サークルとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > > サークルの意味・解説 

サークル

英語:circle

英語で「円」「円環」「円形のもの」「輪」といった意味で用いられる語。

日本語において「サークル」の語が用いられる場合は「仲間内」「同好会」のような意味で用いられることが比較的多い。ただし英語では大学のサークルのような集まりclubクラブ)と表現する方が一般的である。

ライブハウスなどで催されるロックバンドコンサートライブ)などでは、観客ひしめきながら踊る「モッシュ」が見られることがあるが、観客が連なって円を描くように走り回るモッシュを「サークルモッシュ」といい、略して「サークル」という場合がある。

サークル【circle】

㋐円。円形のもの。環状のもの。「ストーンサークル

円盤投げ砲丸投げハンマー投げで、選手投げ動作をする範囲を示す輪。

フィギュアスケートで、氷上に描かれた円形図。

関心趣味同じくする人の集まり同好会。「サークル活動」「演劇サークル」


Circles

読み方サークルズ
別名:サークル,Google+CirclesGoogle+サークル

Circlesとは、Google提供するソーシャルネットワーキングサービスSNS)である「Google+プロジェクト」において、友人知人との間で小さグループ作りコミュニケーション情報共有が図れる機能である。

Circlesの特徴として、細かい複数グループ設定できる点を挙げることができる。従来一般的なSNSでは、もっぱら友だちか、そうではないか」という区別のみが存在するのに対して、Circlesでは家族趣味仲間会社同僚といった細かなグループ作り、そのグループの間だけでコミュニケーションをとることができる。これによって、より繊細交流が可能になるとされる

また、CirclesではグラフィカルユーザーインターフェースGUI)を使用して視覚的グループ作成できる点なども大きな特徴となっている。

Circlesは、「Sparks」や「Hangouts(ビデオチャットルーム)」の多人数チャットなど、Google+プロジェクトさまざまな機能において、つながり構成単位として用いられる。


参照リンク
Google+ プロジェクト:現実世界の人間関係をウェブで
Web2.0のほかの用語一覧
SNS:  ウェブカレ  CMS  Cyworld  Circles  ConneQt  DeNA  Friendster

サークル

作者豊田有恒

収載図書くたばれ敬語
出版社角川書店
刊行年月1986.2
シリーズ名角川文庫


サークル

名前 Thirkell

サークル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/21 03:26 UTC 版)

サークル (Circle)




「サークル」の続きの解説一覧



サークルと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サークル」の関連用語

サークルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サークルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリCirclesの記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサークル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS