帯びとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 帯びの意味・解説 

おび【帯】

〔名〕 (動詞「おぶ(帯)」の連用形名詞化

衣服を着るとき、腰のあたりに巻いて結ぶもの。布帛組紐など種類が多い。

書紀720武烈即位前・歌謡「大君の 御於寐(オビ)の倭文服(しつはた) 結び垂れ 誰やし人相思はなくに」

妊婦が五か月目に腹に巻く布。また、それを巻くこと。結肌帯(ゆわだおび)。岩田帯

夜の寝覚(1045‐68頃)一「姫君は、月のかさなるままに、ほどなき御身はいちじるくふくらかになりもておはするままに〈略〉対の君は、おびなどしのびてせさせ奉るにつけても」

③ 腰につけた刀。佩刀(はいとう)。

読本雨月物語(1776)蛇性の婬「前(さき)の夫(つま)の二つなき宝にめで給ふ帯(オビ)あり」

④ ①に似た細長い形のものをたとえていう。

万葉(8C後)七・一一〇二「大君の三笠の山の帯にせる細谷川音の清(さや)けさ」

(5)おびばんぐみ帯番組)」の略。

(6)おびがみ帯紙)」または「おびふう帯封)」の略。

銀の匙(1913‐15)〈中勘助〉前「絵草紙をかふとくるくると巻いてまんなかに帯をしてくれる」

(7)おびこうこく帯広告)」の略。

批評基準退化(1955)〈埴谷雄高〉「単行本の腰にこれほど色とりどりな帯がまかれているのは、我が国だけの贅沢な現象だろう」


帯び

読み方:おび

バ行上一段活用動詞「帯びる」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの


帯び

読み方:おび

【文語】バ行四段活用動詞帯ぶ」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「帯び」の関連用語

帯びのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



帯びのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS