行きとは?

いき【行き/往き】

⇒ゆき


ゆき【行き/往き】

目的地に向かって行くこと。また、その時や、その道筋。いき。「—は飛行機にする」「—はに降られた」⇔帰り

地名のあとに付けて、そこが乗り物の進む目的地であることを表す。いき。「大阪—」

旅。旅行

「君が—日(け)長くなりぬ奈良路なる山斎(しま)の木立も神(かむ)さびにけり」〈万・八六七〉

[下接語] 売れ行き奥行き唐行き・柄(がら)行き・雲行き(けた)行き・先行き・成り行き・(はり)行き・道行き・余所(よそ)行き


いき【行】

〔名〕 (動詞「いく(行)」の連用形名詞化

① 行くこと。また、出て行く時。行く途中道。

雑俳川傍柳(1780‐83)五「いきに騒でへこたれる野かけ道」

行く先

浄瑠璃夏祭浪花鑑(1745)四「衒(かたら)れた金のいきは、詮義しぬいて御損はかけぬ」


ゆき【行・往】

〔名〕 (動詞「ゆく(行)」の連用形名詞化

① ある場所か離れるように進み動くこと。また、旅に出ること。旅行

古事記(712)下・歌謡「君が由岐(ユキ) 日(け)長くなりぬ 山たづの 迎へを行かむ 待つには待たじ」

目的地に向かって進むこと。また、その時やその途中道。いき。

たけくらべ(1895‐96)〈樋口一葉〉六「願ひ何ぞ行(ユ)きも帰りも首うなだれ畦道づたひ帰り来る」

往復切符で、往路用い乗車券。いき。

日本橋(1914)〈泉鏡花三三「あの往復切符〈略〉其の往(ユキ)か復(かへり)か」

地名のあとに付けて、そこが乗り物の進む目的地であることを示す。

おとづれ(1897)〈国木田独歩〉下「午後四時五十五分横浜行(ユキ)の列車に」


行き

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

行き

出典:『Wiktionary』 (2018/11/04 08:25 UTC 版)

漢字混じり表記

  1. いき」を参照
  2. ゆき」を参照


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「行き」の関連用語

行きのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



行きのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの行き (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS