はえ座とは?

はえ‐ざ〔はへ‐〕【×蠅座】

南天小星座。南十字星のすぐ南にあり、日本からは見えない学名 (ラテン)Musca


はえ座

分類:星座/神話


名称:はえ座(蝿座)
学名:Musca
小分類:南半球
構成する主な星雲星団恒星:NGC4833(球状星団)
神話主な登場人物:-
日本観測できる時期:日本からは見ることができません
見ごろ季節:春(20時正中は5月下旬)

南十字星の南にある、小さな台形をした星座です。昆虫星座見立てたもので、最初は「みつばち座」などと呼ばれていました。明るい星はありませんが、小さくまとまっているので見つけやすいでしょう。しかし天の南極あたりにある星座なので、日本では石垣島宮古島へ行ってもほとんど見ることはできません。

1.見つけ方のポイント
南十字星のちょうど南にある星座で、十字長い方の線を南に向かって伸ばしていくと、2個の3等星と2個の4等星作る小さな台形が見つかります。それがはえ座です。

2.神話内容について
飛ぶ星座にみたてたもので、神話とは関係ありません。1603年ドイツ天文学者ヨハン・バイエルによって発表された星図ウラノメトリア」では、「蜜蜂座(Apis)」とされていた星座です。その後18世紀フランス天文学者ラカーユによって「はえ座」とされました。ラカーユは、現在の南アフリカ共和国南端ケープタウンに住んで、星の研究続け学者です。また、はえ座ができたのは17世紀前半で、ケプラー養子となったバルチウスが作ったのだともいわれています。

3.同じ時期見え星座について
南半球の秋(日本の春)に南の空に見え星座です。日本ではなじみのない星座ばかりですが、北にはみなみじゅうじせい座とケンタウルス座、東にはみなみのさんかく座おおかみ座さいだん座などがあります。また南にはカメレオン座ふうちょう座、西にはほ座やりゅうこつ座、とびうお座などが見えます。

4.主要都市での観測について
日本からは見ることができません。見るためには南の土地へ行く必要があります

参考文献:「星座クラブ沼澤茂美著(誠文堂新光社)、「星のポケットブック」(誠文堂新光社)、「星座天体観測図鑑藤井旭著(成美堂出版)、「星座夜空四季小学館学習百科図鑑、「星座博物館・春」、「同・夏」、「同・秋」、「同・冬」、「同・星座旅行瀬川昌男著(ぎょうせい)、「星空ガイド沼澤茂美脇屋奈々代著(ナツメ社)


はえ座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/19 15:08 UTC 版)

はえ座(はえざ、蝿座、蠅座、Musca)は、南天星座の1つ。天の南極に近く、日本の大部分の地域からは星座の一部さえも全く見ることができない。




注釈

  1. ^ 「はい」はハエを意味する東京方言である[3]

出典

  1. ^ Ridpath, Ian. “Star Tales - Musca”. Star Tales. 2013年5月12日閲覧。
  2. ^ Shane Horvatin. “Obsolete Constellations: Apis”. 2015年12月11日閲覧。
  3. ^ 原恵 『星座の文化史』 玉川大学出版部〈玉川選書〉、1982年7月、115頁。ISBN 978-4472154720 
  4. ^ 国立天文台編 『理科年表〈第64冊(平成3年)〉』 丸善、1990年11月。ISBN 978-4621035375 


「はえ座」の続きの解説一覧

はえ座

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 18:26 UTC 版)

固有名詞

はえ (はえざ)

  1. 南天星座一つペーテル・ケイセルフレデリック・デ・ハウトマンによって設定にちなむ。

別表記

翻訳




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「はえ座」の関連用語

はえ座のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



はえ座のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JAXAJAXA
Copyright 2021 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのはえ座 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのはえ座 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS