広がりとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 哲学 > 広がりの意味・解説 

ひろがり【広がり/拡がり】

読み方:ひろがり

広がること。また、広がった所。「無限の—をもつ宇宙

「広がり」に似た言葉

広がり

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

交響曲第3番 (ニールセン)

(広がり から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/25 18:48 UTC 版)

交響曲第3番ニ短調 『ひろがりの交響曲』もしくは『広がり』(Symfoni Nr.3 "Sinfonia Espansiva" op.27, FS.60)は、1910年 - 1911年4月30日にかけて作曲されたカール・ニールセン作曲の交響曲。2楽章の曲想から『ニールセンの田園交響曲』とも言われる。




「交響曲第3番 (ニールセン)」の続きの解説一覧

広がり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 05:16 UTC 版)

SAE International」の記事における「広がり」の解説

1980年代までソサエティ米国独自の道を歩んでおり、なかなか世界標準化団体自動車技術者団体結びつき深めることがなかった。しかし、今日ソサエティ四分の一北米以外メンバー占められている。 1947年会長となったC・アーウィン・フラッデンは初のトラクターエンジニア出身会長だった。第二次世界大戦後SAE年次総会展示会講習会同時に開催するイベントとなり、SAEワールド・コングレスとなったSAEコンファレンス・アンド・イグジビッツ (SAE Conferences and Exhibits) が開始された。 1960年SAE会長、ハリー・チーズボロ (Harry Cheesbrough) が「オートモーティブ技術者には境界線など無いことがわかっている」と発言SAEは常に国際的視野活動していたが、この言葉は、組織に対してさらなる言動一致求めるものだった。FISITAとの進行中の共同関係は1950年代はじまっていたが欧州視察によりさらに強まった今日SAE英国オーストララシアインド、にそれぞれのの中で独立した団体ありながらアフィリエートという形でSAE傘下となっている。また、日本西ドイツ (当時) などのSAE傘下ではない独自自動車技術者団体とも協力協定結んでいる。1990年以降、これはFISITAへの加盟につながる。しかし、米国欧州との間の綱引き簡単ではなく、SAEFISITAと2大フレームワーク融合課題となっている。 1973年本部ペンシルベニア州ワレンデール (ピッツバーグ郊外) に移動当時アルコアUSスチールウェスチングハウス等、モビリティ・インダストリーにとってのマテリアル面、テクニカル面で主要なサプライヤー近くにあったこともその理由のひとつSAE事務局58年間で6回マンハッタン内を移転していた。 1980年代SAE電子出版開始対話型CD-ROMおよびウェブベース製品標準技術資料ダウンロード可能とする。これにより重要な技術情報世界中から簡単に入手できるようになった

※この「広がり」の解説は、「SAE International」の解説の一部です。
「広がり」を含む「SAE International」の記事については、「SAE International」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「広がり」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「広がり」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



広がりと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「広がり」に関係したコラム

  • CFDの天然ガス相場の見方

    天然ガスは、石油や石炭と同じく化石燃料の1つです。次の図は天然ガスの生産量をグラフに表したものです。ロシアやアメリカ合衆国、カナダなどでの生産量の多いことがわかります。※BP Statistical ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

広がりのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



広がりのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの交響曲第3番 (ニールセン) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのSAE International (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS