スケッチとは? わかりやすく解説

スケッチ【sketch】

読み方:すけっち

[名](スル)

風景事物などを大まかに写しとること。また、その絵。写生素描。「野の花を―する」

情景印象などを短い文章で書きとめること。また、その作品小品文

音楽で、曲の構想主題大まかに素描したものまた、描写的な小品のこと。


スケッチ

制作前にどのような作品にするかをイメージするために描く下描きのような作業や、軽く筆を走らせるような描画を指す。多くの場合ポイントになる事柄選んだ描画によるメモ、といったニュアンス含んでいる。以前は、あくまで作品制作のための準備作業のひとつだとか、それにかける時間比較的短いなどの理由で、あまり重要視されなかったこともあるが、最近は作者関心事制作意図などを強く反映しているものとして、重視する見方増えてきている。場合によっては美大入試課題のひとつとして出題組み込み提出させるということもある。

サマズイユ:スケッチ

英語表記/番号出版情報
サマズイユ:スケッチEsquisses作曲年1944年  出版年1945年  初版出版地/出版社Durand 

作品概要

楽章・曲名 演奏時間 譜例
1 献呈 Dedicace2分00 No Image
2  Luciole1分00 No Image
3 セレナード左手のための) Serenade (pour la main gauche seule)4分00 No Image
4 思い出右手のための) Souvenir (pour la main droite seule)3分30秒 No Image

ラーション:スケッチ

英語表記/番号出版情報
ラーション:スケッチCroquiser Op.38

作品概要

楽章・曲名 演奏時間 譜例
1 カプリッチョーソ Capriccioso1分00 No Image
2 グラツィオーソ Grazioso1分00 No Image
3 センプリチェ Semplice2分00 No Image
4 スケルツァンド Scherzando2分00 No Image
5 エスプレッシーヴォ Espressivo3分30秒 No Image
6 リトミコ Ritmico1分30秒 No Image

スケッチ


スケッチ

作者井上荒野

収載図書不恰好な朝の馬
出版社講談社
刊行年月2006.10


スケッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/01 03:25 UTC 版)

スケッチ(sketch)は、人物や風景などを大まかに描写すること。写生(しゃせい)、粗描素描(そびょう)、ドローイングとも言う。また、画稿ともいい、肉筆画の一種である。


  1. ^ プロダクトデザインのためのスケッチワーク 著者: 増成 和敏[1]
  2. ^ アイデアスケッチの教科書 著者: Artist HAL_[2]
  3. ^ a b Richard BolandとFred Collopy『設計としての管理』スタンフォード大学出版、2004年。ISBN 0-8047-4674-5、p.69
  4. ^ Richard BolandとFred Collopy(2004)。 設計として管理する p.69
  5. ^ https://www.theguardian.com/artanddesign/2009/mar/08/architecture-exhibition%7CLe彼のCabanonのためのCorbusierのスケッチデザイン
  6. ^ Rendow Yee(2002)。 建築図面タイプと方法の視覚的概要第2版2002年、ワイリー。
  7. ^ Ellen Yi-Luen Do†&Mark D. Gross(2001)。 「建築デザインの図を使って考える」 。で: 人工知能レビュー 15:135–149、2001。
  8. ^ Andreas C. Papadakis(1988)。 建築における解体建築と都市主義 p.65


「スケッチ」の続きの解説一覧

スケッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/10 23:44 UTC 版)

マビノギのスキル」の記事における「スケッチ」の解説

画用紙動物遺跡などスケッチし、その対象物の絵を入手する手に入れた絵は多くの場合クエスト進行使われる

※この「スケッチ」の解説は、「マビノギのスキル」の解説の一部です。
「スケッチ」を含む「マビノギのスキル」の記事については、「マビノギのスキル」の概要を参照ください。


スケッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/30 14:33 UTC 版)

GALZOOアイランド」の記事における「スケッチ」の解説

ベレー帽被りサイハイソックス身に付け巨大な鉛筆スケッチブック落書き生み出せる女の子モンスター落書き名付け方含めてことあるごとに奇抜な言動をとり、含みのある危な言動をしてはレオ悩ませる作中では裸のレオエリナモデルに「フルチンチ・レオヌード1世」と「オマンコマ・エリヌード1世」という巨大落書き生み出した

※この「スケッチ」の解説は、「GALZOOアイランド」の解説の一部です。
「スケッチ」を含む「GALZOOアイランド」の記事については、「GALZOOアイランド」の概要を参照ください。


スケッチ(2〜5人用、キャラクター:オービュロン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/19 01:02 UTC 版)

ゲーム&ワリオ」の記事における「スケッチ(2〜5人用キャラクターオービュロン)」の解説

一人お題の絵をGamePadタッチスクリーン描いてテレビ画面表示された絵を見て他のプレイヤー回答する

※この「スケッチ(2〜5人用、キャラクター:オービュロン)」の解説は、「ゲーム&ワリオ」の解説の一部です。
「スケッチ(2〜5人用、キャラクター:オービュロン)」を含む「ゲーム&ワリオ」の記事については、「ゲーム&ワリオ」の概要を参照ください。


スケッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 15:15 UTC 版)

甲州日記」の記事における「スケッチ」の解説

太鼓岩 「太鼓岩」から「御嶽大門」までは、甲斐信濃国境の霊峰金峰山に至る御嶽道の名所描いている。広重十本以上のルートがある御嶽道のうち、甲府から吉沢甲斐市吉沢)を経て金櫻神社甲府市御岳町)へ至る「外道下道)」を歩いている。外道幕末期御嶽新道開通するまで主要な登拝路であり、街道沿いの渓谷御岳昇仙峡として知られる。 「太鼓岩」は外道入口付近に所在していたと考えられているが、正確な所在地不明将軍徳川家斉御典医渋江長谷『官遊紀勝(江君紀行)』(文化13年1816年))では「太鼓岩」は外道ノ原・刀抜石を越えた所に存在していたとしており広重渋江両者同一の所を指しているのか、もしくは広重のスケッチの順序前後するのか問題点指摘される甲州御嶽外道ノ原 見開きで「外道ノ原」が描かれゆるやかに登る参道右手枕石、左頁には遠望する岩山に刀抜石(太刀抜石)が描かれる。なお、『官遊紀勝』にも「外道が原」が描かれている。 外道ノ原 其二 鞍掛岩 象ヶ鼻 御嶽大門 身延道中 鰍沢不二川之図 洗濯石 屏風岩 釜無川 早川 夢山 座頭ころばし 犬目峠(座頭ころばし高尾山本社 大善寺 酒折宮 善光寺

※この「スケッチ」の解説は、「甲州日記」の解説の一部です。
「スケッチ」を含む「甲州日記」の記事については、「甲州日記」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「スケッチ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「スケッチ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スケッチ」の関連用語

スケッチのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スケッチのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
横浜美術学院横浜美術学院
Copyright © 2022 横浜美術学院 AllRights Reserved.
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2022 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスケッチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマビノギのスキル (改訂履歴)、GALZOOアイランド (改訂履歴)、ゲーム&ワリオ (改訂履歴)、甲州日記 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS