鱗とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > > うろこ > の意味・解説 

りん【×鱗】

接尾助数詞のうろこ、また、の数を数えるのに用いる。「一鱗」


りん【×鱗】

人名用漢字] [音]リン(呉)(漢) [訓]うろこ こけら

のうろこ。「鱗介鱗族魚鱗銀鱗逆鱗(げきりん)・細鱗片鱗

うろこ状のもの。「鱗雲鱗粉鱗毛


いろこ【×鱗】

《「うろこ」の古形

うろこ。いろくず

高麗あげばり十一間を―のごとくうちたり」〈宇津保・吹上下〉

頭のふけ。〈和名抄


こけら【×鱗】

などの、うろこ。こけ。


いろ‐くず〔‐くづ〕【×鱗】

などのうろこ。うろくず。〈和名抄

など、うろこのある生き物うろくず

宇治川の底に沈める―を網ならねどもすくひつるかな」〈栄花御裳着


うろこ【×鱗】

《「いろこ」の音変化

動物の体を覆って保護する硬い薄片魚類では真皮から形成されたもの、爬虫(はちゅう)類・鳥類哺乳類一部では表皮角質化したもの。こけら。

鱗形(うろこがた)」の略。

三角形したもの明朝体の「三」の各横画にみられる三角形など。

鱗の画像
魚類の鱗

うろ‐くず〔‐くづ〕【×鱗】

などのうろこ。いろくず

「そのは―あり」〈体源鈔

いろくず

山野(けだもの)、江河の―に至るまで」〈盛衰記・四〇〉


こけ【×鱗】

「こけら(鱗)」に同じ。


読み方:ウロコ(uroko)

(1)のうろこ。
(2)
(3)ふけ。


読み方:コケkoke

うろこ。


作者瀬戸内寂聴

収載図書
出版社新潮社
刊行年月2000.1

収載図書瀬戸内寂聴全集15みみらく風のない日々・髪 他
出版社新潮社
刊行年月2002.4

収載図書
出版社新潮社
刊行年月2002.8
シリーズ名新潮文庫


鱗(うろこ) scale

体表被う多少とも固い薄片を指す語。脊椎動物皮膚表皮真皮からなり魚類の鱗は真皮から分化するが、爬虫類の鱗は表皮部分角質化して鱗状になったものである。この角質化脊椎動物陸上生活に移行するのに伴った変化で、体内水分蒸発防止や、身を守る意義がある。カメの甲や頭部にある大きな鱗を、便宜上鱗板と呼ぶこともある。

読み方
うろこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/07 20:37 UTC 版)

(うろこ、ギリシア語: λεπις (lepis)ラテン語: squama)は、動物の体表を覆う硬質の小片状の組織である。


  1. ^ 高澤等著『家紋の事典』東京堂出版 2008年


「鱗」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2020/01/01 10:50 UTC 版)

発音

熟語

成句



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



鱗と同じ種類の言葉


品詞の分類

接尾語    鱗    

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鱗」の関連用語

鱗のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鱗のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本ウミガメ協議会日本ウミガメ協議会
(C) 特定非営利活動法人日本ウミガメ協議会,2020,Japan
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鱗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2020 Weblio RSS