りんばんとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > りんばんの意味・解説 

りん ばん [0] 【輪番】

大勢の人が順番決めてかわるがわる事にあたること。まわりもち。 「役員は-制にする」


輪番

読み方:りんばん

多数の人で順番持ち回り制にすること。または、ある地域区分などについて順番に何かを行ったり、何かを担当したりすること。「輪番制」「輪番停電」などという具合に使われる。

りんばん 【輪番】

仏教で、交代で寺を管理する役制をいう。また、ある期間中交代で番に当たること(輪差とも)。

鱗板(りんばん) scute

表皮被うの中で、カメの甲や頭部にあるような比較大きなものを指す。 


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「りんばん」の関連用語

りんばんのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



りんばんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2019 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日本ウミガメ協議会日本ウミガメ協議会
(C) 特定非営利活動法人日本ウミガメ協議会,2019,Japan

©2019 Weblio RSS