寛容とは? わかりやすく解説

寛容

読み方:かんよう

寛容とは、広い心をもち他を受け入れるさま。具体的には、自分と異な意見価値観安易に拒絶せず許容しようと努めたり、他人失敗失礼な振る舞いことさらに咎めだてせず許そうとする姿勢などが「寛容である」(寛容だと形容される。

寛容の意味

寛容の「寛」の字には「(気持ちや心が)広く大きい」という字義がある。「寛容」の他に寛大」「寛恕」などの語で用いられている。寛容の「容」は「容れる」の意であり、容器容姿のように多種多様な字義を持つ字であるが、寛容のの字義は「許す」「咎めだてしない」といった意味合い捉えられる。「容認」「許容」「容赦」などの「容」の字義もこれに該当する

寛容の類義語

「寛容」と似た言葉に「寛大」がある。寛容も寛大も「心が広いという意味中心とする語であり、どちらの語を用いて適切な場合少なくないが、とりわけ「寛容」は「他を許して受け入れる」というニュアンス込めて用いられやすい。

また、細かいことをいちいち咎めだてしない余裕のある態度という意味合いでは、寛容や寛大他に鷹揚のような表現当てはまる。

寛容の対義語

寛容の対義語としては「不寛容」、および「狭隘のような表現挙げられる。「狭隘」は「土地狭さ」および「心の狭さ」「心の余裕のなさ」を形容する語である。

かん‐よう〔クワン‐〕【寛容】

読み方:かんよう

[名・形動(スル)

心が広くて、よく人の言動受け入れること。他の罪や欠点などをきびしく責めないこと。また、そのさま。「―の精神をもって当たる」「―な態度をとる」「多少欠点は―する」

免疫寛容

[派生] かんよう[名]

[補説] 書名別項。→寛容

「寛容」に似た言葉

かんよう〔クワンヨウ〕【寛容】

読み方:かんよう

神崎武雄小説昭和17年1942発表同年第16回直木賞受賞


寛容

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/16 12:16 UTC 版)

日本語の「寛容」は、明治になって翻訳された語で、英語"Tolerance"の語源は、endurancefortitude で、もともとは「耐える」、「我慢する」という意味をもつ言葉である。次第に「相手を受け入れる」の意味をも含むようになったが、無条件に相手を受け入れるというより、自分の機軸にあったものだけを許す、という意味あいが強い[1]


  1. ^ 保坂俊司「インド仏教思想における寛容思想とその展開」釈悟震 他『インド宗教思想の多元的共存と寛容思想の解明』山喜房仏書林、2010年、pp.240-282.
  2. ^ Tolerance”. Merriam Webster. 2012年4月7日閲覧。
  3. ^ a b 深沢克己『信仰と他者〜寛容と不寛容のヨーロッパ宗教社会史』東京大学出版会、2006年, i頁
  4. ^ 深沢克己 (2006, p. 19)
  5. ^ a b c d e 宇野p89-97
  6. ^ 井上公正『ジョン・ロックとその先駆者たちーイギリス寛容論研究序説ー』お茶の水書房、1978年、p.33-34.
  7. ^ 井上公正 (1978, p. 34)
  8. ^ 井上公正 (1978, p. 35)
  9. ^ 井上公正 (1978, pp. 34–35)
  10. ^ 井上公正 (1978, p. 36)
  11. ^ 井上公正 (1978, pp. 38–39)
  12. ^ 井上公正 (1978, p. 246)
  13. ^ 井上公正 (1978, pp. 247–250)
  14. ^ 井上公正 (1978, p. 247)
  15. ^ 大槻春彦責任編集『ロック ヒューム〔第3版〕』世界の名著27、中央公論社、昭和45年、p.361.
  16. ^ 井上公正 (1978, p. 248)
  17. ^ 大槻春彦責任編集『ロック ヒューム〔第3版〕』世界の名著27、中央公論社、昭和45年、p.369.
  18. ^ 井上公正 (1978, p. 250)
  19. ^ 大槻春彦責任編集『ロック ヒューム〔第3版〕』世界の名著27、中央公論社、昭和45年、p.363.
  20. ^ 大槻春彦責任編集『ロック ヒューム〔第3版〕』世界の名著27、中央公論社、昭和45年、p.18-19.
  21. ^ 串田孫一責任編集『ヴォルテール ディドロ ダランベール〔第7版〕』世界の名著29、中央公論社、昭和52年、p.327.
  22. ^ 串田孫一責任編集『ヴォルテール ディドロ ダランベール〔第7版〕』世界の名著29、中央公論社、昭和52年、p.334.
  23. ^ 串田孫一責任編集『ヴォルテール ディドロ ダランベール〔第7版〕』世界の名著29、中央公論社、昭和52年、p.26-27.
  24. ^ 串田孫一責任編集『ヴォルテール ディドロ ダランベール〔第7版〕』世界の名著29、中央公論社、昭和52年、p.27.
  25. ^ ヘルベルト・マルクーゼ、『抑圧的寛容』ロバート・ボールウェルク、ベリントン・モア2世との共著『純粋寛容批判』 せりか書房 1968年に所録


「寛容」の続きの解説一覧

寛容

出典:『Wiktionary』 (2021/08/24 00:07 UTC 版)

名詞

かんよう

  1. 他者の罪や落ち度異論などを、ひろ受け容れること。

発音(?)

か↗んよー

類義語

対義語

翻訳

形容動詞

かんよう

  1. 他者の罪や落ち度異論などを、ひろ受け容れるさま。

活用

翻訳

動詞

-するかんよう-する)

  1. (他動詞) 他者の罪や落ち度異論などを、ひろ受け容れる

活用

翻訳


「寛容」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「寛容」の関連用語

寛容のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



寛容のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの寛容 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの寛容 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS