便器とは? わかりやすく解説

べん‐き【便器】

読み方:べんき

大小便を受ける器。便所のものや、おまる・おかわなど。


便器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 01:17 UTC 版)

便器(べんき)は、人間が主に小便排泄に使用する器具であり、古くは移動式もしくは屋外設備であったが、近年は陶器製のものが普及しており、住宅設備部材の一つとなっている。


注釈

  1. ^ 便器は存在しないが、便宜上「壁式小便器」と呼ばれたりする。タイルやモルタルの壁のみがあり(仕切板が存在する場合もある)、その壁に尿が当たって下の溝に流れる形態である。
  2. ^ a b 使用の際の体の向きは横にドアのある場合を除き、日本の和式のドアを背後にする構造は世界的には異例なもので、大多数は洋式と同様、ドアに顔を向けてしゃがむ。
  3. ^ ブルーノ・タウトは『タウトが撮ったニッポン』(武蔵野美術大学出版局)の中で「日本式のしゃがむトイレは優れている」と書いている。
  4. ^ もともとは一般家庭用と同じく陶製であったが、黄害対策として循環式に改造するに当たり、洗口が流し水で詰まらぬようステンレス製に移行した。
  5. ^ 考案者の島秀雄にちなんで「S式便器」と称した。
  6. ^ ただ、男性でも、飛び散りによる便器周辺の汚れをなくすためなどの理由で、座って排尿する者も増えているが、男性が座り小便をする場合は、陰茎が便器の内部に接触しないように注意する必要がある。

出典



「便器」の続きの解説一覧

便器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 03:38 UTC 版)

立ちション」の記事における「便器」の解説

公衆トイレ男性用トイレにおいては立ち小便のために小便器設置されている。通常立ち小便用い小便器個室化がされておらず周りの人が排尿する様子見えてしまう。この背景には男性立ち小便衣服履いたまま排尿できることや、調査ではほとんどの男性小便器個室化が必要ない考えていることが挙げられる。むしろ個室でないことにより、省スペースで済むため便器を多数設置できたり回転が早い等のメリットが多い(後述)。海外では個別小便器すら設置されておらず複数人同時に用を足す小便器設置されていることも多い。 洋式便器和式便器おいても立ち小便をする男性は多い。洋式便器では6割、和式便器では8割の男性座らずに立ち小便をする。洋式便器立ち小便する場合は、便座への飛び散り防止のために、便座上げて行う。また、和式便器においては立ち小便のために便器の段差高くなっている場合がある

※この「便器」の解説は、「立ちション」の解説の一部です。
「便器」を含む「立ちション」の記事については、「立ちション」の概要を参照ください。


便器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/24 14:10 UTC 版)

黄ばみ」の記事における「便器」の解説

便器に付着した尿が原因である。この黄ばみ尿石であり、リン酸カルシウム蛋白質からなる複合汚れである。尿石は、尿中尿素によりアンモニア発生そのため尿のpH塩基性になり、尿中からリン酸カルシウム析出することにより生ずる。研究によれば中性界面活性剤はほとんど尿石除去できないに対し酸性、特にカチオン性の界面活性剤は高い除去を示すその理由は、塩基性物質溶解出来るのは、酸性であるからである。

※この「便器」の解説は、「黄ばみ」の解説の一部です。
「便器」を含む「黄ばみ」の記事については、「黄ばみ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「便器」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「便器」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「便器」の関連用語

便器のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



便器のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2023 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの便器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの立ちション (改訂履歴)、黄ばみ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS