ユニバーサルデザインとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > ユニバーサルデザイン > ユニバーサルデザインの意味・解説 

ユニバーサル‐デザイン【universal design】


ユニバーサルデザイン(Universal Design)

「ユニバーサルデザイン」とは、「最初から、だれにでもやさしい商品や環境であるためデザイン」のことで、ユニバーサルの意味である、「一般的に普遍的にすべての人にかかわるデザインのことをいいます。「障壁」をなくすという考えから、最初から障壁のない商品や環境を作ることを、当たり前にしようとする考え方です。
この考え方は、障害持った工業デザイナーであり、アメリカノースカロライナ州立大学教授でもあったロナルド・メイスン氏が、1980年代初めから提唱したもので、同大学のユニバーサルデザインセンターが示す7つ原則知られています。
多様な能力伴ったユーザーにとって、使い勝手良く入手しやすい、使用柔軟性があり、ユーザー好み能力に応じて幅広く対応できる
ユーザー経験知識言語技能などに関わらず操作簡単であること。
商品などの情報が、ユーザー知覚能力に関わらず分かりやすく提供されること。
偶然や思いがけない行動含めて誤操作から生じ問題が、大きな問題とならないこと。
使う際には、効率的にやすやすと、そして最小限労力ですむこと。
ユーザー身体特性に関わらず使いやすい大きさであること。

通産省では、1997年から「グッドデザイン賞」の中に「ユニバーサルデザイン賞」を新設していますが、「ユニバーサルデザイン」という考え方でないモノシステムでは、今後は通用しないという意識が、国や企業広がりつつあります

ユニバーサルデザイン

 小さな子供から成人高齢者含め誰にでも使いやすい設計のこと。
 バリアフリーという概念は、世の中障害バリア)があること前提とし、それを取り除くことを意味するに対し、ユニバーサルデザインははじめから障害バリア)を作らず設計してこうとい概念である。

ユニバーサルデザイン

英語 universal design

老人から子供まであらゆる人々利用可能デザイン高齢者社会背景自動車にもこの概念が導入されつつあり、操作性少しずつ改善されている。1998年にロン・メイス教授提唱90年ノースカロライナ州立大学内にユニバーサルデザインセンターが設立された。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ユニバーサルデザイン


ユニバーサルデザイン universal design


ユニバーサルデザイン universal design

全体 ★★☆☆ 60歳以上 ★☆☆☆

凡例

万人向け設計

道路空間における歩道自転車道等の構造基準ユニバーサルデザイン万人向け設計概念導入するための

意味説明

障害者高齢者なども含め,だれにでも使いやすい形に,設計すること

だれにでも使いやすい設計


ユニバーサルデザイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/11 01:55 UTC 版)

ユニバーサルデザイン: universal designUD)とは、文化言語国籍年齢性別・能力などの違いにかかわらず、出来るだけ多くの人が利用できることを目指した建築(設備)・製品・情報などの設計(デザイン)のことであり、またそれを実現するためのプロセス(過程)である。


  1. ^ a b Ron Mace (1985). “Universal Design: Barrier Free Environments forEveryone”. Designers West 33(1): 147-152. 
  2. ^ : The Center for Universal Design, NC State University
  3. ^ The Center for Universal Design - Universal Design Principles”. projects.ncsu.edu. 2020年7月4日閲覧。
  4. ^ a b 行方市、全国初 UDフォント一体導入 行政・教育、文書活用に”. 茨城新聞 (2019年3月20日). 2019年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月15日閲覧。
  5. ^ あれ、つま先しか届かない! 地下鉄の新型車両、その座席に異論 「立ち上がりやすさ」と「座りやすさ」の両立を神戸新聞NEXT 2021年5月22日
  6. ^ 障がい者制度改革推進会議 ヒアリング項目に対する意見書 第20回(H22.9.27)
  7. ^ 長寿社会対応住宅設計指針”. www.mlit.go.jp. 建設省. 2020年7月4日閲覧。
  8. ^ 移動等円滑化の促進に関する基本方針”. 国土交通省. 2022年7月6日閲覧。
  9. ^ オリンピック・パラリンピックを見据えたバリアフリー化の推進に関する調査研究(空港から競技会場までのシームレスな移動の実現に向けた検討)”. 国土交通省. 2020年7月4日閲覧。
  10. ^ 公共交通機関等における障害者等への対応に係る職員教育の充実に関する調査研究」平成30年3月”. 国土交通省総合政策局安心生活政策課. 2020年7月4日閲覧。
  11. ^ 障害者の権利に関する条約の理念を踏まえた特別支援教育の在り方に関する意見書https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/044/attach/1298937.htm
  12. ^ a b c Kazuo KAWASAKI” (日本語). www.kazuokawasaki.jp. 2018年8月27日閲覧。



ユニバーサルデザイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/28 01:15 UTC 版)

万葉植物園 (市川市)」の記事における「ユニバーサルデザイン」の解説

園内バリアフリー化されており、車椅子での単独利用が可能。

※この「ユニバーサルデザイン」の解説は、「万葉植物園 (市川市)」の解説の一部です。
「ユニバーサルデザイン」を含む「万葉植物園 (市川市)」の記事については、「万葉植物園 (市川市)」の概要を参照ください。


ユニバーサルデザイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/08 15:57 UTC 版)

市川市動植物園」の記事における「ユニバーサルデザイン」の解説

救護施設設置車いす対応スロープあり、手すり付き便器ありなど。 園内バリアフリー化されており、車椅子での単独利用が可能。

※この「ユニバーサルデザイン」の解説は、「市川市動植物園」の解説の一部です。
「ユニバーサルデザイン」を含む「市川市動植物園」の記事については、「市川市動植物園」の概要を参照ください。


ユニバーサルデザイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 02:51 UTC 版)

フォント」の記事における「ユニバーサルデザイン」の解説

ユニバーサルデザイン書体UD書体)とは、誰にでも読みやすいようなデザイン書体のことであり、UD書体フォントUDフォントと呼ぶ例え数字の「6」、「9」や「8」、「3」はフォントによっては非常に判別しづらいこのような読みづらい文字判別しすいようにしたのがユニバーサルフォントである。UDフォント見やすさのため、多くふところの広いモダンな書体となっている。ゲタ突き出し)の付いていないデザインが多いものの、ゲタ付いてるデザイン書体もある。 ゴシック体UDフォントにはUD新ゴモリサワ)、TBUDゴシックモリサワ)、イワタUDゴシックイワタ)、イワタUD新聞ゴシックイワタ)、みんなの文字ゴシック(UCDA/イワタ/電通)、UD角ゴ_ラージ/UD角ゴ_スモールフォントワークス)、ヒラギノUD角ゴ(SCREEN)、NUDモトヤシーダ(モトヤ)、UD モトヤ新聞ゴシックモトヤ)、UDゴシック体ダイナコムウェア)、NIS_UDゴシックニィス)などがある。 丸ゴシック体UDフォントにはUD新丸ゴモリサワ)、TBUD丸ゴシックモリサワ)、イワタUD丸ゴシックイワタ)、UD丸ゴ_ラージ/UD丸ゴ_スモールフォントワークス)、ヒラギノUD丸ゴ(SCREEN)、NUDモトヤマルベリ(モトヤ)、UD丸ゴシック体ダイナコムウェア)などがある。 明朝体UDフォントにはUDミンモリサワ)、TBUD明朝モリサワ)、イワタUD明朝イワタ)、イワタUD新聞明朝イワタ)、みんなの文字明朝(UCDA/イワタ/電通)、UD明朝フォントワークス)、ヒラギノUD明朝SCREEN)、NUDモトヤ明朝モトヤ)、UD モトヤ新聞明朝モトヤ)、UD明朝体ダイナコムウェア)などがある。 UDタイポス系書体UDタイポス、NUDモトヤアポロなど)やUD教科書体登場している(UDデジタル教科書体など)。

※この「ユニバーサルデザイン」の解説は、「フォント」の解説の一部です。
「ユニバーサルデザイン」を含む「フォント」の記事については、「フォント」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ユニバーサルデザイン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ユニバーサルデザイン

出典:『Wiktionary』 (2021/08/06 06:22 UTC 版)

語源

名詞

ユニバーサル デザイン

  1. 健常者障害者分け隔てなく使えるよう考慮されたデザイン

関連語


「ユニバーサルデザイン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ユニバーサルデザインと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ユニバーサルデザインのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ユニバーサルデザインのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
財団法人和歌山県人権啓発センター財団法人和歌山県人権啓発センター
Copyright (C) 2022 財団法人和歌山県人権啓発センター All rights reserved.
農林水産省農林水産省
Copyright:2022 The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
発泡スチロール協会発泡スチロール協会
Copyright (c) 2022 Japan Expanded Polystyrene Association All rights reserved.
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2022 京浜河川事務所 All rights reserved.
三幸エステート三幸エステート
Copyright 2022 Sanko-estate,All Rights Reserved.
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2022 All rights reserved
ナスラックナスラック
COPYRIGHT © 2022 NASLUCK ALL RIGHTS RESERVED.
あったかタウンあったかタウン
(c) copyright2022 kaigo-service.all rights reserved
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2022 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのユニバーサルデザイン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの万葉植物園 (市川市) (改訂履歴)、市川市動植物園 (改訂履歴)、フォント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのユニバーサルデザイン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS