バトルとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 軍事 > 戦い > バトルの意味・解説 

battle

別表記:バトル

「battle」の意味

「battle」は、戦い闘争意味する英単語である。軍事的な戦闘のほか、競争意見の対立など、様々な状況使われるまた、スポーツゲーム対戦を指す場合もある。

「battle」の発音・読み方

「battle」の発音は、IPA表記で /ˈbætəl/ となる。IPAカタカナ読みでは「バトゥル」となるが、日本人発音するカタカナ英語では「バトル」と読むことが一般的である。

「battle」の定義を英語で解説

A battle is a violent fight or struggle between two opposing sides, usually involving armed forces. It can also refer to a competition or conflict between individuals or groups in various contexts, such as sports, politics, or business.

「battle」の類語

「battle」の類語には、fightcombatstruggleconflictwarなどがある。これらの単語は、それぞれニュアンス使用される文脈異なるため、適切な場面で使い分けることが重要である。

「battle」に関連する用語・表現

「battle」に関連する用語表現には、battleground戦場)、battle cry戦い合図)、battle-hardened(戦い慣れた)、battle of wits知恵比べ)、battle scars戦い痕跡)などがある。これらの表現は、戦い闘争関連する状況要素を表す。

「battle」の例文

1. The two armies engaged in a fierce battle.(二つ軍隊激し戦い参加した。)
2. The battle for market share continues between the rival companies.(市場シェアをめぐる競争が、ライバル企業間で続いている。)
3. They had a heated battle of words over the controversial issue.(彼らは議論余地のある問題について、激し言葉戦い繰り広げた。)
4. The soccer match was a thrilling battle between the two teams.(サッカー試合は、2つチーム間のスリリングな戦いだった。)
5. The politician faced an uphill battle in his campaign for re-election.(その政治家再選目指す選挙戦苦戦強いられた。)
6. The battle against climate change requires global cooperation.(気候変動との戦いは、世界的な協力を必要とする。)
7. The two chess players engaged in a tense battle of strategy.(2人チェスプレイヤー緊迫した戦術戦い参加した。)
8. The battle for supremacy in the industry is intensifying.(業界での覇権争い激化している。)
9. The soldiers returned home with battle scars and stories of their experiences.(兵士たち戦い傷跡経験物語持って帰国した。)
10. She won the battle against her illness and made a full recovery.(彼女は病気との戦い勝って完全に回復した。)

バトル【battle】

読み方:ばとる

戦い戦闘。「—ジャケット(=戦闘服)」


バトル[battle]

掛け合い複数ギタリスト交互にソロ回しをすることをギター・バトルという。ジャズのフォー・バースと同じ。

バトル

収載図書ちょっといやな話―寄せられた「体験
出版社光文社
刊行年月1999.12
シリーズ名光文社文庫


バトル

名前 Battle; Buttel; Buttle

バトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/23 21:06 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

バトル



バトル(マルチカートリッジプレイ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 15:02 UTC 版)

マリオカートアドバンス」の記事における「バトル(マルチカートリッジプレイ)」の解説

2~4人で戦うモードで、専用ステージで相手3つの風船割りあうモードマリオGPなどと違いアイテム制限がある。

※この「バトル(マルチカートリッジプレイ)」の解説は、「マリオカートアドバンス」の解説の一部です。
「バトル(マルチカートリッジプレイ)」を含む「マリオカートアドバンス」の記事については、「マリオカートアドバンス」の概要を参照ください。


バトル (レース)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 15:33 UTC 版)

レーシングラグーン」の記事における「バトル (レース)」の解説

本作におけるバトルは、通常のRPG違いレースによって行われるシンボルエンカウント方式採用されており、フィールド内を走行している車にパッシング仕掛けるか、あるいはパッシングしながら走行している車に接触することでバトルが始まる。なお、一般的なRPGによく見られる逃げる」というコマンド存在せず、バトルから逃げるには降参棄権意味するGIVE UP」という選択肢ポーズメニューから選ばなければならないが、敗北扱いとなるために下記のようにパーツ奪われるリスクがある。 エンカウントバトル以外にも、任意または強制イベントによって発生するものや、様々なレギュレーション馬力車重駆動方式吸気方式などの制限)が設けられた「UnOfficial Race(UOR)」と呼ばれるものもある。なお、イベントバトルやUORの勝利数に応じて主人公称号変化し、ある条件クリアすることでエンディング若干変化する。 バトルの舞台となるコースは、サーキット市街地・峠・高速道路ダート雪道など、豊富に用意されており、バトルの形式についても、前述コース単純に速さ順位)を競うものから、ゼロヨン・ジムカーナ・チキンレースなどの特殊なものまで揃っており多彩である。なお、本作登場する公道レースの際のみ全てクローズド化されアザーカー一切登場しない

※この「バトル (レース)」の解説は、「レーシングラグーン」の解説の一部です。
「バトル (レース)」を含む「レーシングラグーン」の記事については、「レーシングラグーン」の概要を参照ください。


バトル(ワールドマップからは選択不可、クリア時の評価なし)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/13 09:03 UTC 版)

ニード・フォー・スピード ライバルズ」の記事における「バトル(ワールドマップからは選択不可クリア時の評価なし)」の解説

フィールド上のレーサー1対1レースを行う。このモードのみ、ゴール地点以外のチェックポイント存在しない

※この「バトル(ワールドマップからは選択不可、クリア時の評価なし)」の解説は、「ニード・フォー・スピード ライバルズ」の解説の一部です。
「バトル(ワールドマップからは選択不可、クリア時の評価なし)」を含む「ニード・フォー・スピード ライバルズ」の記事については、「ニード・フォー・スピード ライバルズ」の概要を参照ください。


バトル(パンチマーク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/24 01:38 UTC 版)

ドラゴンボールZIII 烈戦人造人間」の記事における「バトル(パンチマーク)」の解説

戦闘中限定で、戦闘に関する効果得られるいずれもZ戦士有利にするものである最長老 1ターンの間、全員攻撃力が2倍になる。 ランチ 攻撃命中率100%になる。 じいちゃん全員動き1ターン止める

※この「バトル(パンチマーク)」の解説は、「ドラゴンボールZIII 烈戦人造人間」の解説の一部です。
「バトル(パンチマーク)」を含む「ドラゴンボールZIII 烈戦人造人間」の記事については、「ドラゴンボールZIII 烈戦人造人間」の概要を参照ください。


バトル(パンチ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/25 08:36 UTC 版)

ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画」の記事における「バトル(パンチ)」の解説

戦闘時、このカードを1番目に選択すると、与えダメージが2倍になる。

※この「バトル(パンチ)」の解説は、「ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画」の解説の一部です。
「バトル(パンチ)」を含む「ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画」の記事については、「ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画」の概要を参照ください。


バトル(Battle)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/05 08:01 UTC 版)

コール オブ デューティ3」の記事における「バトル(Battle)」の解説

チームを組まずにデスマッチプレイするモードアメリカ軍ドイツ軍どちらか選んでプレイヤー対戦

※この「バトル(Battle)」の解説は、「コール オブ デューティ3」の解説の一部です。
「バトル(Battle)」を含む「コール オブ デューティ3」の記事については、「コール オブ デューティ3」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「バトル」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「バトル」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



バトルと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バトル」の関連用語

バトルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



バトルのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2024 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバトル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマリオカートアドバンス (改訂履歴)、レーシングラグーン (改訂履歴)、ニード・フォー・スピード ライバルズ (改訂履歴)、ドラゴンボールZIII 烈戦人造人間 (改訂履歴)、ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画 (改訂履歴)、コール オブ デューティ3 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS