誤解とは? わかりやすく解説

ご‐かい【誤解】

読み方:ごかい

[名](スル)ある事実について、まちがった理解解釈をすること。相手言葉などの意味取り違えること。思い違い。「—を招く」「—を解く」「人から—されるような行動」

[補説] 作品名別項。→誤解


ごかい【誤解】

読み方:ごかい

原題、(フランス)Le Malentenduカミュ戯曲3幕1944年パリマチュラン座で初演


誤解

作者森瑤子

収載図書彼と彼女
出版社角川書店
刊行年月1987.6
シリーズ名角川文庫

収載図書シナという名の女
出版社集英社
刊行年月1994.6

収載図書シナという名の女
出版社集英社
刊行年月1996.6
シリーズ名集英社文庫


誤解

作者武田麟太郎

収載図書武田麟太郎全集 第3巻
出版社日本図書センター
刊行年月2003.1


誤解

作者牛島信

収載図書逆転 リベンジ企業法小説集
出版社産経新聞ニュースサービス
刊行年月2004.2

収載図書逆転 リベンジ
出版社幻冬舎
刊行年月2007.6
シリーズ名幻冬舎文庫


誤解

作者金堀常美

収載図書モカコーヒーを、ブラック
出版社新風舎
刊行年月2004.5
シリーズ名新風舎文庫

収載図書真夜中ココア
出版社新風舎
刊行年月2005.2
シリーズ名新風舎文庫


誤解

作者橋本周二

収載図書キクロプスの瞳―幻想寸劇
出版社文芸社
刊行年月2004.9


誤解

作者安居咲花

収載図書お江戸或る日
出版社文芸社
刊行年月2005.2


誤解

作者山野さくら

収載図書天網恢恢
出版社新風舎
刊行年月2005.6


誤解

作者川上弘美

収載図書ハヅキさんのこと
出版社講談社
刊行年月2006.9


誤解

作者大倉崇裕

収載図書生還山岳捜査官釜谷亮二
出版社山と溪谷社
刊行年月2008.9


誤解

作者高井信

収載図書夢中の人生
出版社講談社
刊行年月1988.3


誤解

作者小池真理子

収載図書コロンブス贈り物
出版社ダイヤモンド社
刊行年月1991.2


誤解

作者中村真一郎

収載図書中村真一郎小説集第12巻
出版社新潮社
刊行年月1993.2


誤解

作者吉田知子

収載図書竹の秋
出版社読売新聞社
刊行年月1997.7


誤解


誤解

作者折原一

収載図書耳すます部屋
出版社講談社
刊行年月2000.2

収載図書耳すます部屋
出版社講談社
刊行年月2003.2
シリーズ名講談社文庫


誤解

作者神庭

収載図書長い手紙
出版社書院
刊行年月2002.9


誤解

作者尾関忠雄

収載図書尾関忠雄文学全集 第6巻
出版社風媒社
刊行年月2002.11


誤解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/12 02:20 UTC 版)

誤解(ごかい)




「誤解」の続きの解説一覧

誤解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 04:37 UTC 版)

サービス」の記事における「誤解」の解説

日本においては、「サービス」という語を「奉仕」、「無料」、「値引き」、「おまけ」というような意味で用いていることも多く誤解を招く要因となっている。 かつては生産技術生産管理商品品質管理レベル低く不良品発生率高かったこのためメーカー販売店不良品新品交換する修理交換部品無料にする、修理代金を無料にするといった活動や、販売後のケア無償とせざるを得なかった。また、人件費低かったこともあり商品の販売による売り上げさえ確保できればこういった修理販売ケア無料にしてもコスト面で折り合い付いたその後販売競争激しくなっても、販売価格据え置きサービス無料という形態続いた。むしろ、サービス無料という点は、販促のための方策でもあった。製造業流通業立場からでも「顧客値引き求めている」という解釈行い顧客実際に求めているか否か関わりなく各種サービス無料にすることが行われていた。営業職側も、営業調査マーケティング調査怠り安易な値引き路線やおまけ付与という営業活動慣習化されていた。 100円均一回転寿司100円ショップ1000円均一の理髪店などが優れたビジネスモデルとして顧客人気を獲得している一方技量優れた職人が握る寿司屋丁寧に対応する理髪店美容院もまた同様に支持されていることから顧客サービスの差を理解しているとも判断されている。

※この「誤解」の解説は、「サービス」の解説の一部です。
「誤解」を含む「サービス」の記事については、「サービス」の概要を参照ください。


誤解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/02 21:46 UTC 版)

報・連・相」の記事における「誤解」の解説

上司状況判断必要な部下からの自発的な情報伝達」を習慣的に行わせるためのしつけとして捉えられているが、そもそも提唱者山崎著書では、管理職が「イヤな情報喜ばしくないデータ」を遠ざけず問題点積極的に改善していくことで、生え抜きでない社員末端社員であっても容易に報告・連絡・相談が行える風通しの良い職場環境をつくるための手段として報連相勧めているのであって部下努力目標ではない。

※この「誤解」の解説は、「報・連・相」の解説の一部です。
「誤解」を含む「報・連・相」の記事については、「報・連・相」の概要を参照ください。


誤解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/13 07:12 UTC 版)

復氷」の記事における「誤解」の解説

アイススケートは、復氷の例として挙げられる。しかし、必要な圧力スケーター体重よりもはるかに大きい。さらに、復氷氷点下温度アイススケートする方法説明していない。 雪玉圧縮作成は、古いテキストからの1つの例である。この場合必要な圧力手で加えることができる圧力よりはるかに大きい。

※この「誤解」の解説は、「復氷」の解説の一部です。
「誤解」を含む「復氷」の記事については、「復氷」の概要を参照ください。


誤解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/26 19:43 UTC 版)

アルデンテ」の記事における「誤解」の解説

パスタ一般的にゆで上げた後、うどんやそばのように締めないため、その後余熱まで火が通っていく。そのためパスタは、ゆで上げた時にアルデンテの状態が良いフライパンソース絡めたあとや、皿に盛られ口にする瞬間ではない。 一般的にはクリームソース系の場合や、日本のイタリアンの場合には、アルデンテよりもよくゆで上げたベンコッティの方好まれるアルデンテは、歯ごたえが残る程度にゆでた状態に対してコシグルテン形成する小麦蛋白グルテニン作用よるものなので別物である。ちなみにイタリア語には(欧米語のほとんどには)「コシという意味言葉はない。

※この「誤解」の解説は、「アルデンテ」の解説の一部です。
「誤解」を含む「アルデンテ」の記事については、「アルデンテ」の概要を参照ください。


誤解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/21 09:29 UTC 版)

サウィン祭」の記事における「誤解」の解説

サウィン悪魔サタン相当する死者の王」のための祝祭だと誤解されたことがあったが、これは土着宗教悪魔なぞらえようとしたカトリック教会によって広められた誤りである。

※この「誤解」の解説は、「サウィン祭」の解説の一部です。
「誤解」を含む「サウィン祭」の記事については、「サウィン祭」の概要を参照ください。


誤解(熊と「死んだふり」)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/22 02:20 UTC 版)

熊と旅人」の記事における「誤解(熊と「死んだふり」)」の解説

イソップ時代には、「熊は生きた人間食べるが死人食べない」と信じられていた。しかし、実際は熊は死肉も食うので、死んだふりをしても襲われるときは襲われる

※この「誤解(熊と「死んだふり」)」の解説は、「熊と旅人」の解説の一部です。
「誤解(熊と「死んだふり」)」を含む「熊と旅人」の記事については、「熊と旅人」の概要を参照ください。


誤解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/22 22:05 UTC 版)

チェーンガン」の記事における「誤解」の解説

様々なマスメディアで、本稿述べているチェーンガン存在構造をよく把握していない記述見られるガトリング砲などとの混同では、映画『プレデター』関係しているという説がある。 20世紀フォックス製作したアクション映画『プレデター』には、ヘリコプター搭載用のM134 ミニガン口径7.62 mmガトリング砲)を携帯式特別改造した撮影プロップ"Painless gun"(無痛ガン)が登場した。この作品では圧倒的派手な銃器威力人気を集めたが、この「派手な携帯火器」は、後に様々な漫画・アニメ・コンピュータゲームなどの娯楽作品にたびたび登場している。 しかし、『プレデター』が日本でテレビ放送される際、翻訳担当者が「ミニガン直訳する小さい銃)」や「ガトリングガン」という、迫力欠けたり小難しい言い回し避け当時アニメかなにかで「チェーンガン」という言葉流行しており、それに影響を受けこの名称を採用した担当者誤訳気付いたのは放送され後であったが、この誤り後の作品などに影響したのか、それら作品内登場する携帯式ガトリング砲チェーンガン呼称されるケースがしばしば見受けられている(ガトリング砲の項も参照)。 中には外部動力で給弾・装填発射・排を行うすべての機関砲が、「チェーン(鎖)のように一連の動作連続して行うためにチェーンガン」だと誤解している「解説」すらあり、これは、その手の娯楽作品内インターネット上に留まらず、一般に流通している印刷媒体にもみられる点で注意が必要である。 なお、プレデターでの誤訳以前にも、『太陽の牙ダグラム』『装甲騎兵ボトムズ』といったアニメ作品で、設定上に同様の混同みられるため、こちらが原因だと考える説もある。また、コンピュータゲーム中で誤用例としては、世界的ヒットとなったFPSゲーム『DOOM』シリーズでは、外見明らかにガトリング砲であるにもかかわらずチェーンガン表示される武器登場している。同作品の誤用との関連性不明ながら、ヒット作あるため、これが後発作品影響与えた可能性挙げられる

※この「誤解」の解説は、「チェーンガン」の解説の一部です。
「誤解」を含む「チェーンガン」の記事については、「チェーンガン」の概要を参照ください。


誤解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/01 07:22 UTC 版)

トマス・ハインズ」の記事における「誤解」の解説

ハインズ行為に関する歴史銘板にたまたま誤った情報記された。この歴史銘板インディアナ州ダービー近郷インディアナ州歴史協会置いたものであり、ハインズ1862年インディアナ州侵入した記してこれを記念するのだったが、事実1863年のことだった。さらにボーリンググリーンフェアビュー墓地にはボーリンググリーン南軍記念碑による銘板があり、ハインズ1876年竣工式に行く前に死んだとされているが、実際には1898年死に数百フィート離れたところに埋葬されている

※この「誤解」の解説は、「トマス・ハインズ」の解説の一部です。
「誤解」を含む「トマス・ハインズ」の記事については、「トマス・ハインズ」の概要を参照ください。


誤解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/12 07:30 UTC 版)

スカラー波」の記事における「誤解」の解説

もし電磁場上に縦波があれば、電磁場発散定義されるスカラー場上のスカラー波となるであろう。これをスカラー電磁波と呼ぶ。しかし、電場発散とは電荷密度であり、磁場発散は常に0であることから、この上の波というものは考えがたい。実際電磁場縦波起こりえないことが、ガウスの法則から導出できる。 また、スカラー波超自然的な力を持っていると語られることがある関連項目 スカラー電磁波

※この「誤解」の解説は、「スカラー波」の解説の一部です。
「誤解」を含む「スカラー波」の記事については、「スカラー波」の概要を参照ください。


誤解


誤解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 05:40 UTC 版)

MBTI」の記事における「誤解」の解説

MBTIと同様タイプ表記用いた性格診断無料で公開しているウェブサイト存在するが、それらはいずれMBTIではない。また、それらの中にはタイプ間の相性診断結果併記しているものが散見されるが、これについてもMBTIとは異なものである。本来MBTIには相性論は存在しない一方MBTI同じくカール・ユング性格類型論に基づいた姉妹理論であるソシオニクスには、ユング8つ心理機能はたらき構造化それによってタイプ間の関係を定義する研究存在する表記理論一部類似性あるため両者混同されることがあるが、実際にはMBTIソシオニクスユング類型論それぞれ異なった解釈によって取り入れ発展してきた理論あるため互換性はない。ソシオニクス関係性理論MBTI(および、MBTIもどき)に持ち込んで相性論として語ること間違いである。

※この「誤解」の解説は、「MBTI」の解説の一部です。
「誤解」を含む「MBTI」の記事については、「MBTI」の概要を参照ください。


誤解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/08 07:20 UTC 版)

ウォップ」の記事における「誤解」の解説

Wopは、しばしば"Without Papers"や"Without Passport"(いずれも不法移民の意)のバクロニムであると流布されるが、それは事実ではない。なぜなら、アメリカ移民審査ビザパスポート提出義務化される1921年までには、Wopは既に十分浸透していたからである。

※この「誤解」の解説は、「ウォップ」の解説の一部です。
「誤解」を含む「ウォップ」の記事については、「ウォップ」の概要を参照ください。


誤解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/22 16:16 UTC 版)

血縁選択説」の記事における「誤解」の解説

血縁選択はしばし誤解される代表的な誤解のうち、これまでに触れていないものを挙げる遠隔地親戚に子どもが生まれたから自分の包括適応度上昇した包括適応度計算含められるのは血縁者繁殖成功ではなく、ある個体行動血縁者繁殖成功与え効果である。したがって、遠隔地にいて全く繁殖成功影響与えられない親戚がいくら子を残そうと、包括適応度影響することはないヒトチンパンジー遺伝子98%以上を共有しているのだから血縁度は0.98以上である。 血縁度遺伝子プールのなかで定義されるものであり、したがって同じ集団属し遺伝子プール共有するとは考えられない別種の間で血縁度計算することはできない。またこの誤解は、血縁度特定の遺伝子共有率でなくゲノム全体共有率としている点でも誤りである。 動物血縁度計算できない従っ血縁選択が働くはずがないドーキンスこのような批判に対して巻き貝対数表を持っていないが美し対数らせんを描くことができる」と反論している。

※この「誤解」の解説は、「血縁選択説」の解説の一部です。
「誤解」を含む「血縁選択説」の記事については、「血縁選択説」の概要を参照ください。


誤解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/20 13:50 UTC 版)

血の日曜日事件 (1920年)」の記事における「誤解」の解説

クローク・パーク事件の責任をオーグジリアリーに負わせる資料が多い。警察による襲撃隊がディーポウ中隊臨時士官候補生部隊により構成され、オーグジリアリーのミルズ少佐率いられていたのは事実であるが、目撃者によると大半発砲一般警官により行われた1996年の映画『マイケル・コリンズ』では装甲車ピッチ侵入し上空発砲している。監督ニール・ジョーダン警官隊がより恐ろしく見えるように映画トーンに合わせて改変したとコメントしている。 2人選手殺されたとされることもある。実際にはホーガンイーガン2人撃たれイーガン病院死亡している。 兵士コイン投げクローク・パーク発砲加わるかサックビル・ストリートでの見張りに着くかを決めたとする者もいるがこれを証明するものはない。

※この「誤解」の解説は、「血の日曜日事件 (1920年)」の解説の一部です。
「誤解」を含む「血の日曜日事件 (1920年)」の記事については、「血の日曜日事件 (1920年)」の概要を参照ください。


誤解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/08 08:47 UTC 版)

言語の壁」の記事における「誤解」の解説

複数言語存在する環境では、複数言語の壁存在するものだと考えられがちである多言語社会には、一般的にリングワ・フランカと、構成員社会に適応するために更に一つ以上の言語を学ぶという伝統があり、理解の壁を完全に取り除くわけではないが、越えられない言語の壁という概念覆す例えば、ロンドンだけで推定300異なる言語が話されているが、大抵どの民族もどうにかイギリス社会溶け込み生産的な構成員となっている。

※この「誤解」の解説は、「言語の壁」の解説の一部です。
「誤解」を含む「言語の壁」の記事については、「言語の壁」の概要を参照ください。


誤解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/13 21:09 UTC 版)

フューチャーポップ」の記事における「誤解」の解説

ネオ渋谷系が国内ではフューチャーポップ呼ばれる事がある直接の関連性はない。日本での初出2003年8月雑誌MARQUEEvol.38における特集Future POP」である。同特集ではBuffalo DaughterCOILなどのインタビューnobleレーベル中心とした企画ページ「noble.とその周辺」でディスクレビューが掲載されており、明確に音楽のジャンル指定するものではなく、『MARQUEE』が「新しい」と感じポップミュージックピックアップするために用いた言葉であること推測される。 『MARQUEE』は次号vol.39でも「23フューチャーポップ23」と冠した特集を組む。ここではアーティスト特徴がある程度はっきりとしており前号から同誌でコラム連載を開始したcapsuleエイプリルズインタビューcapsule中田ヤスタカPlus-Tech Squeeze Boxのハヤシベトモノリの対談掲載されるなど、ネオ渋谷系との近似性が感じられる。また同特集内で『MARQUEE編集長松本昌幸は「基本ラインは、こう。学生運動盛んな1970年前後青春だった世代の子供達が、今の20代前半象徴して23」。」と記しており、音楽性のみならず中田ヤスタカやハヤシベトモノリのような新し時代感じさせる世代」をも規定する言葉としてカタカナの「フューチャーポップ」という言葉使用したことが見て取れるその後も同誌では「フューチャーポップ」の名が冠され特集毎号組まれvol.41ではまたアルファベット表記の「FUTURE POPになっているが)、vol.44からはcapsule連載に加えエイプリルズHazel Nuts ChocolatePlus-Tech Squeeze Box同時にコラム連載を開始し、各アーティスト4分の1ページずつを担当する見開き構成の「フューチャーポップ・コラム」となった4組同時での連載vol.57まで)。これら4組は『MARQUEE』が定義した日本のフューチャーポップ」を代表するアーティストと言える。 またPerfumeをはじめ近年テクノポップとして認知評価されている音楽多くフューチャーポップ近似しており、1980年代前半流行したテクノポップ音楽性とは必ずしも同一ではない。 2018年8月15日には、未来感のあるポップス追究して来たPerfumeが、満を持してFuture Popと言うアルバムをリリースした。

※この「誤解」の解説は、「フューチャーポップ」の解説の一部です。
「誤解」を含む「フューチャーポップ」の記事については、「フューチャーポップ」の概要を参照ください。


誤解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/18 17:11 UTC 版)

ベティ・ペイジ」の記事における「誤解」の解説

ベティ・ブープモデルベティ・ペイジであるという説があるが、ベティ・ブープ1930年代からフィルム登場しているので明らかな間違い逆にベティ・ペイジベティ・ブープをモチーフにした可能性はある。

※この「誤解」の解説は、「ベティ・ペイジ」の解説の一部です。
「誤解」を含む「ベティ・ペイジ」の記事については、「ベティ・ペイジ」の概要を参照ください。


誤解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/03 02:48 UTC 版)

多元的無知」の記事における「誤解」の解説

多元的無知は、 偽の合意効果対照的な働きをする。 多元的無知の観点では、人々内心軽蔑しながらも表向きには他人常識信念支持する対して偽の合意効果の観点では、人々多くの人自身と同じように考えると想定する。そして実際には他人自分と同じように考えることはない。 例えば、多元的無知が、学生アルコール大量摂取をすることに繋がる。他者同様にそうしていると思いこむからである。だが実際には人々アルコール過剰摂取避けたい考えている。ただ自身排斥されることを恐れ、その考え言動出さないのである。そして偽の合意効果では、「人々アルコール過剰摂取楽しんでいないと学生信じているということである。実際のところ人々飲酒楽しんでいて、そのこと隠したりはしないグリーンハウスロス実施した調査では、スタンフォード大学学生簡単な状況調査票使用して偽の合意効果に関する情報収集した社交性協調性信頼度冒険心などの個性考慮して人々が行うべき選択についての考えまとめた調査により、参加者自分の決定説明する際に、「一般的な人々」として説明した内容と「典型的な回答考え方に基づいて選択判断することが分かった。 ある社会集団内で、ある特定の行動をする命令内密に与えられた場合指示従った被験者は、選んだ選択肢が「一般の人々的である傾向があった。対して指示従わなかった被験者は、「一般の人々」とは異な選択をした。 指示への従順さ一般の人々的な行動をとるかの相関性明らかである多元的無知偽の合意効果2つは同じ社会規範前提構築されているように見える。しかし上述べた現象に対してその2つは完全に反対の立場を取る。 偽の合意効果は、結果予測する際に人々は「大衆自分たちの意見同意する」ことを想定し問題について大衆がするのと同じように考えること考慮する。だが多元的無知では、個人がある意見同意しない場合起こりうる。この見方では「自身の考え大衆共有されていない」と誤解し盲目的に行動する

※この「誤解」の解説は、「多元的無知」の解説の一部です。
「誤解」を含む「多元的無知」の記事については、「多元的無知」の概要を参照ください。


誤解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/24 18:11 UTC 版)

双子のパラドックス」の記事における「誤解」の解説

下の相対論関わるパラドックスは、ときに「双子のパラドックス」として誤って紹介される事がある。これらは双子のパラドックスとは別物である。 ロケットに乗っている兄の方が歳を取りにくくなるウラシマ効果)。 兄の乗ったロケット慣性運動等速直線運動)をしているとき、相対性により、弟から見ると兄のほうが歳を取りにくく見え兄のほうから見ると弟のほうが歳を取りにくく見える。 なお、双子のパラドックスは、光速に近い速度動いた兄が、再び弟のところに戻ってきたときに起こ現象の事であるとされるが、これは光速に近い速度でなければ双子のパラドックス起こらないものと誤解されやすい。先に述べたとおり、兄が弟から遠ざかってさえすれば兄の方が弟よりも若くなる。ただし、兄のロケット光速度よりはるかに低速な場合は、時間の遅れ微々たるものになってしまう。ロケット速度光速に近いとしているのは、時間の遅れ増やす事でストーリーとしての面白み加え為に過ぎないまた、加速度を扱うのだから特殊相対性理論では扱えいとするのは誤りである[要出典]。 特殊相対性理論ではx_ctグラフ時空図)で幾何学的に考えれば双曲線同じ年を取るのに必要なグラフ上の位置相当するロケット折り返した後については、合流地点原点みなした上下反転双曲線考えればロケットの方少なマス目しか通過しないことからロケット(兄)の方若くなることは示せる。

※この「誤解」の解説は、「双子のパラドックス」の解説の一部です。
「誤解」を含む「双子のパラドックス」の記事については、「双子のパラドックス」の概要を参照ください。


誤解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/20 03:17 UTC 版)

下瀬火薬」の記事における「誤解」の解説

下瀬火薬砲弾を発射する推進薬としては用いられず、爆薬炸薬)として用いられた。なお当時日本海軍砲弾発射用いたコルダイト硝酸エステル無煙火薬当時イギリスより輸入)は発射時の煙が少なく連射向いていた。ロシア軍発射薬黒色火薬使用していた。もしも下瀬火薬のように爆速大きな火薬発射用いると砲が破裂してしまう。炸薬反対で発射薬爆速の遅いものを用いなければならない。 「下瀬火薬燃焼時に黒煙発生せず日本海軍視界遮られることなく連射可能であった一方ロシア海軍発射黒色火薬用いており、視界遮られ連射ができなかった」との記述多々見られるが、下瀬火薬推進薬用い部分誤りである。ちなみに下瀬火薬ピクリン酸)を穏やかに加熱した場合には黒煙出して緩やかに燃焼する

※この「誤解」の解説は、「下瀬火薬」の解説の一部です。
「誤解」を含む「下瀬火薬」の記事については、「下瀬火薬」の概要を参照ください。


誤解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/06 15:17 UTC 版)

感応寺 (豊島区)」の記事における「誤解」の解説

大谷木醇堂の「燈前一睡夢」では、江戸幕府11代将軍・徳川家斉側室であった専行院お美代の方)が、感応寺建立家斉にねだり、実父であった日啓をその住職にしたと記されているが、日啓感応寺住職になった事実はない。感応寺あくまでも池上本門寺主導として新寺建立進められており、専行院家斉懇願して建立したという俗説否定される。 また専行院の手引きにより、感応寺僧侶たちと大奥女中たち密通繰り返し事件発覚後に寺が廃寺となったという俗説感応寺事件として一般に知られているが、僧侶大奥女中との密通が行われたのは日啓住職務め智泉院であり(智泉院事件)、感応寺ではない。ちょうど智泉院事件関係者処罰され1841年天保12年10月5日同日に、感応寺廃寺決定した為、前記の「燈前一睡夢」によって智泉院事件感応寺破却一件混同され本書を参照した三田村鳶魚によって世間流布されるとなった 密通事件そのもの智泉院醜聞結びつけられた誤解であるが、感応寺徳川将軍家私的な祈祷所として大奥女中たちの贔屓受けたことは確かであり、また1834年天保5年)に感応寺が「中野氏女性お美代)」に対して「御取持」の報恩として、紺紙金泥法華経と日顗上人筆の御本尊進呈しており、専行院将軍家との仲介をしていたことは留意される。

※この「誤解」の解説は、「感応寺 (豊島区)」の解説の一部です。
「誤解」を含む「感応寺 (豊島区)」の記事については、「感応寺 (豊島区)」の概要を参照ください。


誤解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 14:57 UTC 版)

コンピュータウイルス」の記事における「誤解」の解説

本来は特定の働きを持つマルウェア一種を指す「ウイルス」という語であるが、任意のマルウェアや、さらにはプログラムではない誤動作起こさせるデータをも指して使われる誤用が大変多い。 以下、その他の誤解について解説する

※この「誤解」の解説は、「コンピュータウイルス」の解説の一部です。
「誤解」を含む「コンピュータウイルス」の記事については、「コンピュータウイルス」の概要を参照ください。


誤解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/03 02:24 UTC 版)

比内鶏」の記事における「誤解」の解説

かつては比内地鶏のことを食用であるにも拘らず比内鶏』とマスメディア表記されたことが多数あったが、フジテレビ系列番組トリビアの泉』の2003年平成15年12月10日放送分において、『比内鶏食べると逮捕される』というトリビア放送されその影響で『比内鶏』と表記されいたもの全て比内地鶏』と表記されるようになった

※この「誤解」の解説は、「比内鶏」の解説の一部です。
「誤解」を含む「比内鶏」の記事については、「比内鶏」の概要を参照ください。


誤解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 15:45 UTC 版)

防犯環境設計」の記事における「誤解」の解説

こうした理解不足していると、間違った形で導入されることにもなりかねない実際に日本では間違った定義が散見される。具体的に言えば日本では防犯環境設計4手法として、「対象物強化」「接近制御」「自然監視性の確保」「領域性の確保」を挙げることが多いが、海外ではそうした例はない。 例えば、「対象物強化」は、アメリカ生まれマクロ的な防犯環境設計コンセプトではなくイギリス生まれミクロ的な状況的犯罪予防の手法である。また、対象物強化」はハード面限定されているが、ソフト面弱けれ対象物ハード的に強化して防犯効果期待できない自転車カギ取り付けても、カギをかけ忘れれば、盗まれやすいままである。つまり、ハード面特化した対象物強化」では解決できない。 「自然監視性の確保」もハード面のみを取り扱っているため、住民見て見ぬ振りをすること、つまり、地域への無関心といったソフト面問題を、日本式の定義では解決できない言い換えればいわゆる割れ窓理論が、日本式定義には盛り込まれていないのであるこうした不整合生じたのは、学術的な定義よりも政策的配慮優先したからである。なぜなら、警察庁建設省当時)が防犯環境設計採用検討し始めた当時ピッキング対策強化求める強い声を受け、それに応える形で対象物強化」を押し込んだと、当時検討会メンバーが、当時振り返ってそう証言しているからであり、その証言警察庁新たな安全・安心まちづくり研究会議事録確認できる2008年4月7日付の読売新聞によると、2007年の「ピッキング」による窃盗被害は、2000年ピーク時40分のになったという。したがって、防犯環境設計についての日本独自の定義を維持する必要性は低い。通常海外防犯環境設計4手法と呼ばれているのは、「領域性(ソフト面)」「監視性(ハード面)」「アクセスコントロール領域性のハード面)」「メンテナンス監視性のソフト面)」であることも、グローバル・スタンダードに準拠する上で参考になろう。 ミクロ的な対象物強化」も盛り込みたいのなら、ミクロ的な抵抗性」(ハード面恒常性ソフト面管理意識)、マクロ的な領域性」(ハード面区画性+ソフト面縄張り意識)、マクロ的な監視性」(ハード面視認性ソフト面当事者意識)という「犯罪抑止の3要素」も、概念整理仕方としてある。

※この「誤解」の解説は、「防犯環境設計」の解説の一部です。
「誤解」を含む「防犯環境設計」の記事については、「防犯環境設計」の概要を参照ください。


誤解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 22:37 UTC 版)

ヒヨス」の記事における「誤解」の解説

2008年シェフのアントニー・トンプソンは、Healthy and Organic Living誌の8月号に「ヒヨスサラダ入れると美味であると寄稿したその後彼はアカザ混同していて間違えた釈明し購読者に対し、「ヒヨスはとても毒性強く決し食べてならない」という警告文郵送した

※この「誤解」の解説は、「ヒヨス」の解説の一部です。
「誤解」を含む「ヒヨス」の記事については、「ヒヨス」の概要を参照ください。


誤解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 06:52 UTC 版)

心理学」の記事における「誤解」の解説

心理テストカウンセリングサイコセラピーといった臨床領域心理学研究の中心課題である」とか、「カウンセラー精神科医は皆、心理学専門家である」といった、事実とは異な認識広く流布している。こうした通俗的な理解を、「ポピュラー心理学」ないし「通俗心理学と呼ぶ事がある。「このような通俗的な理解・誤解が好まれ広ま現象も、心理学に対する社会要請の現われであるとして無視すべきでない」という意見もある[要出典]。またこの現象自体心理学社会学研究対象となっている。

※この「誤解」の解説は、「心理学」の解説の一部です。
「誤解」を含む「心理学」の記事については、「心理学」の概要を参照ください。


誤解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/13 22:24 UTC 版)

規制緩和」の記事における「誤解」の解説

カリフォルニア電力危機において、規制緩和原因で住民の生活支障を与えたとされている2000年の夏猛暑ITブームなどによる電力需要増加渇水による水力発電不良根本的な問題とされている

※この「誤解」の解説は、「規制緩和」の解説の一部です。
「誤解」を含む「規制緩和」の記事については、「規制緩和」の概要を参照ください。


誤解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/16 00:23 UTC 版)

ユニットバス」の記事における「誤解」の解説

ユニットバス=浴室トイレ洗面台などが共有されているシステム」であるとの誤解がみられる。この原因は、当初外国人観光客宿泊受け入れホテル向けに、外国人受け入れやすいこの3点を持つユニット多く採用され、現在でも単身集合住宅などにも広く普及しているためと考えられる

※この「誤解」の解説は、「ユニットバス」の解説の一部です。
「誤解」を含む「ユニットバス」の記事については、「ユニットバス」の概要を参照ください。


誤解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/28 14:41 UTC 版)

シビアコンディション」の記事における「誤解」の解説

シビアコンディション一般的な使用に対して特殊な使用環境想定した事例である。シビアコンディション当てはまらない場合であっても、高回転多用長時間アイドリング急発進急加速急減速長時間渋滞走行油温の上昇などは部品の劣化早める使用方法である。そのため、上記の基準当てはまらない場合でも、想定され一般的な使用条件よりも部品などの劣化早く進行する可能性もある。 また、日本における車両使用条件としては、むしろシビアコンディション一般的であるとする意見もある。買い物通勤など短距離走行が多い場合、「短距離走行の繰り返し」の条件当てはまと言われているほか、市街地では渋滞信号待ち慢性化していることから東京23区内で使われる自動車はほぼ全てシビアコンディション該当するという意見もある。ただし、一般的に当てはまとは言えない。例えば、週5回片道2kmを往復、週1回片道15km往復する、というような使用条件の場合、短距離走行の距離は20km、その他の走行距離30kmとなり、短距離走行の割合40に過ぎない。しかし、回数して見ると短距離走行が10に対してその他は2回であるため印象として短距離が多い、と誤解してしまう場合もある。 特に日本の夏期の渋滞エアコン併用している場合油温上昇するので説明書シビアコンディション該当しなくても、実質シビアコンディション考えるべきである。一般的なドライバーは、こうした自分の走行距離内訳把握してない場合が多いため、心理的不安を煽り過剰な整備行おうとする業者存在する冷静に自分の車両使用環境分析する必要があるこのため欧州車などは日本輸入するにあたってシビアコンディション相当するオイル交換頻度国内国内標準的設定している場合が多い。設定された数値のみではなく使用状況考慮し点検整備を行う必要がある

※この「誤解」の解説は、「シビアコンディション」の解説の一部です。
「誤解」を含む「シビアコンディション」の記事については、「シビアコンディション」の概要を参照ください。


誤解(哲学等による誤解・誤用)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/01 10:04 UTC 版)

ゲーデルの不完全性定理」の記事における「誤解(哲学等による誤解・誤用)」の解説

トルケル・フランセーンによれば不完全性定理インパクト重要性について、しばしば大げさな主張繰り返されてきた。たとえば 数学思考変革もたらした数学ばかりでなく、科学全体一新した 数学だけではなく哲学言語学計算機科学宇宙論にまで革命起こした という言があるが、これらは乱暴な誇張とされる不完全性定理が一番大きな衝撃与えたと思われる数学においてさえ、「革命」らしきものは何も起きていない。 この定理は、数理論理学数学比較小さな領域)で常に使われているが、普通の数学者仕事にはほとんど何の役にも立っていない(そもそも計算機科学は、不完全性定理の証明後にアラン・チューリング主導成立した不完全性定理計算機科学革命発生させたと述べるのは、時系列誤っている)。 ゲーデルの完全性定理不完全性定理は、革命的出来事ではなく時代の流れ産物だった。ゲーデル以外の誰かがこれらの定理発見するのは時間の問題だったとされており、ゲーデル自身そう見ていた。 数学上の「無矛盾性」と不完全性定理について、フランセーン以下の通り解説している。 「ゲーデル定理どこを見ても、“数学使われているどんな形式体系も、その無矛盾性はまった疑いがない”という立場矛盾してはいない。実際これらの体系公理が真であり、そして無矛盾であるという絶対確実知識をもっていると主張しても、ゲーデル定理どこにも相反しないのである。」

※この「誤解(哲学等による誤解・誤用)」の解説は、「ゲーデルの不完全性定理」の解説の一部です。
「誤解(哲学等による誤解・誤用)」を含む「ゲーデルの不完全性定理」の記事については、「ゲーデルの不完全性定理」の概要を参照ください。


誤解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 04:12 UTC 版)

ヒヨケムシ」の記事における「誤解」の解説

ヒヨケムシ基本的に無害な動物であるにもかかわらず、その凶暴な見た目様々な言伝え逸話・噂・迷信誇張都市伝説デマなどにより、過剰に曲解畏怖されることが多い。例えイランでは、ヒヨケムシは人を殺せるほど危険で、常に人を襲うとする邪悪な生物という迷信一般的である。また、2000年代までではさほど世間一般知られていなかったが、中東兵士から大きく見せるように、カメラ近くまで持ち上げて撮影されヒヨケムシ写真起点として徐々に広く知られるようになり、それに連れて様々な不正確な情報ネットなどで拡散された。特に有名なものは次の通り挙げられる。 「睡眠中の人を襲う」「上から落ちて人を殺す」原産地での迷信である。 「人を追いかける」「ラクダ捕食するヒヨケムシ日当たり避けて日陰求め習性あるため近くに人やラクダなどの大型動物がいるとその影向かって走る事もある。特に影の主が移動中だとそれを追いかけるように見えるため、そうと誤解されやすい。ラクダの下で立ち留まることがあるが、これも前述の通り日陰のためだけである。 「女性の髪に引き寄せされる」「人の髪や他の動物の毛を切り落とす原産地での迷信一つ他の動物の体から脱落した古い毛を拾いあげるだけで、ヒヨケムシ鋏角もそもそも毛を切るのに適していない。 「鋏角嚙まれ部分はひどい炎症・痛い腫れ感覚を失うなどの症状起きる」確定的な記録によるとヒヨケムシ鋏角そもそも無毒でヒヨケムシ専門家検証したところでは噛まれても特に症状はなかった。また、もし咬まれ傷口何らかの症状起きても、原因ヒヨケムシではなく外界病原体である。 「サソリ死闘する」ほとんどのケース人為的である。第一次世界大戦エジプト駐屯軍ヒヨケムシ飼いサソリ一箇所閉じ込んで戦わせることがある。 「人並びに早く走れる」「時速48km走れる」「1m高く跳べる走り最速時速16kmで、突出した跳躍能力はない。 「叫ぶ」威嚇用の摩擦音以外の顕著な音は出ないまた、クモらしき姿と一部紛らわし俗称相まってクモspider)やサソリscorpion)と誤解されてしまうこともある。

※この「誤解」の解説は、「ヒヨケムシ」の解説の一部です。
「誤解」を含む「ヒヨケムシ」の記事については、「ヒヨケムシ」の概要を参照ください。


誤解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/20 16:35 UTC 版)

共鳴理論」の記事における「誤解」の解説

共鳴構造分子実在過渡状態であり、分子それらの共鳴構造の間で振動している、あるいはそれらの間の平衡構造して存在しているという一般的誤解がある。しかしながらこれらの個々の寄与構造実在共鳴安定化された分子において観測することはできないいかなる分子あるいはイオンたった一つの形、共鳴混成体存在する共鳴という単語物理学的意味との混乱のため、共鳴という用語を廃止し非局在化」と呼ぼうという提案なされている。ゆえに共鳴エネルギーは「非局在化エネルギー」となり、共鳴構造は「寄与構造」となる。この場合両矢印一連の構造区切るコンマによって置き換えられ構造間で変換起こ反応存在するという誤解を生じさせないうになる

※この「誤解」の解説は、「共鳴理論」の解説の一部です。
「誤解」を含む「共鳴理論」の記事については、「共鳴理論」の概要を参照ください。


誤解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2009/09/23 19:23 UTC 版)

スペクトル漏れ」の記事における「誤解」の解説

スペクトル漏れ離散フーリエ変換によって生じ窓関数によってそれを緩和するという誤った認識をされていることがある実際には窓関数スペクトル漏れ根本原因であり、離散フーリエ変換漏れがないかのような錯覚を起こさせる手法である。また、矩形窓が必要とされ、信号スペクトル要素離散フーリエ変換基本関数一致する必要がある。しかし、窓関数通した信号フーリエ変換実際に行うと、常にスペクトル漏れあること明らかになる

※この「誤解」の解説は、「スペクトル漏れ」の解説の一部です。
「誤解」を含む「スペクトル漏れ」の記事については、「スペクトル漏れ」の概要を参照ください。


誤解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/23 16:50 UTC 版)

イスタンブール条約」の記事における「誤解」の解説

2018年11月プレスリリースで、欧州評議会は「明確に目標述べられているにも関わらずいくつかの宗教集団超保守的な集団イスタンブール条約について誤った説話広めている」と主張したまた、プレスリリースで「この条約には特定のライフスタイル課したり私生活個人的な集団妨げ意図はなく、女性に対する暴力家庭内暴力防止するだけのものである」と主張し、さらに「条約は、もちろん男女性差終わらせるものではない。条約には、男女同じであり、そうあるべきするところどこにもなく、家族の生活や構造規制する意図もない。家族の定義も、特定の家族タイプ設立促進することもない」とも主張した。 バルカンインサイト(英語版によれば条約に対する批判は、中央ヨーロッパおよび東ヨーロッパで最も強く、主に極右国民保守主義者によるもので、実際の内容には根拠がないとされ、偽情報人民主義レトリック使いキリスト教イスラム教道徳アピールすることで、批判者は、西欧による東に過度にリベラルな政策押し付ける不穏なやり方で、女性に対する暴力撲滅に関する包括的な法の枠組みアプローチ形成する本質的な一連のガイドライン再構成ようとしてきた、とされる

※この「誤解」の解説は、「イスタンブール条約」の解説の一部です。
「誤解」を含む「イスタンブール条約」の記事については、「イスタンブール条約」の概要を参照ください。


誤解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/03 00:23 UTC 版)

クロタル」の記事における「誤解」の解説

モーリス・ラヴェルアンティークシンバルのことを“クロタル”と呼んだため、アンティークシンバルクロタルもしくはクロテイルと呼ぶことも多いが、クロタルアンティークシンバル別の楽器である。 エジプト宗教楽器シストラムと、しばしば混同される

※この「誤解」の解説は、「クロタル」の解説の一部です。
「誤解」を含む「クロタル」の記事については、「クロタル」の概要を参照ください。


誤解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/09 16:19 UTC 版)

フツの十戒」の記事における「誤解」の解説

多くの文献はっきりと書かれていないために、「フツの十戒」がカングラ編集長のハッサン・ンゲゼによる創作物であるかのように勘違いされことがあるが、これは誤りである。 実は、「フツの十戒」はカングラにだけ掲載されたのでもなく、また、カングラが初め掲載したでもない。 カングラ以前にマスウェラ(Masuwera)に掲載されたほか、インテラ(Intera)、ウムラワ(Umrawa、Umuravaと記す場合もある)などのルワンダ国内新聞掲載している。また、RPF系の新聞カングカですら掲載していた。 一方、「フツの十戒」は以前から流通していた文章だが、「フツ良心訴う」の記事自体はカングラが自分達で書いた文章であり、反ツチ主張満ちている点は留意すべきである。

※この「誤解」の解説は、「フツの十戒」の解説の一部です。
「誤解」を含む「フツの十戒」の記事については、「フツの十戒」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「誤解」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

誤解

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 13:59 UTC 版)

名詞

(ごかい)

  1. 事実言葉などを、誤って解釈してしまうこと。

翻訳

動詞

活用

翻訳


「誤解」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



誤解のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの誤解 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのサービス (改訂履歴)、報・連・相 (改訂履歴)、復氷 (改訂履歴)、アルデンテ (改訂履歴)、サウィン祭 (改訂履歴)、熊と旅人 (改訂履歴)、チェーンガン (改訂履歴)、トマス・ハインズ (改訂履歴)、スカラー波 (改訂履歴)、ブリックヤード400 (改訂履歴)、MBTI (改訂履歴)、ウォップ (改訂履歴)、血縁選択説 (改訂履歴)、血の日曜日事件 (1920年) (改訂履歴)、言語の壁 (改訂履歴)、フューチャーポップ (改訂履歴)、ベティ・ペイジ (改訂履歴)、多元的無知 (改訂履歴)、双子のパラドックス (改訂履歴)、下瀬火薬 (改訂履歴)、感応寺 (豊島区) (改訂履歴)、コンピュータウイルス (改訂履歴)、比内鶏 (改訂履歴)、防犯環境設計 (改訂履歴)、ヒヨス (改訂履歴)、心理学 (改訂履歴)、規制緩和 (改訂履歴)、ユニットバス (改訂履歴)、シビアコンディション (改訂履歴)、ゲーデルの不完全性定理 (改訂履歴)、ヒヨケムシ (改訂履歴)、共鳴理論 (改訂履歴)、スペクトル漏れ (改訂履歴)、イスタンブール条約 (改訂履歴)、クロタル (改訂履歴)、フツの十戒 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの誤解 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS