円錐とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 円錐 > 円錐の意味・解説 

えん‐すい〔ヱン‐〕【円×錐】

読み方:えんすい

円の平面外にある一定点か円周上に伸ばした線分円周上を1周してつくる曲面と、もとの円とによって囲まれる立体直円錐斜円錐がある。円錐体

「円錐」に似た言葉

まる‐ぎり【円×錐/丸×錐】

読み方:まるぎり

刃が半円形の錐。丸い穴をあけるのに用いる。通し錐


円錐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/04 05:45 UTC 版)

円錐(えんすい、: cone)とは、を底面として持つきり状にとがった立体のことである。


  1. ^ 「4次元以上の空間が見える」小笠英志 ベレ出版 ISBN 978-4860641184のPP.178-185に、錐の体積=(1/3)×底面積×高さの公式の1/3はどうして1/3になるのかについての小学生も納得できる説明が載っている


「円錐」の続きの解説一覧

円錐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/04 17:26 UTC 版)

エム×ゼロ」の記事における「円錐」の解説

円錐状のM0空間

※この「円錐」の解説は、「エム×ゼロ」の解説の一部です。
「円錐」を含む「エム×ゼロ」の記事については、「エム×ゼロ」の概要を参照ください。


円錐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/16 05:08 UTC 版)

音響共鳴」の記事における「円錐」の解説

開いている円錐管、すなわち両端が開いている円錐台形状をした管は、同じ長さ開いている円筒管のものとおおよそ等し共鳴周波数を持つ。 閉じた円錐管、すなわち一方の端が閉じた完全な円錐または円錐台、の共鳴周波数は以下のより複雑な条件を満たすk L = n π − tan − 1 ⁡ k x {\displaystyle kL=n\pi -\tan ^{-1}kx} ここで、波数kは k = 2 π f / v {\displaystyle k=2\pi f/v} であり、xは円錐台の小端部から頂点までの距離である。xが小さい時、すなわち、円錐がほぼ完全である時、これは k ( L + x ) ≈ n π {\displaystyle k(L+x)\approx n\pi } となり、長さがL + xと等しい開いている円筒共鳴周波数おおよそ等し共鳴周波数導かれる言い換えれば完全な円錐管は同じ長さ開いている円筒管とほぼ同じように振る舞い一次的には、完全な円錐がその円錐の閉じた錐台置き換えられても振る舞い変化しない

※この「円錐」の解説は、「音響共鳴」の解説の一部です。
「円錐」を含む「音響共鳴」の記事については、「音響共鳴」の概要を参照ください。


円錐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/18 16:38 UTC 版)

扇形」の記事における「円錐」の解説

円錐の展開図では側面にあたる部分扇形になる。

※この「円錐」の解説は、「扇形」の解説の一部です。
「円錐」を含む「扇形」の記事については、「扇形」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「円錐」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「円錐」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



円錐と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「円錐」の関連用語

円錐のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



円錐のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの円錐 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのエム×ゼロ (改訂履歴)、音響共鳴 (改訂履歴)、扇形 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの円錐 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS