ジョークとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ジョークの意味・解説 

ジョーク【joke】

読み方:じょーく

冗談。しゃれ。「—を飛ばす」


ジョーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/04 13:59 UTC 版)

ジョーク: joke)または冗談(じょうだん)は聞き手や読み手を笑わせたり、ユーモアを感じさせる小咄や短い文の事。日本語では音と意味の近い冗句(じょうく)と当て字されることがある[1]。ここでいう「ジョーク」は、悪ふざけ (practical joke) とは異なる。


注釈

  1. ^ 訳注: ブッシュの展開した政治的キャンペーンのひとつに「落ちこぼれを残すな」という教育問題に関するキャンペーンがあり、それにひっかけたジョークである。
  2. ^ 高畑昭男・産経新聞編集委員兼論説委員が毎日新聞在籍時代に改変した。政経倶楽部第47回例会 会員レポート
  3. ^ 訳注:英語のperiodには、月経の意味もある。
  4. ^ 訳注:「council house」は、英語では公営住宅を、米語では会議場を意味する。
  5. ^ 訳注: キノコ、つまりマッシュルームは、原爆のきのこ雲の暗示だが、スラブ系の人たちの間では野生のキノコをとって食べるのが周知の文化的習慣になっていることに引っ掛けてある。en:Mushroom picking in Slavic cultureを参照のこと。
  6. ^ 訳注: 両手両足の指の数「+1」で21
  7. ^ 考え落ち。「私もブロンドなのよ!!」という女の台詞を「私もブロンドで頭が弱いから、ブロンドジョークを言われても理解できないわ」の意味だと解釈した為、「(ブロンドの君でも分かるように)ゆっくり話そう」と返答した。
  8. ^ 全盲の人は家の中の、どの方向に何歩歩いたところに何があるかを全部記憶し(メンタルマップ)、それに基づいて行動しているので、これを変えられると何も出来なくなってしまう。
  9. ^ 訳注: キツネの毛の色は赤で表現されることが多い。
  10. ^ 2006年FIFAサッカーワールドカップの結果が散々だった日本を、日本人の礼儀正しさを織り交ぜて皮肉ったジョーク。

出典

  1. ^ 冗句(ジョウク)とは”. コトバンク. 2019年12月31日閲覧。
  2. ^ 月刊琉球 2005年1月号 (PDF)
  3. ^ 神野恵美 (2008年8月8日). “世界最古のジョークは「夫のひざの上でおならをしない女性はいない」”. マイナビニュース. 2019年12月31日閲覧。


「ジョーク」の続きの解説一覧

ジョーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/06/25 19:45 UTC 版)

メテオスオンライン」の記事における「ジョーク」の解説

フローラルやデカビームなど、見た目演出凝ったアイテムとはいえ、その効果メテオ見辛くしたりアイテムの使用封じたりと、妨害系アイテム極めて近い性質を持つ。敵に対してのみ使用可能

※この「ジョーク」の解説は、「メテオスオンライン」の解説の一部です。
「ジョーク」を含む「メテオスオンライン」の記事については、「メテオスオンライン」の概要を参照ください。


ジョーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 02:54 UTC 版)

「冥王星」記事における「ジョーク」の解説

1978年カロン発見され、その運動研究した結果として冥王星推定質量激減すると、「このまま質量減り続ければ冥王星1984年まで消えてしまう」と言われた2001年ヘイデン・プラネタリウムの展示をめぐる騒動起きると、「冥王星惑星じゃないなら○○だって××じゃない」という、当たり前とされているものの分類変えてみせるジョークの題材になった冥王星dwarf planet分類変更されると、カリフォルニア州ディズニーランド7人小人 (dwarf) たちは「プルートが8人目dwarf として我々に加わるのであれば歓迎する」との声明発表したメジャーリーグベースボール公式ウェブサイトは「9番打者冥王星マイナーリーグ送りになった」ことを報じたユーモア作家のアンディ・ボロウィッツは、2006年9月戦績低迷していたニューヨーク・ニックスを準チーム に格下げした。11月中間選挙共和党敗れると、同様にブッシュ政権dwarf 扱いした。 2006年12月住友生命保険発表した2006年版創作四字熟語」に「除名処分」をもじった「除冥処分」が入選した2007年1月米国方言協会英語版)は、2006年の「ワード・オヴ・ザ・イヤー」を「plutoed」とすることに決定したplutoが「demote(降格させる)」あるいは「devalue(低く評価する)」といった意味で、動詞化して使われるようになったことが背景にある

※この「ジョーク」の解説は、「冥王星」の解説の一部です。
「ジョーク」を含む「冥王星」の記事については、「冥王星」の概要を参照ください。


ジョーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/01 09:09 UTC 版)

エレクトリーチカ」の記事における「ジョーク」の解説

1980年代後半ソビエト連邦人々エレクトリーチカのことをソーセージなぞらえてソーセージ匂いがする長くて緑色の物(電気ソーセージ)」と呼んでいた。当時同国経済危機的になり食料品店前に長い行列ができていた。多くの国民は、モスクワをはじめとする大都市大量の食料長い行列をなして買い込みエレクトリーチカ積んで持ち帰っていたという。その様子からこのジョークが生まれた

※この「ジョーク」の解説は、「エレクトリーチカ」の解説の一部です。
「ジョーク」を含む「エレクトリーチカ」の記事については、「エレクトリーチカ」の概要を参照ください。


ジョーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 09:59 UTC 版)

無限ループ」の記事における「ジョーク」の解説

無限ループをx秒で実行し終えることができる、というスーパーコンピュータ性能ネタにした定番ジョークがある(チャック・ノリス・ファクトコンピュータ業界のようなもの)。ジャーゴンファイルの "infinite loop" の項目にある例では「Cray-3はとても速くて無限ループを2秒で実行できるくらいだって!」("The Cray-3 is so fast it can execute an infinite loop in under 2 seconds!")。

※この「ジョーク」の解説は、「無限ループ」の解説の一部です。
「ジョーク」を含む「無限ループ」の記事については、「無限ループ」の概要を参照ください。


ジョーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/13 13:54 UTC 版)

球形の牛」の記事における「ジョーク」の解説

もとは次のような理論物理学者のジョークに由来する言葉である。 牛乳生産量低かったとある酪農家地元大学手紙書いて学術的な支援求めた様々な分野教授たちが協力約束し理論物理学者リーダーになることが決まった農場2週間かけて徹底的な調査が行われた後、教授たちは大学戻りデータつまったノートリーダー預けた後は報告書にまとめるだけだった。するとすぐに物理学者農場へと逆戻りして酪農家にいった。「解決策見つかりました。まず球形の牛真空状態においてください」 このジョークにはいくつかのバリエーションがある。ロシアでは「球形の馬」と呼ばれていて、物理学者がどんなレースでも、球形の馬が真空を動くものとして小数点以下計算をすれば勝ち馬予想できるというジョークから来ているアメリカドラマビッグバン・セオリー」にはバリエーションとして「球形のニワトリ」のジョークが登場する

※この「ジョーク」の解説は、「球形の牛」の解説の一部です。
「ジョーク」を含む「球形の牛」の記事については、「球形の牛」の概要を参照ください。


ジョーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/19 09:26 UTC 版)

去年マリエンバートで」の記事における「ジョーク」の解説

この映画題材としたジョーク。ロブ=グリエ自身のお気に入りで、よく披露していたという。 警官怪しい男だな。この辺り窃盗事件多発してるんだが、お前がやったんじゃないのか?」 男「違いますよ」 警官本当か? 昨日の夜事件があったんだが、昨日の夜はなにをしてた?」 男「昨日の夜は、映画見てました。『去年マリエンバートで』って映画です」 警官嘘じゃないだろうな? 本当に見たというなら、どんな話だったか説明してみろ!」

※この「ジョーク」の解説は、「去年マリエンバートで」の解説の一部です。
「ジョーク」を含む「去年マリエンバートで」の記事については、「去年マリエンバートで」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ジョーク」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ジョーク

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 13:06 UTC 版)

名詞

ジョーク(「冗句」とも当てる

  1. 冗談おどけ文句

発音(?)

じょ↘ーく

語源


「ジョーク」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ジョークのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ジョークのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジョーク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのメテオスオンライン (改訂履歴)、冥王星 (改訂履歴)、エレクトリーチカ (改訂履歴)、無限ループ (改訂履歴)、球形の牛 (改訂履歴)、去年マリエンバートで (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのジョーク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS