ユニバーサルデザインとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > ユニバーサルデザイン > ユニバーサルデザインの意味・解説 

ユニバーサルデザイン [8]universal design

障害有無に関係なく、すべての人が使いやすいように製品建物環境などをデザインすること。1974年アメリカメースによって提唱された。 UD

UD

universal design

ユニバーサルデザイン(Universal Design)

「ユニバーサルデザイン」とは、「最初から、だれにでもやさしい商品や環境であるためのデザイン」のことで、ユニバーサルの意味である、「一般的に普遍的に、すべての人にかかわる」デザインのことをいいます。「障壁」をなくすという考えから、最初から障壁のない商品や環境を作ることを、当たり前にようとする考え方です。
この考え方は、障害を持った工業デザイナーであり、アメリカノースカロライナ州立大学教授でもあったロナルド・メイスン氏が、1980年代初めから提唱したもので、同大学のユニバーサルデザインセンターが示す7つの原則が知られています。
多様な能力を伴ったユーザーにとって、使い勝手良く入手しやすい使用柔軟性があり、ユーザー好み能力に応じて幅広く対応できる。
ユーザー経験知識言語技能などに関わらず操作が簡単であること。
商品などの情報が、ユーザー知覚能力関わらず分かりやすく提供されること。
偶然や思いがけない行動含めて誤操作から生じる問題が、大きな問題ならないこと。
使う際には、効率的に、やすやすと、そして最小限労力ですむこと。
ユーザー身体特性関わらず使いやすい大きさであること。

通産省では、1997年から「グッドデザイン賞」の中に「ユニバーサルデザイン賞」を新設していますが、「ユニバーサルデザイン」という考え方でないモノシステムでは、今後通用しないという意識が、国や企業広がりつつあります

ユニバーサルデザイン

 小さな子供から成人高齢者を含め誰にでも使いやすい設計のこと。
 バリアフリーという概念は、世の中障害バリア)があることを前提とし、それを取り除くことを意味するのに対し、ユニバーサルデザインははじめから障害バリア)を作らずに設計ていこうという概念である。

ユニバーサルデザイン

英語 universal design

老人から子供まであらゆる人々利用可能なデザイン高齢者社会背景自動車にもこの概念導入されつつあり、操作性少しずつ改善されている。1998年にロン・メイス教授提唱90年ノースカロライナ州立大学内にユニバーサルデザインセンターが設立された。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ユニバーサルデザイン

全ての人が使いやすい製品などをデザインすること。バリアフリー(Barrier free)が社会生活弱者対象としているのに対し、ユニバーサルデザインでは言語利き腕障害有無年齢性別かかわらず使いやすいことを目指すノースカロライナ州立大学ロナルド・メイスらが7つの原則示している。
①誰にでも使える
柔軟利用できる。
シンプルである。
分かりやすい情報
安全性
負担軽減
⑦使う時に適切なスペースがある。

ユニバーサルデザイン

ユニバーサルデザインは、敷地施設計画設計をする際、高齢者障害者妊婦子供等を含んだ全ての人が理解利用等のしやすいデザインにする考え方のことです。本計画の※附図も、この考え方基づいておおよそ地点施設表示しています。

ユニバーサルデザイン 【Universal Design】

障害年齢性別言語等,人が持つそれぞれの違いを超えて、すべてのに対して、できる限り利用可能であるように、製品建築環境デザインすること。バリアフリー高齢者身体障害者対象としているのに対し、ユニバーサルデザインは初めから多様な人々対象として使いやすい設計をしているという違いがある。原則は以下の7つ。
(1)誰でも平に利用できること
 (Equitable Use)
(2)使う上で自由度が高いこと
 (Flexibility In Use)
(3)使い方が簡単ですぐに理解できること
 (Simple And Intuitive Use)
(4)必要な情報がすぐに理解できること
 (Perceptible Information
(5)うっかりミスや危険につながらないデザインであること
 (Tolerance For Error
(6)無理な姿勢をとることなく、少ない力で楽に使用できること
 (Low Physical Effort)
(7)アクセスしやすいスペース大きさ確保すること
 (Size And Space For Approach And Use)
これらの理念は、ワークプレイスだけでなく、すべての工業製品に共通している。

ユニバーサルデザイン

「できる限りすべての人に利用可能であるように製品建物空間デザインすること」と定義されており、障害者高齢者、および健常者区別なく、子供からお年寄りまで、誰もが使いやすいように配慮されたデザインのこと。 家電文具自動車シャンプーなど、様々な分野ユニバーサルデザイン化UD化)が進められている。ただし、住まいにおける「UD化」の研究・開発は始まったばかりである。また、建築家ハウスメーカー設計担当者自治体などにおいても、バリアフリー(デザイン)住宅UD住宅との区別が明確になされていないケース少なくないようだ。

ユニバーサルデザイン

【英】:universal design

障害者高齢者健常者等の区別なく,誰もが分け隔てなく使え,歩け,住まえるような商品,街,公園住宅設計デザインようとする試みバリアフリー考え方発展させたもの。

ユニバーサルデザイン

高齢障害有無などにかかわらずすべての人が快適に利用できるように製品建造物生活空間などをデザインすること。アメリカロナルド・メイス氏によって明確にされ、7つの原則提唱されている。

「ユニバーサルデザイン」の7つの原則

1.誰にでも公平に利用できること。
2.使う上で自由度が高いこと。
3.使い方が簡単ですぐわかること。
4.必要な情報がすぐに理解できること。
5.うっかりミスや危険につながらないデザインであること。
6.無理な姿勢をとることなく、少ない力でも楽に使用できること。
7.アクセスしやすいスペース大きさ確保すること。

ユニバーサルデザイン universal design

障害有無年齢性別能力問わない全ての人のための製品環境空間建築などのデザインです。
--ユニバーサルデザインの7原則--
1.誰にでも公平に使用できる事。
2.使う上で自由度が高い事。
3.使用方法が容易にわかること。
4.必要な情報がすぐ理解できる事。
5.間違えても重大な結果ならないこと。
6.少な労力効率的に、楽に使える事。
7.接近して使える様な寸法空間となっている事。


ユニバーサルデザイン universal design

全体 ★★☆☆ 60歳以上 ★☆☆☆

凡例

万人向け設計

道路空間における歩道自転車道等の構造基準ユニバーサルデザイン万人向け設計概念導入するための

意味説明

障害者高齢者なども含め,だれにでも使いやすい形に,設計すること

その他の言い換え語例

だれにでも使いやすい設計


ユニバーサルデザイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/05 09:53 UTC 版)

ユニバーサルデザインUniversal Design/UD)とは、文化言語国籍や年齢・性別などの違い、能力などにかかわらず、出来るだけ多くの人が利用できることを目指した建築(設備)・製品・情報などの設計(デザイン)のことであり、またそれを実現するためのプロセス(過程)である。(この記事は書きかけで、今後も編集作業が続く予定です)


  1. ^ a b Ron Mace (1985). “Universal Design: Barrier Free Environments forEveryone”. Designers West 33(1): 147-152. 
  2. ^ The Center for Universal Design - Universal Design Principles”. projects.ncsu.edu. 2020年7月4日閲覧。
  3. ^ a b 行方市、全国初 UDフォント一体導入 行政・教育、文書活用に
  4. ^ 奈良県教育委員会×モリサワ 教育の現場でのUDフォントの可能性
  5. ^ 障がい者制度改革推進会議 ヒアリング項目に対する意見書 第20回(H22.9.27)
  6. ^ 長寿社会対応住宅設計指針”. www.mlit.go.jp. 建設省. 2020年7月4日閲覧。
  7. ^ 移動等円滑化の促進に関する基本方針”. 国土交通省. 2020年7月4日閲覧。
  8. ^ オリンピック・パラリンピックを見据えたバリアフリー化の推進に関する調査研究(空港から競技会場までのシームレスな移動の実現に向けた検討)”. 国土交通省. 2020年7月4日閲覧。
  9. ^ 公共交通機関等における障害者等への対応に係る職員教育の充実に関する調査研究」平成30年3月”. 国土交通省総合政策局安心生活政策課. 2020年7月4日閲覧。
  10. ^ 障害者の権利に関する条約の理念を踏まえた特別支援教育の在り方に関する意見書https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/044/attach/1298937.htm
  11. ^ a b c Kazuo KAWASAKI” (日本語). www.kazuokawasaki.jp. 2018年8月27日閲覧。



ユニバーサルデザイン

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 05:35 UTC 版)

名詞

ユニバーサル デザイン

  1. 健常者障害者分け隔てなく使えるよう考慮されたデザイン

語源

関連語




ユニバーサルデザインと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ユニバーサルデザイン」の関連用語

ユニバーサルデザインのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ユニバーサルデザインのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
財団法人和歌山県人権啓発センター財団法人和歌山県人権啓発センター
Copyright (C) 2020 財団法人和歌山県人権啓発センター All rights reserved.
農林水産省農林水産省
Copyright:2020 The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
発泡スチロール協会発泡スチロール協会
Copyright (c) 2020 Japan Expanded Polystyrene Association All rights reserved.
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2020 京浜河川事務所 All rights reserved.
三幸エステート三幸エステート
Copyright 2020 Sanko-estate,All Rights Reserved.
SUUMO(スーモ)SUUMO(スーモ)
COPYRIGHT 2020 RECRUIT CO.,LTD
リクルート SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2020 All rights reserved
ナスラックナスラック
COPYRIGHT © 2020 NASLUCK ALL RIGHTS RESERVED.
あったかタウンあったかタウン
(c) copyright2020 kaigo-service.all rights reserved
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2020 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのユニバーサルデザイン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのユニバーサルデザイン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS