イリオモテヤマネコとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 動物 > ヤマネコ > イリオモテヤマネコの意味・解説 

イリオモテヤマネコ

名称: イリオモテヤマネコ
ふりがな いりおもてやまねこ
種別 特別天然記念物
種別2:
都道府県 定め
市区町村 沖縄県
管理団体
指定年月日 1972.05.15(昭和47.05.15)
指定基準 動1
特別指定年月日 昭和52.03.15
追加指定年月日
解説文: S52-1-011イリオモテヤマネコ.txt: 20世紀に入って発見された哺乳類稀有であるが、中型上の哺乳類として1965年発見されたイリオモテヤマネコは、その後研究ネコ類でも原始的な新属であるとされ、昭和47年5月15日天然記念物として指定されている。
 イリオモテヤマネコは沖縄県[[西表]いりおもて]島のイタジイ原始林中心に生息しているが、生息数は極めて少ないと推定される。ツシマヤマネコ台湾産のヤマネコともかなり異なることから、生物地理学的に、また動物進化の上からも世界的極めて貴重なのである地域定め指定するものである
史跡名勝記念物のほかの用語一覧
特別天然記念物:  アホウドリ  アポイ岳高山植物群落  アマミノクロウサギ  イリオモテヤマネコ  オオサンショウウオ  カモシカ  カワウソ

イリオモテヤマネコ

作者戸川幸夫

収載図書イリオモテヤマネコ―戸川幸夫動物文学セレクション 5
出版社ランダムハウス講談社
刊行年月2008.8
シリーズ名ランダムハウス講談社文庫


西表山猫

読み方:イリオモテヤマネコ(iriomoteyamaneko)

ネコ科哺乳動物

学名 Mayailurus iriomotensis


イリオモテヤマネコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/17 08:32 UTC 版)

イリオモテヤマネコ(西表山猫、Prionailurus bengalensis iriomotensis)は、ネコ科ベンガルヤマネコ属に分類される、ベンガルヤマネコ亜種である。


  1. ^ a b Prionailurus bengalensis ssp. iriomotensis (Iriomote Cat)”. International Union for Conservation of Nature and Natural Resources. 2012年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月17日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 今泉 1986, pp. 64-65.
  3. ^ a b c d e f g h 今泉 1991, pp. 213-215.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 小原ほか 2000, pp. 18,143.
  5. ^ a b 加藤ほか 1995, pp. 622-623.
  6. ^ a b c d e f g 増田 1996, p. 不明.
  7. ^ a b c d e f g h i 沖縄県 2005, pp. 25-27.
  8. ^ a b c d e f g h i j k 絶滅危惧種情報(動物)- イリオモテヤマネコ -”. 環境省. 2015年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月17日閲覧。
  9. ^ a b c d イリオモテヤマネコ”. インターネット自然研究所. 2016年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月17日閲覧。
  10. ^ 今泉 1994, pp. 50-75.
  11. ^ a b c d e 今泉 2004, pp. 24-27.
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad 今泉 1994, pp. 7-48.
  13. ^ 今泉(1997)、PP.18-29[要文献特定詳細情報]
  14. ^ “イリオモテヤマネコ、歯年輪で年齢判別”. 琉球新報. オリジナル2015年4月26日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150426042617/http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-169649-storytopic-5.html 2011年5月1日閲覧。 
  15. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 今泉 1994, pp. 119-157.
  16. ^ Suzuki H, Hosoda T, Sakurai S, Tsuchiya K, Munechika I, Korablev VP (1994年). “Phylogenetic relationship between the Iriomote cat and the leopard cat, Felis bengalensis, based on the ribosomal DNA”. The Japanese journal of genetics 69 (4): 397-406. NAID 10006701901. 
  17. ^ Masuda R, Yoshida MC (1995年). “Two Japanese wildcats, the Tsushima cat and the Iriomote cat, show the same mitochondrial DNA linage as the leopard cat Felis bengalensis.”. Zoological Science 12: 656-9. 
  18. ^ Patel et al. (2017年). “Genetic Structure and Phylogeography of the Leopard Cat (Prionailurus bengalensis) Inferred from Mitochondrial Genomes”. Journal of Heredity 108 (4): 349–360. doi:10.1093/jhered/esx017. 
  19. ^ IUCN SSC Cat Specialist Group (2017年). “A revised taxonomy of the Felidae” (PDF). Cat News (Special Issue 11): 26-29. https://repository.si.edu/bitstream/handle/10088/32616/A_revised_Felidae_Taxonomy_CatNews.pdf. 
  20. ^ a b c d e f g h 自然環境研究センター 2006, p. 不明.
  21. ^ a b c d e f g h i j 今泉 1994, pp. 75-117.
  22. ^ a b 安間 2001, pp. 112-146.
  23. ^ a b c d 西表野生生物保護センター. “イリオモテヤマネコについて”. 2011年5月1日閲覧。
  24. ^ “15歳1ヵ月「よん」死ぬ 最長寿イリオモテヤマネコ”. 琉球新報. (2011年4月12日). オリジナル2015年4月28日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150428015330/http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-176001-storytopic-5.html 2011年4月12日閲覧。 
  25. ^ Imaizumi Y (1967年). “A new genus and species of cat from Iriomote, Ryukyu Islands.”. J. Mammal Soc. Jpn. 3 (4): 74-105. 
  26. ^ a b c d e f g 今泉 1994, pp. 8-13,144-147.
  27. ^ a b c d e f g h i j k 戸川 1972, pp. 13-92.
  28. ^ a b c d e f g h i j 戸川 1972, pp. 93-138.
  29. ^ a b c d e f g h i j k l m n 戸川 1972, pp. 139-176.
  30. ^ 戸川 1972, pp. 177-242.
  31. ^ 沖縄県立博物館. “西表島総合調査報告書 (PDF)”. 2011年4月18日閲覧。[リンク切れ]
  32. ^ “伝説の生物「ヤマピカリャー」? 西表で目撃相次ぐ”. 琉球新報. (2007年12月27日). オリジナル2007年12月28日時点によるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2007-1228-2250-45/ryukyushimpo.jp/news/storyid-30074-storytopic-5.html 2019年1月17日閲覧。 
  33. ^ a b c d 環境省. “イリオモテヤマネコ生息状況等総合調査(第4次)の結果について(お知らせ)”. 2011年5月1日閲覧。
  34. ^ Prionailurus bengalensis (Leopard Cat)”. International Union for Conservation of Nature and Natural Resources. 2012年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月17日閲覧。
  35. ^ 国内希少野生動植物種 - 環境省[リンク切れ]
  36. ^ 環境省自然環境局野生生物課. “哺乳類、汽水・淡水魚類、昆虫類、貝類、植物I及び植物IIのレッドリストの見直しについて”. 2011年3月28日閲覧。
  37. ^ 環境省. “西表石垣国立公園 基礎情報”. 2016年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月29日閲覧。
  38. ^ 九州森林管理局. “西表島森林生態系保護地域(保全利用地区・保存地区)”. 2011年3月28日閲覧。
  39. ^ 西表野生生物保護センター. “イリオモテヤマネコを守る!〜IWCCの取り組み”. 2011年5月1日閲覧。
  40. ^ “西表で猫エイズ初確認/イリオモテヤマネコへの感染懸念/環境庁などが野良猫調査/県、竹富町と対策協議へ*影響は全く未知数”. 琉球新報. (1999年6月28日). オリジナル2012年7月19日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/lbVA 2011年5月1日閲覧。 
  41. ^ “飼い猫の避妊義務化 イリオモテヤマネコ保護”. 琉球新報社. (2008年6月19日). オリジナル2014年11月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20141129022221/http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-133305-storytopic-1.html 2011年5月1日閲覧。 
  42. ^ IWCC WEBサイト ヤマネコにせまる危機”. 西表野生生物保護センター. 2019年1月17日閲覧。
  43. ^ “外来生物次々と侵入 広がる生態系への影響”. 八重山毎日新聞 (八重山毎日新聞社). (2010年1月2日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/15157/ 2019年1月17日閲覧。 
  44. ^ a b 竹富町観光協会. “日本最南端の街、竹富町 ご当地キャラ「ピカリャ〜」”. 2013年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月23日閲覧。
  45. ^ 竹富町観光協会. “竹富町マスコットキャラクター 竹富町長訪問”. 2011年4月23日閲覧。
  46. ^ 竹富町観光協会. “竹富町マスコットキャラクター 名前が決定しました!”. 2013年1月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月23日閲覧。


「イリオモテヤマネコ」の続きの解説一覧



イリオモテヤマネコと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「イリオモテヤマネコ」の関連用語

イリオモテヤマネコのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



イリオモテヤマネコのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2019 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイリオモテヤマネコ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS