明るとは?

あか・る【明る】

[動ラ四]

明るくなる。光を放つ

やうやうしろくなり行く、山ぎは少し—・りて」〈・一〉

光沢がある。つやがある

御服(みそ)は—・る妙(たへ)、照る妙」〈祝詞祈年祭


あか・る【明】

〔自ラ四〕

① 明るくなる。また、灯火がよく光を出す。

(10C終)一「やうやうしろくなり行く山ぎは少しあかりて」

清くうるわしくなる。→あかるたえ明妙)。

書紀720神代上(水戸本訓)「素戔嗚尊、天(あめ)に昇(のぼ)りせむとする時に一の神有り。号(な)は羽明(はアカル)玉」

雨があがる。〔日葡辞書(1603‐04)〕

[語誌]上代には光と色とがまだ分化しきっていなかった(→あか・あかい)。中古には「枕草子」の例以外には用例見出し難く、色に重点をおく場合は「赤む」を用いるのが普通だったようである。


あくる【明】

動詞「あく(明)」の連体形。「夜、年などが明けてから」の意。連体詞としても用いる) 次の。翌。次にくる日、月、年などについていう。

平家13C前)一一「あくる卯の時阿波の地へこそ吹きつけたれ」

倫敦消息(1901)〈夏目漱石〉一「明る土曜は先(まづ)平常通りで」




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「明る」の関連用語

明るのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



明るのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS