宮古島とは?

みやこ‐じま【宮古島】


宮古島

分野
日本および日本周辺個別的に表す地名 (地図に関する用語
意味:
ミヤコジマ

宮古島

島嶼名辞典では1991年10月時点の情報を掲載しています。

宮古島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/07 04:52 UTC 版)

地理院地図 Googleマップ 宮古島




  1. ^ 平成30年全国都道府県市区町村別面積調 付3 島面積 (PDF)”. 国土地理院. p. 109 (2018年10月1日). 2019年6月23日閲覧。
  2. ^ 平成30年度版「統計みやこじま」 I.土地及び気象』宮古島市、2019年3月。
  3. ^ 平成30年全国都道府県市区町村別面積調 (PDF)”. 国土地理院. p. 109 (2018年10月1日). 2019年3月16日閲覧。
  4. ^ 展示案内 第一展示室(考古、歴史) (PDF)”. 宮古島市総合博物館. 2020年3月3日閲覧。
  5. ^ a b c d 史料にみる「宮古=太平山」の呼称の変遷”. 宮古5市町村合併推進協議会. 2020年3月7日閲覧。
  6. ^ 藤田豊八『東西交渉史の研究 南海篇』荻原星文館、1943年、410頁。
  7. ^ a b c d 仲宗根將二「「宮古の地名」を歩く(3)-地名の語る「宮古の歴史と文化」 (PDF) 」 『宮古島市総合博物館紀要』第16号、宮古島市総合博物館、2012年3月、 114-149頁。
  8. ^ 明史 巻323 列伝第211外国4
  9. ^ 宮古の概要”. 宮古5市町村合併推進協議会. 2020年3月6日閲覧。
  10. ^ “幻の大陸に400人上陸 八重干瀬、国指定後初”. 宮古新報. (2013年4月12日). http://miyakoshinpo.com/news.cgi?no=7858&continue=on 
  11. ^ 気象警報・注意報や天気予報の発表区域”. 気象庁. 2020年3月7日閲覧。
  12. ^ 宮古島の地質”. 宮古土地改良区. 2020年3月7日閲覧。
  13. ^ 目崎茂和『南島の地形 沖縄の風景を読む』pp.106、沖縄出版、1988年
  14. ^ 町田洋他編『日本の地形 7 九州・南西諸島』pp.256、東京大学出版会、2001年、ISBN 4-13-064717-2
  15. ^ 平良市史編さん委員会編『平良市史第1巻通史編1先史-近代編』pp.9、平良市役所、1979年
  16. ^ 佐々木喜一(2005)、「宮古島サトウキビ畑における蒸発散量」 農業氣象 2005年 61巻 1号 p.77-81, doi:10.2480/agrmet.61.77
  17. ^ 宮古島地方の気候特性 - 宮古島地方気象台
  18. ^ デジタル大辞泉プラス,日本大百科全書(ニッポニカ),世界大百科事典内言及. “宮古島台風(みやこじまたいふう)とは” (日本語). コトバンク. 2020年4月6日閲覧。
  19. ^ “サワガニの新種確認/覆る?宮古島水没説”. 琉球新報. (2001年12月12日). オリジナルの2009年7月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090719054014/http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-110374-storytopic-86.html 2008年8月10日閲覧。 
  20. ^ 宮古列島の外来種』(PDF)環境省那覇自然環境事務所、2016年3月。
  21. ^ 太田英利・高橋亮雄「琉球列島及び周辺島嶼の陸生脊椎動物相 -特徴とその成り立ち-」『美ら島の自然史 サンゴ礁島嶼系の生物多様性』琉球大学21世紀COEプログラム編集委員会編、東海大学出版会発行、2006年、2-15頁、ISBN 4-486-01731-5
  22. ^ 安谷屋昭「巨大石灰岩層の島・宮古島と八重干瀬台礁 (PDF) 」 『平良市総合博物館紀要』第8号、平良市総合博物館、2001年3月、 37-52頁。
  23. ^ 矢崎清貫「南島つれづれの記(その4) 石灰岩からみた宮古島のおいたち (PDF) 」 『地質ニュース』第264号、実業公報社、1976年8月、 41-51頁。
  24. ^ ピンザアブ洞人 ピンザアブ洞窟 宮古島に2万6千年前に住んでいた人々の話”. 宮古島キッズネット. 2020年3月7日閲覧。
  25. ^ “アラフ遺跡を文化財指定へ/城辺新城”. 宮古毎日新聞. (2018年12月21日). http://www.miyakomainichi.com/2018/12/115269/ 
  26. ^ “【美ぎスマ】浦底遺跡出土品文化財指定へ/城辺地区福北集落”. 宮古毎日新聞. (2019年4月27日). http://www.miyakomainichi.com/2019/04/119532/ 
  27. ^ “宮古の先史時代解明に手掛かり - 友利元島遺跡調査”. 宮古新報. (2013年1月17日). http://miyakoshinpo.com/news.cgi?no=7319&continue=on 
  28. ^ “宮古に無土器時代人骨 友利元島遺跡”. 琉球新報. (2013年1月13日). オリジナルの2020年3月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200307012553/https://ryukyushimpo.jp/news/prentry-201323.html 
  29. ^ a b 『雍正旧記』より。
  30. ^ 仲宗根 將二(宮古郷土史研究会 会長、平良市史編さん委員会 委員長)『国内最古の石橋 池田矼(橋)』
  31. ^ 中塚武 監修「一八一六年の宮古島における台風・旱魃被害」『気候変動から読み直す日本史6 近世の列島を俯瞰する』p29 2020年11月30日 臨川書店 全国書誌番号:23471480
  32. ^ 平良市史1-通史編1[1979:171-177]
  33. ^ a b “戦争の記憶伝承へ 博物館で平和展開幕 「3つの飛行場」テーマ”. 宮古毎日新聞. (2019年5月25日). http://www.miyakomainichi.com/2019/05/120221/ 
  34. ^ 宮古島市(旧平良市)における戦災の状況(沖縄県)”. 一般戦災死没者の追悼. 総務省. 2019年7月25日閲覧。
  35. ^ 『沖縄宮古島戦記』 藤井正道 著
  36. ^ 「ミサイル配備許さない」/陸自駐屯地前3.21集会”. 宮古毎日新聞 (2020年3月22日). 2021年2月4日閲覧。
  37. ^ 宮古島に自衛隊派遣 防衛相が表明 コロナ感染拡大で”. 日本経済新聞. 2021年2月4日閲覧。
  38. ^ 自衛隊、コロナ重症の70代患者を輸送 宮古島市から沖縄は本島へ”. 沖縄タイムス (2021年2月4日). 2021年2月4日閲覧。
  39. ^ 川田桂沖縄宮古島ウヤガン信仰研究序説 『人間環境学研究』 8巻2号、133-145頁、2010年12月29日。doi:10.4189/shes.8.133https://doi.org/10.4189/shes.8.133 
  40. ^ 仲宗根将二『宮古風土記』ひるぎ社、1988年。
  41. ^ 日本国内では八重山列島も同様にアクセス手段が航空路線のみ
  42. ^ a b “奄美、宮古に陸自駐屯地新設 中国念頭に南西防衛強化”. 産経ニュース. (2019年3月26日). https://www.sankei.com/politics/news/190326/plt1903260006-n1.html 
  43. ^ 宮古海峡を堂々と通過した中国海軍の真意 阿部純一 - Japan Business Press (2010年4月20日号掲載)
  44. ^ “中国軍機13機、宮古沖往復 空自が緊急発進 スクランブルで過去最大規模”. (日本経済新聞). https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS02H5K_S7A300C1PP8000/ 2017年3月2日閲覧。 
  45. ^ “人民日報「沖縄帰属問題議論を」 中国の領有権示唆”. 日本経済新聞. (2013年5月8日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASGM0807T_Y3A500C1FF2000/ 
  46. ^ “「『琉球独立』標榜する日本の団体関係者と学術交流」「日本国内の分断を図る戦略的な狙い」 公安調査庁「回顧と展望」で中国の動きに警鐘”. 産経ニュース. (2016年12月28日). オリジナルの2017年2月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170226050946/www.sankei.com/affairs/news/161228/afr1612280029-n1.html 2017年3月14日閲覧。 
  47. ^ “中国軍事情勢を紹介 未来を考える会 宮古で「国防勉強会」”. 宮古毎日新聞. (2012年8月25日) 
  48. ^ “「自衛隊配備に反対」/5・15行進”. 宮古毎日新聞. (2012年5月13日). http://www.miyakomainichi.com/2012/05/34194/ 
  49. ^ “宮古島陸自駐屯地、年内に着工へ”. 産経ニュース. (2017年11月4日). https://www.sankei.com/politics/news/171104/plt1711040006-n1.html 2018年6月10日閲覧。 
  50. ^ 防衛省人事発令(2019年3月26日1佐職)
  51. ^ サービスエリア”. 宮古テレビ株式会社. 2019年2月9日閲覧。
  52. ^ FMみやこについて”. FMみやこ. 2019年2月9日閲覧。
  53. ^ a b c “全部行きたい! 日本のベストビーチに沖縄から8カ所 美しさ・アクセス・インスタ映え高評価 トリップアドバイザーがランキング”. 沖縄タイムス. (2019年6月12日). オリジナルの2019年6月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190623021728/https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/431504 


「宮古島」の続きの解説一覧



宮古島と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「宮古島」の関連用語

1
96% |||||

2
96% |||||

3
96% |||||

4
96% |||||

5
96% |||||

6
96% |||||

7
96% |||||

8
96% |||||

9
96% |||||

10
96% |||||

宮古島のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



宮古島のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
気象庁気象庁
©2021 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宮古島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS