支配者とは? わかりやすく解説

支配者

原題:Der Herrscher
製作国:ドイツ
製作年:1937
配給:国光映画
スタッフ
監督:Veit Harlan ファイト・ハーラン
製作:Emil Jannings エミール・ヤニングス
原作戯曲:Gerhart Hauptmann ゲルハルト・ハウプトマン
脚色:Thea von Harbou テア・フォン・ハルボウ

Curt J. Braun クルト・J・ブラウン
撮影:Werner Brandes ウェルナー・ブランデス

Gunther Anders(1) ギュンター・アンデルス
音楽:Wolfgang Zeller ウォルフガング・ツェラー
キャスト(役名
Emil Jannings エミール・ヤニングス (Matthias Clausen
Paul Wagner パウル・ワグナー (Professor Wolfgang
Maria Koppenhofer マリア・コッペンヘーファー (Paula
Hannes Stelzer ハンネス・シュテルツァー (Egert
Hilde Korber ヒルデ・ケルバー (Bettina
Kathe Haack ケーテ・ハーク (Ottilie
Herbert Hubner ハーバート・ヒュブナー (Klamroth)
Marianne Hoppe マリアンネ・ホッペ (Inken Peters
Helene Fehdmer  (Frau Beters)
Max Gulstorff マックス・ギュルストルフ (Geiger
Walter Werner  (Dr. Wettke)
Harald Paulsen ハラルト・パウルゼン (Hanefeld)
Theodore Loos テオドル・ロース (Pastor Immors)
Paul Bilad  (Winter
Heinrich Schroth ハインリヒ・シュロト (H\8f\a1\c1fer)
Hans Stiebner  (Weissfisch)
Rudolf Klein Rogge ルドルフ・クライン・ロッゲ (Bodelfing)
Peter Elsholtz ペーター・エルスホルツ (Dr. Ehrhardt
Ursula Kurtz  (Stenotypistn)
Heinz Weniger  (Werkmeister
解説
激情の嵐」「黒鯨亭」のエミール・ヤニングス主演し総指揮したエミール・ヤニングス作品である。ゲルハルト・ハウプトマン作の戯曲日没前に取材して「ハンネレの昇天」「F・P一号応答なし」のテア・フォン・ハルボウが「黒騎士」「白鳥の舞」のクルト・J・ブラウン協力脚色しあかつき」「ジャンダーク」に出演していたファイト・ハーラン監督に当たり、「別れの曲」「ハンガリア夜曲」のウェルナー・ブランデスギュンター・アンデルス撮影分担し音楽は「愛国の騎士(1936)」のウォルフガング・ツェラー受け持った助演者は「空中劇場」のハンネス・シュテルツァー、「日没前」の舞台同役勤めたマリアンネ・ホッペパウル・ワグナー、「黒鯨亭」のマックス・ギュルストルフ、「第九交響楽」のマリア・コッペンヘーファー及びテオドル・ロース、「郷愁」のハーバート・ヒュブナーハラルト・パウルゼン其の他である。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されいますのでご注意ください
鋼鉄王と呼ばれるマティアス・クラウゼンは、幾万労働者市民から慈父仰がれていたが、その家庭生活は落漠たるものがあった。父への偏愛とり憑かれた病娘ベッティーナ次女オッティリエの婿でクラウゼン工場重役クラムロートの不行跡世俗脱した学者ありながら妻ポウラの強欲に何もできない長男ヴォルフガング絶え不義理拵えては父に尻拭いをさせることしか知らぬ末子エガート。彼等利己主義によって起こ葛藤の中でクラウゼンは後を託すに足る者を一人として見出し得なかった。妻の死後この不安は一層深まった。やがて自分死んだら心血を注いだ事業はどうなって行くであろうか。しかし其の奇蹟起こった新しく雇われ女秘書インケン・ペータースが、不思議な青春の泉と希望喜び彼に与え絶えんとした人生事業への抱負を再び燃え上がらせた。クラウゼン家族たちインケン出現非常な脅威感じた彼女は多くの労働者達と同じく、崇仰と敬愛を以てクラウゼン仕えたのであるが、彼が亡妻との結婚指環インケン与えた為に家族達嫉視遂に爆発した父の死によって譲らるべき遺産不逞なる職業婦人奪われようとしている。クラウゼンが彼女を連れて南欧古都訪ねている間に、クロムラートに操られ家族達は父に対して禁治産訴訟提起した激怒と絶望に気も狂わすばかりのクラウゼン旧友衛生官ガイゲルの許へ逃れたが、そこへインケン指輪送り返して来た。それは家族達訴訟取り下げさせる為に計った使いだったが、クラウゼン知る由もなかった沈みこんだ老クラウゼンの耳に響くのは工場汽笛だった。彼は突如立ち上がると静かに社長室歩を運んで速記者呼んだ。「余は余の死後に於いて工場挙げて国家、即ち民族共同体贈与する。余と協力し来りたる従業員諸氏の中より、必ずこの事業天職として継承すべき人物の現れ来るべき余は信ずるもの也」この遺言速記している女は、他ならぬインケン・ペータースである。

権力

(支配者 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/20 13:33 UTC 版)

権力(けんりょく、英語: power[1], authority[1]ドイツ語: Macht)とは、ある主体が自己の意思に沿って他人または他集団に対し、行動を強制する能力である[2]。「権威」と重複する場合も多いとされる[3]


  1. ^ a b 研究社 新和英中辞典「権力」
  2. ^ Dahl, 1957.その他の権力の定義については後述。
  3. ^ 百科事典マイペディア「権威」
  4. ^ 高畠、1984年、47頁以下。


「権力」の続きの解説一覧

支配者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/02 06:35 UTC 版)

薔薇嬢のキス」の記事における「支配者」の解説

薔薇の騎士たちを束ね薔薇の騎士たちに命令オーダーすることができる存在。ただしその代償として、支配者の血を薔薇の騎士たちに提供しなくてはならないため、よく貧血起こすこととなる。これを緩和するため、アニスはよく鉄分入ったドリンク飲んでいる。

※この「支配者」の解説は、「薔薇嬢のキス」の解説の一部です。
「支配者」を含む「薔薇嬢のキス」の記事については、「薔薇嬢のキス」の概要を参照ください。


支配者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/15 14:32 UTC 版)

アルパド」の記事における「支配者」の解説

トレヴァー・ブライスによれば、以下の支配者が確認されている。 グシ(Gusi、紀元前890年-紀元前880年頃に即位) ハドラム(Hadram、アッシリア語ではアドラムまたはアラメグシ息子紀元前860年頃から紀元前830年頃) アッタル・シュムキ1世Attar-šumki I、ハドラムの息子紀元前830年頃から紀元前800年頃) バル・ハダド(Bar-Hadad、アッタル・シュムキ1世息子紀元前800年頃) アッタル・シュムキ2世Attar-šumki II、バル・ハダドの息子紀元前8世紀前半) マティール(Mati'ilu (Mati'el)、アッタル・シュムキ2世息子紀元前760年頃から紀元前745年頃)

※この「支配者」の解説は、「アルパド」の解説の一部です。
「支配者」を含む「アルパド」の記事については、「アルパド」の概要を参照ください。


支配者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 14:55 UTC 版)

ハバル・ユニス・スルタン国」の記事における「支配者」の解説

ハバル・ユニス・スルタン国には歴代8人のスルタンがおり、スルタン制は現在も継続している。 バハ・デリアが率い紛争未だ完全に解決していない。バハ・デリアの現スルタン、オスマン・アリー・マダルはハバル・ユニスのスルタン見做されているが、バハ・マカヒルはスルタン位の請求者維持している 1885年ドイツのアフリカの角地図示されたスルタン・アワドの領土 名前統治の始まり統治の終わり1 アイナシャ・ヘルシ (伝統的な首長) 2 スルタン・スグレ・アイナシャ (最初のスルタン) 3 スルタン・ディリイェ・スルタン・スグレ・アイナシャ 4 スルタン・ヘルシ・アマン・スルタン・ディリイェ 5 スルタン・ヌール・アフメドアマンスルタン・ディリイェ 6 スルタン・アワド・スルタン'・ディリイェ 7 スルタン・ドラル・スルタン・ヌール 8 スルタン・マダル・ヘルシ・スルタン・ディリイェ

※この「支配者」の解説は、「ハバル・ユニス・スルタン国」の解説の一部です。
「支配者」を含む「ハバル・ユニス・スルタン国」の記事については、「ハバル・ユニス・スルタン国」の概要を参照ください。


支配者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/11 10:22 UTC 版)

摩訶摩訶」の記事における「支配者」の解説

マカマカ マカマカ総統大勢部下従える昔は一人科学者であったようであるマカマカ赤ん坊姿でもかなり強敵だが、追い詰められると本気を出して巨大化する。

※この「支配者」の解説は、「摩訶摩訶」の解説の一部です。
「支配者」を含む「摩訶摩訶」の記事については、「摩訶摩訶」の概要を参照ください。


支配者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/08 06:53 UTC 版)

仮面ライダーアマゾン」の記事における「支配者」の解説

ガランダー帝国真の支配者。

※この「支配者」の解説は、「仮面ライダーアマゾン」の解説の一部です。
「支配者」を含む「仮面ライダーアマゾン」の記事については、「仮面ライダーアマゾン」の概要を参照ください。


支配者(エンピール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/23 07:51 UTC 版)

私の救世主さま」の記事における「支配者(エンピール)」の解説

救世主対をなす存在。「支配ノススメ」と万能なる剣を持ちこの世全ての運命を操るといわれる。支配者がその力に目覚めたとき、戦争などの争い事確かになくなるが、同時にその代償として全ての人々から自由が奪われることになる。救世主の持つ世界を救う力と相反する力を持つため、救世主とは世界をかけて戦う運命にある

※この「支配者(エンピール)」の解説は、「私の救世主さま」の解説の一部です。
「支配者(エンピール)」を含む「私の救世主さま」の記事については、「私の救世主さま」の概要を参照ください。


支配者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/29 23:01 UTC 版)

東京バベル」の記事における「支配者」の解説

サマエル 声:喜多村英梨 不死身にして不老化身である、毒と死を司る堕天使神災起こした首謀者目されている少女可愛らしい見目に反して非常に残忍な性格で、敵対する全て死神鎌 (デスサイズ) で葬り去るまた、一連の騒動の裏事情知っている素振りがあり、陰で暗躍している。 ウリエル 声:岡本信彦神の炎”を名乗る天使最上階位・熾天使セラフ)にして四大天使一人神災以降、その行方分からなくなっていたが、すでに壊れた存在となっている。執拗にラジエル付け狙ってくるが、その真意不明外見はともかくとして、中身は既に灰燼化しており、あらゆる説得耳を貸さず強烈なまでの殺戮衝動狩り立てられている天使達の中で最上級一人に数えられるだけあって、その戦闘力言語絶する刹那使用している七つの罪の剣は元々は彼の物。貸し与えている剣の代わりに最後の審判ウリエル振るうとされる巨大な閂、奈落冥府(シオウル・タルタロス)を武器として使用する。これは自在に分離結合する無数のパーツ構成され対象死ぬまで際限なく稼働する弾丸となる剣呑な代物。 ゲテル 声:大久保瑠美隠された事柄”を司る天使だったが、精神破綻させ支配者になってしまった。天使階級中級第五位と、大天使たちと比べると見劣りするが、彼女の持つ瞳はあらゆる真実見抜くという特殊な力を備えている一連の事件関わる真実の一端をその眼暴いてしまったが故に破綻してしまったらしい。 刳 都(くろう みやこ) 声:今井麻美 天使喰らい支配者になったとされる少女。その背中には天使の光翼が薄く輝いているが、一体どの天使喰らったのかは定かではない生まれついて“針”を持っており、それが彼女の能力に反映されている。 押刃 鋼(おしば はがね) 声:鈴木千尋 その名が示すように鋼の如き無機質さを伺わせる、支配者と思わしき少年。彼を守護していた天使悪魔経歴など素性不明野太刀を操る神道白山流なる剣術を使う。そして、それ以外詳細一切不明である刹那凌駕するどの人外の徒であるらしい

※この「支配者」の解説は、「東京バベル」の解説の一部です。
「支配者」を含む「東京バベル」の記事については、「東京バベル」の概要を参照ください。


支配者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/29 23:01 UTC 版)

東京バベル」の記事における「支配者」の解説

天国へ到達阻む原因の一つ祝福の合唱によって精神崩壊した者の成れの果て。己の歪んだ願望のままに殺戮繰り返すだけ存在七つ存在する階層それぞれ存在し強大な力によって、その階層自らの望む形へと変貌させ支配し巡礼者襲い掛かるいずれも凶暴化しており三年前にはパンドラがたった三人の支配者の襲撃数万人の犠牲を出す壊滅的打撃被った

※この「支配者」の解説は、「東京バベル」の解説の一部です。
「支配者」を含む「東京バベル」の記事については、「東京バベル」の概要を参照ください。


支配者(レグナット)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/24 05:03 UTC 版)

死神のテスタメント〜menuet of epistula〜」の記事における「支配者(レグナット)」の解説

黒衣の書によって人智を超えた力を手にした人間のこと。その異能力願望個体によって様々である

※この「支配者(レグナット)」の解説は、「死神のテスタメント〜menuet of epistula〜」の解説の一部です。
「支配者(レグナット)」を含む「死神のテスタメント〜menuet of epistula〜」の記事については、「死神のテスタメント〜menuet of epistula〜」の概要を参照ください。


支配者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 14:08 UTC 版)

「デート・ア・ライブ」記事における「支配者」の解説

雪代 真矢ゆきしろ まや) 第二領域の支配者。 アリアドネ・フォックスロット 第四領域の支配者。 篝卦 ハラカ(かがりけ ハラカ第五領域の支配者。蒼の師匠宮藤 央珂(みやふじ おうか) 第六領域の支配者。 佐賀繰 由梨(さがくれ ゆうり) 第七領域の支配者。 絆王院 華羽ばんおういん かれは) 第八領域の支配者。 輝俐 リネム(きらり リネム) 第九領域の支配者。 人形遣いドールマスター第一領域の支配者。

※この「支配者」の解説は、「デート・ア・ライブ」の解説の一部です。
「支配者」を含む「デート・ア・ライブ」の記事については、「デート・ア・ライブ」の概要を参照ください。


支配者(ドミニオン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 14:08 UTC 版)

「デート・ア・ライブ」記事における「支配者(ドミニオン)」の解説

精霊がいなくなった後の隣界の支配者で、準精霊ありながら精霊に近いと云われる存在

※この「支配者(ドミニオン)」の解説は、「デート・ア・ライブ」の解説の一部です。
「支配者(ドミニオン)」を含む「デート・ア・ライブ」の記事については、「デート・ア・ライブ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「支配者」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「支配者」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「支配者」の関連用語

支配者のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



支配者のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの権力 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの薔薇嬢のキス (改訂履歴)、アルパド (改訂履歴)、ハバル・ユニス・スルタン国 (改訂履歴)、摩訶摩訶 (改訂履歴)、仮面ライダーアマゾン (改訂履歴)、私の救世主さま (改訂履歴)、東京バベル (改訂履歴)、死神のテスタメント〜menuet of epistula〜 (改訂履歴)、デート・ア・ライブ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS