フランス共和国とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 世界のコイン一覧 > フランス共和国の意味・解説 

フランス共和国


フランス

(フランス共和国 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/21 18:27 UTC 版)

この表のデータは本土のみで、海外県・属領を含まない。




フランス共和国
République française
国旗 国章に準じる紋章
国の標語:Liberté, Égalité, Fraternité
(フランス語: 自由、平等、友愛
国歌La Marseillaise(フランス語)
マルセイユの歌
公用語 フランス語
首都 パリ
最大の都市 パリ
政府
大統領 エマニュエル・マクロン
首相 エドゥアール・フィリップ
元老院議長ジャン=ピエール・ベル
国民議会議長クロード・バルトローヌ
面積
総計 551,500km251位[1]
水面積率 0.2%
人口
総計(2020年 62,814,233人(21位[1]
人口密度 113人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計(2012年 2兆0377億[2]ユーロ (€)
GDP(MER
合計(2012年 2兆5804億[2]ドル(5位
GDP(PPP
合計(2012年2兆2525億[2]ドル(8位
1人あたり 35,519[2]ドル
建国
西フランク王国カロリング朝時代)843年8月10日[1]
フランス王国カペー朝成立以後)987年
フランス第一共和政1792年8月10日
フランス第五共和政(現行)1958年10月4日
通貨 ユーロ (€)(EUR[3][4]
時間帯 UTC +1(DST:+2)
ISO 3166-1 FR / FRA
ccTLD .fr
国際電話番号 33
  1. ^ a b c CIA World Factbook/France
  2. ^ a b c d IMF>Data and Statistics>World Economic Outlook Databases>By Countrise>France
  3. ^ 1999年までの通貨はフラン (₣)。
  4. ^ フランスのユーロ硬貨も参照。

  1. ^ Hargreaves, Alan G., ed (2005). Memory, Empire, and Postcolonialism: Legacies of French Colonialism. Lexington Books. p. 1. ISBN 9780739108215. http://books.google.com/books?id=UX8aeX_Lbi4C&pg=PA1. 
  2. ^ パリ連合銀行は1904年創設された。出資者は200家族のオタンゲ・マレ・ミラボーと、他にシュナイダー、ベルギー総合会社
  3. ^ Compagnie de Financement de l'Industrie Atomique
    また、ロスチャイルド系で他にCompagnie d'application et de recherches atomiques (CARA)
  4. ^ M. Hinker "Aspects nouveaux de l'oligarchie financière en France" Economie et Politique 1958 p.93.
  5. ^ 2015年12月、アレヴァは8年前のウラニウム鉱山買収の際リベートした疑いで訴えられた。ウィキリークス The New Dirty War for Africa's uranium and mineral rights on 2016-02-05
  6. ^ フランソワ・シェネ 『不当な債務 いかに金融権力が、負債によって世界を支配しているか?』 作品社 2017年 139-140頁
  7. ^ 英語表記ではEU、ただしフランス語表記での略称はUE-Union européenne-フランス語:ユニオン ウロペンヌ となる。
  8. ^ フランソワ・シェネ 『不当な債務 いかに金融権力が、負債によって世界を支配しているか?』 作品社 2017年 16-18頁
  9. ^ : le Royaume de France
  10. ^ 佐藤賢一『カペー朝 フランス王朝史1』(2009年、講談社、講談社現代新書)
  11. ^ フランス側は劣勢であったが、突如としてイスラーム勢力が姿を消したために、防衛に成功した。理由は今も謎であり、巡礼の月が回ってきたとも、政変によるものとも諸説あるがハッキリしない。
  12. ^ Massacre of the Pure. Time. April 28, 1961.
  13. ^ Don O'Reilly. "Hundred Years' War: Joan of Arc and the Siege of Orléans". TheHistoryNet.com.
  14. ^ Warren Candler Scoville, The Persecution of Huguenots and French Economic Development, 1680-1720, University of California Press, p.142.
  15. ^ Vive la Contre-Revolution!. The New York Times. July 9, 1989.
  16. ^ Napoleon and German identity. Magazine article by Tim Blanning; History Today, Vol. 48, April 1998.
  17. ^ カール・マルクス1852年の著書『ルイ・ボナパルトのブリュメール18日』でボナパルティズムという用語が定着した。
  18. ^ Larry Neal, A Concise History of International Finance, Cambridge University Press, 2015, "Barings' problems grew during 1890 after Argentina bonds, some issued to finance construction of water-works for the city of Buenos Aires, stopped payment. In short order, problems with bonds issued by Brazil's new government appeared, and given the importance of Brazilian remittances for maintaining Portugal's commitment to the gold standard, the Bank of Portugal suspended convertibility. The contagion among these three countries could have infected London as well, had the Bank of England not intervened to "rescue" Bareings with a fund it cobbled together from the other leading banks in London, supplemented by a major loan from the Banque de France, and a commitment by the Russian government to withhold its demands for gold on its deposits with Barings."
  19. ^ France's oldest WWI veteran dies. BBC News. January 20, 2008.
  20. ^ In France, a War of Memories Over Memories of War. The New York Times. March 4, 2009.
  21. ^ 関谷一彦、細身和志、山上浩嗣編著『はじめて学ぶフランス──関西学院大学講義「総合コースフランス研究」より』、関西学院大学出版会、2004年10月。 p.54
  22. ^ フランスの行革担当大臣から生の声を聞く 公務員の数は520万人、「公務員が多くて行革が大変だ日経BP 2009年3月17日)
  23. ^ フランス軍がアフリカでの作戦に苦戦しているわけ 2013年1月29日 ウォールストリートジャーナル
  24. ^ 山田文比古『フランスの外交力』集英社(集英社新書) 2005 pp.129-130
  25. ^ パリ同時多発テロ:欧州に衝撃 仏大統領「厳しい試練」 Archived 2015年11月16日, at the Wayback Machine.毎日新聞 2015年11月14日
  26. ^ 久米邦武 編『米欧回覧実記・3』田中 彰 校注、岩波書店(岩波文庫)1996年
  27. ^ フランス - 概況 - JETRO
  28. ^ 最近のフランス情勢および日仏関係 - 外務省
  29. ^ フランス - 概況 - JETRO
  30. ^ http://www.jetro.go.jp/jpn/stats/trade/excel/rank2004.xls 2004年日本の貿易相手国TOP50] - JETRO
  31. ^ フランス;貿易統計 輸出(国・地域別) - JETRO
  32. ^ 『川と文化: 欧米の歴史を旅する』玉川大学出版部, 2004, p12
  33. ^ 『川と文化: 欧米の歴史を旅する』玉川大学出版部, 2004, p13
  34. ^ 『川と文化: 欧米の歴史を旅する』玉川大学出版部, 2004, p9
  35. ^ 『川と文化: 欧米の歴史を旅する』玉川大学出版部, 2004, p14
  36. ^ JLL、世界の都市比較インデックスを分析「都市パフォーマンスの解読」を発表 JLL 2017年10月25日閲覧。
  37. ^ GDP, PPP (current international $) | Data | Table”. World Bank (1943年9月2日). 2014年1月13日閲覧。
  38. ^ Global Wealth Report”. Credit Suisse. 2014年10月27日閲覧。 “"In euro and USD terms, the total wealth of French households is very sizeable. Although it has just 1% of the world's adults, France ranks fourth among nations in aggregate household wealth – behind China and just ahead of Germany. Europe as a whole accounts for 35% of the individuals in the global top 1%, but France itself contributes a quarter of the European contingent.”
  39. ^ Centre national de documentation pédagogique, "2011, ANNÉE DES OUTRE-MER" [1]
  40. ^ World Health Organization Assesses the World's Health Systems”. World Health Organization (2010年12月8日). 2011年7月16日閲覧。
  41. ^ World Population Prospects – The 2006 Revision (PDF)”. UN. 2010年4月27日閲覧。
  42. ^ UNWTO Highlights (PDF)”. United Nations World Tourism Organization. 2013年7月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月11日閲覧。
  43. ^ IMF: World Economic Outlook Database
  44. ^ Table C1 – Value of agricultural imports and exports, FAO Statistical Yearbook 2007-2008”. FAO. 2009年12月19日閲覧。
  45. ^ a b Revenue Statistics (Report). OECD. doi:10.1787/19963726. 
  46. ^ a b オイルショックが発生した1974年は2.4%だった満15歳以上男女の失業率は第2次オイルショックがあった1979年には5.9%まで上昇、1990年代前半までは10%前後の失業率となっていた。Laborsta”. ILO. 2009年12月22日閲覧。
  47. ^ EU財務相会合、加盟13カ国に対し財政赤字削減の期限を設定”. ロイター. 2009年12月19日閲覧。
  48. ^ Bloomberg ベルギーのデクシア:ベルギーとフランス、株主が救済-64億ユーロ(2 2008/9/30
  49. ^ ミシュランのキャラクターはタイヤを纏ったミイラのようだが、実際に合成ゴムのブナは大戦で軍服に使われた。
  50. ^ L'électricité en France en 2008” (フランス語). Ministère de l'Écologie, de l'Énergie, du Developpement durable et de l'Aménagement du territorie. 2009年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年12月19日閲覧。
  51. ^ 統計値は、United Nations Statistical Yearbook 2004、「世界国勢図会 2005/06」、矢野恒太記念会、ISBN 4-87549-435-1 による。
  52. ^ a b OECD Social Expenditure Statistics (Report). OECD. (2011). doi:10.1787/socx-data-en. http://www.oecd.org/els/soc/expenditure.htm. 
  53. ^ Insee Premiere n°1118 - Bilan demographique 2006 : un excedent naturel record(フランス語)
  54. ^ フランスの05年出生数、3年連続増加・出生率1.94に - NIKKEI NET、2006年1月19日
  55. ^ ある団体の行動や習慣を「異常」と見るか、「多文化」と見るか、非常に難しい問題であると報告書に記述されている。多文化と異常行動の線引き、この難しい問題に対し、フランス政府は西欧的「人権」や「被害者の存在」に根拠を置くことでバランスを取っている。
  56. ^ 特に悪質な団体を取り締まるために、通称「反セクト法」(「アブピカール法」「セクト弾圧法」など数多くの俗称で呼ばれた。正確な日本語訳は「人権及び基本的自由を侵害するセクト的運動の防止及び取り締まりを強化する2001年6月12日の法律第2001-504号」)を制定し、被害者救済を確立するために判例を積み重ね、犯罪の未然防止や活動内容の監視のために各県に専門部署を設置したり、「子どもへの教育」と称して洗脳やひどい教育が行われていないか監視するための部門を設置したりするなど、フランス政府の「セクト対策」は多岐にわたる。裁判の判例や法律の制定を通じて、セクト被害やその救済という概念を刑法体系内に作り上げようとしている。
  57. ^ フランスの「セクト対策」に対しては、(フランス政府の外では)疑問視する声も多い。「人種差別」「宗教差別」「人権無視」「報道の自由の侵害」と指摘する声や、フランスは「人権の祖国」であったはずなのに、少数派に対し不寛容になってしまったフランス政府の実態に対する疑問も提起されている。
  58. ^ このセクト対策を「宗教弾圧」とする意見もある。宗教に干渉しているのでなく、フランス政府は、できるだけ犯罪行為に絞るように取り締まっている。ただしフランス政府は単純な取り締まりだけを考えているわけでもない。報告書は「セクトは大衆の需要を満たし大衆の望むものを提供しているからこそ繁栄しているのであり、単純に弾圧できるものではない」としている。
  59. ^ フランス国内でも、セクト対策は宗教弾圧になりうる危険性があり、ライシテの根幹にもかかわる問題のために、多数の議論を巻き起こし、この過程で「進化するライシテ」「新しいライシテ」などの概念が示された。
  60. ^ フランス政府のセクト対策に係わる日本語訳資料については、s:フランス政府セクト対策一覧(WikiSource)参照。
  61. ^ https://www.cia.gov/library/publications/the-world-factbook/geos/fr.html 2009年3月30日閲覧
  62. ^ “出口なき教室 ~フランス いじめの被害~”. NHK. (2013年8月23日). http://www.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/130828.html 2014年7月19日閲覧。 
  63. ^ アルザス=ロレーヌ地方での使用言語はアルザス語ロートリンゲン方言ドイツ語版フランス語版英語版ロレーヌ方言など多様であるが、そういった事情は一切隠蔽した反独プロパガンダが行われた。
  64. ^ 19世紀には、国家観について、ナポレオン戦争期のヨハン・ゴットリープ・フィヒテドイツ国民に告ぐドイツ語版英語版』(1808年)と普仏戦争後のエルネスト・ルナン国民とは何か?フランス語版英語版』(1882年)の対比などから市民国家主義英語版民族主義との相違が明確にされていたが、欧州では高まる民族主義が世界大戦へと向かわせた。また、一方でルナンは、『知的道徳的改革』(: La Réforme intellectuelle et morale)において、フランスの植民地主義による侵略を正当化している。
  65. ^ 第一次世界大戦後の戦間期には、『帰郷ノート』などで知られるマルティニーク出身のエメ・セゼールは、セネガル出身のレオポール・セダール・サンゴールらとともに、科学的人種主義によって不当な扱いを受けていたアフリカ系黒人の文化の再評価を図るネグリチュード運動を担った。
  66. ^ エドゥアルド・ガレアーノ収奪された大地 ラテンアメリカ五百年地』大久保 光夫訳 新評論 1971,1986 pp.102-104
  67. ^ 平野千果子『フランス植民地主義の歴史 奴隷制廃止から植民地帝国の崩壊まで』人文書院 2002/02 0pp.65-pp.81,pp.236-pp251
  68. ^ 日本では「フランスパン」と呼ばれて親しまれている。
  69. ^ 雑学だが、フランスのクロケットが明治期の日本に到来し、日本で独自進化し日本風にアレンジされて発展したものが日本料理で「コロッケ」となり今日に至っている。
  70. ^ 特にカレームの考案したピエス・モンテーは、現代の日本の洋風結婚式における豪華なウェディングケーキなどの形で一般的に普及している。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フランス共和国」の関連用語

フランス共和国のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



フランス共和国のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
WorldCoin.NetWorldCoin.Net
Copyright 2020, WorldCoin.Net All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフランス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS