中華料理とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 中華料理の意味・解説 

ちゅうか‐りょうり〔チユウクワレウリ〕【中華料理】

読み方:ちゅうかりょうり

中国料理」に同じ。また、卓袱(しっぽく)料理普茶(ふちゃ)料理など、日本アレンジされものをいう


中華料理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/23 05:29 UTC 版)

中華料理(ちゅうかりょうり、簡体字中国語: 中国菜拼音: Zhōngguó cài〈ジョングオツァイ〉、繁体字中国語: 中華料理粤語: 中華飲食)は、中国で食べられてきた料理、またはその食材・調理法・調味料を使用して作られた料理である。多彩な食感や味のバラエティーを持つことから、世界三大料理の1つに挙げられている。中国料理とも呼ばれる[1][2]


注釈

  1. ^ 台湾でも似た傾向がある。中国国外の中華料理店はこの限りではない。
  2. ^ 食譜の例として、唐代の『食医心鑑』、宋代の『中饋録』『山家清供』、元代の『飲膳正要』『居家必要事類全書』、清代の『随園食単』がある。食譜は「日用類書」と重なる[10]。一部は和訳もある[11]
  3. ^ 2018年の世論調査では、「中華料理」と言う(「中国料理」とは言わない)が82%、どちらかといえば 「中華料理」と言うことのほうが多いが11%、と「中華料理」派が圧倒的である[12]

出典

  1. ^ a b 読売新聞大阪編集局 編 『雑学新聞』〈PHP文庫〉2000年、60頁。 
  2. ^ a b 第1428回放送用語委員会(東京)2018年10月19日 用語の決定 および報告 〜「水族館」「洗濯機」「進学校」「デミグラスソース・ドミグラスソース」ほか〜」『放送研究と調査』第69巻第1号、NHK放送文化研究所、2019年1月。
  3. ^ 伝統的な料理では涼麺・粉皮・杏仁豆腐程度である。
  4. ^ 日中の生活習慣の違い「冷たい水を好む日本人と、お湯を好む中国人」=中国メディア (2019年3月5日)” (日本語). エキサイトニュース. 2020年6月1日閲覧。
  5. ^ 第5回中国料理世界コンクール、中国広州で開催”. 日本中国料理協会. 2017年10月31日閲覧。
  6. ^ 世界中国烹饪联合会”. 百度. 2017年11月6日閲覧。
  7. ^ 石毛直道『世界の食べもの 食の文化地理』講談社学術文庫、2013年。ISBN 978-4062921718。65頁。
  8. ^ 宮崎市定 著「宋代における石炭と鉄」、礪波護 編 『中国文明論集』岩波書店〈岩波文庫〉、1995年。ISBN 9784003313312 
  9. ^ 岩間一弘 『中国料理の世界史 美食のナショナリズムをこえて』慶應義塾大学出版会、2021年。ISBN 9784766427646 37-39頁。
  10. ^ 坂出, 祥伸「日用類書について」 『初学者のための中国古典文献入門』筑摩書房〈ちくま学芸文庫〉、2018年 (原著2008年)。ISBN 978-4480098696 
  11. ^ 中村喬 訳『中国の食譜』平凡社東洋文庫、1995年。ISBN 978-4582805949
  12. ^ 塩田雄大「“すべき”の問題をどうするべきか〜2018年「日本語のゆれに関する調査」から〜」『放送研究と調査』第68巻第12号、NHK放送文化研究所、2018年。
  13. ^ 帝国書院編集部(守屋美佐雄)『新編・中学校社会科地図(初訂版)・文部科学省検定済み教科書46(帝国)地図-704中学校社会科用』帝国書院編集部編、2008/1/25、21頁下段より。
  14. ^ 『“インチキNY中華街”同メニューでも1ドル高』2007年3月14日付配信 産経iza
  15. ^ 大河内正敏、『味覺』、p118、1947年、東京・有情社
  16. ^ https://www.cookdoor.jp/useful/glossary/chinese-food/2248101/
  17. ^ https://www.cookdoor.jp/useful/glossary/chinese-food/2253001/
  18. ^ https://www.cookdoor.jp/chinese-food/dictionary/21225_china_025/
  19. ^ https://www.cookdoor.jp/useful/glossary/chinese-food/2254301/
  20. ^ https://www.cookdoor.jp/useful/glossary/chinese-food/2234501/
  21. ^ https://www.cookdoor.jp/useful/glossary/chinese-food/2258001/
  22. ^ https://www.cookdoor.jp/useful/glossary/chinese-food/2246401/
  23. ^ https://www.cookdoor.jp/useful/glossary/chinese-food/2256301/
  24. ^ https://www.cookdoor.jp/useful/glossary/chinese-food/2250001/
  25. ^ https://www.cookdoor.jp/useful/glossary/chinese-food/2250801/
  26. ^ 国土交通省 総合政策局 観光事業課; 日本交通公社 (公益財団法人) (2008年2月). 多様な食文化・食習慣を有する外国人客への対応マニュアル (Report). 国土交通省. p. 108. https://www.mlit.go.jp/common/000059429.pdf 2016年8月25日閲覧。. 
  27. ^ 2020年4月12日中日新聞朝刊日曜版1面


「中華料理」の続きの解説一覧

中華料理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 15:05 UTC 版)

タイ料理」の記事における「中華料理」の解説

近代入り多数タイ華僑出身地であった広東省文化流入した潮州料理中心とするさまざまな中華料理が流入したいくつかのものは現地化してタイ料理定番メニューになっている。たとえばライスヌードル一種クァイティオ(ก๋วยเตี๋ยว)は潮州の「粿条」(コエティオウ)、カオマンガイ海南省の「文昌鶏」(ブンチアンコイ)などである。また、朝食に中華粥を食べ習慣タイ食生活広く浸透しており、ジョーク(โจ๊ก。広東語で粥)と呼ばれる雑炊似た広東風の粥を朝食に出す料理店屋台が多い。鹹蛋中華風漬物調味料として用いることも中華料理の影響である。

※この「中華料理」の解説は、「タイ料理」の解説の一部です。
「中華料理」を含む「タイ料理」の記事については、「タイ料理」の概要を参照ください。


中華料理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/12 20:18 UTC 版)

煮こごり」の記事における「中華料理」の解説

中華料理では「滷凍(ルードン lǔdòng)」などと呼ばれる江蘇料理の「肴肉」(ヤオロウ yáoròu)という豚肉煮こごり料理山東料理の「肴驢肉」(ヤオリューロウ yáolǘròu)というロバ肉の煮こごり福建料理の「土筍凍」(トゥースンドン tŭsŭn dòng)というサメハダホシムシ類の煮こごりなどは名物郷土料理となっている。

※この「中華料理」の解説は、「煮こごり」の解説の一部です。
「中華料理」を含む「煮こごり」の記事については、「煮こごり」の概要を参照ください。


中華料理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 09:58 UTC 版)

蒸し物」の記事における「中華料理」の解説

魚介類 蒸し - ハタ類、ケツギョクロダイフウセイなど。 蒸し - 上海蟹など。 蠘飯(蟳飯) - ワタリガニ類を乗せて蒸す、福建料理のおこわ。 肉類 粉蒸肉 - 豚肉砕いた米をまぶして蒸す料理豆腐豆腐 - 豆腐に豚のひき肉などを詰めて蒸す客家料理のひとつ。 卵 蒸蛋(中国語版) - 茶碗蒸し似た卵料理で、各地で具や形状異なる。 主食 饅頭マントウ)、窩頭(中国語版英語版)(ウォートウ)、蒸し飯 点心一部 シュウマイ包子中華まん)、蒸しパン中華おこわ、湯葉包みスペアリブ豆豉蒸しなど。 餃子 - 発祥中国では水餃子すなわち、煮るもしくは茹で調理法が多いが、高級料理宴会料理としての変わり餃子広東料理としてのエビ餃子蝦餃)などの変種蒸される日本では水餃子よりも、蒸し焼きする焼餃子のほうが浸透している。 スープ蒸しスープ - 江西料理の煨湯や福建料理佛跳牆など。 冬瓜盅 - くりぬいたトウガンスープ入れ蒸す料理汽鍋 - 蒸気内側に入る構造特殊な土鍋を使う、雲南料理ニワトリ蒸しスープデザート 大良双皮奶牛乳プリン)- 仏山市大良1850年代作られた伝わる。 亀苓膏亀ゼリー)- 伝統中国医学基づいた伝統的な食品佛跳牆呼ばれる蒸しスープ ひとり分を取り分けた冬瓜盅 ウコッケイ汽鍋 亀苓膏亀ゼリー

※この「中華料理」の解説は、「蒸し物」の解説の一部です。
「中華料理」を含む「蒸し物」の記事については、「蒸し物」の概要を参照ください。


中華料理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 22:54 UTC 版)

引揚者」の記事における「中華料理」の解説

引揚者達がもたらしたとされる食文化にはシナそば屋(ラーメン)店・ラーメン屋台・餃子屋(主に焼き餃子)がある。それまで中華料理屋といえば本格的な高級中華料理店、しかも広東四川北京上海のものが主流であり、中国東北部地方料理はあまり知られていなかった。関東地方ではタンメン定着北海道空知地方では含多湯ガタタン)が定着したいずれも全国区化は果たしていない)。福岡県では朝鮮半島からの引揚者によって辛子明太子定着した(現在は全国区)。

※この「中華料理」の解説は、「引揚者」の解説の一部です。
「中華料理」を含む「引揚者」の記事については、「引揚者」の概要を参照ください。


中華料理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 10:04 UTC 版)

ラーメン」の記事における「中華料理」の解説

担担麺 - 中国四川省発祥麺料理担仔麺 - 台湾料理肉味噌香菜上に載せる愛知台湾ラーメンルーツと言われる排骨麺 - 台湾料理排骨(豚の骨つきあばら肉)を上に載せる牛肉麺 - 中国四川省源流とする台湾料理高雄市岡山区発祥の地とされる桐皮麺 - 宋時代中国生まれた麺料理。麺が細くスープ透き通った醤油味で脂控えめ具材淡白な味付け種類抑え目と最初の頃に主流だった日本のラーメン見た目も味も似ている

※この「中華料理」の解説は、「ラーメン」の解説の一部です。
「中華料理」を含む「ラーメン」の記事については、「ラーメン」の概要を参照ください。


中華料理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 03:48 UTC 版)

出汁」の記事における「中華料理」の解説

湯 (中華料理)」も参照 中華料理においては鶏肉鶏ガラ骨、豚肉中国ハム貝柱海老などが材料として使われる

※この「中華料理」の解説は、「出汁」の解説の一部です。
「中華料理」を含む「出汁」の記事については、「出汁」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「中華料理」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「中華料理」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

中華料理のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



中華料理のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中華料理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのタイ料理 (改訂履歴)、煮こごり (改訂履歴)、蒸し物 (改訂履歴)、引揚者 (改訂履歴)、ラーメン (改訂履歴)、出汁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS