サメとは? わかりやすく解説

さ‐め

牛馬などの毛の白いもの両眼の縁の白いものかともいう。

「名おそろしきもの。…牛は―」〈能因本一五七〉


さめ【×鮫】

読み方:さめ

サメ目の軟骨魚総称。体は細長く背びれ通常2基あり、尾びれ上葉長い。口は頭の下面にあり、えらあな体側に5~7対並ぶ。歯は常に新しいものが生えかわる。動物食卵胎生が多いが、卵生胎生のものもある。大半は海産で、現生種は250種、日本近海にいるのはウバザメ・オナガザメ・ツノザメ・ノコギリザメなど150種。肉は練り製品原料に、ひれは中華料理用いられる。ふか。わに。《 冬》「ふなびとら―などかき下ろす楸邨

[補説] 書名別項。→鮫


さめ【鮫】

読み方:さめ

金子光晴の詩。また、それを標題作とする詩集詩集昭和12年(1937)に発表で、他に「おつとせい」「どぶ」などの詩を収める当時の日本全体主義的社会鋭く批判した作品


サメ

同義/類義語:軟骨魚
英訳・(英)同義/類義語:shark, Lamniformes, shark

生物の分類で、脊索動物門軟骨魚綱属す動物総称

白眼

読み方:サメ(same)

牛・馬両眼白いこと


サメ

読み方:さめ

ダイバー危害を及ぼす険のあるサメの種類は非常に限られその種にあたるものは、通常ダイバーが行ないよう外洋深い水深に生息している。まれにではあるが、サメが人を襲う場合、たいていは水面泳いでいる人が対象になる。これは水面での人の動きがサメの餌となる傷ついたに似ているためだと言われる。サメの危険を避けるためには、まず、攻撃的な行動とらないこと、危険な種類のサメが視野入ったらから上がること、ケガをしたり、出血しているときに潜らないこと、傷ついたなどを持って潜らないこと、などである。

読み方:サメ(same)

軟骨魚綱板鰓亜綱属する、エイ目を除く魚類総称


読み方:サメ(same)

軟骨魚綱板鰓亜綱属する、エイ目を除く魚類総称


読み方:サメ(same)

横口目の軟骨魚で、エイ以外のもの

季節

分類 動物


読み方:サメ(same)

作者 金子光晴

初出 昭和12年

ジャンル 詩集


佐目

読み方:サメ(same)

所在 滋賀県犬上郡多賀町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方:サメ(same)

所在 青森県(JR八戸線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

サメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/16 07:57 UTC 版)

サメ)は、軟骨魚綱板鰓亜綱に属する魚類のうち、裂が体の側面に開くものの総称。鰓裂が下面に開くエイとは区別される。2016年3月末時点で世界中に9目34科105属509種が存在し、日本近海には9目32科64属130種が認められている[1]。世界中の海洋に広く分布し、オオメジロザメなど一部の種は汽水域淡水域にも進出する。また、深海性のサメも知られている。


注釈

  1. ^ 失速とは異なる。詳細は失速参照。
  2. ^ FAOによると、およそ1億尾のサメが毎年死んでいる。

出典

  1. ^ 仲谷一宏 (2016). サメ-海の王者たち-改訂版. ブックマン社. pp. 213 
  2. ^ “「生きるぞ」と励まし合い、サメと闘い救助待つ”. 読売新聞. (2012年3月26日). オリジナルの2012年3月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120328234843/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120326-OYT1T00146.htm 
  3. ^ “サメ間引き、豪で論争再燃”. 日本経済新聞朝刊. (2017年5月2日). http://www.nikkei.com/article/DGKKZO1597710002052017FF2000/ 
  4. ^ 佐藤哲哉「ラブカ考」『海洋』第51号、水産研究所、5頁、1984年1月。ISSN 0286-4738http://fsf.fra.affrc.go.jp/enyo_news/pdf/No.51.pdf 
  5. ^ “サメは“生きた化石”ではなかった”. ナショナルジオグラフィック. (2014年4月18日). http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/9145/ 2016年6月12日閲覧。 
  6. ^ “サメは「生きた化石」ではなかった? 定説覆す化石発見”. AFPBB News. (2014年4月21日). http://www.afpbb.com/articles/-/3012896 2014年9月5日閲覧。 
  7. ^ a b c d 田中彰 (2014). 深海ザメを追え. 宝島社 
  8. ^ a b 「サメよけウエットスーツ」豪企業が発売、有毒動物まねた縞模様モデルなど 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News
  9. ^ Martin, R. Aidan. “Smell and Taste”. ReefQuest Centre for Shark Research. 2009年8月21日閲覧。
  10. ^ The Function of Bilateral Odor Arrival Time Differences in Olfactory Orientation of Sharks Archived 2012-03-08 at the Wayback Machine., Jayne M. Gardiner, Jelle Atema, Current Biology - 13 July 2010 (Vol. 20, Issue 13, pp. 1187-1191)
  11. ^ a b R. D. フィールズ「サメの第六感 獲物をとらえる電気感覚」『日経サイエンス』2007年11月号、2007年11月。
  12. ^ “サメが嫌がる電気パルスを発信するリーシュコードが登場!”. サーフィンニュース BCM. (2011年12月6日). オリジナルの2021年5月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210529062953/https://www.bcm-surfpatrol.com/newsandreport/detail/2240 
  13. ^ “サメを撃退できる希土類磁石”. WIRED.jp. (2007年5月30日). オリジナルの2015年5月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150522095953/http://wired.jp/2007/05/30/%e3%82%b5%e3%83%a1%e3%82%92%e6%92%83%e9%80%80%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%8b%e5%b8%8c%e5%9c%9f%e9%a1%9e%e7%a3%81%e7%9f%b3/ 
  14. ^ R.J.Richards; V.Raoult; D.M.Powter; T.F.Gaston (2018-12). “Permanent magnets reduce bycatch of benthic sharks in an ocean trap fishery”. Fisheries Research (ScienceDirect) 208: 16-21. https://doi.org/10.1016/j.fishres.2018.07.006. 
  15. ^ “磁石でサメが右往左往 漁獲高アップし一石二鳥”. NIKKEI STYLE (日経ナショナル ジオグラフィック社). (2018年9月28日). オリジナルの2018年9月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180928090701/https://style.nikkei.com/article/DGXMZO35520050Z10C18A9000000 
  16. ^ Demian D. Chapman et al. (2007-05-22). “Virgin birth in a hammerhead shark”. Biology Letters (The Royal Society) 208. https://doi.org/10.1098/rsbl.2007.0189. 
  17. ^ Sara Goudarzi (2008年10月10日). “謎の妊娠:サメの単為生殖を確認”. ナショナルジオグラフィック. オリジナルの2009年5月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081108050409/http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=86105220&expand 
  18. ^ Potenza, Alessandra (2017年6月20日). “Sharks literally puke their guts out — here's why”. The Verge. https://www.theverge.com/tldr/2017/6/2/15725932/shark-puking-behavior-stress 2017年6月21日閲覧。 
  19. ^ Naylor, G.J.; Caira, J.N.; Jensen, K.; Rosana, K.A.; Straube, N.; Lakner, C. (2012). “Elasmobranch phylogeny: A mitochondrial estimate based on 595 species”. In Carrier, J.C.; Musick, J.A.; Heithaus, M.R., eds. The Biology of Sharks and Their Relatives (second ed.). CRC Press. pp. 31-57. ISBN 1-4398-3924-7. http://prosper.cofc.edu/~sharkevolution/pdfs/Naylor_et_al_Carrier%20Chapter%202.pdf. 
  20. ^ a b “【特報 追う】サメ肉料理 目指せ宮城の名産品 官民連携課題は「臭み」”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2007年12月14日). http://sankei.jp.msn.com/region/tohoku/miyagi/071214/myg0712140230002-n1.htm 2009年9月4日閲覧。 
  21. ^ a b c d “新年企画 食べるって何だ? 郷土の味 知恵凝縮”. 朝日新聞栃木版 (朝日新聞社). (2009年1月1日). http://mytown.asahi.com/tochigi/news.php?k_id=09000360901010002 2009年8月10日閲覧。 
  22. ^ 町指定文化財”. 南知多町. 2020年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月29日閲覧。
  23. ^ 成田美代「斎王は何を食べていたか」『三重大学教育学部研究紀要 人文・社会科学』第52巻、2001年、 35-41頁、 ISSN 0389-9241
  24. ^ FDA/EPA 2004 Advice on What You Need to Know About Mercury in Fish and Shellfish”. U.S. Food and Drug Administration (2004年3月). 2021年3月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月29日閲覧。
  25. ^ さめのたれ”. 伊勢志摩きらり千選. 財団法人伊勢志摩国立公園協会. 2020年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月29日閲覧。
  26. ^ a b c 『鳥羽市史 下巻』(1991年3月25日発行、編集:鳥羽市史編纂室、発行:鳥羽市役所)P.537
  27. ^ 『宮城県水産研究報告 第3号 (2003)』「遠洋ヨシキリザメ加工品の試作」(宮武哲朗、尾形政美、鈴木金一、小松博志) - 宮城県水産加工研究所
  28. ^ 『ヨシキリザメ 天日干し 古座町の水産加工会社で』 - 紀伊民報
  29. ^ さめなます”. 伊勢志摩きらり千選. 財団法人伊勢志摩国立公園協会. 2020年1月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月29日閲覧。
  30. ^ a b とちぎの慣習・ことば集 栃木県、2021年1月20日閲覧。
  31. ^ サメの歯の武器から地域絶滅が明らかに ナショナルジオグラフィック 更新日:2013.04.08
  32. ^ THE STATE OF WORLD FISHERIES AND AQUACULTURE”. Food And Agriculture Organization (2008年). 2009年9月30日閲覧。
  33. ^ Linn, Lisa (2008年12月15日). “Shark fin soup alters an ecosystem”. CNN. http://www.cnn.com/2008/WORLD/asiapcf/12/10/pip.shark.finning/index.html 2010年5月23日閲覧。 
  34. ^ FAO Fishery statistics Capture Production Vol.90/1 2000
  35. ^ “ステーキから餃子まで サメ肉料理レシピ25種を紹介”. asahi.com コミミ口コミ (朝日新聞社). (2008年5月12日). http://www.asahi.com/komimi/TKY200804300291.html 2009年9月4日閲覧。 
  36. ^ シャークミュージアムの紹介”. 気仙沼・海の市(公式サイト). 2017年5月11日閲覧。
  37. ^ サメの街 気仙沼構想推進協議会について”. サメについて楽しく知るサイトSAMAZING!. 2017年5月11日閲覧。
  38. ^ 一般社団法人漁業情報サービスセンター. “漁港別品目別上場水揚量・卸売価格”. 産地水産物流通調査. 水産庁. 2015年8月26日閲覧。
  39. ^ 鮫供養塔”. 郷土資料館「ほろいずみ」・水産の館. 2019年2月11日閲覧。
  40. ^ 【世界深層】オーストラリア/サメ被害防止へ新技術『読売新聞』朝刊2018年3月30日(国際面)
  41. ^ "弥生の銅剣にサメの絵 鳥取で全国初、鋳造後に刻む"(日本経済新聞、2016年2月10日記事)。



サメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/21 15:54 UTC 版)

シャドウゲイト」の記事における「サメ」の解説

湖の部屋にいる生き物。湖に入ると襲ってくる。

※この「サメ」の解説は、「シャドウゲイト」の解説の一部です。
「サメ」を含む「シャドウゲイト」の記事については、「シャドウゲイト」の概要を参照ください。


サメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/02 04:48 UTC 版)

まじん☆プラナ」の記事における「サメ」の解説

巨大サメ。単行本第一巻でおかんに背びれ食べられ以来ライバル。別名「ヒレナシ」

※この「サメ」の解説は、「まじん☆プラナ」の解説の一部です。
「サメ」を含む「まじん☆プラナ」の記事については、「まじん☆プラナ」の概要を参照ください。


サメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/01 19:06 UTC 版)

シーファイターポセイドン」の記事における「サメ」の解説

毒々しいピンク色大型攻撃噛み付くだけなのだが、前だけではなく方向転換して後ろから襲いかかるので注意敵味方関係なく襲ってくる。

※この「サメ」の解説は、「シーファイターポセイドン」の解説の一部です。
「サメ」を含む「シーファイターポセイドン」の記事については、「シーファイターポセイドン」の概要を参照ください。


サメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 06:40 UTC 版)

ジョーズ2」の記事における「サメ」の解説

ホオジロザメ アミティに姿を現した前作のものとは別個体である。 アミティ沖でのダイバー襲撃をきっかけに被害拡大させていく。本作では、シャチ実際にはホオジロザメ天敵とされる)や水上スキー牽引ボートホバリングしているヘリコプターにまで襲いかかる襲ったボート爆発炎上したため物語中盤以降は顔面焼け爛れている。 最後送電用の海底ケーブル噛まされ感電炎上して海底沈んだ本作におけるホオジロザメ最期は、ユニバーサル・スタジオ同名アトラクションにおけるクライマックス流用されている

※この「サメ」の解説は、「ジョーズ2」の解説の一部です。
「サメ」を含む「ジョーズ2」の記事については、「ジョーズ2」の概要を参照ください。


サメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 00:27 UTC 版)

トムとジェリー」の記事における「サメ」の解説

水兵さんも楽じゃない」「ジョーズの追跡」などチャック・ジョーンズ期作品多く登場するサメ。凶暴かつ極めて執念深い性格。「カワイコ金魚ちゃん」ではジェリー仲良くしていた雌の金魚相思相愛になっていた。

※この「サメ」の解説は、「トムとジェリー」の解説の一部です。
「サメ」を含む「トムとジェリー」の記事については、「トムとジェリー」の概要を参照ください。


サメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 07:53 UTC 版)

アニメ版星のカービィの登場キャラクター」の記事における「サメ」の解説

肉食性獰猛な海洋生物海であればどこにでも出現し、主に悪事失敗したデデデ達を数匹徒党組み海の果てまで追い回す1622話など出演回数多くこのうち70話に登場した個体ジョーという名前で呼ばれており、カイン友好関係にある。

※この「サメ」の解説は、「アニメ版星のカービィの登場キャラクター」の解説の一部です。
「サメ」を含む「アニメ版星のカービィの登場キャラクター」の記事については、「アニメ版星のカービィの登場キャラクター」の概要を参照ください。


サメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/25 06:58 UTC 版)

ボンバーマンビーダマン」の記事における「サメ」の解説

爆弾の前を左右に泳いでいる。

※この「サメ」の解説は、「ボンバーマンビーダマン」の解説の一部です。
「サメ」を含む「ボンバーマンビーダマン」の記事については、「ボンバーマンビーダマン」の概要を参照ください。


サメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/18 23:16 UTC 版)

カワイコ金魚ちゃん」の記事における「サメ」の解説

ペットショップ水槽付きトラック乗せられトムの家にやって来た。浴槽つながったホーストム吸い寄せられ、やがてホースを自ら突き破ってトム尻尾噛みつき毛皮脱がす最後は自ら金魚鉢侵入してジェリー驚かし金魚相思相愛になる。

※この「サメ」の解説は、「カワイコ金魚ちゃん」の解説の一部です。
「サメ」を含む「カワイコ金魚ちゃん」の記事については、「カワイコ金魚ちゃん」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「サメ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

サメ

出典:『Wiktionary』 (2021/06/12 23:27 UTC 版)

名詞

さめ

  1. 魚類軟骨魚綱板鰓亜綱属す動物体の側面に開くものの総称

関連語

  • わに
  • ふか

翻訳


「サメ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サメ」の関連用語




4
100% |||||

5
100% |||||

6
92% |||||

7
92% |||||

8
92% |||||

9
92% |||||

10
92% |||||

サメのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サメのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ダイブネットダイブネット
COPYRIGHT©2022 DIVENET LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサメ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのシャドウゲイト (改訂履歴)、まじん☆プラナ (改訂履歴)、シーファイターポセイドン (改訂履歴)、ジョーズ2 (改訂履歴)、トムとジェリー (改訂履歴)、アニメ版星のカービィの登場キャラクター (改訂履歴)、ボンバーマンビーダマン (改訂履歴)、カワイコ金魚ちゃん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのサメ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS