第3巻とは? わかりやすく解説

第3巻(第15話 - 第21話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 12:10 UTC 版)

終末のハーレム」の記事における「第3巻(第15話 - 第21話)」の解説

翔太女子生徒たち存在動揺しながらも希に夜の自室招かれ導かれるまま結ばれる翌日翔太一条奈都や春歌打ち解け始め体育館黒田レイン・ちふゆと東堂晶バレーボール対決立ち会うが、ボールで額を負傷する翔太心配した希が音楽室にて再び身体を開く一方花蓮は怜人と恭司への対抗心燃やす。

※この「第3巻(第15話 - 第21話)」の解説は、「終末のハーレム」の解説の一部です。
「第3巻(第15話 - 第21話)」を含む「終末のハーレム」の記事については、「終末のハーレム」の概要を参照ください。


第3巻(運動、無限)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/10 14:20 UTC 版)

自然学 (アリストテレス)」の記事における「第3巻(運動、無限)」の解説

第3巻 - 運動、無限。全8章。【運動について第1章 - 運動の種類運動の暫定的定義。 第2章 - この定義を確証するための補説第3章 - 動かすものと動かされるもの。それらの現実化運動の定義。 【無限について】第4章 - 無限なものについての先人諸見解。その存在を認める人々の説と彼らがそれを想定する理由無限の諸義。 第5章 - 実体としての無限なものを認めピュタゴラス派の説とその批判無限な感覚的物体存在しない。 第6章 - 無限なものは可能的に存在する加えることによる無限と分割することによる無限。無限とは何か。 第7章 - 諸種無限なもの。数における無限と量における無限。空間的な大きさ及び時間の長さに関する無限と運動の関係。無限は四原因いずれに関するものか。 第8章 - 無限なものを現実的に存在するとする諸見に対する批判

※この「第3巻(運動、無限)」の解説は、「自然学 (アリストテレス)」の解説の一部です。
「第3巻(運動、無限)」を含む「自然学 (アリストテレス)」の記事については、「自然学 (アリストテレス)」の概要を参照ください。


第3巻(揺れるイントゥ・ザ・ブルー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 14:32 UTC 版)

フルメタル・パニック!」の記事における「第3巻(揺れイントゥ・ザ・ブルー)」の解説

トゥアハー・デ・ダナン出航1周年記パーティーに招待される千鳥かなめだが、些細な行き違いから相良宗介険悪な関係となってしまう。そんな中ダナンシージャックされてしまう。実行犯は、かつて死んだはずのガウルンだった。

※この「第3巻(揺れるイントゥ・ザ・ブルー)」の解説は、「フルメタル・パニック!」の解説の一部です。
「第3巻(揺れるイントゥ・ザ・ブルー)」を含む「フルメタル・パニック!」の記事については、「フルメタル・パニック!」の概要を参照ください。


第3巻(ザ・パートナー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 04:59 UTC 版)

テラフォーマーズ」の記事における「第3巻(ザ・パートナー)」の解説

中米、グランメキシコユカタン半島マヤ時代ピラミッド遺跡に「謎の獣人」が出没するという情報受けたスカベンジャーズは、河野開紀をリーダーとする調査チームと共に現地向かう。マルコス・E・ガルシアアレックス・K・スチュワート、シーラ・レヴィットら問題児揃いメンバー振り回されながらも調査進めるトーヘイとリジーだったが、問題遺跡待ち受けていたのは闇M.O.技術による改造テラフォーマーの軍勢だった。

※この「第3巻(ザ・パートナー)」の解説は、「テラフォーマーズ」の解説の一部です。
「第3巻(ザ・パートナー)」を含む「テラフォーマーズ」の記事については、「テラフォーマーズ」の概要を参照ください。


第3巻(国家の部分、国制の分類)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 08:38 UTC 版)

政治学 (アリストテレス)」の記事における「第3巻(国家部分国制分類)」の解説

第3巻 - 全18章国民国民的徳、国の部分第1章 - 国民の定義。民主制における国民の定義。より一般的な定義必要性第2章 - 親子相続としての国民、その定義の不十分。 第3章 - 国の同一性としての国制第4章 - 国民の徳と国制の関係1。 第5章 - 国民の徳と国制の関係2。 【国制その分類】第6章 - 権力者目的による国制分類。「国民共通の利益」こそが国正し目的であり、「支配者のみの利益」は誤り第7章 - 上記の目的沿った正し国制としての王制(バシレイア)」「貴族制(アリストクラティア)」「共和制/国制ポリテイア)」、誤った逸脱国制としての僭主制(テュランニス)」「寡頭制(オリガルキア)」「民主制(デモクラティア)」。 第8章 - 上記の通り国制分類における「数」より「種」の差異重要性それゆえの、「寡頭制」と「民主制」の同類性。 【寡頭制民主制分配的正義本質第9章 - 自由市民という「出自の平等」を根拠に権利の平等」を主張する民主制論者と、「富の差異」を根拠に権利不平等」を主張する寡頭制論者。「善く生きる」という目的基準見失っている点で共に誤り第10章 - 各種の国の主権者」と、その困難。 第11章 - 「多数者主権者」論の考察第12章 - 政治的としての正し分配。その基準としての出自」「自由」「富」「徳」。 第13章 - 上記に基づ国民要求調停。 【王制とその形態第14章 - 王制5形態、「スパルタ型」「外国人型」「選挙僭主型」「英雄時代型」「絶対王政型」。 第15章 - 「法支配」と「王支配」の関係。「王」は「法」の補完また、最優秀1人支配より、優秀多数支配望ましい。 第16章 - 絶対王政非推奨性。 第17章 - 「他の人全ての徳」よりも1人の徳が優っている場合例外。 第18章 - 最善の国制としての王制」「貴族制」の組織形態、その教育習慣

※この「第3巻(国家の部分、国制の分類)」の解説は、「政治学 (アリストテレス)」の解説の一部です。
「第3巻(国家の部分、国制の分類)」を含む「政治学 (アリストテレス)」の記事については、「政治学 (アリストテレス)」の概要を参照ください。


第3巻(付帯性の述語付けに関する諸々の「トポス」(補遺))

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 04:23 UTC 版)

トピカ (アリストテレス)」の記事における「第3巻(付帯性の述語付けに関する諸々のトポス」(補遺))」の解説

第3巻 - 付帯性の述語付けに関する諸々のトポス」(補遺)。全6章第1章 - 2つ以上の述語選択のための「トポス」 -1. より長く持続的、より多く安定思慮ある人善い人・正しい人・優れた人・多くの人全ての人が選ぶものを選ぶべき。 2. 特定のまさにそれであるべきところのものは、類の中にないものよりものよりも選ばれるべき。 3. それ自身ゆえに望ましいものは、他のものゆえに望ましいものよりも選ばれるべき。 4. それ自体で善の原因たるものは、付帯的善いもの・本性的にそうでないものよりも選ばれるべき。 5. 絶対的本性的に善いものは、ある個人にとって善いもの・本性的にそうでないものよりも選ばれるべき。 6. より善いものに帰属するものが選ばれるべき。 7. 目的手段よりも選ばれるべき。 8. 実行可能なものは、不可能なものよりも選ばれるべき。 9. 目的序列。 10. それ自体目的であるものは、他のために目的であるものよりも選ばれるべき(例え前者は「友情」「正義」、後者は「富」「強さ」)。 第2章 - 色々な観点からの「トポス」 -付随するものども観点から引き出されるトポス」 -1. 付随する善いものの数量の多いもの、快楽、無苦痛を伴うものの方が一層選ばれるべきである。 2. 大きなことを成し得る時期に、個々のものが選ばれるべきである。 3. 多くの、あるいは全ての時期に、有用なものが一層選ばれるべきである。 4. 消滅喪失生成取得、及びこれらと反対のものども観点から事物選択判断できる別のトポス」 -「善」(ある理想的な原型)により近いもの、より似ているものが、より一層選ばれるべきである。ホメロスからの例。生物学的な例。 他の諸々のトポス」 -1. 種々の望まし性質基準。 2. 絶対的に善い部類内にあるものは、その他の部類内にあるものより善い。また個々のものから逆に、その部類への対応も言える。 3. 友人たちと、行きずりの人とでは、前者への善行正しい行いの方が、また見かけよ真実な行いの方が、一層選ばれるべきである。 4. 余分なこと(善く生きること)は、必須なこと(単に生きること)よりも善い。しかし、後者の方より一層選ばれるべきである。 5. 他人から手入れることができないものの方が、一層選ばれるべきである。正義勇気では前者自足的選ばれるべきものの方が一層選ばれるべきである。思慮能力では前者2つのものの内、他方保有必須と思われるものの方が、一層選ばれるべきである。 6. それが無いと気を病んでも当然と思われる非難されない)もの、気を病まねばかえって非難されるものの方が、一層選ばれるべきである。 第3章 - 2つ述語比較選択するための「トポス」 -1. 同じ種に属す二つのものの内では、固有な徳を持つもの・より多くの徳を持つものが選ばれるべき。臨在するものの働き有無多少働きかける対象の観点から選択。 2. 屈折用法行為働き観点から選択。 3. 一つ共通なものを基準にした際は、より多く善いものが選ばれるべき。二つのものを基準とした際はより大きなものが選ばれるべき。 4. 付加観点から二つのものの内、小さいものに加わって全体より大きくするものが選ばれるべき。除去観点についても同様。 5. 選択根拠。「それ自身ゆえ」と「その思惑のゆえ」の比較思惑の定義。「それ自身ゆえ」が選ばれるべき。「望ましい」の種類目的3つの目的有益善さ快楽)を同程度に持つもの・より多く持つものが望ましい。より善い目的を持つものが選ばれるべき。避けるべきものについても同様。 第4章 - 比較評価する述語付け際に前述のトポス」をいかに用いるか。 第5章 - 付帯性を比較級述語付けるための「トポス」。 第6章 - 部分的・特殊的な述語付けの場合 -1. 前述の構成的破壊的な一般的トポス」は適用できる。(対立するもの・同列なもの・屈折するものから引き出された「トポス」。より多く・より少なく・同じ程度から引き出された「トポス」。) 2. 同じ類からも破壊的な論議引き出せる。 3. 問題が無規定の場合一通り仕方でしか覆すことができない確立する場合には「一般的」と「部分的」の二通りがある。問題規定された場合あるもの規定された時は2通り仕方で、一つのものが規定された時は3通り仕方破棄できる。更に厳密に規定された時は4通り仕方破棄できる。 4. あるもの帰属する・しないと相手述べた場合の「トポス」。

※この「第3巻(付帯性の述語付けに関する諸々の「トポス」(補遺))」の解説は、「トピカ (アリストテレス)」の解説の一部です。
「第3巻(付帯性の述語付けに関する諸々の「トポス」(補遺))」を含む「トピカ (アリストテレス)」の記事については、「トピカ (アリストテレス)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「第3巻」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

第3巻のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第3巻のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの終末のハーレム (改訂履歴)、自然学 (アリストテレス) (改訂履歴)、フルメタル・パニック! (改訂履歴)、テラフォーマーズ (改訂履歴)、政治学 (アリストテレス) (改訂履歴)、トピカ (アリストテレス) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS