へびつかい座とは?

へびつかい座

分類:星座/神話


名称:へびつかい座(蛇使い座)
学名:Ophiuchus
小分類:北半球
構成する主な星雲星団恒星:M9(NGC6333)=球状星団/M10(NGC6254)=球状星団/M12(NGC6218)=球状星団/ラス・アルハグェ(アルファ星)/ケバルライ(ベータ星)/イェド・プリオル(デルタ星)/バーナード星
神話主な登場人物:サンガリウス/アスクレピウス/ゲーテ
日本観測できる時期:-
見ごろの季節:夏(8月上旬午後8時に南中)

大きな5角形星座で、黄道近く位置し、退治する巨人の姿になぞらえられます。星座一部は、へび座として分かれています。日本では昔、穀物選り分ける「箕(み)」と見られました。頭部付近にあるバーナード星は、5.9光年地球に2番目に近い星座で、固有運動の非常に大きい星として知られます。

1.見つけ方のポイント
ヘラクレス座の南、さそり座の北に位置し、2〜4等星構成される巨大5角形目印です。

2.神話内容について
神話には諸説あり、退治した巨人サンガリウスであるという説や、の毒の治療優れた神医アスクレピウスとも、トリプトレムスの竜退治をした王ゲーテであるともいわれます。

3.同じ時期見え星座について
へび座/わし座/ヘラクレス座/さそり座/てんびん座

4.主要都市での観測について
日本では見ることができません。


へびつかい座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/13 15:04 UTC 版)

へびつかい座(へびつかいざ、蛇遣座、Ophiuchus)は、トレミーの48星座の1つ。黄道上に位置している星座であるが、黄道十二星座には含まれない。δ星、ν星でへび座を頭部と尾部に分割する。




  1. ^ Results for NAME RASALHAGUE”. SIMBAD Astronomical Database. CDS. 2013年1月25日閲覧。
  2. ^ Results for * eta Oph”. SIMBAD Astronomical Database. CDS. 2013年1月25日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 原恵『星座の神話 - 星座史と星名の意味』恒星社厚生閣、2007年2月28日、新装改訂版第4刷、148-149頁。ISBN 978-4-7699-0825-8
  4. ^ a b c d e f g h i IAU Catalog of Star Names”. 国際天文学連合. 2017年10月12日閲覧。
  5. ^ a b c Approved names” (英語). Name Exoworlds. 国際天文学連合 (2019年12月17日). 2020年1月11日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g Ian Ridpath. “Star Tales - Gemini”. 2017年10月12日閲覧。


「へびつかい座」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「へびつかい座」の関連用語

へびつかい座のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



へびつかい座のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2020 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのへびつかい座 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS