フランス文学とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > 学問 > 学問 > フランス文学の意味・解説 

フランス文学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/13 07:53 UTC 版)

フランス文学(フランスぶんがく、フランス語: Littérature française)は、フランス国籍の作家もしくはフランス語によって書かれた文学作品の総体である。仏文学(ふつぶんがく)ともいう。その歴史は中世古フランス語に始まり今日まで続いている。ベルギー西アフリカ諸国などフランス国外のフランス語圏文学(fr:Littérature francophone)や、ブルトン語オック語などフランス国内のフランス語以外による文学も存在する。




  1. ^ 「ロマンス語で書かれたような物語」が現代フランス語roman(小説)の語源である。
  2. ^ César Chesneau Dumarsais (1751-1772). Diderot et D'Alembert. ed. Encyclopédie ou Dictionnaire raisonné des sciences, des arts et des métiers. http://fr.wikisource.org/wiki/Page:Diderot_-_Encyclopedie_1ere_edition_tome_12.djvu/509 
  3. ^ Gustave Lanson dans Histoire de la littérature française, Hachette, 1894, p.985.
  4. ^ Paul Valéry. “La Crise de l’esprit” (フランス語). Wikilivres. 2009年12月28日閲覧。
  5. ^ ドゥ・マゴ」「カフェ・ド・フロール」など、文学者の集まるカフェが多いパリの地区。文壇的ということ。
  6. ^ 澤護 (6 1980). “明治初期におけるフランス文学の移入”. 千葉敬愛経済大学研究論集 (17): 211-235. ISSN 03895378. NAID 110000588642. http://id.nii.ac.jp/1341/00000711/ 2009年12月28日閲覧。. 
  7. ^ 東京大学フランス語フランス文学研究室・仏文科とは”. 東京大学. 2020年6月11日閲覧。
  8. ^ 佐道直身「『海潮音』のマラルメ詩と日本の象徴派詩人」『埼玉医科大学進学課程紀要』第7号、埼玉医科大学、1998年3月、 65-75頁、 ISSN 0287377XNAID 1100004128532020年6月11日閲覧。
  9. ^ a b 『ラ・ジャポネーズ』矢島翠、筑摩書房、1990、p245-246
  10. ^ 次点はアメリカ合衆国とイギリスの各11人。言語単位では英語作家の受賞者がフランス語作家の受賞者の約2倍。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フランス文学」の関連用語

フランス文学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フランス文学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフランス文学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS