動物園とは? わかりやすく解説

どうぶつ‐えん〔‐ヱン〕【動物園】

世界各地から集め種々の動物を飼育し、調査保護教育娯楽などを目的広く一般に見せ施設

[補説] 日本では、明治15年(1882)開園の上野動物園が最初


動物園

作者吉村昭

収載図書下弦の月
出版社文芸春秋
刊行年月1989.5
シリーズ名文春文庫


動物園

作者村上春樹

収載図書夜のくもざる―村上朝日堂超短篇小説
出版社平凡社
刊行年月1995.6

収載図書夜のくもざる村上朝日堂短篇小説
出版社新潮社
刊行年月1998.3
シリーズ名新潮文庫

収載図書村上春樹作品19902000 1 短篇集
出版社講談社
刊行年月2002.11


動物園

作者芥川龍之介

収載図書芥川龍之介全集 第5巻 路上 舞踏会
出版社岩波書店
刊行年月1996.3

収載図書ザ・龍之介芥川龍之介全一増補新版
出版社第三書館
刊行年月2000.7

収載図書芥川龍之介全集 第5巻 路上舞踏会
出版社岩波書店
刊行年月2007.5


動物園


動物園

作者アニー・M.G.シュミット

収載図書イップとヤネケ
出版社岩波書店
刊行年月2004.6


動物園

作者ヨシイドク,ヨシイミツ

収載図書ねむりばこ
出版社新風舎
刊行年月2004.7


動物園

作者三崎亜記

収載図書バスジャック
出版社集英社
刊行年月2005.11

収載図書バスジャック
出版社集英社
刊行年月2008.11
シリーズ名集英社文庫


動物園

作者輝虎

収載図書不思幕の内弁当怪談特製恐い51
出版社文芸社
刊行年月2007.12


動物園

作者田中啓文

収載図書ハナシがはずむ!―笑酔亭寿謎解噺 3
出版社集英社
刊行年月2008.5


動物園

読み方:どうぶつえん

  1. 警護所則チ監獄署等ノコトヲ云フ。〔第五類 官吏官舎之部・東京府

分類 東京府

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

動物園

読み方:ドウブツエン(doubutsuen)

所在 愛知県(名古屋鉄道モノレール線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

動物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 22:00 UTC 版)

動物園(どうぶつえん)とは、生きた動物飼育・研究し、一般に公開する施設。一般に陸上の動物を中心として扱うものを指す。水中の動物を中心として扱うものは特に水族館とされ、動物園の特殊な形態としてサファリパーク移動動物園、鳥類園、クマ牧場などがある。


  1. ^ 日本動物園水族館協会も、現代における動物園の役割として4つを掲げている(の保存、環境教育を含む教育、調査・研究、レクリエーション)[2]
  2. ^ 一般公開された動物園として最も早いのは、フランス革命の後に公開されたパリ動物園(メナジェリー英語版)であるという意見もある。しかし、メナジェリーの施設や展示方式はオーストリアウィーンシェーンブルン宮殿脇に建てられたシェーンブルン動物園を真似たもので、同園は期間限定ながらパリよりも先に一般開放された。
  1. ^ a b c d e f g h i j k 菅谷博「動物園の機能と社会的役割」『日本獣医師会雑誌』第57巻第8号、日本獣医師会、2004年8月、 467-470頁、 doi:10.12935/jvma1951.57.467ISSN 04466454NAID 100134380922022年1月28日閲覧。
  2. ^ a b 【ニュースの門】新たな人気者 変わる動物園/四つの役割 世界の流れ『読売新聞』朝刊2021年2月16日(解説面)
  3. ^ 動物図鑑/動物の寿命一覧”. pz-garden.stardust31.com. 2022年1月12日閲覧。
  4. ^ a b 疑問氷解:動物は歯磨きをしなくても、虫歯にならないのですか?” (日本語). 毎日新聞. 2022年1月12日閲覧。
  5. ^ ブルーガイド編集部『ロンドン (ブルーガイドわがまま歩き)』2016年、68頁
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 佐渡友陽一「日米独の動物園経営組織に関する研究」『平成27年度〜28年度科学研究費補助金 (研究活動スタート支援) 研究成果報告書 (課題番号 15H06705)』2017年3月、 doi:10.18881/00000322
  7. ^ a b 渡辺守雄『動物園というメディア』青弓社、2000年、40-41頁
  8. ^ 上野動物園 - 上野動物園の歴史「開園前夜」
  9. ^ 戦時猛獣処分を受け閉鎖された動物園について描いた童話『かわいそうなぞう』が有名。
  10. ^ ゲイリー・L・フランシオン『動物の権利入門』緑風出版、2018年、81-82頁。
  11. ^ エサ LIB〈リブ〉: Animal Liberator.net” (2018年10月15日). 2019年6月29日閲覧。
  12. ^ 「屠体給餌 満足じゃ」千葉の動物園 資金募る/肉食獣の飼育環境向上/農作物に被害 捕獲イノシシ活用『日本農業新聞』2021年6月18日13面
  13. ^ 西洋における文明の転換…「動物権」思想とキリスト教的DNA”. 20220324閲覧。



動物園

出典:『Wiktionary』 (2021/06/15 14:15 UTC 版)

名詞

どうぶつえん

  1. 生きた動物飼育研究し、一般公開する施設

発音(?)

ど↗ーぶつ↘えん

関連語

翻訳


「動物園」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



動物園と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「動物園」の関連用語

動物園のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



動物園のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの動物園 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの動物園 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS