横浜とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 国家 > > 横浜の意味・解説 

横浜

作者影山雄作

収載図書街物語
出版社朝日新聞社
刊行年月2000.9


横浜―JAZZ Age

作者たなか踏基

収載図書奇妙な喫茶店
出版社文芸社
刊行年月2005.2


横浜


横浜


横浜


横浜


横浜


横浜

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

横浜

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

横浜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/10 03:21 UTC 版)

横浜橫濱(よこはま、よこばま)




「横浜」の続きの解説一覧

横浜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/06 15:27 UTC 版)

日本本土空襲」の記事における「横浜」の解説

1945年昭和20年5月29日 横浜大空襲 B29475機、P51・約100機。死者3787人。重傷者1554人。軽傷者10,837人。罹災人口323,000人。焼失約3万戸その後の調査で、死者8千-1万人にのぼることが確実と考えられている。 神奈川県下の空襲合計52回。 罹災者644044名、焼失143963戸の被害。横浜は内25回(上記の大空襲を含む)#

※この「横浜」の解説は、「日本本土空襲」の解説の一部です。
「横浜」を含む「日本本土空襲」の記事については、「日本本土空襲」の概要を参照ください。


横浜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/19 23:38 UTC 版)

メアリー・キダー」の記事における「横浜」の解説

新潟1年過ごした後、1870年に横浜の居留地着いたその後多忙だったヘボン塾で英語を教えていた妻クララ・ヘボンから生徒引継ぎヘボン施療所で授業を始めた。1872年ヘボン夫妻上海での長期出張から戻ったをきっかけに神奈川県大江卓助力で、野毛山県庁舎一部として建てられ日本家屋に塾を移した1874年には、山手178番地アメリカ伝道局の資金校舎建設開始し、アイザック・フェリス・セミナリー(後のフェリス女学院オランダ改革派海外伝道局主事の名前に由来)という名称になった

※この「横浜」の解説は、「メアリー・キダー」の解説の一部です。
「横浜」を含む「メアリー・キダー」の記事については、「メアリー・キダー」の概要を参照ください。


横浜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/20 03:16 UTC 版)

クリストファー・カロザース」の記事における「横浜」の解説

1869年ジュリア・ドッジと結婚して7月27日に横浜に上陸したカロザース横浜居留地39番の長老教会宣教師館に住みヘボン塾の手伝いを始めた。ディビッド・タムソンコーンズカロザース築地浅草寺見学して大学南校教頭であったグイド・フルベッキ尋ねて意見聞いたその結果在日ミッション拠点東京置くことを決めてカロザース管理者任命された。

※この「横浜」の解説は、「クリストファー・カロザース」の解説の一部です。
「横浜」を含む「クリストファー・カロザース」の記事については、「クリストファー・カロザース」の概要を参照ください。


横浜(根岸)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/23 01:44 UTC 版)

帝室御賞典」の記事における「横浜(根岸)」の解説

日本レース・クラブ1906年以降は日本レース・倶楽部横浜競馬場施行日距離優勝馬性齢タイム優勝騎手管理調教師馬主1896年10月29日 6ハロン イダホ 牝 1:24 0/5 杉浦武秋 1898年4月27日 1マイル アイダホ 牝 2:13 3/5 杉浦武秋 1898年10月26日 1マイル ウイスコンシン 騸 2:18.9 杉浦武秋 1899年5月9日 1 1/2マイル アズマ 騸 3:29.7 キングドン 1899年11月21日 1マイル サイケウ 牝4 1:53.0 大野市太郎 1900年5月15日 1 1/2マイル ミラ5 2:53 3/5 堀越次郎 ロシヤ 1900年11月6日 6ハロン ノン・サッチ6 1:23 4/5 小林音吉 1901年5月14日 1 1/8マイル フオーリー 牝4 2:12 0/5 1901年11月5日 1マイル ゼ・コロネツト 牝7 1:54 1/5 モツツ 1902年5月14日 1 1/2マイル フジカワ6 3:03.1 1902年11月18日 5ハロン ツキガセ3 1:11.0 後藤三郎 1903年5月12日 1 1/4マイル マーグリタ 牝6 2:23.0 モツツ 1903年11月10日 1 1/2マイル ローズ・デ・フランス 牝5 2:54.8 柴田安治 1904年5月17日 1マイル スマ5 1:53 1/5 高橋孔照 1904年10月29日 1 1/2マイル カチドキ6 2:49 3/5 坪内元三グリーンコース※イダホとアイダホ同一馬。※日本では2000年まで馬の年齢数え年用いて表記しており外国および2001年以降の日本では満年齢そのため過去印刷物上の表で馬齢1歳異なることがある。 明治天皇から「菊花御紋付銀製花盛器」が下賜される。 回数施行日優勝馬性齢タイム優勝騎手管理調教師馬主第1回 1905年5月6日 カチドキ7 1:49.7 坪内元三グリーン 第2回 1905年11月11日 メイ・ミー7 1:53.1 桧垣之助 スター 第3回 1906年5月5日 ヒタチ4 1:59.0 伊庭野次河北直蔵 第4回 1906年11月2日 オトワ5 1:55.9 坪内元三グリーン 第5回 1907年5月4日 第二メルボルン6 1:48.57 神馬惣作 アレキサンダー 第6回 1907年10月26日 ラ・カンテニヤ 牝6 1:50.17 東原玉造 コゴリン 第7回 1908年5月9日 レデー・ヴヲーユー 牝6 1:48.67 柴田安治 平沼八太郎 第8回 1908年11月2日 ペネロピー7 1:50 2/5 スコーヴヰル ノーフオーク 第9回 1909年5月8日 ミヅホ 牝8 1:51 0/5 伊庭野次シルク 第10回 1909年10月30日 ドロシー5 1:47 3/5 エリオツト タンデム 第11回 1910年5月28日 アバンガード 牝8 1:47 2/5 神馬惣作 牧野次郎 第12回 1910年10月29日 ウードバイン 牝8 1:49 1/5 朝日之助 カナック 第13回 1911年5月6日 ブルー・ボンネツツ 牝8 1:48 0/5 朝日之助 カナック 第14回 1911年10月21日 ラインゴールド6 1:51 4/5 塩野藤平 ハナブサ 第15回 1912年4月27日 ステツドフアスト 牝7 1:47.0 パース プリンス 第16回 1912年11月2日 パーセフヲネ 牝10 1:54.1 桧垣之助 カスミ 第17回 1913年5月10日 コイワヰ5 1:46 3/5 佐々木勇太郎 絹川安松 絹川安松 第18回 1913年11月1日 レツドサイモン 牡4 1:44 1/5 W.H.コツフヰー ノーフォーク 第19回 1914年6月13日 リナ5 1:48 3/5 フヰツゼラルド ラ・ピヤフ 第20回 1914年10月24日 スイゲツ7 1:48 1/5 川崎敬次郎 スポーツ 第21回 1915年5月15日 バアジニヤ 牝6 1:43 1/5 仲住与之助 ステーツ 第22回 1915年10月30日 ムラクモ4 1:48 3/5 美馬孝之 ナイル 第23回 1916年5月20日 ビスク5 1:49 3/5 仲住与之助 バチエロウ 第24回 1916年10月21日 ワカマツ4 1:51 3/5 美馬孝之 ナイル 第25回 1917年5月19日 チヨギク 牡3 1:45 1/2 岸参吉 オノエ 第26回 1917年10月27日 ハツピー・デース 牡5 1:50 1/5 柴田寛治 オノエ 第27回 1918年5月18日 ドイラン 牡3 2:05 2/5 杉山豊次郎 オー・チー・ギロン 第28回 1918年10月26日 ギヤルウエー 牡3 2:00 1/2 W.H.コツフヰー ピー・ヒノデ 第29回 1919年5月10日 ホクフー 牝4 2:00 0/5 二本柳省三 タツタ 第30回 1919年11月1日 アサヒ3 2:01 1/5 二本柳省三 マンボウ 第31回 1920年5月15日 スワコ5 2:00 1/5 函館孫作 大島要三 第32回 1920年10月30日 ガリニユール 牝5 2:00 1/5 仲住与之助 シギ 第33回 1921年5月14日 ムサシ4 2:02 0/5 伊藤勝吉 ゲンロウ 第34回 1921年10月29日 コザクラ6 2:02 0/5 佐藤勇次郎 タツミ 第35回 1922年4月29日 パートリツヂ 牡4 2:00 0/5 柴田寛治 田中孝太郎 第36回 1922年10月21日 ブライトアイス 牝4 1:59 2/5 柴田寛治 第37回 1923年5月12日 ウードペツカー 牝5 1:59 2/5 仲住与之助 エー・リゴリー 第38回 1924年7月6日 チエリーダツチエス 牝4 2:00 0/5 尾形景造 第39回 1924年11月2日 ナイト5 2:01 0/5 東原玉造 第40回 1925年5月24日 トニー4 1:56 2/5 函館孫作 大島要三 第41回 1925年11月8日 ラレード5 1:55 1/5 佐藤嘉七 ステーツ 第42回 1926年5月16日 イワヰ 牝6 1:56 1/5 秋山辰治 カマクラ 第43回 1926年11月7日 アスベル3 1:56 2/5 稲葉秀男 第44回 1927年5月15日 マツミドリ5 2:02 3/5 佐々木第45回 1927年11月6日 プリモス 牡4 1:59 1/5 柴田寛治 ハクヨウ 第46回 1928年5月18日 エキストラ6 2:04 0/5 佐藤嘉七 第47回 1928年11月4日 ヨシトミ3 1:57 1/5 佐々木第48回 1929年5月12日 コロネーシヨン 牝7 2:00 0/5 斉藤友吉 飯田次郎 第49回 1929年11月3日 ナスノ5 1:56 1/5 二本柳三 橋徳次郎 第50回 1930年5月25日 アスパイヤリング4 1:55 3/5 尾形景造 ドライバー 第51回 1930年11月2日 ナスタカ 牡3 2:02 4/5 柴田寛治 第52回 1931年5月24日 ケンシユン 牡5 1:55 2/5 杉浦照 第53回 1931年10月25日 ワカクサ4 2:09 0/5 尾形景造 第54回 1932年5月8日 ヤマヤス 牝4 2:09 2/5 二本柳尾形景造 西園寺八郎 第55回 1932年10月2日 ハクヨシ 牡4 2:10 2/5 尾形景造 第56回 1933年5月7日 ハクコウ 牡4 2:07 1/5 尾形景造 第57回 1933年10月8日 ハクセツ4 2:10 1/5 田中和一郎 田中和一郎 小林暢 第58回 1934年5月6日 タイホウ5 2:10 4/5 田中和一郎 宇都宮利春 第59回 1934年10月21日 チヤレンジヤー 牡5 2:07 2/5 二本柳第60回 1935年5月12日 オーシス4 2:08 1/5 中野太郎 杉浦照 石川義第61回 1935年11月3日 アカイシダケ3 2:10 1/5 尾形景造 清水太郎 第62回 1936年5月10日 トクマサ3 2:07 4/5 伊藤正四郎 尾形景造 山中清兵衛 第63回 1936年11月1日 マルヌマ3 2:10 2/5 中村広 中村広 千明賢治 第64回 1937年5月9日 イワヰカブト 牡4 2:10 1/5 大久保房松 大久保房松 デー・エム ※距離:第1~261マイル、第2745回 1 1/8マイル、第4652回 1800m、第53回~ 2000m※コース日本では2000年まで馬の年齢数え年用いて表記しており外国および2001年以降の日本では満年齢そのため過去印刷物上の表で馬齢1歳異なることがある。

※この「横浜(根岸)」の解説は、「帝室御賞典」の解説の一部です。
「横浜(根岸)」を含む「帝室御賞典」の記事については、「帝室御賞典」の概要を参照ください。


横浜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 14:57 UTC 版)

ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ」の記事における「横浜」の解説

夏休み終了直前帰路にて花火大会の鑑賞のために立ち寄る。しかし、停止するはずだったEMMAが異常を起こし突発的に発生した深淵ジェイル怪盗団は引きずり込まれてしまう。

※この「横浜」の解説は、「ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ」の解説の一部です。
「横浜」を含む「ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ」の記事については、「ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ」の概要を参照ください。


横浜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 18:58 UTC 版)

1/11 じゅういちぶんのいち」の記事における「横浜」の解説

ソラプロ入り加入する最初のチームチームカラートリコロールソラ入団した年にチーム初のリーグ3位成し遂げACL出場決めたそれ以前監督選び失敗し成績が低迷していた時期もある。 神崎 真臣かんざき まさおみ第4話主人公29歳チームセカンドGKチーム内でも評価を受けるほど練習熱心でソラ練習相手となっていた。 サッカーを始めたころから「ゴールを守るただ一人存在になれる」という理由からGKポジション好きであった大学4年生の時好プレー目に留まりプロからのオファーを受ける。当初は既に一般企業からの内定貰っていたため断るつもりだったが、交際していた後の妻・理颯の後押しプロ入り決断その後猛練習甲斐あってセカンドGKの座を得、正キーパー衰えによりスタメン奪取確実視されていた矢先チーム期待の新人GK大城獲得したためセカンドに留まり練習熱心さ評価されつつも、プロ入りからほとどの時期をセカンドとして過ごすことになる。 リーグ後半戦大城長期離脱により出番回ってくる。出番回ってきてから初の試合となる東京戦で大活躍見せるが、後半ロスタイム相手FWクリスティアン蹴りを顔食らって顎を骨折し救急搬送される。その後負傷離脱により出番がなく、シーズン終了後出場機会求めてドイツ2部リーグチーム移籍した。 妻の理颯(りさ)は、真臣の大学時代サッカー部マネージャーだった。息子の護(まもる)は、「父親背中見て育つから、きっとGKポジション好きになる」という理由から、「守護神にちなんで理颯が名づけた堂本 誠治どうもと せいじ) 第11話主人公42歳チームスカウト部長。選手を見る上でプレーだけでなくピッチ外の振る舞い重視するポリシーを持つ。 5年前視察した試合足立発掘し、彼を熱意ある勧誘入団させる。しかし足立プロ成功出来ず、「一人若者人生狂わせた」と責任感じ、彼をスカウトに誘った足立からソラ獲得勧められるが、特徴プレースタイル弱小出身経歴選手時代足立重な事か強硬に反対する。しかし足立の「自分信じた事を後悔しているのか」という言葉で気持ち揺らぎ直接ソラ訪ねたところソラから「プロ成功するという強い意志見えた」事で翻意チームの編成会議においてソラ獲得プレゼンテーションする一度は足立重なる事で周囲反対されるが、彼の在籍時のチーム成績悪かった一方サテライト出場した試合不敗率が75%と高かった事を提示し、「ソラチーム変えられる選手」と獲得決定させた。 青柳 大貴あおやぎ だいき) 第13話主人公プロ5年目22歳チームコンパニオンをしていた年上の女性(あい)と結婚しているFWとして3年目には結果残していたが、4年目序盤負傷してシーズンを棒に振り、そこで妊娠重なって翌年での再起決意していたが、その間プロ2年目ソラ躍進などで前線選手層青柳の入る隙がなくなってしまい、フィジカル面を評価されDFへのコンバート求められる根っからFWであったため当初はそれを受け入れきれずに十分なプレーができず、挙句に不満を述べて謹慎命じられてしまうが、との会話を通じて覚悟決め土下座してDFとしてチーム復帰したその後ソラ引退試合参加して「横浜のDFライン君臨し続けた」と紹介されており、コンバート成功したことが窺える大城(おおしろ) チーム正GKユース代表経験するなど将来期待されており、チーム初め入団当初から背番号1を付けるなど高待遇入団その後日本代表正GKとなる。代表の試合において負傷し長期離脱するが、その後スタメン戻った足立 拓実(あだち たくみ) 第11話メイン人物28歳チーム新人スカウトで、たまたま視察していた試合ソラ発掘したかつてはチームプレイした選手で、小柄なドリブラーでポジショントップ下と、ソラ重な部分が多い。 偏差値は高いがサッカー強くない大学主将としてプレーしていた大学生の時堂本スカウトされ一流企業内定蹴ってプロ入り。しかし身長低さ災いしてプロ生活4年トップチームでのスタメン出場は5試合終わりチーム解雇される直後に人生狂わせた事に責任感じた堂本からスカウトに誘われ転身したソラ獲得進言し続ける強硬に反対し続ける堂本の姿を見て、「自分堂本さんを信じた事を後悔していない」と語り、「自分信じた事を後悔しているのか」と問いかけ堂本翻意するきっかけを作る狭川 遼馬(さがわ りょうま) 第27・28話の主人公ソラ横浜復帰後において、プロ2年目にしてスタメン活躍する期待の新星幼少期ソラ憧れていたが、肉体衰え闘争心見せない現在のソラのことは終わった選手だと見下している。 自身不調の中での、優勝争いかかった大一番において途中出場したソラ奮闘見て評価改めスランプからも抜け出し、同シーズン中ヒーローインタビューでは「昔も今も安藤さんは俺のヒーローです」と公言したシーズン終了後にはオランダへ移籍した模様

※この「横浜」の解説は、「1/11 じゅういちぶんのいち」の解説の一部です。
「横浜」を含む「1/11 じゅういちぶんのいち」の記事については、「1/11 じゅういちぶんのいち」の概要を参照ください。


横浜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/30 01:19 UTC 版)

中華義荘」の記事における「横浜」の解説

1873年明治6年山手外国人墓地埋葬されていた華人華僑現在地横浜市中区移された。かつて故郷清国送還するまでの仮埋葬の場であったが、神戸同様に時代とともに永眠する華人らが増えていった。地元で中華義荘呼ばれ財団法人中華会館が所管理している。墓地には、『地蔵王廟』、3階建の安骨堂(納骨堂)がある。 横浜中華義荘地蔵王廟(じぞうおうびょう)は、1892年明治25年)に、清国商人などの募金により建てられた廟で、廟裏の小高いところが墓地となっている。 全体中庭建物取り囲む建築で、台湾広東省など中国南方多く見られる壁面には、金属製の鋲が打ち込まれているところが特色である。主要材は広東省広州から船で運搬され建築当初はジェラール瓦使われていた。 本尊地蔵王菩薩坐像木造黒漆塗、金泥仕上げ彩色された厨子安置されている。地蔵王廟地蔵王菩薩坐像及び厨子は、横浜市指定有形文化財指定されている。

※この「横浜」の解説は、「中華義荘」の解説の一部です。
「横浜」を含む「中華義荘」の記事については、「中華義荘」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「横浜」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

横浜

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 00:04 UTC 版)

固有名詞

(よこはま)

  1. 日本の地名
    1. 神奈川県横浜市(wp)東京近郊大都市
    2. 青森県横浜町(wp)


翻訳


「横浜」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



横浜と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「横浜」に関係したコラム

  • 株式の投資基準とされるPBRとは

    株式の投資基準とされるPBR(Price Book-value Ratio)とは、時価総額が株主資本の何倍かを示す指標のことで、株価純資産倍率とも呼ばれています。PBRは、次の計算式で求めることができ...

  • 株式の株価水準による分類

    株式市場に上場している銘柄を分類する方法の1つに、株価水準が挙げられます。株価水準では、株価の高い、安いによって銘柄を分類します。一般的に株価水準では、次のように分類します。値がさ株(値嵩株)中位株低...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



横浜のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの横浜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日本本土空襲 (改訂履歴)、メアリー・キダー (改訂履歴)、クリストファー・カロザース (改訂履歴)、帝室御賞典 (改訂履歴)、ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ (改訂履歴)、1/11 じゅういちぶんのいち (改訂履歴)、中華義荘 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの横浜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS