代表的なものとは? わかりやすく解説

代表的なもの

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/08/17 23:27 UTC 版)

アオスゲ」の記事における「代表的なもの」の解説

標準アオスゲは、黄緑色つやのあるをもち、背丈は30cmほどまで、は少し固め。雄小穂こん棒状、雌小穂楕円形で、花茎先端集まる。最下小穂には、長い葉身があり、先端は雄小穂より長く突き出る日向草原にはえる。 オオアオスゲは高さが40cmにも達す大型のもので、ざらつく果胞はっきりとした脈があるのも特徴アオスゲとともに都会でもよくみられる。 メアオスゲは、やや柔らかく深緑っぽい植物で、雌小穂花数少ない。花茎先の方に小穂集まるが、大きく離れて根元間に小穂をつける。草地から森林内にまで生育する。 イトアオスゲは、全体に細みで、雌小穂花数少ない。最下小穂にある葉身は短い。やや山地にはえる傾向。 イトアオスゲ、メアオスゲのうち後者は、最下実穂基部近くから現れることなどで前者区別するが、同じような性質によりミヤケスゲをクモマシバスゲから見分けるスゲ属において、ときとして種内変異あつかわれる上部のほか基部にも穂をもつ性質匍匐枝を出す性質草食動物食害への適応と見られる山地見られるアオスゲ類は、平地アオスゲほどぼそぼそと実が沢山付いていることはない。 むしろホンモンジスゲの類を思わすこともある。 イソアオスゲは、海岸岩場やその背後森林などに生え、ややメアオスゲに似る。よく匍匐枝を出す。 ハマアオスゲは、比較はっきりと異なる。沿海地にはえる深緑で、地下によく匍匐枝を出す。はつやが強い。果胞成熟するとやや膨らみ黄色味帯びる。 沿海地で見られるイソアオスゲとハマアオスゲ成熟するまでは見分けにくい

※この「代表的なもの」の解説は、「アオスゲ」の解説の一部です。
「代表的なもの」を含む「アオスゲ」の記事については、「アオスゲ」の概要を参照ください。


代表的なもの

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 21:30 UTC 版)

クリスマス・キャロル」の記事における「代表的なもの」の解説

クリスマス・キャロルとして知られる曲やうたは、中世以来伝統を持つ非常に古いものから、19世紀から20世紀にかけて作曲作詞が行われたものまで非常に多数昇る。「What Child Is This?」のように、作詞19世紀半ばで、うたに使用する曲は16世紀遡るグリーンスリーブス」であるようなものもあれば、曲自体中世13世紀遡るが、作詞されたのは比較新しいものなどもある。 「アデステ・フィデレス」(Adeste Fideles) - 「神の御子は今宵しも」(O Come All Ye Faithful)とも。 「天には栄え」(Hark! The Herald Angels Sing) 「天(あめ)のみつかいの」(Les anges dans nos campagnes) -「荒野の果てに」とも。 「御使いうたいて」(What Child Is This?) 「ウェンセスラスはよい王様」(Good King Wenceslas) 「飼い葉のおけで」(Away in a Manger) 「聖しこの夜」(Stille Nacht, heilige Nacht) 「クリスマスおめでとう」(We Wish You A Merry Christmas) 「クリスマスの12日間」(The Twelve Days of Christmas) 「コヴェントリー・キャロル」(Coventry Carol) 「さやかに星はきらめき」(O Holy Night) 「ひいらぎ飾ろう」(Deck the Halls) 「ベツレヘム小さな町で」(O Little Town of Bethlehem) 「牧人羊を」(The First Noel) 「もみの木」(O Tannenbaum) 「もろびとこぞりて」(Joy to the World) - 「民みな喜べ」とも。 「世の人忘るな」(God Rest Ye Merry, Gentlemen) 「われらはきたりぬ」(We Three Kings) 「キャロル・オブ・ザ・ベル」(en:Carol of the Bells

※この「代表的なもの」の解説は、「クリスマス・キャロル」の解説の一部です。
「代表的なもの」を含む「クリスマス・キャロル」の記事については、「クリスマス・キャロル」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「代表的なもの」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「代表的なもの」に関係したコラム

  • FXの三尊とは

    FX(外国為替証拠金取引)の三尊とは、釈迦三尊の並びのようにローソク足が並んでいる状態のことをいいます。ヘッドアンドショルダー(head and shoulder)ともいいます。三尊は、三尊天井と逆三...

  • CFDの小麦相場の見方

    小麦は、米やトウモロコシと並んで世界の三大穀物として世界各国で消費されています。次の図は、小麦の生産量をグラフに表したものです(アメリカ合衆国農務省調べ)。EU27か国、中国、インド、アメリカ合衆国の...

  • CFDの先物の限月とは

    CFDの先物の限月(げんげつ)とは、株価指数先物や商品先物などの取引が終了する月のことです。例えば、日経平均株価(日経225)に連動した株価指数先物の場合、限月は3月、6月、9月、12月の4つの月に設...

  • 株式市場の01銘柄とは

    株式市場の01銘柄とは、4桁の証券コードのうち下2桁が01で終わる証券コードの銘柄のことです。01銘柄は、その業種の代表的な銘柄であることが多く、株価の値動きは市場関係者から注目されています。次の表は...

  • CFDのVIX指数の見方

    VIX指数とは、アメリカ合衆国の代表的な株価指数のSP500のボラティリティをもとに算出した指数のことです。VIX指数は、Volatility Indexの略です。ボラティリティは0%から100%まで...

  • 株式の小型株とは

    東京証券取引所(東証)では、規模別株価指数の算出のために一部上場銘柄を大型株、中型株、小型株の3つに分類しています。その基準は、時価総額や株式の流動性などによって順位づけしたものになっています。大型株...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「代表的なもの」の関連用語

代表的なもののお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



代表的なもののページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアオスゲ (改訂履歴)、クリスマス・キャロル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS