ワニとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 爬虫類 > ワニ > ワニの意味・解説 

わに【王仁】

読み方:わに

古代百済(くだら)から渡来した学者応神天皇のときに「論語」「千字文(せんじもん)」を伝えたとされ、西文氏(かわちのふみうじ)の祖といわれる生没年未詳


わに【×鰐】

読み方:わに

ワニ目爬虫(はちゅう)類の総称大形のものは全長7メートル達し、胴がやや平たく、尾が強大体表硬い鱗板(りんばん)で覆われ、吻(ふん)は長く伸び大きく鋭い歯が並ぶ。瞳孔縦長水中生活にも適応し鼻孔目・耳だけを水面上に出して獲物待ち伏せる肉食性。アリゲーター・クロコダイル・ガビアルなど。皮を皮革製品用いる。

サメ古名

海の―を欺きて言ひしく」〈記・上〉


ワニ

爬虫類皮革代表的なものワニ革です。現在、世界中に生息しているワニは、3科9属23と言われています。
アリゲーター科は、4属7種、クロコダイル科4属15種、ガビアル科1属1種からなりますが、ガビアル科クロコダイル科含め学者多くます。
その中で生息数等の関係により、皮革として取引が行われているものは、次の種類のワニです。

肚(はら)ワニ

ワニの背の部分割き、腹(肚)部の(腹鱗板)をいかしたタイプの革です。(写真参照


ワニ

作者ロアルド・ダール

収載図書こわいい動物
出版社評論社
刊行年月2006.10
シリーズ名ロアルド・ダールコレクション


読み方:ワニ(wani

ワニ目属す動物総称


読み方:ワニ(wani

ワニ目属す動物総称


読み方:ワニ(wani

サメの別称。
軟骨魚綱板鰓亜綱属する、エイ目を除く魚類総称


ワニ

読み方:わに

  1. 地ノコトヲ云フ。〔第八類 天然之部・福島県
  2. 地。〔第一類 天文事変
  3. 地面。〔福島〕 「庭」の音転

分類 福島福島県


ワニ

読み方:わに

  1. カバンノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・大阪府

分類 大阪府

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:ワニ(wani

作者 森鴎外

初出 明治45年

ジャンル 翻訳小説


読み方:ワニ(wani

作者 石川淳

初出 昭和32年

ジャンル 小説


和仁

読み方:ワニ(wani

所在 熊本県玉名郡和水町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

和邇

読み方:ワニ(wani

所在 滋賀県(JR湖西線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

ワニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/28 14:46 UTC 版)

ワニ、鱷)は、爬虫綱ワニ目(ワニもく、学名: ordo Crocodilia) に属する、肉食性で水中生活に適応した爬虫類総称。扁平な体や顔の上に位置する感覚器官、側方に付き出した四肢、強靭な尾、背中を覆う鱗板骨などが特徴である。


注釈

  1. ^ ユーラシア西部の人間(インド人等)。
  2. ^ 「龍」の字は甲骨文字の時代にはマチカネワニを指していたとの青木良輔の論文「大分県津房川層のワニ化石」(2001年)で示された説。
  3. ^ It is shaped, sir, like itself; and it is as broad as it hath breadth: it is just so high as it is,and moves with its own organs: it lives by that which nourisheth it; and the elements once out of it, it transmigrates.

出典

  1. ^ 土屋健 『ifの地球生命史』技術評論社、2021年2月13日、90-91頁。ISBN 978-4-297-11920-1 
  2. ^ a b c d 小林快次 『ワニと恐竜の共存 巨大ワニと恐竜の世界』北海道大学出版会、2013年7月25日、28-49頁。ISBN 978-4-8329-1398-1 
  3. ^ 土屋健 『水際の興亡史』技術評論社、2021年7月15日、145頁。ISBN 978-4-297-12232-4 
  4. ^ 「See a python swallow an Australian freshwater crocodile whole」https://www.australiangeographic.com.au/topics/wildlife/2020/07/see-a-python-swallow-an-australian-freshwater-crocodile-whole/
  5. ^ An experimental and morphometric test of the relationship between vertebral morphology and joint stiffness in Nile crocodiles (Crocodylus niloticus)(Julia L Molnar:2014)
  6. ^ Crocs’ better parenting skills could make them more resilient to climate change https://www.bath.ac.uk/announcements/crocs-better-parenting-skills-could-make-them-more-resilient-to-climate-change/
  7. ^ Crocodilians use tools for hunting (V. Dinets:2013)
  8. ^ 西村真次 (1927). 神話学概論. 早稲田大学出版部. p. 446. OCLC 996847706. https://books.google.co.jp/books?id=EimfR4dcvWsC&pg=PA446#v=onepage&q&f=false 
  9. ^ 日本語千夜一話
  10. ^ 百鬼夜行絵巻では鰐口にワニの胴体が描かれている。[1]
  11. ^ 源頼家公鎌倉小壺ノ海遊覧 朝夷義秀雌雄鰐を捕ふ圖”. 東京富士美術館. 2022年8月20日閲覧。
  12. ^ https://etymology.en-academic.com/11237/crocodile
  13. ^ 人食いワニ出没付近で遊泳 「世紀の大ばか者」と非難殺到 豪 AFP(2017年10月24日配信)2022年2月24日閲覧
  14. ^ 日本初の食用ワニ養殖場へ潜入!”. ピエール瀧のしょんないTV. 静岡朝日テレビ (2011年6月21日). 2017年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月26日閲覧。
  15. ^ 食べる”. EXPO 2005 AICHI,JAPAN. Global Industrial and Social Progress Research Institute. 2019年5月3日閲覧。
  16. ^ タイでワニ肉需要急増 豚肉高騰で「必需品」代替『日経産業新聞』2022年2月7日グローバル面
  17. ^ Merchant ME, Pallansch M, Paulman RL, Wells JB, Nalca A, Ptak R (2005). “Antiviral activity of serum from the American alligator (Alligator mississippiensis)”. Antiviral Res 66 (1): 35-8.  PMID 15781130
  18. ^ Merchant ME, Roche CM, Thibodeaux D, Elsey RM (2005). “Identification of alternative pathway serum complement activity in the blood of the American alligator (Alligator mississippiensis)”. Comp Biochem Physiol B Biochem Mol Biol 141 (3): 281-8.  PMID 15921941
  19. ^ Alligator blood may put the bite on antibiotic-resistant infections”. Phys.org. 2019年5月3日閲覧。


「ワニ」の続きの解説一覧

ワニ(種不明)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/21 14:33 UTC 版)

AL (漫画)」の記事における「ワニ(種不明)」の解説

デイノスクス生き残り、または後継種。魔洞に巨大個体生息する他、大曲水辺には群れ営巣している。非恐竜種であるため言葉発さアルたちとは意思疎通不可能な異種生物表現されている。

※この「ワニ(種不明)」の解説は、「AL (漫画)」の解説の一部です。
「ワニ(種不明)」を含む「AL (漫画)」の記事については、「AL (漫画)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ワニ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ワニ

出典:『Wiktionary』 (2017/08/05 16:29 UTC 版)

名詞

ワニ

  1. 爬虫綱ワニ目属す爬虫類総称であるわに学術表記

「ワニ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ワニと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ワニ」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ワニ」の関連用語

ワニのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ワニのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
全日本爬虫類皮革産業協同組合全日本爬虫類皮革産業協同組合
Copyright 2022 ALL JAPAN ASSOCIATION OF REPTILES SKIN AND LEATHER. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのワニ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのAL (漫画) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのワニ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS