人文主義者とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 人文主義者の意味・解説 

人文主義者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/13 09:06 UTC 版)

人文主義者(じんぶんしゅぎしゃ)とは、ルネサンス期において、ギリシアローマの古典文芸や聖書原典の研究を元に、人間本質を考察した知識人のこと。特に、15世紀-16世紀に活動したフランス人の影響が大きいため、日本ではフランス語のまま「ユマニスト」(: humaniste)と表現されたりもする[1]英語では「ヒューマニスト」(: humanist)、イタリア語で「ウマニスタ」(: Umanista)など、各言語の相当語彙でも共有・表現される概念だが、人道主義博愛主義などの意味で用いられる場合と区別するために、「ルネサンス・ヒューマニスト」(Renaissance humanist)などと表現されたりもする。人文学者(じんぶんがくしゃ)とも[2]




  1. ^ ユマニストとは - ブリタニカ国際大百科事典/世界大百科事典/コトバンク
  2. ^ ユマニストとは - 日本大百科全書ニッポニカ)/コトバンク
  3. ^ 澤井繁男『イタリア・ルネサンス』講談社現代新書P86-87
  4. ^ a b c ベルント・レック『歴史のアウトサイダー』中谷博幸、山中叔江訳 昭和堂 2001年、ISBN 4812200210 pp.27-28.


「人文主義者」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「人文主義者」の関連用語

人文主義者のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



人文主義者のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの人文主義者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS