世俗とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 習慣 > 世俗の意味・解説 

世俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/23 15:02 UTC 版)

世俗(せぞく、英語:Secularity セキュラリティ)とは、「世俗的」(英語:secular セキュラー)であること[1]政教分離を経て、国家宗教が分離している状態。




  1. ^ The American Heritage Dictionary of the English Language, Fourth Edition.、「Secularity」(1. The condition or quality of being secular. 2. Something secular.
  2. ^ デジタル大辞泉(小学館)、大辞林 第三版(三省堂)。
  3. ^ Zuckerman, Phil; Shook, John, eds (2017). “Introduction: The Study of Secularism”. The Oxford Handbook of Secularism. Oxford University Press. ISBN 0199988455. 
  4. ^ a b Jeurgensmeyer, Mark (2017). “4. The Imagined War between Secularism and Religion”. In Zuckerman, Phil; Shook, John. The Oxford Handbook of Secularism. Oxford University Press. ISBN 0199988455. 
  5. ^ a b Pasquale, Frank; Galen, Luke; Zuckerman, Phil. “2. Secularity around the World”. The Nonreligious: Understanding Secular People and Societies. Oxford University Press. ISBN 0199924945. https://books.google.com/books?id=PDQ0CwAAQBAJ&printsec=frontcover#v=onepage&q&f=false. 


「世俗」の続きの解説一覧

世俗

出典:『Wiktionary』 (2019/11/08 21:49 UTC 版)

発音

せ↗ぞく
せ↘ぞく

名詞

(せぞく)

  1. 世間世の中身近日常的世界
  2. 世間風潮世のならい。
    • 学問世俗から離れていると思われやすい。
  3. 宗教関係しないこと。無宗教

派生語

類義語

対義語

翻訳

語義1
語義2
語義3



世俗と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「世俗」の関連用語

世俗のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



世俗のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの世俗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの世俗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS