戦いとは? わかりやすく解説

たたかい〔たたかひ〕【戦い/闘い】

読み方:たたかい

戦争戦闘。「ゲリラとの—」

競争試合勝負。「ライバルとの—」

抗争闘争。「貧困との—」「労使の—」


戦い

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

戦い

作者堀田陞一

収載図書渡し舟
出版社近代文芸社
刊行年月1995.12


戦い

作者山田清

収載図書フーコー短編小説傑作選 6
出版社フーコー
刊行年月2001.3


戦い―マナの物語

作者ピーター・ディッキンソン

収載図書血族物語
出版社ポプラ社
刊行年月2003.8
シリーズ名ポプラ・ウイング・ブックス


戦闘

(戦い から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 16:02 UTC 版)

戦闘(せんとう、: Combat, Battle: proeliumプロエリウム)は、相互に敵対する二つの勢力による暴力相互作用である。戦斗、戦閗、戰闘などとも。


注釈

  1. ^ 旧軍用語では運動戦。

出典

  1. ^ 旧軍用語では遠戦・火戦(火器を用いた戦闘)と対比されることがある。



戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 02:21 UTC 版)

戦国時代 (中国)」の記事における「戦い」の解説

紀元前342年孫臏は魏の領内侵攻した斉軍撤退命じた退却に際し初日露営地に十万人分の竈を作らせ翌日五万人分の竈を、その次の日二万人分の竈を作るように命じた斉軍追撃する魏軍指揮する龐涓は、竈の数が減っているとの報告を受け「戦意の低い斉軍は、脱走兵続出しているのだろう」と考えた。そこで龐涓一刻も早く斉軍捕捉し撃破しよう考え歩兵部隊残して騎兵隊のみを率い昼夜兼行で急行した孫臏魏軍進行速度から、夕方ごろに狭隘な馬陵(現在の山東省臨沂市郯城県)の地に至るだろうと予測した。そこで馬陵の街道脇の大樹木肌削り白木に墨で「龐涓この樹下死す」と大書し周囲に弩を持たせた一万の兵を伏せた伏兵には、夕闇の中で火がともるのが見えたら、その火めがけて一斉に箭を放つように命令した果たし魏軍日没後に馬陵に到達し指揮官龐涓道端大木なにやら字が記されているのを見つけたが、すでにあたり暗くてよく見えない。そこで松明を持ってこさせ、火をつけて字を読もうとした瞬間周りから一斉に矢が飛んできた。龐涓満身無数の矢を受け「遂に豎子の名を成せり(あの小僧に、名を挙げさせてしまったか)」と叫んで絶命した。将を討たれ魏軍混乱陥って大敗し太子申(中国語版)は捕虜となった

※この「戦い」の解説は、「戦国時代 (中国)」の解説の一部です。
「戦い」を含む「戦国時代 (中国)」の記事については、「戦国時代 (中国)」の概要を参照ください。


戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/03 15:39 UTC 版)

ニューバーンの戦い (南北戦争)」の記事における「戦い」の解説

3月14日の朝、戦場深い霧覆われたバーンサイド部隊隊列組ませ南軍の防御に向けて前進命じた。このとき、北軍は敵の配置について完全な情報得ておらず、その知る限りでは前線が川からレンガ工場までしかないということだった。この知識のままでバーンサイド第1旅団に敵の左手交戦させ、第2旅団レンガ工場で敵の右手回り込むことにした。8門の榴弾砲郡道越えて配置された第3旅団予備隊とされた。陸軍コーワン中佐指揮する砲艦からも覚束ない支援受けたコーワン南軍陣地砲撃したが、間の視界遮られていた。その砲撃大いノースカロライナ人を悩ませたが、不正確なのだったので、バーンサイドコーワン方向変えてくれるよう求めた。 一方南軍側では、ブランチがその連隊配置に就かせた。そのトンプソン砦にある左翼から右手レンガ工場まで、第27、第37、第7および第35ノースカロライナ連隊並んだ予備隊は第33連隊だった。第35連隊右側面はレンガ工場の窯で止まっており、大砲のための隙間になっていた。鉄道越えた防御線は第26ノースカロライナ連隊騎兵数個中隊占めた鉄道所に出来たくの字形の場所の隙間ブランチ部隊の中でも最も弱い、2週間訓練されただけで散弾銃狩猟用ライフル銃で武装した民兵就いた南軍右手向かったリノ将軍は、この時も敵の防御線鉄道越えて延ばされたことに気付いておらず、第21マサチューセッツ連隊一部レンガ工場の窯に攻撃させ、他の部隊はその支援を行うよう命令した。その攻撃最初成功したが、敵の全線から銃火浴びていることが分かり撤退余儀なくされた。 バーンサイドこの時予備隊としていた第3旅団に、リノ第2旅団支援するために戦線に入るよう命令した第4ロードアイランド連隊弾薬使い果たしていた第21マサチューセッツ連隊入れ替わった。その配置入れ替わる間に第4ロードアイランド連隊アイザック・P・ロードマン大佐は第21マサチューセッツ連隊ウィリアム・S・クラーク中佐から、もう一度レンガ工場の窯に攻撃すれば成功すると思うと告げられた。ロードマン伝令パーク将軍ところに走らせて自分責任を取ることを伝え、その連隊隊列組ませ突撃命令した。この突撃は敵に関する情報しっかりと武装していたので成功した第4ロードアイランド連隊は9門の黄銅野砲捕獲し、しかも南軍塹壕線の背後回っていることが分かったこの時点で南軍前線破れた。その崩壊経験の無い民兵達が逃げ出し、その両横の部隊側面敵軍曝され時に始まったブランチはその予備隊隙間を埋めるよう命令したが、その部隊間に合わなかった。前線両翼巻き上げられ、各連隊長虐殺免れるために次々と部隊退かせた。ブランチ将軍撤退命令し、それは間もなく潰走変わった逃げノースカロライナ兵はトレント川架かる駆け抜けてニューバーン入り大あわて焼いたので、対岸残された僚友もおり、捕虜になった。しかし、北軍艦船がまだ前方にいたので、ニューバーン市内入って安全ではなく、キンストンに達するまでその隊形整えることが出来なかったブランチ部隊戦死68名、負傷116名、捕虜または不明400となったバーンサイド軍は戦死90名、負傷385名であり、唯1人捕虜になった

※この「戦い」の解説は、「ニューバーンの戦い (南北戦争)」の解説の一部です。
「戦い」を含む「ニューバーンの戦い (南北戦争)」の記事については、「ニューバーンの戦い (南北戦争)」の概要を参照ください。


戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 14:44 UTC 版)

トトメス3世」の記事における「戦い」の解説

カルナックアメン神殿にあるトトメス3世年表によると、戦いは"(即位)23年、シェムウの月の第21日新月祝祭の日"に行われたとされている(なお太陰暦)。この日トトメス3世即位紀元前1479年とすると、紀元前1457年5月9日に等しい両方軍隊はおよそ10,000であったが、 ほとんどの学者は、エジプト軍の数はさらに多かった信じているトトメス3世はこの戦いで勝利しその後軍隊略奪のため立ち止まったため、敵軍メギドまで逃げ延びてしまった。そのため、トトメス3世都市長期間包囲することを強いられたが、最終的に7か月包囲ののち、都市征服することに成功した

※この「戦い」の解説は、「トトメス3世」の解説の一部です。
「戦い」を含む「トトメス3世」の記事については、「トトメス3世」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「戦い」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

戦い

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 09:33 UTC 版)

和語の漢字表記

たたかい

  1. たたかい 参照

「戦い」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

戦いのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



戦いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの戦闘 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの戦国時代 (中国) (改訂履歴)、ニューバーンの戦い (南北戦争) (改訂履歴)、トトメス3世 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの戦い (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS