金星とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 宇宙 > > 金星の意味・解説 

きん せい [0] 【金星】 〔ラテン Venus〕

太陽系二番目惑星地球軌道のすぐ内側にあり、内合のときは惑星の中では地球に最も近づき、そのときの距離はおよそ4千万キロメートル質量地球の0.815倍。半径は6052キロメートル太陽からの距離は1億820キロメートル公転周期225日。表面白い雲で覆われて輝き太陽・月に次いで三番目に明る天体表面温度摂氏400500度、大気主として二酸化炭素からなる明け方東天に輝く場合を「明けの明星」「明星あかぼし」「かわたれ星」、夕方西空に輝く場合を「宵の明星」「夕星ゆうずつ」などという。中国名、太白

きん ぼし [1] 【金星】

大相撲本場所で、平幕力士横綱に勝ったときの勝ち星。 「 -をあげる」
殊勲大手柄


金星

金星は地球にいちばん近い惑星

金星は、地球のすぐ内側回り地球と月の距離の約100倍まで、地球にもっとも近づく惑星(わくせい)です。赤道直径地球の0.95倍の1万2,104km、重さ地球の0.81倍と、大きさ重さとも、地球とよく似ています。金星は、地球や他の惑星とは逆に自転し、その周期243日です。太陽のまわりを1周する公転周期225日なので、自転のほうが長くかかることがわかります。

探査機「マゼラン」がレーダー観測で明らかにした金星の表面
探査機マゼラン」がレーダー観測明らかにした金星の表面

厚い雲におおわれた金星はいつも曇り空

金星には大気があり、火山活動しています。水蒸気窒素(ちっそ)も吹き出していますが、昼も夜も470温度が高いため、それらは液体水溶液にならずに、気体のままでいます。雨が降っても空で蒸発(じょうはつ)してしまうので、も降らず、晴れることもなく大気におおわれているので、いつも曇っています。大気成分はほとんどが二酸化炭素です。それもとても厚いものなので、太陽の熱を逃がしません。そのため温度が高いのです。

ナゾの多い金星の表面は470℃の高温世界

金星は、大きさ重さ地球とよく似ていますが、表面のようすはまったくちがいます。アメリカマリナー10号金星の大気放射線磁場などを調べました。旧ソ連ベネラ金星の大気中に降りて、地面近く温度大気圧力大気をつくるガス種類などを調べました。その結果、金星の表面はとてもかたく、火成岩(かせいがん)の一種である玄武岩(げんぶがん)に似た岩石が多いことがわかりました表面近くガス温度は約470大気圧力地球海底900mと同じくらいの圧力になりますまだまだナゾは多いのですが、最近では、アメリカマゼラン探査機によるレーダー観測表面のようすもかなりわかってきました。

金星は月のように満ち欠けを起こす

金星は、地球からは太陽近く見えるので、夕方明けの空にあります夜中見えることはありません。いちばん明るいときはマイナス4等星にもなり、「宵(よい)の明星」、「明けの明星」と呼ばれます。太陽方向と重なる外合内合のときをのぞいて、位置がわかれば昼でも見つけることができます。金星は地球のすぐ内側を回っているため、遠いときと近いときで地球からの距離が大きくちがいます。そのため大きさや形が変化して見え、月のように満ち欠け起こすのです。

探査機「マゼラン」が撮影した金星
探査機マゼラン」が撮影した金星


きんせい 【金星】

Venusラテン太陽系二番目惑星地球のすぐ内側軌道を持つ。太陽・月の次に明るいので、早くから注目され、バビロニアでは豊穣の神イシュタルと関係づけられ、ギリシア神話女神アフロディテローマ神話ウェヌスビーナス)と同一視された。中国では太白という。日本では明け方東天に輝くのを明けの明星明星夕方西空に輝くのを宵の明星夕星という。占星術では栄誉・富・幸福の星、錬金術ではシンボル

金星

作者もりたなるお

収載図書金星―相撲小説
出版社文芸春秋
刊行年月1990.12
シリーズ名文春文庫


金星

読み方
金星かなぼし
金星きんぼし

金星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/20 10:06 UTC 版)

金星(きんせい、ラテン語: Venus英語: Venus )は、太陽系太陽に近い方から2番目の惑星。また、地球に最も近い公転軌道を持つ惑星である。




注釈

  1. ^ 天王星も約98度の赤道傾斜角を持つため、太陽が西から昇って東に沈む

出典

  1. ^ 天文年鑑2008年版
  2. ^ ビーナス・エクスプレス、大気圏に突入”. ナショナルジオグラフィック日本版. 日経ナショナルジオグラフィック (2014年6月20日). 2017年8月23日閲覧。
  3. ^ デイヴィッド・ベイカー & トッド・ラトクリフ 2012, pp. 82-84.
  4. ^ a b 田近英一、『地球環境46億年の大変動史』p28ほか、株式会社化学同人、2009年5月30日、ISBN 978-4-7598-1324-1
  5. ^ デイヴィッド・ベイカー & トッド・ラトクリフ 2012, p. 95.
  6. ^ AstroArts ビーナス・エクスプレス、金星大気にオゾン層を発見
  7. ^ A curious cold layer in the atmosphere of Venus ESA
  8. ^ 金星とは”. 金星探査機「あかつき」特設サイト(ISAS). 2018年5月6日閲覧。
  9. ^ First Venus Express VIRTIS Images Peel Away the Planet's Clouds
  10. ^ AstroArts 渦巻く金星大気の観測がはじまった
  11. ^ AstroArts ビーナス・エクスプレスが金星の南極に巨大な渦を発見
  12. ^ 天文部:わが惑星系の安定性”. 理科年表オフィシャルサイト. 国立天文台 (2006年8月). 2017年8月23日閲覧。
  13. ^ デイヴィッド・ベイカー & トッド・ラトクリフ 2012, p. 190.
  14. ^ a b 水谷仁 2006, p. 14.
  15. ^ ナショナルジオグラフィック ニュース 金星の自転速度が低下?
  16. ^ 矢沢サイエンスオフィス, p. 80.
  17. ^ 水谷仁 2006, p. 18.
  18. ^ 「ISASコラム 内惑星探訪 第8回:電波を通して眺めた金星の地形」佐々木晶 宇宙航空研究開発機構 2015年10月25日閲覧
  19. ^ ナショナルジオグラフィック 金星の5つの謎
  20. ^ AstroArts 金星に最近の火山活動の証拠を発見
  21. ^ a b c 金星が最大光度(2017年2月)”. 国立天文台. 2017年8月23日閲覧。
  22. ^ a b 『天文年鑑2006』、2005年11月、120頁。ISBN 978-4416205211
  23. ^ 田舎移住者の星日記
  24. ^ a b 渡部潤一. “星影を楽しむ”. 三菱電機. 2017年8月23日閲覧。
  25. ^ ヨハネの黙示録(口語訳)#22:16
  26. ^ a b 青山和夫他 『神秘の王朝 マヤ文明展』 TBS, 国立科学博物館, 朝日新聞社2003年、246頁。NCID BA76537525
  27. ^ 小山慶太 『道楽科学者列伝 - 近代西欧科学の原風景』 中央公論社1997年4月25日ISBN 9784121013569
  28. ^ 神戸にある金星台 (PDF) 大阪市立科学館
  29. ^ 「宙ノ名前」p.68 林完次 光琳社出版 平成7年8月1日初版発行
  30. ^ 石川源晃『【実習】占星学入門』 ISBN 4-89203-153-4
  31. ^ 矢沢サイエンスオフィス, p. 72.
  32. ^ 矢沢サイエンスオフィス, p. 26.
  33. ^ 矢沢サイエンスオフィス, p. 118.
  34. ^ 矢沢サイエンスオフィス, p. 74.



金星

出典:『Wiktionary』 (2012/03/17 05:03 UTC 版)

固有名詞:惑星

きんせい

  1. 太陽系太陽二番目に近い惑星明け方東の空に見える金星を明けの明星夕方西の空に見える金星を宵の明星と呼ぶこともある。
  2. 占星術における惑星のひとつ。金牛宮天秤宮守護星

発音

きんせー
IPA: /??/
X-SAMPA: /??/

翻訳

関連語

名詞:連珠

きんせい

  1. 連珠で、三手目までを図のように珠を置いた時の珠形。
関連語 直接打ちの珠形
寒星, 渓月, 疎星, 花月, 残月, 雨月, 金星, 松月, 丘月, 新月, 瑞星, 山月, 遊星
  • 間接打ちの珠形
    長星, 峡月, 恒星, 水月, 流星, 月, 浦月, 嵐月, 銀月, 明星, 斜月, 名月, 彗星
  • 名詞:相撲

    きんぼし

    1. 相撲で、平幕力士横綱勝利したときの勝ち星

    関連語






    金星と同じ種類の言葉


    英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
    英語⇒日本語日本語⇒英語
      

    辞書ショートカット

    カテゴリ一覧

    全て

    ビジネス

    業界用語

    コンピュータ

    電車

    自動車・バイク

    工学

    建築・不動産

    学問

    文化

    生活

    ヘルスケア

    趣味

    スポーツ

    生物

    食品

    人名

    方言

    辞書・百科事典

    すべての辞書の索引

    「金星」の関連用語

    金星のお隣キーワード

       

    英語⇒日本語
    日本語⇒英語
       
    検索ランキング



    金星のページの著作権
    Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

      
    三省堂三省堂
    Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
    株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
    JAXAJAXA
    Copyright 2018 Japan Aerospace Exploration Agency
    中経出版中経出版
    Copyright (C) 2018 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
    日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
    Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
    日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
    Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
    EDRDGEDRDG
    This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
    ウィキペディアウィキペディア
    All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
    この記事は、ウィキペディアの金星 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
    Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
    Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの金星 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

    ©2018 Weblio RSS