ぞくせいとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 哲学 > ぞくせいの意味・解説 

ぞく せ [0] 【俗世】

ぞくせい(俗世) 」に同じ。

ぞく せい [0] 【俗世】

この世の中。俗世間。ぞくせ。

ぞく せい [0] 【俗姓】


ぞく せい [0] 【族制】

家族同族親族どのように血縁関係に基づく集団制度民俗学において,民俗語彙分類部門一つとなる。

ぞく せい [0] 【属性】

〘哲〙 それを否定すれば事物存在そのもの否定されてしまうような性質偶然的性質とは区別される。特に,デカルト・スピノザでは,実体のもつ本質的な性質例えデカルトでは,物体精神という二実体属性それぞれ広がり意識とする)をいう。 ↔ 実体
アトリビュート 〔「哲学字彙」(1881年)に英語 attribute訳語として載る

ぞく せい [0] 【属星】


ぞく せい [0] 【続生】

( 名 ) スル
続いて生まれること。続いて次々に起こること。

ぞく せい [0] 【賊勢】

賊軍勢力。賊のいきおい

ぞく せい [0] 【簇生・族生】

( 名 ) スル
〔「そうせい簇生)」の慣用読み
植物が群がって生えること。叢生そうせい。 「シダが-する」 「大木(まれ)にして,多く切株より-せる若木なり/自然と人生 蘆花」 〔「族生」は同音字による書き替え
叢生そうせい 」に同じ。


属性

読み方:ぞくせい
【英】attribute

属性とは、(1)HTMLなどにおいて、開始タグ中に値(valueと共に記述されて、各要素性質を定義する文字列のこと、あるいは(2)個々ファイルデータに関する固有の情報特性のことである。

(1) HTMLなどにおいて、開始タグ中に値(valueと共に記述されて、各要素性質を定義する文字列のこと。代表的なものとしては、「alt属性」や「align属性」などがある。HTMLでは大文字小文字区別はないが、XHTMLでは大文字小文字区別され、標準ではすべて小文字で定義さている。同じタグでも属性の違いによりさまざまな働きをするため、タグとともに属性の内容把握することが重要となる。 (2) 個々ファイルデータに関する固有の情報特性のこと。具体的には、レコード場合形式レコード長、データ名、ボリューム識別番号用途作成日などが属性にあたる。MS-DOSファイルでは、システム属性、アーカイブ属性、リードオンリー属性、隠し属性四種類がある。

ぞくせい 【属性】

attribute英)事物有する特徴性質をいう。哲学では、偶然的性質とは区別され、物がそれなしには考えられないよう本質的な性質例えデカルトでは、精神の属性は思惟物体の属性は延長、とする。

ぞくせい

出典:『Wiktionary』 (2011/08/22 15:24 UTC 版)

同音異義語

ぞくせい




ぞくせいと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ぞくせい」の関連用語

ぞくせいのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ぞくせいのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ属性の記事を利用しております。
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのぞくせい (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS