サークルとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > > サークルの意味・解説 

circle

別表記:サークル

「circle」とは、円・領域・趣味などの団体意味する英語表現である。

「circle」とは・「circle」の意味

「circle」は、英語で「円・円形・円周」を意味する単語である。この語は数学幾何学分野で特に重要な概念であり、円形形状表現する際にも用いられるまた、音楽の分野でも使用される。特に、和声概念においてコード進行表現する際に使用される美術分野においても、円形図形を指す用語として用いられる円形古代ギリシャ古代ローマ建築物彫刻にも頻繁に使われている。さらに「circle」は社会学心理学分野でも使用される思想や活動などの「領域分野」といった意味で使用されることも多い。また、趣味同窓などの団体意味することもある。音楽業界などで、ファン業界関係者同士交流する場所や、そのコミュニティ自体を指すスラングとして用いられる

「circle」は動詞としても使用され、「円を描く」という意味を持つ。具体的には、何かの周り円形回りながら進むという動作を表す。物理的な動作だけでなく、概念的な動作表現にも用いられる。さらに、運動ダンス音楽など分野でも使用されるバレエヒップホップダンスなど、その分野は多岐にわたる状況出来事繰り返されることを表現する場合にも使われる

「circle」の発音・読み方

「circle」という英単語発音は「サークル」となる。この単語は、5つ音素構成されており、最初音素はs音素で、無声歯茎側面摩擦音呼ばれるのである舌先上の歯茎につけ、空気強く出すことで発音される2番目の音素半開母音呼ばる。この音素は、舌の中央部分口の中でやや凹ませ、口を半開きにして発音する3番目の音素r音素で、舌の先上の歯茎当て空気出しながら舌を振るように発音することがポイントである。

4番目の音素、「ク」の部分はk音素で、無声口蓋垂破裂音呼ばれるのである。この音素は、口の奥を閉じた状態で口蓋垂持ち上げて空気押し出すことで発音できる最後に5番目の音素l音素で、有声歯茎側面接近音呼ばれる。この音素は、舌の先上の歯茎当て口半開きにして空気出しながら舌を少しずつ上げて発音する。これらの音素を順につなげると、「サークル」という音になる。

「circle」の語源・由来

「circle」という英単語は、ラテン語の「circulus」から派生したもので、「小円形」や「輪」といった意味を持っていた。ラテン語の「circulus」は、さらにインド・ヨーロッパ語族由来する言葉であり、同じ語根から「cycle」や「circuit」などの単語派生している。この語源からわかるように、「circle」は古代から存在する形態である円形を表す単語であり、その由来古代ギリシャ文明にまで遡ることができる。
円形という意味から派生し、人や物事周囲を囲むものを表す単語として使われるようになった。たとえば「inner circle」は限られた人々グループを指す表現として用いられている。

「circle」を含む英熟語・英語表現

「circle」を含む英熟語英語表現には多くのものがあり、代表的なもの以下のとおりである。

circle of friends」は「友人たちグループ」を表す熟語である。親し友人たち集まってお互いに楽しく過ごす場を表している。友人たち固い絆で結ばれていることを示し、より親密温かい雰囲気表現する場合用いられる

vicious circle」は「悪循環」を表す熟語である。問題解決するために行われた行動が、さらに悪い結果を招くといった状況を示す表現である。

「circle back」は「後で再度連絡する」という意味の熟語である。今すぐに答えることができない場合後で改め連絡することを約束するときに用いられる日常コミュニケーションにおいて重要な表現となっている。

full circle」は「完全な一巡り」という意味である。この表現は、ある物事状況最初の状態に戻るときに用いられるまた、人生物語終わり始まり繰り返し表現することもある。目的目標達成され全体完結する状況表し物語の結末成就を示す表現である。

「circle」に関連する用語の解説

「circle」に関連する用語様々なものがあり、多岐分野またがっている。

「circle geometry」は「円周幾何学」と呼ばれ、円や円に関する図形研究を行う数学分野である。円や弧、円錐や球などの幾何学的形状についてさまざまな性質研究する

circle of life」は「生命の輪」という意味で、生まれ成長繁殖老化・死など、すべての生命現象繰り返される様子表現した言葉である。この言葉人間動物など自然界あらゆる生命現象包括的に表現し生と死繰り返し表現するのである

「circle time」(サークルタイム)とは、子どもたち集まって一緒に過ごす時間のことである。主に幼児教育場面で用いられる。この時間は、子どもたちお互いにコミュニケーションとったり、歌を歌ったり話を聞いたりするなど、社会性言語能力育むために重要な時間である。

「circle track」(サークルトラック)とは、 自動車競技一つで、周回競技を行う競技場のことを指す。トラック円形になっており、参加車両が何周も周回することで競技が行われる。主にNASCARインディカーなどの競技使用されるトラックである。

「circle」の使い方・例文

「circle」という単語は、以下の例文のような使い方ができる。

She drew a perfect circle on the paper.(彼女は紙に完璧な円を描いた。)この文では、「circle」は円を表している。
The children sat in a circle and sang a song together.子どもたち円形座って一緒に歌を歌った。)この文では、「circle」は円形配置表している。
The earth rotates in a circular motion around the sun.地球太陽周り円運動する。)ここでは円運動表している。
The protesters circled the building.(抗議者たちはその建物囲んだ。)この文では、「circle」が動詞として「取り囲む」という意味で用いられている。
The plane circled the airport before landing.」(飛行機着陸前に空港周回した。)この場合は、「circle」が動詞として「~を回り続ける」という意味で使用されている。

サークル

英語:circle

英語で「円」「円環」「円形のもの」「輪」といった意味で用いられる語。

日本語において「サークル」の語が用いられる場合は「仲間内」「同好会のような意味で用いられることが比較的多い。ただし英語では大学のサークルのような集まりclubクラブ)と表現する方が一般的である。

ライブハウスなどで催されるロックバンドコンサートライブ)などでは、観客ひしめきながら踊る「モッシュ」が見られることがあるが、観客連なって円を描くように走り回るモッシュを「サークルモッシュ」といい、略して「サークル」という場合がある。

サークル【circle】

読み方:さーくる

㋐円。円形のもの。環状のもの。「ストーン—」

円盤投げ砲丸投げハンマー投げで、選手投げ動作をする範囲を示す輪。

フィギュアスケートで、氷上描かれ円形図。

関心趣味同じくする人の集まり同好会。「—活動」「演劇—」


Circles

Webサービスのほかの用語一覧
Google:  Cloud Print  Chromoting  Cosmic Panda  Circles  Chromeリモートデスクトップ  Chromeアプリ  Gmail

サークル

作者豊田有恒

収載図書くたばれ敬語
出版社角川書店
刊行年月1986.2
シリーズ名角川文庫


サークル

名前 Thirkell

サークル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/05 04:32 UTC 版)

サークルCircle)、複数形サークルズCircles




「サークル」の続きの解説一覧

サークル(コーナー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/16 06:02 UTC 版)

集英学園大学 マン研」の記事における「サークル(コーナー)」の解説

キュンゼリフ選手権 集英社漫画の中から言ってもらいたいセリフ募集パーソナリティー名指しも可能。 声優コレクション(声コレ女性限定企画条件は声だけで世の人メロメロにさせる自信がある方。 実現させましょう 漫画コラボレートしたい夢を募集新名、前に出ろ! 新名彩乃一人前成長させるべく、コミックスから色々な修行をさせる。 一ページドラマ 集英社漫画の中から抜粋してパーソナリティー演じたセリフを、何ページセリフかを当てるクイズ正解者にはパーソナリティーサイン入り図書カードプレゼントおマンQ マンガ以外のMANフィーチャーするコーナー間違えると恥ずかしくなるようなクイズ出題する。「Q」は「クー」と読む。新名毎回見事に(?)引っ掛かっている。出題者生天目仁美解答者新名彩乃 新名彩乃に着せたい(仮) パーソナリティー新名彩乃に着せたい服を募集着用したコスプレ衣装リスナープレゼントされるリスナー応募する際に、「洗濯をしてから送るか否か」を選択する新名、前にでないと… 新名彩乃にさらにやる気出してもらうために、毎回新名ポジション喉から手が出るほど欲しいという刺客登場してもらい、対決するコーナーティーンのためのマン研恋愛講座 恋愛臆病なティーンのためにマン研の大きお姉さん小さお姉さん親身になって相談に乗るコーナーセクシーワード対決 生天目新名リスナーから寄せられ単語セクシーに発音して対決するコーナー。 おマン調 MMヘッドライン

※この「サークル(コーナー)」の解説は、「集英学園大学 マン研」の解説の一部です。
「サークル(コーナー)」を含む「集英学園大学 マン研」の記事については、「集英学園大学 マン研」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「サークル」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「サークル」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



サークルと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サークル」の関連用語

サークルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サークルのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2024 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリCirclesの記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサークル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの集英学園大学 マン研 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS