パリとは? わかりやすく解説

ミヨー:パリ(4台のピアノのための6つの小品)

英語表記/番号出版情報
ミヨー:パリ(4台のピアノのための6つの小品Paris(6 Pieces pour 4 pianos)  Op.284作曲年1948年 

パリ

作者荻野アンナ

収載図書街物語
出版社朝日新聞社
刊行年月2000.9


パリ

作者水村美苗

収載図書街物語
出版社朝日新聞社
刊行年月2000.9


パリ

作者チャールズ・ブコウスキー

収載図書オールドパンク、哄笑するチャールズ・ブコウスキー短編集
出版社ビレッジプレス
刊行年月2001.6


パリ―十月の死の匂い

作者辻邦生

収載図書夜ひらく
出版社集英社
刊行年月1996.2
シリーズ名集英社文庫


パリ

名前 ParisParryPalliParri

パリ

読み方:ぱり

  1. 待合

分類 ルンペン大阪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

巴里

読み方:パリ(pari

作者 岡田三郎

初出 大正13年

ジャンル 小説


パリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/19 04:56 UTC 版)

パリ: Paris[1]巴里)は、フランス首都イル=ド=フランス地域圏首府にしてコミューンでもある。フランス最大の都市であり、同国の政治経済文化などの中心地。ロンドンと共に欧州を代表する世界都市ルーヴル美術館を含む1区を中心として時計回りに20の行政区が並び、エスカルゴと形容される[2]


注釈

  1. ^ 概ね名古屋市と同規模である。
  2. ^ アルフォンス、ギュスターヴ、エドモンとそれぞれの子息
  3. ^ マスターカードが2014年に公表した統計によると、パリは世界で3番目に外国人旅行者が多く訪れる都市、と報告されている。MasterCard Global Destination Cities Index 2014

出典

  1. ^ フランス語: [paʁi] ( 音声ファイル)
  2. ^ Pourquoi Paris a la forme d’un escargot ? (フランス語) Le Bonbon, Laura, 15/09/2016
  3. ^ Montmartre
  4. ^ Read @Kearney: 2020 Global Cities Index: New priorities for a new world” (英語). at.kearney.com. 2021年1月30日閲覧。
  5. ^ 2015年暮れのパリ同時多発テロ事件等が相次いだ影響を考慮した、東京を拠点とする森ビル傘下民間シンクタンクないし研究所による発表である。世界の都市総合力ランキング(GPCI) 2017 森記念財団都市戦略研究所。 2017年10月26日閲覧。
  6. ^ The Global Financial Centres Index - Long Finance”. www.longfinance.net. 2021年9月30日閲覧。
  7. ^ Demographia: World Urban Areas & Population Projections
  8. ^ a b “« Fluctuat nec mergitur » : la devise de Paris devient un slogan de résistance” (フランス語). Le Monde.fr. (2015年11月15日). https://www.lemonde.fr/attaques-a-paris/article/2015/11/15/fluctuat-nec-mergitur-la-devise-de-paris-devient-un-slogan-de-resistance_4810301_4809495.html 2018年12月8日閲覧。 
  9. ^ パリは「たゆたえども沈まず」(Fluctuat nec mergitur):大野ゆり子 | 記事 | 新潮社 Foresight(フォーサイト) | 会員制国際情報サイト”. 新潮社 Foresight(フォーサイト). 2018年12月8日閲覧。
  10. ^ Bulletin de l'Alliance des arts, 2e année, no 4, Paris, 10 août 1843, p. 6, et Journal des artistes, 17e, no 8, 20 août 1843.
  11. ^ Yvan Christ, Paris des Utopies, Paris, Éditions Balland, 1977, p. 201。
    なお、再建される前の最初の凱旋門は1716年に取り壊された。再建凱旋門も、第三共和政時代に「共和国の凱旋像」に置き換えられた。
  12. ^ APUR - observatoire des familles à Paris : Les familles parisiennes パリ市・パリ市の世帯の状況(フランス語)
  13. ^ INSEE - À Paris, les ménages les plus aisés voisins des plus modestes 国立統計経済研究所・パリにおける所得分布の高低(フランス語)
  14. ^ INSEE - Flux d'immigration permanente par motif en 2003. 国立統計経済研究所・出生地に基づくパリの移民統計(フランス語)
  15. ^ INSEE - Aire urbaine 99 : Paris - Migrations (caractère socio-économique selon le lieu de naissance). 国立統計経済研究所・2003年における移民の動向(フランス語)
  16. ^ Histoire de l'immigration en France. フランスの移民の歴史(フランス語)
  17. ^ Arch. du Crédit Lyonnais: Note de Mazerat à Letourneur, 8 août 1871, cit. Jean Bouvier, Le Crédit Lyonnais de 1863 à 1882: les années de formation d'une banque de dépôts, Paris, 1961, 2vols, t. 1, p. 408, note 1.
  18. ^ Marie-Jeanne Dumont, Le logement social à Paris 1850-1930: Les Habitations à Bon Marché, Liege, 1991, pp.32-34.
  19. ^ 実際の建設ではロスチャイルド財団とルボディ財団の意匠が利用された。
  20. ^ フランス政府、ツールへ移転(『東京日日新聞』昭和15年6月12日)『昭和ニュース辞典第7巻 昭和14年-昭和16年』p372 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  21. ^ パリ、非武装都市を宣言(『東京朝日新聞』昭和15年6月14日)『昭和ニュース辞典第7巻 昭和14年-昭和16年』p372
  22. ^ ドイツ軍、パリに無血入城(『東京日日新聞』昭和15年6月15日夕刊)『昭和ニュース辞典第7巻 昭和14年-昭和16年』p372
  23. ^ パリついに陥落、連合軍の手に(『朝日新聞』昭和19年8月31日)『昭和ニュース辞典第8巻 昭和17年/昭和20年』p412
  24. ^ 市民も蜂起、パリ全市で激戦(昭和19年8月27日 毎日新聞(東京))『昭和ニュース辞典第8巻 昭和17年/昭和20年』p412
  25. ^ Paris Politiques> Statut et institutions de Paris> L’évolution du statut de Paris> Les récentes évolutions législatives
  26. ^ Une histoire croisée de Paris et de ses banlieues.
  27. ^ 「パリ市長の歴史をたどる」
  28. ^ Budget 2011 de la ville et département de Paris
  29. ^ Le budget primitif 2008 : état de la dette
  30. ^ [1] Le tribunal de grande instance de Paris(consulté 2013-04-07)
  31. ^ [2] La cour d'appel de Paris(consulté 2013-04-07)
  32. ^ [3] La cour d'appel de Versailles(consulté 2013-04-07)
  33. ^ La documentation Française - Criminalité et délinquance constatées en France - Tome I (Année 2006)
  34. ^ La documentation Française - Criminalité et délinquance constatées en France - TomeⅡ(Année 2006)
  35. ^ http://www.lefigaro.fr/assets/pdf/violences-sexuelles-2008.pdf
  36. ^ http://www.lefigaro.fr/assets/pdf/violences-physiques-crapuleuses2008.pdf
  37. ^ http://www.lefigaro.fr/assets/pdf/violences-physiques-non-crapuleuses2008.pdf
  38. ^ http://www.lefigaro.fr/assets/pdf/menaces-violence-2008.pdf
  39. ^ http://www.lefigaro.fr/actualite-france/2009/04/16/01016-20090416ARTFIG00601-la-nouvelle-carte-de-france-de-l-insecurite-.php
  40. ^ Le plan vigipirate expliqué sur le site du Ministère de l'intérieur
  41. ^ Document expliquant le plan vigipirate en Île-de-France
  42. ^ Site de l'Institution nationale des Invalides, sur invalides.fr. Consulté le 16 mai 2013.
  43. ^ Carte des hôpitaux, sur aphp.fr. Consulté le 17 mai 2013.
  44. ^ Ordre national des médecins - Démographie médicale
  45. ^ Bains-douches municipaux de la ville de Paris, article du 16 septembre 2013, sur paris.fr, consulté le 16 septembre 2013.
  46. ^ Twinning with Rome”. 2010年5月27日閲覧。
  47. ^ Les pactes d'amitié et de coopération”. Mairie de Paris. 2007年10月14日閲覧。
  48. ^ International relations: Special partners”. Mairie de Paris. 2007年8月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年8月28日閲覧。
  49. ^ Cities Rank Among the Top 100 Economic Powers in the World Chicago Council on Global Affairs 2016年10月28日閲覧。
  50. ^ フォーチュン・グローバル500 2011年版(英語)
  51. ^ a b c d 角田奈歩『パリの服飾品小売とモード商―1760-1830』
  52. ^ パリの美術館所蔵の10万点以上のアート作品画像が無料取得、商用利用が可能に Kay-You, 2020.01.10



パリ(1876年 - 1877年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/09 07:06 UTC 版)

ヴィクトル・ヴァスネツォフ」の記事における「パリ(1876年 - 1877年)」の解説

1876年レーピン招かれて、移動派芸術家村加わるためにパリに行く。フランス滞在中ヴァスネツォフは、古典的な絵画同時代絵画両方を、つまりアカデミー的な画風印象派画風ひとしく研究したこの頃に「パリ郊外軽業師」を描き版画制作し自作の数点をサロン出展したロシア御伽噺魅了されるようになったのもパリ時代のことであり、(「魔法の絨毯」などの)「火の鳥」シリーズや、「灰色の狼乗ったイワン王子」の制作着手したまた、レーピン名高い絵画黄泉の国サトコ」において、サトコモデル勤めている。

※この「パリ(1876年 - 1877年)」の解説は、「ヴィクトル・ヴァスネツォフ」の解説の一部です。
「パリ(1876年 - 1877年)」を含む「ヴィクトル・ヴァスネツォフ」の記事については、「ヴィクトル・ヴァスネツォフ」の概要を参照ください。


パリ(1886年-1888年初頭)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 00:20 UTC 版)

フィンセント・ファン・ゴッホ」の記事における「パリ(1886年-1888年初頭)」の解説

ジョン・ピーター・ラッセルによるファン・ゴッホ肖像画(左、1886年)と、トゥールーズ=ロートレックによる肖像画1887年)。ファン・ゴッホ32歳から34歳にかけてパリに住み、若い画家たち交友持った1886年2月末、ファン・ゴッホは、ブッソヴァラドン商会グーピル商会後身)の支店任されているテオ頼って前ぶれなく夜行列車でパリに向かいモンマルトルの弟の部屋住み込んだ部屋手狭でアトリエ余地がなかったため、6月からはルピック通り英語版)のアパルトマン2人転居した。パリ時代には、この兄弟同居していて手紙やり取りほとんどないため、ファン・ゴッホ生活について分かっていないことが多い。モンマルトルフェルナン・コルモン画塾に数か月通い石膏彫刻女性トルソー素描などを残している。もっとも、富裕なフランス人子弟の多い塾生の中で浮き上がった存在となり、長続きしなかった。オーストラリア出身ジョン・ピーター・ラッセルとは数少ない交友関係持ちラッセルファン・ゴッホ肖像画描いている。 1886年当時パリでは、ルノワールクロード・モネカミーユ・ピサロといった今まで印象派画家とは異なり純色微細な色点を敷き詰め表現するジョルジュ・スーラポール・シニャックといった新印象派分割主義呼ばれる一派台頭していた。この年開かれた第8回印象派展は、新印象派画家たち彩られこの回をもって終了したファン・ゴッホは、春から秋にかけて、モンマルトルの丘から見下ろすパリの景観、丘の北面風車・畑・公園など、また花瓶入った様々な花の絵描いた同年冬には人物画自画像増えたまた、画商ドラルベレットのところでアドルフ・モンティセリの絵を見てから、この画家傾倒するようになったカフェ・タンブランの女店主アゴスティーナ・セガトーリ(英語版)にモデル世話してもらったり、絵を店にかけてもらったり、冬には彼女の肖像(『カフェ・タンブランの女』)を描いたりしたが、彼女に求婚して断られ、店の人間トラブルになっている同居テオとは口論絶えず、1887年3月には、テオは妹ヴィルに「フィンセントのことを友人考えていたこともあったが、それは過去話だ彼に出て行ってもらいたい。」と苦悩漏らしている。他方その頃から、ファン・ゴッホ印象派新印象派画風積極的に取り入れるようになり、パリの風景明る色彩で描くようになったテオもこれを評価する手紙書いている。同じくその頃テオブッソヴァラドン商会新進画家取り扱展示室任せられモネピサロアルマン・ギヨマンといった画家作品購入するようになったこれを機にエミール・ベルナールや、コルモン画塾筆頭格だったルイ・アンクタントゥールーズ=ロートレックといった野心あふれる若い画家たちも、ファン・ゴッホ兄弟親交を持つようになった。彼が絵具買っていたジュリアン・タンギー(タンギー爺さん)の店も、若い画家たち交流の場となっていた。 ファン・ゴッホは、プロヴァンス通りにあるサミュエル・ビングの店で多くの日本版画を買い集めた。1887年の「タンギー爺さん」の肖像画背景の壁にいくつかの浮世絵描き込んでいるほか、渓斎英泉の『雲龍打掛花魁』、歌川広重の『名所江戸百景』「亀戸梅屋舗」と「大はし あたけの夕立」を模写した油絵制作している。英泉作品は、『パリ・イリュストレ日本特集号表紙原画左右反転印刷された絵を模写したものであり、ファン・ゴッホ遺品からも表紙擦り切れた態で発見されことから愛読していたことが窺えるこうした浮世絵への熱中には、ベルナール影響大きい。 同年1887年11月ファン・ゴッホクリシー大通りのレストラン・シャレで、自分のほかベルナールアンクタントゥールーズ=ロートレック、A.H.コーニングといった仲間の絵の展覧会開いた。そして、モネルノワールら、大並木通りグラン・ブールヴァール)の画廊展示される大家と比べて自分たちを小並木通り(プティ・ブールヴァール)の画家称したベルナールはこの展示会について「当時のパリの何よりも現代的だった」と述べているが、パリの絵画界ではほとんど見向きもされなかった。同月ポール・ゴーギャンカリブ海マルティニークからフランス帰国しフィンセントテオ兄弟ゴーギャン交流するうになる石膏彫刻女性トルソー1886年6月、パリ。油彩厚紙、46.4 × 38.1 cmゴッホ美術館F 216b, JH 1060。 『モンマルトル1887年初頭、パリ。油彩キャンバス、43.6 × 33 cmシカゴ美術館F 272, JH 1183。 『ムーラン・ド・ラ・ギャレット英語版)』1886年10月、パリ。油彩キャンバス、38.5 × 46 cmクレラー・ミュラー美術館F 227, JH 1170。 『おいらん(栄泉を模して)』1887年10月-11月、パリ。油彩キャンバス、100.7×60.7 cmゴッホ美術館F 373, JH 1298。 『ジャポネズリー開花広重模して)』1887年10月-11月、パリ。油彩キャンバス、55.6 × 46.8 cmゴッホ美術館F 371, JH 1296。 『タンギー爺さん1887年秋、パリ。油彩キャンバス92 × 75 cmロダン美術館F 363, JH 1351。

※この「パリ(1886年-1888年初頭)」の解説は、「フィンセント・ファン・ゴッホ」の解説の一部です。
「パリ(1886年-1888年初頭)」を含む「フィンセント・ファン・ゴッホ」の記事については、「フィンセント・ファン・ゴッホ」の概要を参照ください。


パリ(フランス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 16:21 UTC 版)

深夜特急」の記事における「パリ(フランス)」の解説

パリは暮らしやすかった美しい町並み年末年始過ごす。そろそろ行こうロンドンへ

※この「パリ(フランス)」の解説は、「深夜特急」の解説の一部です。
「パリ(フランス)」を含む「深夜特急」の記事については、「深夜特急」の概要を参照ください。


パリ(Paris)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/17 07:13 UTC 版)

ガチンコヒーローズ」の記事における「パリ(Paris)」の解説

怪盗スライ・クーパーシリーズより登場

※この「パリ(Paris)」の解説は、「ガチンコヒーローズ」の解説の一部です。
「パリ(Paris)」を含む「ガチンコヒーローズ」の記事については、「ガチンコヒーローズ」の概要を参照ください。


パリ(1921年-1930年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 02:52 UTC 版)

ジューナ・バーンズ」の記事における「パリ(1921年-1930年)」の解説

1920年代のパリは芸術文学モダニズム中心であったガートルード・スタインは、「パリは、20世紀があるところであったと言ったバーンズ1921年に『マッコールズ・マガジン』の仕事初めてパリを旅行したバーンズアメリカ定期刊行物のために同国国外居住作家芸術家インタビューしほどなくパリで有名人となった。その黒いマント辛らつなウィット当時多くの回顧録にも控えられている。 最初の小説出版されるであってもバーンズ文学的評判は既に高かったが、これは1918年『リトル・レビュー』誌に掲載され1923年作品集一冊の本』として再版された『馬たちに囲まれ一夜』(1918年オー・ヘンリー賞受賞)の力によるところが大きかったバーンズは、影響力あるサロン女性主人ナタリー・バーニーの側近ひとりであったが、バーニーは、バーンズパリでレズビアン生活の風刺的な年代記『貴婦人年鑑』中心人物であるのみならずバーンズ終生友人パトロンでもあった。 十中八九2人のあいだには短い情事もあったが、バーンズパリ時代最も重要な関係は、芸術家セルマ・ウッドとのものだったウッドカンザス州生まれで彫刻家になるためにパリに来たが、バーンズ提案その代わりに銀筆素描手を染めある批評家アンリ・ルソー喩えるような動物と植物素描描いた1922年の冬までに2人はブールバール・サンジェルマンのフラットで共同生活を始めた。 この時期に発展したもうひとつ親密な友人関係は、ダダ芸術家男爵夫人エルザ・フォン・フライターク=ローリングホーフェンとのものであり、1923年からエルザ精力的な文通を始めた。「ウッドバーンズに、ふたりの象徴的な私生児表わすために贈り物として人形与えたところで、男爵夫人は、私生児がふたりの本であるエロチック結婚申し込んだ。」パリからバーンズは、ベルリンにいる男爵夫人金銭衣服雑誌支えたバーンズはまた男爵夫人の詩と書簡を蒐集したバーンズは、ジェイムズ・ジョイスへの紹介状を持ってパリに来たが、バーンズは『バニティ・フェア』誌のためにジョイスインタビューし友達になった。『バニティ・フェア』誌インタビュー見出しは、ジョイスのことを「今のところ文学でかなり重要な人物一人である男」と宣伝していたが、『ユリシーズに対するバーンズ個人的反応慎重さの無いものだった。すなわち「私は次の行を書けない..あの後では誰が度胸をもてるだろう?」バーンズ19世紀後半デカダンス美学影響がある『嫌味な女たちの書』The Book of Repulsive Womenから、後期作品のモダニズム実験向かったのは、ジョイス作品読んでからだった可能性がある。しかし、2人はその文学固有な主題異なっていた。ジョイスは、作家とはありふれた主題焦点を合わせて特殊なものにすべきと考えた対しバーンズは常に異常なものに、ときにはグロテスクなものにさえ、惹かれた。またバーンズ自身の人生特殊な主題でもあった。バーンズ自伝的な最初の小説『ライダー』は、その移り行く文体 - 『ユリシーズ』によって霊感与えられた技法 - を解読する難しさのみならず大半読者期待経験からはほど遠い型破りな一夫多妻家庭歴史継ぎ合わせて完成する問題をも、読者示した『ライダー』は、文章難解さにもかかわらず、その猥褻さが注目を引き、短期間ニューヨーク・タイムズ」のベストセラーにもなった。その人気は出版社不意を突いた初版3,000部は瞬く間に売り切れたが、増刷書店並んだころには大衆興味が萎んでしまっていた。が、それにもかかわらずその前金でバーンズサン・ロマン通りに新しアパルトマンを買い、そこに1927年9月からセルマ・ウッドと住み始めた。この転居グリニッジ・ヴィレッジ時代以来バーンズ友人ミナ・ロイが隣人になったロイ『貴婦人年鑑』の中で唯一の異性愛者ペイシャンス・スカルペルとして登場しており、「女性達とそのやり方理解できなかった」と描かれている。 『貴婦人年鑑』はその主題のために「社交貴婦人」という匿名で小さな私家版出版されたバーンズとその友人たちがパリの市街販売し、またバーンズなんとかしてアメリカ小部数を密輸した書籍販売業者エドワード・タイタスが、『貴婦人年鑑』表題紙自分に言及されることとひきかえに自分の店に置くことを申し出たが、タイタス1回刷り全部数について印税分け前要求した時はバーンズ激怒したバーンズ後の『交唱』の中でタイタスという名前を虐待するに付けた。 バーンズ『ライダー』『貴婦人年鑑』をセルマ・ウッドに捧げたが、この2冊出版された年、1928年2人別れた年でもあった。バーンズは、2人の関係が1対1であることを望んだが、ウッドが彼女に世界残りと共にある」ことを望んでいることが分かったウッドアルコールへの依存度増し、夜は飲むことゆきずり性の相手探すことに費やしたバーンズウッド探してカフェ回り同じくらい酔っ払ってしまうことも度々だった。ウッド裕福な遺産相続者アンリエット・マクリー・メトカーフ (1888年 - 1981年)との関係ができたことで、バーンズウッド別れたメトカーフ『夜の森』の中でジェニー・ペサブリッジとして手厳しく描かれている。

※この「パリ(1921年-1930年)」の解説は、「ジューナ・バーンズ」の解説の一部です。
「パリ(1921年-1930年)」を含む「ジューナ・バーンズ」の記事については、「ジューナ・バーンズ」の概要を参照ください。


パリ(1896年2月-1897年7月)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 19:39 UTC 版)

エドヴァルド・ムンク」の記事における「パリ(1896年2月-1897年7月)」の解説

ムンク1895年6月9月それぞれ短期間パリを訪れた後、1896年2月ベルリン離れてパリに移り住んだ。 パリで1896年春のアンデパンダン展出品したほか、サミュエル・ビング画廊アール・ヌーヴォー展にも出展した。ここでも否定的反応多かったが『ラ・プレス(英語版)』紙のエドワール・ジェラールは次のような好意的評価書いている。 〔……〕彼の作品中に、我々はともすれば恐怖満ちた幻想を見るが、それは、それは、常に苦悩溢れているものであるムンク自己の内面から創造した奇妙な顔つきをした暗い影を持つ人物は、彼の魂の悲しみの子なのであり、決し外面的なモデルとしてコピーされたものではない。我々は、そのこと感銘を受けるのだ。〔……〕 ムンクパリでステファヌ・マラルメ邸で行われる火曜会」に呼ばれ、パリの画家文学者らと知り合ったまた、パリに移っていたストリンドベリ再会したストリンドベリアール・ヌーヴォー展でムンク好意的な寄稿書いたが、オカルト錬金術のめりこんストリンドベリは、ムンク刺客だと思いむようになって連絡を断ち2人友人関係終わったムンクこの時期に版画技術をますます完成させ、シャルル・ボードレール詩集悪の華』のために挿絵描いたりした。版画利点売りやすいことと、我が子のように思う絵画手放さなくてよいことであったムンクアトリエ大きな版画工房のそばに移し職人から版画技法学んだ版画テーマ多く旧作油絵基づくものであり、新たな油絵創作はされなかった。 1897年アンデパンダン展出品した評価はやはり賛否両論で、絵は一向に売れずムンクはパリを去ることにした。 『別離』1896年油彩キャンバス、96.5 × 127 cmムンク美術館。 『病める子』1896年リトグラフ、43.2 × 57.1 cmムンク美術館

※この「パリ(1896年2月-1897年7月)」の解説は、「エドヴァルド・ムンク」の解説の一部です。
「パリ(1896年2月-1897年7月)」を含む「エドヴァルド・ムンク」の記事については、「エドヴァルド・ムンク」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「パリ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

パリ

出典:『Wiktionary』 (2020/09/22 02:46 UTC 版)

固有名詞

パリ巴里

  1. フランス共和国首都

語源

翻訳


「パリ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「パリ」に関係したコラム

  • CFDで取り扱うコモディティの一覧

    CFDで取り扱うコモディティは、エネルギー、貴金属、農産物の3つに大別できます。CFDのエネルギーには、原油や天然ガス、ガソリンなどの銘柄があります。WTI原油先物もそのうちの1つで、外国為替市場や証...

  • 株式売買を行う日本国内の証券会社の一覧

    個人投資家が株式投資を行う場合、証券会社を通じて株式売買を行うのが一般的です。証券会社は、株式などの有価証券の売買をはじめ、店頭デリバティブ取引や有価証券の管理を主な業務としています。日本国内の証券会...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「パリ」の関連用語

パリのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



パリのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2023 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2023 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヴィクトル・ヴァスネツォフ (改訂履歴)、フィンセント・ファン・ゴッホ (改訂履歴)、深夜特急 (改訂履歴)、ガチンコヒーローズ (改訂履歴)、ジューナ・バーンズ (改訂履歴)、エドヴァルド・ムンク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのパリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS