サッカーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 競技 > 競技 > サッカーの意味・解説 

soccer

別表記:サッカー

「soccer」とは・「soccer」の意味

「soccer」とは、主に英語圏用いられる11人の選手ボールを足で蹴ってゴールを狙うスポーツの名称である。このスポーツは、国際サッカー連盟FIFA)によって統括されており、世界中で親しまれている。サッカーのルールは、手を使わずボール相手チームゴール蹴り入れることを目指すもので、最も得点挙げたチーム勝利となる。

「soccer」の発音・読み方

「soccer」の発音は、IPA表記では /ˈsɒkər/ となり、カタカナ表記では「ソッカー」と読む。日本人発音するカタカナ英語では、「サッカー」となることが多い。この単語発音によって意味や品詞が変わる単語はないため、特別な注意必要ない。

「soccer」の定義を英語で解説

Soccer is defined as a sport played by two teams of eleven players each, in which the objective is to score goals by kicking a ball into the opposing team's goal without using hands. The team with the most goals at the end of the match wins. Soccer is governed by the Fédération Internationale de Football Association (FIFA) and is enjoyed by millions of people around the world.

「soccer」の類語

「soccer」の類語としては、「football」という言葉がある。ただし、「football」は、アメリカ英語ではアメリカンフットボールを指すことが多いため、文脈によっては注意が必要である。イギリス英語では、「football」はサッカーを指すことが一般的である。

「soccer」に関連する用語・表現

「soccer」に関連する用語表現には、以下のようなものがある。

pitch

pitch」とは、サッカーの試合が行われる芝生フィールドのことを指す。

goal

goal」とは、サッカーにおいて得点挙げるためのゴールポストや、得点そのものを指す。

offside

offside」とは、サッカーのルール一つで、攻撃側選手相手チーム最後ディフェンダーよりもゴールに近い位置ボールを受けることが禁じられている状況を指す。

「soccer」の例文

1. He plays soccer every weekend.(彼は毎週末にサッカーをする) 2. The soccer match ended in a draw.(そのサッカーの試合引き分け終わった) 3. She is a member of the school's soccer team.(彼女は学校サッカーチームメンバーである) 4. The soccer stadium was filled with cheering fans.(サッカースタジアム歓声上げファンいっぱいだった) 5. He scored the winning goal in the soccer match.(彼はサッカーの試合勝利ゴール決めた) 6. The soccer coach gave the team some advice during halftime.(サッカーのコーチハーフタイム中にチームアドバイスをした) 7. The soccer player received a red card for a dangerous tackle.(そのサッカー選手危険なタックルレッドカード受け取った) 8. The soccer team practiced hard to improve their skills.(サッカーチームスキル向上させるために練習励んだ) 9. The soccer match was postponed due to heavy rain.(そのサッカーの試合大雨のため延期された) 10. The soccer fans were excited about the upcoming World Cup.(サッカーファン今後ワールドカップ興奮していた)

sucker

別表記:サッカー

「sucker」とは・「sucker」の意味

「sucker」は、英語で主に二つの意味がある。一つ目は、だまされやすい人や騙される人を指す言葉である。この場合誰かが他人に騙されたり、だまされたりすることに対して使われることが多い。二つ目は、植物の新しを指す言葉である。この場合植物新たな成長を示す部分表している。

「sucker」の発音・読み方

「sucker」の発音は、IPA表記では /ˈsʌkər/ となる。IPAカタカナ読みでは「サッカー」となり、日本人発音するカタカナ英語では「サッカー」と読む。この単語発音によって意味や品詞が変わるものではない。

「sucker」の定義を英語で解説

「sucker」の定義は、英語で次のように説明される1. A person who is easily deceived or tricked, especially by believing something without evidence or proof. 2. A shoot or branch that grows from the base of a plant, especially one that is produced by a tree or shrub in response to damage or pruning.

「sucker」の類語

「sucker」の類語としては、以下のような言葉挙げられる1. Gullibleだまされやすい) 2. Naive世間知らずの) 3. Dupable(騙されやすい) 4. Sprout新芽) 5. Shoot若枝

「sucker」に関連する用語・表現

「sucker」に関連する用語表現には、以下のようなものがある。1. Deceive(だます) 2. Trick(騙す) 3. Gullibility(だまされやすさ) 4. Pruning剪定) 5. Regrowth(再生

「sucker」の例文

1. He was a sucker for believing that scam.(彼はその詐欺だまされるほどだった。)
2. She's such a sucker for romantic movies.(彼女はロマンチックな映画に弱い。)
3. The plant produced several suckers after being pruned.(その植物剪定された後、いくつかの新芽出した。)
4. Don't be a sucker and fall for his lies.(彼の嘘にだまされないで。)
5. The tree has many suckers growing at its base.(その木にたくさんの新芽根元生えている。)
6. He's always been a sucker for a good sales pitch.(彼はいつも良いセールスの話にだまされやすい。)
7. The suckers on this plant need to be removed to promote healthy growth.(この植物の新芽取り除くことで、健全な成長促される。)
8. She felt like a sucker for trusting him so easily.(彼を簡単に信じたことで、彼女はだまされた気分だった。)
9. The gardener pruned the tree to prevent suckers from growing.(庭師新芽生えないように木を剪定した。)
10. I can't believe I was such a sucker for his smooth talk.彼の口車乗った自分信じられない。)

サッカー【sacker】


サッカー【soccer】


サッカー

seersuckerの略》皺(しぼ)を縞のように織り出した織物。主に、夏服用いる。シアサッカー


サッカー

【英】:soccer

株元から離れたところから生えてくる新芽

サッカー

作者史鉄生

収載図書現代中国文学選集 3 史鉄生
出版社徳間書店
刊行年月1987.10


サッカー

作者山田悠介

収載図書ブレーキ
出版社角川書店
刊行年月2005.7

収載図書ブレーキ
出版社角川書店
刊行年月2008.5
シリーズ名角川ホラー文庫


サッカー

作者成木

収載図書サッカー
出版社ブイツーソリューション
刊行年月2006.12


サッカー

歴史と沿革


サッカーは足や頭を使ってボール操り相手ゴールボール入れて得点競う球技で、現在は世界あらゆる国や地域親しまれる世界で最も盛んなスポーツ1つです。国際サッカー連盟FIFA)には、208国と地域加盟してます。日本アメリカなどでは「サッカー(soccer)」という名称が一般的ですが、世界的には「フットボールfootball)」と呼ばれてます。

サッカーの歴史古く起源について諸説あり、さまざまな地域多様なルール親しまれていたようです近代サッカーはイングランド発祥説が一般的で、大きな特徴である「手を使ってはいけない」というルール19世紀頃イギリス・ロンドンでの協議規定されたことが始まりと言われています。

1863年英国サッカー協会(The Football Association/ FA)が設立され1904年国際サッカー連盟FIFA)が創設されオリンピックには1908年ロンドン大会から正式種目に採用されました。1930年初め開催されワールドカップ初代王者開催国ウルグアイ)はいまや、その参加国・地域数から世界最大スポーツイベントとも言われています。


日本におけるサッカー史
サッカーが日本伝わったのは1873年1921年には大日本蹴球協会創立され1929年国際サッカー連盟FIFA)に加盟しましたが、第2次世界大戦による脱退経て1950年日本蹴球協会として再加盟しました。1965年日本サッカーリーグJSL)が開幕その後日本蹴球協会1974年財団法人化し、名称も日本サッカー協会変更されています。

オリンピックには1964年東京大会初出場3-2アルゼンチン下してベスト8入り果たしました1968年メキシコ大会で銅メダル獲得2000年シドニー大会でもベスト8入ってます。

1991年社団法人日本プロサッカーリーグ設立され93年Jリーグ日本プロサッカーリーグ)が開幕しました。FIFAワールドカップには1998年フランス大会で初出場。3戦全敗グループリーグ敗退でしたが、2002年日韓大会日本代表ベスト16入り果たしています。続く2006年ドイツ大会では1分2敗でグループリーグでの敗退でしたが、2010年南アフリカ大会では決勝トーナメント進出しました


一方女子1979年日本女子サッカー連盟発足し翌年から全日本女子サッカー選手権大会スタートしましたFIFA女子世界選手権には1991年第1回大会から連続出場しています。オリンピック女子サッカーが正式種目となった1996年アトランタ大会から日本女子代表出場獲得し2004年アテネ大会ベスト82008年北京大会ではベスト4入り果たしています。


競技方法

競技者
試合は、11人以下の競技者からなる2チームによって行われ、1チーム競技者のうちの1人ゴールキーパーです。試合途中で各競技者は一定条件のもとで交代も可能ですが、一度交代して退いた競技者が再び試合参加することはできません。


試合時間
試合は、基本的に45分間ずつの前、後半制で行われます。前、後半の間には15以内ハーフタイムを取ることができますまた、競技者交代負傷などにより試合時間空費され場合主審裁量時間追加されます(ロスタイム)。

得点
ゴールポストの間とクロスバーの下でボール全体ゴールライン越えたとき、その前に攻撃側競技規則違反犯してなければ、1得点となります


ルール


フィールド


用具

ボール

競技者身につける基本的な用具
袖のあるジャージーまたはシャツショーツストッキングすね当てゴムプラスチックなど適切な材質製)/靴



フットサル(サッカー)

主に屋内で行う5人制のサッカーのことで、国内ではいつでも、どこでも、だれでも気軽に楽しめる生涯スポーツとして愛好者急増してます。基本はサッカーですが、スライディングタックルショルダーチャージ禁止されています。

オフサイドはなく、スローイングキックイン用い、1チームは5人、交代試合中何回でも自由です。狭いスペースでは、わざ=技術知恵戦術が大切で、徹底したチームゲームであり、チーム思考力が最も重要視されます。誰にでもシュートチャンスのあるエキサイティングなスポーツです。



サッカー

名前 Sachar; Thacker

サッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/16 03:44 UTC 版)

サッカー: soccerは、サッカーボールを用いて1チームが11人の計2チームの間で行われるスポーツ競技。足でボールを蹴る球技の総称であるフットボール: football)の一つであり、アソシエーション・フットボール: association football協会フットボールの意)またはアソシエーション式フットボール (略称:ア式蹴球)[注釈 1] とも呼ばれる[1][2]。他のフットボールコードと比較して、の使用が極端に制限されるという特徴がある。


注釈

  1. ^ 日本語ではこれを略して「ア式蹴球(あしきしゅうきゅう)」とも呼ぶ。
  2. ^ アメリカンフットボールは、アメリカではフットボール(football)、イギリスでは(American football)を使用する
  3. ^ 大陸連盟加盟国ではほかにニウエシント・マールテンも使用。近年ではオーストラリアニュージーランドも「soccer」を用いていたが、それぞれ2004年・2007年に名称を「football」に変更した。
  4. ^ 例:チャウ・シンチーの映画「少林サッカー」=原題「少林足球」
  5. ^ これは古来の遊戯「蹴鞠」(けまり)を連想して名づけられたといわれ、文献史料等を検討すると日本にサッカーが本格的に普及し始めた1905年以降の創作と考えられる。これ以前の文献には、フートボール、アッソシエーションフットボール、フットボールが散見され、「蹴球」が現れるのは大正時代になってからである
  6. ^ これは、1945年まで続いた日本統治の結果として、同一の協会(大日本蹴球協会、現在の財団法人日本サッカー協会の前身)の下にあった影響が大きい。漢字表記が用いられなくなっても呼び方はこのままで変わっていない
  7. ^ 最も顕著なハッキング派であったブラックヒースのフランシス・キャンベルは、「ハッキングに賛成する」規則が採用されるのを防ぐために11月24日の会合を不適切に運営したとしてFA会長アーサー・ペンバー英語版、モーリー、そして彼らの仲間を糾弾した[40]。ペンバーはそういった「非紳士的な行為の訴え」を否認した
  8. ^ 1870年の11月19日、ケニントン・オーヴァルでイングランドが1-0で勝利。1871年2月25日、同地区で1-1引き分け。1871年11月18日、ロンドンでイングランドが2-1で勝利、1872年2月24日、ロンドンでイングランドが1-0の勝利。一連の非公式国際試合は、それらの試合を企画したイングランドサッカー協会 (FA) 第4代事務局長チャールズ・ウィリアム・オールコックの名前にちなんで、オールコックの国際試合と呼ばれている。
  9. ^ 国だけでなく地域が加盟の理由はFIFA参照
  10. ^ 2006年時点の各国別の競技人口ランキングも、FIFA公式HPで閲覧することが出来る。但し、2006年時点でのFIFA加盟協会のみ。All Playersは各協会未登録者も合わせた競技人口、Registered playersは各協会登録競技者人口、Unregistered Playersが各協会未登録競技人口、Clubsがクラブ数、Officialsが競技役員総数である[45][46]
  11. ^ サッカーの競技規則はFIFAではなく、国際サッカー評議会 (IFAB) が定めている。2015年2月頃に改正されたサッカー競技規則2015/2016までは、IFABが制定したルール(競技規則等)をFIFAが冊子として発行していたが、2016年3月IFAB年次総会(AGM)で改正されたサッカー競技規則2016/2017以降は、IFABが直接ルール(競技規則等)の英語版(正式な原本)、フランス語版、ドイツ語版およびスペイン語版の冊子(ルールブック。競技規則本)を発行している。文章表現や解釈に疑問が生じた場合は、英語版の競技規則に基づくものとされている
  12. ^ つまり、ルール改正にはFIFAの4票、英本土4協会が各1票の計8票のうち6票以上が必要であり、FIFAだけでも英本土4協会だけでも決められないようになっている[50]

出典

  1. ^ a b c 松井良明『球技の誕生』平凡社、2015年, p.18-19.
  2. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典、日本大百科全書(ニッポニカ)、コトバンク
  3. ^ W杯視聴者300億人突破 2002年を軽く超える(2006.6、オリンピックプラス、情報源ロイター共同)
  4. ^ 世界で最もファンが多いスポーツトップ10(2010.10、GIGAZINE、元情報源10 Most Watched Sports In The World(同月、Top10List))
  5. ^ ウィズダム英和辞典. 三省堂 
  6. ^ a b c 日本大百科全書. 小学館 
  7. ^ What's The Origin of the Word "Soccer"?”. Lexico Dictionaries | English. 2021年5月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月22日閲覧。
  8. ^ Origin and meaning of soccer”. Online Etymology Dictionary. 2018年10月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月29日閲覧。
  9. ^ a b c d e f Clarke, Donald (2021年7月3日). “There is no easier way to annoy a British soccer fan than referring to soccer as 'soccer'” (英語). The Irish Times. オリジナルの2022年11月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20221130021358/https://www.irishtimes.com/culture/there-is-no-easier-way-to-annoy-a-british-soccer-fan-than-referring-to-soccer-as-soccer-1.4608849 2022年11月30日閲覧。 
  10. ^ JFA公式HPサッカーQ&A - サッカー全般 (3)サッカーの語源は?
  11. ^ 日本はなぜサッカーと呼ぶ? 世界はフットボールが主流 - 2018ワールドカップ - 朝日新聞
  12. ^ Sir Matt Busby 、 Soccer at the Top: My Life in Football , Sphere 1974
  13. ^ IFAB. “Procedures to determine the winner of a match or home-and-away” (PDF). Laws of the Game 2010/2011. FIFA. pp. 51–52. http://www.fifa.com/mm/document/affederation/generic/81/42/36/lawsofthegame_2010_11_e.pdf 2011年3月4日閲覧。 
  14. ^ How to head a football )”. 2010年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月3日閲覧。
  15. ^ Laws of the game (Law 12)”. FIFA. 2007年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月24日閲覧。
  16. ^ IFAB. “Law 11 – Offside” (PDF). Laws of the Game 2010/2011. FIFA. p. 31. http://www.fifa.com/mm/document/affederation/generic/81/42/36/lawsofthegame_2010_11_e.pdf 2011年3月4日閲覧。 
  17. ^ Laws of the game (Law 8)”. FIFA. 2007年9月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月24日閲覧。
  18. ^ “England Premiership (2005/2006)”. Sportpress.com. http://www.sportpress.com/stats/en/738_england_premiership_2005_2006/11_league_summary.html 2007年6月5日閲覧。  [リンク切れ]
  19. ^ Laws of the game (Law 3–Number of Players)”. FIFA. 2007年9月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月24日閲覧。
  20. ^ “Positions guide, Who is in a team?”. BBC Sport (BBC). (2005年9月1日). オリジナルの2007年10月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071021101352/http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/rules_and_equipment/4196830.stm 2007年9月24日閲覧。 
  21. ^ “Formations”. BBC Sport (BBC). (2005年9月1日). オリジナルの2007年10月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071017060153/http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/rules_and_equipment/4197420.stm 2007年9月24日閲覧。 
  22. ^ 3. サッカーの起源と伝播 - スポーツの歴史を知る スポーツとは - スポーツ 歴史の検証 - 特集”. 笹川スポーツ財団 (2017年2月10日). 2021年9月13日閲覧。
  23. ^ サッカーの起源をたどると「生けにえ」ありの危険な古代球技にナショナルジオグラフィック、2022.11.22
  24. ^ a b c d e f デイヴィッド・ゴールドブラッド著・野間けいこ訳『2002ワールドカップ32カ国・データブック』株式会社ネコパブリッシング ネコウェブ
  25. ^ a b ORIGINS: PRE-HISTORIES OF FOOTBALL”. FIFA Museum. 2023年10月14日閲覧。
  26. ^ a b 約5000年前の蹴鞠の岩壁画が発見 内モンゴル人民網日本語版 2014年07月08日14:14
  27. ^ “FIFAが「サッカーの発祥地は中国」と認定”. 人民網. (2014年6月11日). http://j.people.com.cn/n/2014/0611/c206603-8739942.html 2018年1月3日閲覧。 
  28. ^ “熱点話題:(20)サッカーの起源は中国”. 毎日新聞. (2014年6月11日). https://mainichi.jp/articles/20140611/mog/00m/030/013000c 2018年1月3日閲覧。 [リンク切れ]
  29. ^ 日本書紀24巻、皇極天皇三年(644)正月条、「打毱(まりうち・ちゃうきゅう)の侶に預りて、皮鞋の毱の隨に脱け落つる」,神社と深くつながる「蹴鞠」國學院大学2018年2月16日
  30. ^ セパタクローとは?ルールや発祥国は?分かりやすく徹底解説!
  31. ^ Aditya Widya Putri (2018年9月1日). “Sepak Takraw yang Diperebutkan Indonesia, Malaysia, dan Thailand” (インドネシア語). https://tirto.id/sepak-takraw-yang-diperebutkan-indonesia-malaysia-dan-thailand-cVLn 2021年1月26日閲覧。 
  32. ^ “Sepaktakraw Berasal Dari Negara Mana?” (インドネシア語). (2006年12月5日). https://m.antaranews.com/berita/47933/sepaktakraw-berasal-dari-negara-mana 2021年1月26日閲覧。 
  33. ^ a b JFA研修「温故知新」。サッカーとルールの起源を辿る”. 日本サッカー協会 (2013年9月19日). 2014年8月28日閲覧。
  34. ^ 山本 浩『フットボールの文化史』筑摩書房、1998年、73=74、76–77頁。ISBN 978-4480057532 
  35. ^ アルフレッド・ヴァール/著 大住良之/監修 遠藤ゆかり/訳『サッカーの歴史』創元社、2002年、20–21頁。ISBN 978-4-422-21161-9 
  36. ^ 山本 浩『フットボールの文化史』筑摩書房、1998年、133–134頁。ISBN 978-4480057532 
  37. ^ “The Football Association”. Bell's Life in London: p. 6. (1863年11月28日). https://commons.wikimedia.org/wiki/File:The_Football_Association_(Bells_Life_in_London)_1863-11-28.png. "The President pointed out that the vote just passed to all intents and purposes annulled the business of the evening, whereupon Mr. Alcock said it was too late to proceed further, and moved that the meeting do adjourn till Tuesday next, Dec. 1, and it was so resolved." 
  38. ^ Harvey (2005), pp. 144-145
  39. ^ a b “The Football Association”. Supplement to Bell's Life in London: p. 1. (1863年12月5日). https://commons.wikimedia.org/wiki/File:The_Football_Association_(Bell%27s_Life_in_London),_1863-12-05.png 
  40. ^ “The Football Association”. Supplement to Bell's Life in London: p. 1. (1863年12月5日). https://commons.wikimedia.org/wiki/File:The_Football_Association_(Bell%27s_Life_in_London),_1863-12-05.png. "Mr Campbell: [...] When the last meeting was held for the express purpose [...] of settling the proposed laws, they ought to have gone on with the rules as proposed by the association, and not taken the course they did as to the Cambridge rules, but the resolution and amendments had been proposed and passed in the way they had been without being properly put to the meeting, because it was found that the "hacking" party were too strong" 
  41. ^ F・P・マグーンJr『フットボールの社会史』岩波書店、1985年。ISBN 978-4004203124 
  42. ^ オリンピック物語第五部 アマとプロ〈4〉読売新聞-2004年1月24日付[リンク切れ]
  43. ^ 発育発達から見たゴールデンエイジの概念
  44. ^ 66th FIFA Congress, Mexico City 2016-FIFA公式HP2016年5月13日
  45. ^ a b FIFA Big Count 2006: 270 million people active in football-FIFA公式HP2007年5月31日国際サッカー連盟(FIFA)
  46. ^ Big Count 2006 Statistical Summary Report by Association-FIFA公式HP2007年7月3日
  47. ^ 「なんてチャンスが少ない大会なんだ」過去に苦い経験をした本田圭佑が“4v4U10”を創設した理由「最悪、親が関与しすぎて敗戦になるルールも」 | サッカーダイジェストWeb”. www.soccerdigestweb.com. 2023年8月3日閲覧。
  48. ^ JDFA概要”. 一般社団法人日本ろう者サッカー協会. 2017年2月13日閲覧。
  49. ^ JFAサッカー競技規則
  50. ^ a b 国際サッカー評議会(IFAB)の役割・組織・会議とルール改正手続き・歴史等
  51. ^ 競技規則の解釈と審判員のためのガイドラインP132-P136 国際サッカー評議会の規約-1993年2月承認
  52. ^ a b サッカー競技規則等-日本サッカー協会公式HP
  53. ^ CLとELで来季から延長戦「4人目」交代枠導入へ、UEFAがルール改正”. フランス通信社 (2018年3月28日). 2019年6月2日閲覧。
  54. ^ 参考:Microsoft PowerPoint - 11. Law 11 Offside.ppt (PDF)FIFA公式サイト (オフサイドの解説スライド)、2010年9月11日参照



サッカー(国内試合)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 06:03 UTC 版)

栗田晴行」の記事における「サッカー(国内試合)」の解説

2000年代前半には、Jリーグ節目試合担当する機会多かった

※この「サッカー(国内試合)」の解説は、「栗田晴行」の解説の一部です。
「サッカー(国内試合)」を含む「栗田晴行」の記事については、「栗田晴行」の概要を参照ください。


サッカー(国際試合)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 06:03 UTC 版)

栗田晴行」の記事における「サッカー(国際試合)」の解説

山本浩(現法政大学教授)元アナ解説委員専念により実況一線を退いてからは、野地俊二アナとともにサッカー日本代表戦をはじめとする海外での主要試合実況担当増えた

※この「サッカー(国際試合)」の解説は、「栗田晴行」の解説の一部です。
「サッカー(国際試合)」を含む「栗田晴行」の記事については、「栗田晴行」の概要を参照ください。


サッカー (FW)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/28 21:46 UTC 版)

ファンクショナル・トレーニング」の記事における「サッカー (FW)」の解説

ゴールを奪う役目であるFWフォワード)を育成するトレーニング方法の例 シュートドリブルヘディング走力スピードプレスキックイメージなどの個人トレーニングボール保持しシュートに入るためのGKDFとの駆け引き、ボールホルダーのDFへのチェイシングオフ・ザ・ボール時の敵のDFラインとのオフサイドラインポジション取り駆け引きなどの、複数敵役協力してもらい行うもの。 キック力、ジャンプ力走力増強のために必要な部位屋内での筋力トレーニングビデオを観てドリブル時の手の使い方などの指導受けたりFW戦術指導を受ける学習トレーニングFW同士ワンツーなどのパスコンビネーションや、受け手出し手の居るべき位置確認する3ライン別のポジション分かれて行われるトレーニング

※この「サッカー (FW)」の解説は、「ファンクショナル・トレーニング」の解説の一部です。
「サッカー (FW)」を含む「ファンクショナル・トレーニング」の記事については、「ファンクショナル・トレーニング」の概要を参照ください。


サッカー (イベント)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/01 03:11 UTC 版)

POPULOUS (設計事務所)」の記事における「サッカー (イベント)」の解説

(抜粋) 1986フィファ/ユニセフ·ワールド·オールスタ·ーゲーム - ロサンゼルス, カリフォルニア, アメリカ合衆国 1994ワールド·カップ 1994 - アメリカ合衆国 1996メジャーリーグサッカー 初回大会 - サンノゼ, カリフォルニア, アメリカ合衆国 1998ワールド·カップ 1998 - トゥールーズ, フランス 2002ワールド·カップ 2002 - 日本/韓国 典拠管理 GND: 16044042-7 LCCN: no2007130935 ULAN: 500273940 VIAF: 167610896 WorldCat Identities: lccn-no2007130935 .mw-parser-output .asbox{position:relative;overflow:hidden}.mw-parser-output .asbox table{background:transparent}.mw-parser-output .asbox p{margin:0}.mw-parser-output .asbox p+p{margin-top:0.25em}.mw-parser-output .asbox{font-size:90%}.mw-parser-output .asbox-note{font-size:90%}.mw-parser-output .asbox .navbar{position:absolute;top:-0.75em;right:1em;display:none} この項目は、企業関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(ウィキプロジェクト 経済)。

※この「サッカー (イベント)」の解説は、「POPULOUS (設計事務所)」の解説の一部です。
「サッカー (イベント)」を含む「POPULOUS (設計事務所)」の記事については、「POPULOUS (設計事務所)」の概要を参照ください。


サッカー(NHK)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 06:03 UTC 版)

スポーツ中継」の記事における「サッカー(NHK)」の解説

Jリーグ中継のほか、天皇杯(主にBS1、決勝総合テレビ生放送)、皇后杯全日本女子サッカー選手権大会プレミアリーグ生中継している。 またFIFAワールドカップオリンピックなどの国際大会放送される

※この「サッカー(NHK)」の解説は、「スポーツ中継」の解説の一部です。
「サッカー(NHK)」を含む「スポーツ中継」の記事については、「スポーツ中継」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「サッカー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

サッカー

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 10:32 UTC 版)

名詞:スポーツ

サッカー

  1. スポーツ球技一つ。一チーム11人ずつのチーム競技する球体ボールを手を使わず操って敵陣ゴール運び最終的な得点競う競技アソシエーション式フットボールア式蹴球

発音(?)

サ↘ッカー
IPA: /sak.kaː/

語源

翻訳

関連語

名詞:織物

サッカー

  1. 縞がしわ状になっている織物


語源

翻訳

名詞:sucker

サッカー

  1. 吸盤吸盤


語源

翻訳


「サッカー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



サッカーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サッカー」の関連用語

1
70% |||||

サッカーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サッカーのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2024 All rights reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2024 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサッカー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの栗田晴行 (改訂履歴)、ファンクショナル・トレーニング (改訂履歴)、POPULOUS (設計事務所) (改訂履歴)、スポーツ中継 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのサッカー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS