西表島とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 島嶼名辞典 > 西表島の意味・解説 

西表島

読み方:イリオモテジマ(iriomotejima)

琉球列島一部先島諸島八重山群島属す東シナ海有人

所在 沖縄県八重山郡竹富町

位置・形状 石垣島の西30km。島の大半300~400m山地状で、主として第三紀砂岩火成岩からなる

島嶼名辞典では1991年10月時点の情報を掲載しています。

西表島

読み方いりおもてじま

沖縄本島西南西450km、台湾の東200kmに位置する。沖縄本島に次ぐ大きさ亜熱帯原生林生い茂る周囲130km、面積289.27k?、人口約2250人。90%が国有地で島の90%は山岳部からなる年平均気温は23.8年間降水量は2457mm。豊富な雨量軟らかい地層侵食し、複雑な地形形成している。島内流れ浦内川県内最長仲間川仲良川など多く河川がみられ、それらの汽水域には亜熱帯から熱帯地域特有のマングローブ群生が、独特の景観見せている。

西表島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/16 13:35 UTC 版)

西表島(いりおもてじま)は、沖縄県八重山郡竹富町に属する八重山列島である。同列島で最大の面積を持つ。人口は2,376人(2018年3月末[1])である。




注釈

  1. ^ 以下のリストを含む生物記事は保育社の『日本の野生植物シリーズ』、沖縄県のレッドデータブックなどを参考としているが、全体としては西表島との関連が少ないので、参考文献として列記するのは避ける。
  2. ^ 1972年より旧島民を中心に再入植が開始され、2005年時点で24名が居住している。現在は古見687番地。
  3. ^ 「星立」とも表記される。
  4. ^ 「舟浮」とも表記される。

出典

  1. ^ a b 竹富町地区別人口動態票(平成30年3月末) (PDF)”. 竹富町. 2018年7月15日閲覧。
  2. ^ 平成29年全国都道府県市区町村別面積調 島面積 (PDF)”. 国土地理院. p. 105 (2017年10月1日). 2018年10月16日閲覧。
  3. ^ 知・旅・住 離島総合情報サイト 沖縄のしまじま”. 沖縄県企画部地域・離島課. 2012年2月1日閲覧。
  4. ^ 国立天文台編 『理科年表 平成19年』 丸善2006年、565頁。ISBN 4621077635
  5. ^ 新川(1978)
  6. ^ 大城慧 (2001年). “西表島の遺跡” (PDF). 西表島総合調査報告書 -自然・考古・歴史・民俗・美術工芸- (沖縄県立博物館). https://okimu.jp/userfiles/files/page/museum/issue/report/Iriomote5.pdf. 
  7. ^ 姚俊学(2011) (PDF) クロモトロープ酸を担持した陰イオン交換カラムを用いる超微量ホウ酸のオンライン濃縮/HPLC定量法の改良と沖縄県西表島の天然水分析への応用, 分析化学 60(10), 785-789.
  8. ^ 西表島 平年値(年・月ごとの値)”. 気象庁. 2013年12月22日閲覧。
  9. ^ (お知らせ)西表石垣国立公園の大規模拡張について 環境省、2016年4月14日
  10. ^ 西表石垣国立公園公園計画書 (PDF) 環境省、2016年4月15日
  11. ^ 衛星データとGISによる西表島の生態系評価”. 地球環境研究 Vol.10 (2008). 2010年4月26日閲覧。
  12. ^ 古見のサキシマスオウノキ群落 - 文化遺産オンライン(文化庁
  13. ^ 『郷土資料事典・沖縄県』人文社
  14. ^ a b 藤井紘司「近代八重山諸島における遠距離通耕の歴史的展開 -1890-1970年代における西表島東北部を事例として- (PDF) 」 地理学評論 83–1, pp.1–20 (2010)
  15. ^ a b 高橋品子「近代八重山のマラリアと集落存続 (PDF) 」 地理学評論 82–5, pp.442–464 (2009)
  16. ^ “西桟橋と「なごみの塔」”. 琉球新報. (2006年5月29日). オリジナル2009年12月7日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091207001758/http://ryukyushimpo.jp:80/news/storyid-14060-storytopic-64.html 
  17. ^ 内務省衛生局保健衛生調査室編『各地方ニ於ケル「マラリア」二関スル概況』1919年発行
  18. ^ 西表島の概要~行き方や人口、産業など~2017/02/20 島タイムズ
  19. ^ 田之下雅之 (2002年4月25日). “「ゴールデンウィーク特集 観光地が抱える環境問題」”. 一般財団法人 環境情報センター EICネット. 2012年2月1日閲覧。
  20. ^ 井元智子 (2006年3月23日). “西表島における自然環境保全と観光の両立可能性”. 2012年2月1日閲覧。
  21. ^ 平成元年~平成28年 竹富町入域観光客数(年別) 竹富町
  22. ^ 西表島エコツーリズム協会会長 石垣昭子「西表島におけるエコツーリズム ~過去、現在、未来~ (PDF) 、地球温暖化防止とサンゴ礁保全に関する国際会議(2013年)【分科会3】サンゴ礁エリア島しょ地域のエコツーリズムの現状と展望 講演資料
  23. ^ 西表リゾート開発・営業差し止め訴訟 琉球新報、2006年3月28日
  24. ^ 西表リゾート差し止め訴訟、最高裁に上告 八重山毎日新聞、2007年2月7日
  25. ^ 小中学校・小学校・中学校 竹富町
  26. ^ 幼稚園 竹富町
  27. ^ 『やえやまなび』2015年改訂版(南山舎)
  28. ^ 仲間川天然保護区域 - 文化遺産オンライン(文化庁
  29. ^ ウブンドルのヤエヤマヤシ群落 - 文化遺産オンライン(文化庁
  30. ^ 古見のサキシマスオウノキ群落 - 文化遺産オンライン(文化庁
  31. ^ 船浦のニッパヤシ群落 - 文化遺産オンライン(文化庁
  32. ^ 干立天然保護区域 - 文化遺産オンライン(文化庁
  33. ^ 運賃・航路 八重山観光フェリー
  34. ^ 安栄観光運航時刻表 (PDF) 安栄観光
  35. ^ フェリーの運賃・時刻表 平田観光
  36. ^ (有)安栄観光 西表島西部地区送迎バス時刻表 (PDF) 安栄観光
  37. ^ 共通チケット航路を拡大 観光フェリー・安栄観光両社離島間定期運航も開始 八重山毎日新聞、2011年5月1日
  38. ^ 西表から竹富に送水へ 東部地区は一元化 八重山毎日新聞、2014年7月5日
  39. ^ 海底送水管を整備へ 16年度から2年間かけ更新 八重山毎日新聞、2016年1月13日


「西表島」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「西表島」の関連用語

西表島のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



西表島のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウルマックスウルマックス
©2018 Local Information Agent Co,Ltd
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの西表島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS