日付 カシオ計算機)
  28. ^ ASCII.jp:カシオ計算機、世界初フルメタルGPS電波やBluetooth腕時計(2014年9月3日付 ASCII.jp編集部)
  29. ^ 腕時計を着けていても、半数が「携帯電話で時間を確認」 - japan.internet.com デイリーリサーチ
  30. ^ 老舗シチズン「アップルと戦わない」時計戦略(世界初のBluetooth腕時計はシチズン製)”. 東洋経済ONLINE (2018年11月11日). 2020年4月17日閲覧。
  31. ^ Apple Watchが世界を変えた?試験会場への腕時計持ち込み禁止が世界で広まる”. INTERNET Watch (2015年3月23日). 2017年8月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月18日閲覧。
  32. ^ 時計の防水に関する本体記載の表現はかつて統一されていなかった。シチズンの場合、先行して導入した耐震機構を「パラショック」と名付けたため、その後に開発された1960年代の防水時計で「パラウォーター」"Para Water" を呼称していた時期がある。
  33. ^ ロレックスがいち早く1930年代初頭に高効率の全回転式自動巻き機構を実用化した動機には、竜頭の摩耗を回避して防水性能を長期維持する意図があった。このため防水型の自動巻きロレックスは、「バブルバック」と通称される厚手な構造になっていた。
  34. ^ オメガの「シーマスター」シリーズは1948年から市販されているが、当初は単純に「防水モデル」を意味するネームであり、1960年代以前は「日常生活防水」レベルの初歩的な防水モデルも含まれていた。従って、すべてのシーマスターが多重ケース構造を用いているわけではない。



腕時計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/27 06:08 UTC 版)

自動火災報知設備」の記事における「腕時計」の解説

携帯電話同じく専用端末電波発信し登録されている腕時計を振動させたり定型メール文発信する携帯電話違い受信には専用の腕時計(いわゆるウェアラブル端末)が必要となる。

※この「腕時計」の解説は、「自動火災報知設備」の解説の一部です。
「腕時計」を含む「自動火災報知設備」の記事については、「自動火災報知設備」の概要を参照ください。


腕時計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/23 02:53 UTC 版)

リコーエレメックス」の記事における「腕時計」の解説

腕時計事業は、名古屋市1899年設立され掛時計製造会社高野時計製造所」と1913年設立され置時計製造会社高野金属製作所」が、1921年に合併し誕生した高野時計金属品製作所」を起源とする。戦前から日本軍向けの砲弾信管手掛けていたが、朝鮮戦争勃発後の1951年以降アメリカ軍向けの砲弾信管特需経営不振から再建米軍特需終了後1956年に、新たな生産品目として腕時計生産企画した高野精密の腕時計生産1957年初頭から具体化した紳士用時計については当初西ドイツラコー時計ムーヴメントのみを輸入してこれにケースを組むことでスタートし徐々に自製化した。また紳士用腕時計よりも小型なため技術的な難易度が高い婦人用腕時計については、1957年10月アメリカ合衆国高級時計メーカー・ハミルトン時計正規の技術提携を結び、同社設計技術供与を受けるなど、先行する国産大手セイコーシチズン急速に追撃するための速成戦略採られた。最初にリリースされた腕時計は1957年9月10日ラコームーヴメント採用して製作された「TAKANOタカノ)」ブランドの「200シリーズ」である。 婦人用時計ハミルトン設計・技術踏襲したものの、紳士用時計ラコームーブメント搭載からオリジナルな設計へのシフト進め2年後1959年10月には世界一薄型の手巻き時計タカノ シャトーをリリースした。だがその直前1959年9月伊勢湾台風東海地方襲い名古屋タカノ本社生産拠点笠寺工場は共に甚大な被災状況となった台風被害からの再建多額の費用要しただけでなく、腕時計業界進出後の営業拡販能力不十分で在庫過多となり、1961年頃には経営悪化顕著となった1962年7月26日経営母体の変更により「タカノブランド消滅することになり、その製品製造技術は「リコーブランド継承される。 「リコーブランドでは、当初はタカノ」のデザイン踏襲した製品送り出していた。しかし、セイコー次ぎ日本国二番目クォーツ時計量産成功しクォーツ時計シリーズリクォーツ」がヒットしたことで、以降は斬新なデザインクォーツ腕時計製品ラインナップ中心となっていった。しだいに低廉クォーツ製品販売傾倒していったため、「タカノ時代に培われた腕時計製造技術におけるダイナミズム失われていき、その進行に伴ってリコー時計」のブランド価値棄損されていくことになった2014年現在製品2008年から展開する主力の「SHREWD(シュルード)」のほか、フォーマル用「シャルベール」 、女性用「モンペリエエミット」、バリューアトランタ」などのシリーズがある。

※この「腕時計」の解説は、「リコーエレメックス」の解説の一部です。
「腕時計」を含む「リコーエレメックス」の記事については、「リコーエレメックス」の概要を参照ください。


腕時計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/15 04:45 UTC 版)

ノルケイン」の記事における「腕時計」の解説

すべての製品機械式時計となっており、設立者のベン・カッファーの家族長年にわたり時計製造開発をしていた。設立後時計専門知識統合してスイス最高の時製造基準を満たす最高品質時計提供することがルーツである。アドベンチャーフリーダムインデペンデンス3つのコレクション展開している。

※この「腕時計」の解説は、「ノルケイン」の解説の一部です。
「腕時計」を含む「ノルケイン」の記事については、「ノルケイン」の概要を参照ください。


腕時計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/13 18:09 UTC 版)

Furbo design」の記事における「腕時計」の解説

価格 価格平均的には3万円ほどであるが2万円程度のものもある。高いものでは5万程度である。 特徴 ベルトは主に革のものが多く特殊な装着仕方である。ほとんどの製品自動巻き機能をがついている色 色ピンクゴールドシルバーなどと幅広く存在する製品工夫 装着部分ベルト馴染みやすくなっており本体付近馴染みにくくなっているため金属アレルギー反応出にくい。 この項目は、工業製品関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(Portal:技術産業)。

※この「腕時計」の解説は、「Furbo design」の解説の一部です。
「腕時計」を含む「Furbo design」の記事については、「Furbo design」の概要を参照ください。


腕時計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/01 18:19 UTC 版)

wave ceptor」の記事における「腕時計」の解説

アナログ表示デジタル表示ソーラー充電であるか否かにかかわらず標準電波受信機能が搭載され特別なブランド冠せられない安価中級モデルとして販売される。ただし、そのうち薄型スタンダードモデルは"LINEAGE"、大きな時字を採用して視認性重視したモデルは"OVERLAND"のサブブランドネームがつけられている。 カシオアナログ表示電波腕時計デジタル表示みのもの同じくボタンによる操作となり、永らくリューズがないのが特徴となっていたが、2010年以降OCEANUSEDIFICEPROTREKG-SHOCK一部モデルからリューズ電子制御式操作による Smart Access 機構搭載された。また、時・分針と秒針別個のモーター運針動作しており、インジケータ表示動作あるいはクロノグラフ表示動作となった場合でも時・分針は秒針とは独立した動作をする。分針通常動作時は基本的に10毎に1度ずつのステップ運針であり、安価な機種や古い機種の場合は20毎に2度ずつステップ運針するものもある。 5、6受信できるモデルは"MULTI BAND 5" または "MULTI BAND 6" と裏刻印または本体印字されているが、一部モデルは"wave ceptor"も併記されている。 LINEAGE シンプルなアナログ表示もしくはアナログ・デジタルコンビネーション)・スタンダードデザインのフルメタル薄型モデルwave ceptorウオッチとしては中〜高価格帯に位置する。なお、"LINEAGE" には、電波ソーラーでないモデル存在するOVERLAND 1993年6月登場した、「冒険への憧れ」をテーマにしたアウトドアウオッチ。大きなアラビア文字の時字を採用して視認性重視したシリーズ。なお、"OVERLAND" には、電波ソーラーでないモデル存在する。現在は新製品発売無くラインナップから外されている。 i-RANGE 薄型モデルとして2005年8月登場デジタル表示またはアナログ・デジタル表示コンビネーションで、2006年以降基本的にマルチバンド5対応していた。現在は新製品発売無くラインナップから外されている。 DATA BANK、e-data bank 2002年以降一部モデル標準電波受信・時修正機能搭載された。現在はDATA BANK、e-data bankとも電波時計としての新製品発表されていないwave ceptor Watch 安価中級モデルブランドLINEAGE同様アナログ表示もしくはアナログ・デジタルコンビネーション)であり、モジュールLINEAGE共通化しているが、風防樹脂ガラス使われるなど、コストダウン図られている。ソーラークロノグラフの全モデルとソーラーコンビネーションの一部モデルには「マルチバンド6機能、デジタルマルチバンド5の全モデルには「マルチバンド5機能搭載されている。

※この「腕時計」の解説は、「wave ceptor」の解説の一部です。
「腕時計」を含む「wave ceptor」の記事については、「wave ceptor」の概要を参照ください。


腕時計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 03:11 UTC 版)

エベラール」の記事における「腕時計」の解説

エベラール代表する腕時計: クロノ4、8ジュール 、スカフォグラフ 、タツィオ・ヌヴォラーリ。 名前特徴クロノ4 時計史中最初で唯一の4つ並列インダイヤルで構成されクロノグラフジュール 世界初8日パワーリザーブ スカフォグラフ GPHG(ジュネーブ・ウォッチメイキング・グランプリ)で受賞されたダイバーズウォッチ タツィオ・ヌヴォラーリ 伝説的なカーレーサーの”タツィオ・ヌヴォラーリ“の名前を冠したコレクション

※この「腕時計」の解説は、「エベラール」の解説の一部です。
「腕時計」を含む「エベラール」の記事については、「エベラール」の概要を参照ください。


腕時計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/15 06:01 UTC 版)

タカノ (時計)」の記事における「腕時計」の解説

タカノの腕時計は最新鋭スイス製の設備アメリカ品質管理方式採用した本社倉工場で生産されていた。 1958年10月には本社笠寺工場高松宮殿下当時愛知県知事とともに訪問同年8月には、俳優の佐田啓二中井貴一の父)が本社工場訪問近代的な工場生産される腕時計は「世界的高級時計」というコンセプトのもと作られた歯車や脱進機などの部品の高い加工精度はもちろん、高級温度補正ひげぜんまい保持精度を保つ耐震装置など採用、また長年にわたり使えることを念頭に部品には磨きメッキ施されるなど、まさに高級機と呼べる品質であった精度だけでなく、長年にわたり使えることに主眼を置き研究・開発行っていた点は、当時国産腕時計の大手であるセイコーシチズンとは異なタカノの独自戦略であった高野精密工業の腕時計生産の歴史1954年西ドイツラコー銘の紳士用時計製造することに始まる。ムーブメントはドローヴェ社(DUROWE・ラコー創業者設立したムーブメント会社)のものを使用していた。 1957年9月、ドローヴェ社のムーブメント加工施したタカノ銘のファーストモデルを発表。ドローヴェ社のムーブメント使用したモデルは「ラコー型」と呼ばれタカノ前期代表モデルである。 その後、オリジナルムーブメントの開発シフトし1960年当時、センターセコンドとしては世界一薄型の手巻き時計シャトー」を発売。「シャトー」のモデル名名古屋市70周年記念事業として再建され名古屋城、および堅固で優美な「城」のフランス語由来。センターセコンドでありながらムーブメント厚さはわずか3.5ミリであった1961年シャトーの高級仕様機である「シャトーデラックス」、「シャトーヌーべル」が登場する。また同時期、シャトーシリーズのバリエーションとしてウォータープルーフ防水モデルや、カレンダー付のモデル登場した。 レディースモデルにおいては、アメリカ・ハミルトン社との技術提携により1958年国産最小腕時計(当時)である「オパール」を発表ムーブメントサイズは12.1ミリ×11.5ミリ巻き上げひげの素材には「エリンバーエキストラ」という軍用時計などに用いられる世界最高品質合金使用されていた。 しかし1959年9月伊勢湾台風による壊滅的な打撃かねてより過大な設備投資などにより1961年11月頃には経営危機陥った1962年7月26日高野精密工業リコー傘下になったことによりタカノブランドは終焉タカノ機械式腕時計において「薄型=高級機」であった時代に、世界一薄型時計開発発売するなど高い製造技術有していたにも関わらず、腕時計ブランドとして1957年から1962年までのわずか4年11か月しか存在していなかったため、時計業界において「幻のブランド」と呼ばれている。 2018年には高野精密工業創立80周年記念しタカノ銘の復刻モデルリコーエレメックスより本数限定発売された。

※この「腕時計」の解説は、「タカノ (時計)」の解説の一部です。
「腕時計」を含む「タカノ (時計)」の記事については、「タカノ (時計)」の概要を参照ください。


腕時計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/05 18:16 UTC 版)

太陽電池時計」の記事における「腕時計」の解説

腕時計にもソーラー発電ものがある一般的なクォーツ式腕時計のような電池交換不要キャパシタ寿命範囲実用できる)で、発電用機械的可動部品(錘で駆動される発電機など)も持たない簡潔軽量に作ることができる長所あるため実用型の腕時計向きシステムとして需要得ている。 1970年代から極小太陽電池市販化クォーツ腕時計普及によってそれら技術応用市販化された。1990年代にはシチズン時計が『エコ・ドライブ』の名称でソーラー腕時計の製造販売開始しカシオセイコーなど他の時計メーカー同様な技術開発採用している。 21世紀初頭市販される製品は文字盤の下層(あるいは文字盤の周囲)にソーラーセル搭載されている。1970年代の初期のものはソーラーセルによる電源確保優先した配列として発電効率上げるために文字盤の透明度高く太陽電池セル(の分割線)が透けて見え紫がかった系統の文字盤色が多かった従っ奇異なデザインになる事例見られた)。後年技術開発熟成により、年々発電効率高めとともに光の透過率犠牲にしないかたちで、さまざまなカラーデザインの文字盤が採用されている。 大抵の太電池式腕時計は、二次電池消耗避けるため、夜間暗闇発電がされない場合秒針停止させるなどのパワーセーブ機能を持っている。さらに電池残量少なくなると針を完全に停止させて中のクロック部分のみ機能する態となり、長期間亘り時刻情報狂わないようになっている

※この「腕時計」の解説は、「太陽電池時計」の解説の一部です。
「腕時計」を含む「太陽電池時計」の記事については、「太陽電池時計」の概要を参照ください。


腕時計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/23 08:50 UTC 版)

サガラ 〜Sの同素体〜」の記事における「腕時計」の解説

サガラ成瀬が所有する腕時計。サガラのものは自衛官としてイラク派遣され父親遺品発砲衝撃により赤く発光するブラッドクロスダイヤモンドが埋め込まれている。そのダイヤテルアビブにて研磨名人カットした37粒のうち、赤く光った8つうちのもの

※この「腕時計」の解説は、「サガラ 〜Sの同素体〜」の解説の一部です。
「腕時計」を含む「サガラ 〜Sの同素体〜」の記事については、「サガラ 〜Sの同素体〜」の概要を参照ください。


腕時計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/09 09:10 UTC 版)

ウィザーズハーモニー」の記事における「腕時計」の解説

ウィザーズハーモニー2』の製品同梱されているアンケート返送した全員送られ特典

※この「腕時計」の解説は、「ウィザーズハーモニー」の解説の一部です。
「腕時計」を含む「ウィザーズハーモニー」の記事については、「ウィザーズハーモニー」の概要を参照ください。


腕時計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 19:27 UTC 版)

カシオ計算機」の記事における「腕時計」の解説

G-SHOCK 耐衝撃性能に主眼置いている。女性向けサブブランドBaby-Gもある。 PRO TREK 温度気圧方位計測センサー搭載したアウトドア向け製品OCEANUS チタン製メタルウォッチ。 EDIFICE ステンレスのフルメタルケースと無機ガラス風防採用されたモデル女性向けブランドSHEENがある。 wave ceptor 電波腕時計ブランドDATA BANK テレメモ機能電話番号登録)、電卓機能などが付いた腕時計のブランドスタンダード時計基本性能デザイン性追求したカシオのスタンダードウオッチ」という説明ブランドその中でもF91Wを始めとした1000円から3000程度販売されるモデル俗にチープカシオ』と呼ばれるSmart Outdoor Watch Wear OS by Google搭載スマートウォッチブランド。WSD-F20はPRO TREKブランドにも属する。

※この「腕時計」の解説は、「カシオ計算機」の解説の一部です。
「腕時計」を含む「カシオ計算機」の記事については、「カシオ計算機」の概要を参照ください。


腕時計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/08 15:03 UTC 版)

天文時計」の記事における「腕時計」の解説

近年では独立した時計職人クリスティアン・ファン・デル・クラウーアストロラーベ模した腕時計である「アストロラビウム」(Astrolabium )や、「プラネタリウム2000」(Planetarium 2000 )、「エクリプス2001」(Eclipse 2001 )、「リアル・ムーン」(Real Moon )を作っている。ユリスナルダンも「アストロラビウム・ガリレオガリレイ」(Astrolabium Galileo Galilei )、「プラネタリウム・コペルニクス」(Planetarium Copernicus )、「テリリウム・ヨハネスケプラー」(Tellurium Johannes Kepler )といった天文腕時計を販売している。 日本における特徴的な天文腕時計としては、シチズン開発した「ムーンサイン」(1984年~)及び「コスモサイン」(1986年~)というシリーズ知られている。 ムーンサインには2枚回転盤のずれによって月齢月の位を示すアイデア採用されている他、1.70等以上の恒星22個と天の川表示する星座早見盤等が内蔵されている。コスモサインは腕時計としては世界初自動式精密星座速見盤が採用されている。 クラウー・プラネタリウム2000 アストロラビウム・ガリレオガリレイ シチズン・コスモサイン シチズン・ムーンサイン

※この「腕時計」の解説は、「天文時計」の解説の一部です。
「腕時計」を含む「天文時計」の記事については、「天文時計」の概要を参照ください。


腕時計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/13 06:34 UTC 版)

ロシャス」の記事における「腕時計」の解説

スイス製のファッション腕時計を展開している。日本の総代理店ミスズである。

※この「腕時計」の解説は、「ロシャス」の解説の一部です。
「腕時計」を含む「ロシャス」の記事については、「ロシャス」の概要を参照ください。


腕時計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 00:26 UTC 版)

朝霞自衛官殺害事件」の記事における「腕時計」の解説

腕時計の一つは一場士長のものと判明しもう一つ犯人の物とされた。セイコー・スポーツマチック5型で、内蓋に「S46・7」と赤鉛筆書かれていたため、事件一か月前に修理されたものと推測された。捜査本部5万チラシ関東一円時計屋配って捜査したところ、東京都品川区大井修理工修理したものと判明したが、客の修理依頼よるものではなく質流れ時計修理し、再び質屋卸して販売したものであったその時計8月13日夕方長髪サンダル履き若い男5千円で販売したことがわかったサンダル履きということで犯人のひとりは大井が行範囲であるとみられた。

※この「腕時計」の解説は、「朝霞自衛官殺害事件」の解説の一部です。
「腕時計」を含む「朝霞自衛官殺害事件」の記事については、「朝霞自衛官殺害事件」の概要を参照ください。


腕時計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 05:20 UTC 版)

ロン・ウィーズリー」の記事における「腕時計」の解説

魔法界における成人年齢である17歳誕生日に、両親から贈られる新品

※この「腕時計」の解説は、「ロン・ウィーズリー」の解説の一部です。
「腕時計」を含む「ロン・ウィーズリー」の記事については、「ロン・ウィーズリー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「腕時計」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「腕時計」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



腕時計と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「腕時計」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



腕時計のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの腕時計 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの自動火災報知設備 (改訂履歴)、リコーエレメックス (改訂履歴)、ノルケイン (改訂履歴)、Furbo design (改訂履歴)、wave ceptor (改訂履歴)、エベラール (改訂履歴)、タカノ (時計) (改訂履歴)、太陽電池時計 (改訂履歴)、サガラ 〜Sの同素体〜 (改訂履歴)、ウィザーズハーモニー (改訂履歴)、カシオ計算機 (改訂履歴)、天文時計 (改訂履歴)、ロシャス (改訂履歴)、朝霞自衛官殺害事件 (改訂履歴)、ロン・ウィーズリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS