おうし座とは?

おうし座

すばる(プレヤデス星団)とヒアデス星団の2つの星団をもつ星座

日本では、冬の夜空を代表する星座です。オリオン座3つ星を結んで、斜め右上にのばしたところに、おうし座のアルファアルデバランあります。0.8等のオレンジ色明るい星で、距離は60光年表面温度は4500度くらい。それを先頭いくつかの星がV字型をつくっています。これがヒヤデス星団で、雄牛の顔の部分にあたります。このV字の先をまっすぐのばしたところの2つの星を結ぶと、2本のになりますヒヤデス星団のさらに上のほうに、6つほどの星が寄りまっていて、ここは雄牛背中にあたります。これが最も美しいといわれているプレヤデス星団で、120個ほどの恒星が集まってできており、「すばる」の呼び名でも親しまれています。ヒヤデス星団までの距離は130光年で、最も近い散開星団といわれています。またプレヤデス星団までの距離は410光年で、ヒヤデス星団などに次いで近くあります


美女エウローペに恋して、雄牛に変身した大神ゼウス

フェニキアの王の一人娘エウローペは、とても美しい娘でした。大神ゼウスは、一目見て心を奪われてしまい、下界降りて、真っ白な牛に変身しました。そして、野原で花を摘んでいたエウローペに近づいていきました。はじめは驚いていたエウローペも、しだいに牛に慣れて、頭をなでてあげたりするうちに、ついには牛の背中に乗ってしまいました。すると、牛はすくっと立ち上がって、走り出しました。野原抜けさらには大地を走るように海の上渡ってギリシャの沖にあるクレタ島にたどり着きました。島に着くと、牛はエウローペに、自分大神ゼウスであり、あなたのことがすっかり気に入ったので、ここで仲良く暮らそう、と告白しました。そして、エウローペはこの土地初めてやってきた人間だったので、島をはじめ対岸見え大陸すべては、彼女にちなんヨーロッパ呼ばれるようになったといわれています。


おうし座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/01 09:52 UTC 版)

おうし座(牡牛座、Taurus)は、黄道十二星座の1つ。トレミーの48星座の1つでもある。




  1. ^ a b c d The Constellations”. IAU. 2010年2月9日閲覧。
  2. ^ Russell, Henry Norris. “The New International Symbols for the Constellations”. Popular Astronomy 30: 469. Bibcode 1922PA.....30..469R. 
  3. ^ Taurus”. Merriam-Webster Online. 2010年2月9日閲覧。
  4. ^ a b SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME ALDEBARAN. 2013年1月17日閲覧。
  5. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME ELNATH. 2013年1月14日閲覧。
  6. ^ a b c d 長島晶裕/ORG 『星空の神々 全天88星座の神話・伝承』 新紀元社、2012年ISBN 978-4-7753-1038-0


「おうし座」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「おうし座」の関連用語

おうし座のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



おうし座のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2018 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのおうし座 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS