嘉弥真島とは?

嘉弥真島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/27 04:03 UTC 版)

嘉弥真島(かやまじま)は、八重山列島のひとつである。行政区分としては沖縄県八重山郡竹富町に属する。




注釈

  1. ^ 石垣市で観光ホテル「ホテルミヤヒラ」を運営する宮平観光を中心とする企業グループ。

出典

  1. ^ a b “海越え消火「想定外」 嘉弥真、島の4分の1焼く”. 八重山毎日新聞. (2013年2月27日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/21969/ 2018年8月14日閲覧。 
  2. ^ a b 離島関係資料(平成30年1月) (PDF)”. 沖縄県企画部地域・離島課. 2018年8月14日閲覧。
  3. ^ a b c d 加屋真島”. おきなわ物語. 一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー. 2018年8月14日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 嘉弥真島 DOR39
  5. ^ a b c d e f g 無人島・カヤマ島 三和トラベル
  6. ^ a b c d “七夕の夜に「星空保護区」の無人島で星まつり”. 琉球新報. (2018年4月21日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-705024.html 2018年8月10日閲覧。 
  7. ^ a b c “七夕に無人島で1泊星まつり 「星空保護区」の沖縄・竹富町 150人限定ツアー”. 沖縄タイムス. (2018年4月22日). http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/240870 2018年8月10日閲覧。 
  8. ^ 平成14年内閣府告示第10号 沖縄特別振興特別措置法施行令の規定に基づき離島を指定した件 (PDF) 内閣府
  9. ^ a b c d e 加屋真島 リトハク(一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー)
  10. ^ 中江訓 『20万分の1地質図幅「石垣島」』(PDF) 独立行政法人産業技術総合研究所 地質調査総合センター、2009年
  11. ^ 中川久夫、土井宣夫、白尾元理、荒木裕「八重山群島 石垣島・西表島の地質」、『東北大學理學部地質學古生物學教室研究邦文報告』第84巻、東北大学理学部地質学古生物学教室、1982年3月29日、 1-22頁。
  12. ^ 前津栄信. “カヤマ島の自然 離島航路脇の無人島 カヤマ島”. 三和トラベル. 2018年8月10日閲覧。
  13. ^ 小林孝. “カヤマ島の自然 絶滅危惧種のコロニーがある島”. 三和トラベル. 2018年8月10日閲覧。
  14. ^ 自然環境の保全に関する指針 八重山編 沿岸域における自然環境の保全に関する指針 小浜島 沿岸域診断カルテ”. 沖縄県. 2018年6月30日閲覧。
  15. ^ 西表石垣国立公園 公園計画書 (PDF)”. 環境省 (2016年4月15日). 2019年1月27日閲覧。
  16. ^ 西表石垣国立公園 総括図5(1/25,000) (PDF)”. 環境省 (2016年4月15日). 2019年1月27日閲覧。
  17. ^ a b 仲座久宣「小浜島の遺跡 (PDF) 」小浜島総合調査報告書、沖縄県立博物館、2004年、pp.89-92
  18. ^ a b ビーチ特集 嘉弥真”. 美ら島物語. 2018年8月10日閲覧。
  19. ^ “満天の星に包まれ 竹富・加屋真島七夕星まつり 無人島で200人感動”. 琉球新報. (2018年7月14日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-761702.html 2018年8月14日閲覧。 
  20. ^ カヤマ島とは (PDF)”. 三和トラベル. 2018年8月10日閲覧。
  21. ^ ご質問のページ シーテクニコ


「嘉弥真島」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「嘉弥真島」の関連用語

嘉弥真島のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



嘉弥真島のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの嘉弥真島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS