徳仁とは?

徳仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/05 02:22 UTC 版)

徳仁なるひと1960年昭和35年〉2月23日 - )は、日本の第126代天皇(在位:2019年令和元年〉5月1日 - [2])。御称号浩宮ひろのみやお印あずさ敬称陛下[3][注釈 1]勲等大勲位




注釈

  1. ^ マスメディアの皇室関連報道や政府系機関などでは主に、地位・称号である「天皇」に敬称「陛下」を付した「天皇陛下」(てんのうへいか)の呼称が用いられる[4]。この他、過去歴代天皇と区別するための、在位中の天皇に対する呼称である「今上天皇(きんじょうてんのう)」の呼称が用いられることもある[5]
  2. ^ 皇后雅子と第1皇女子・敬宮愛子内親王の一家3人で同居している。
  3. ^ 「浩宮」は御称号であり、名は「徳仁」のみ。
  4. ^ 皇室典範第1条:「皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する。」及び同第8条:「皇嗣たる皇子を皇太子という。(後略)」と規定されており、徳仁の第1皇女子である敬宮愛子内親王は男系女子の皇族であり、皇位継承権を有さないため。
  5. ^ なお当初は、同年10月22日の即位礼正殿の儀を終えた同日に実施する日程であったが、令和元年東日本台風(台風19号)の発生とその被災からの復旧支援に政府が注力して取組をするために、延期された。
  6. ^ この日の記者会見で内閣官房長官菅義偉は、「天皇陛下には、重要な儀式・儀礼の際には大勲位菊花章頸飾(だいくんいきっかしょうけいしょく)及び桐花大綬章(とうかだいじゅしょう)を、文化勲章の親授式には文化勲章を、佩用(はいよう)していただく必要があります。この度、これらの勲章を陛下にお持ちいただくことになりましたので、御報告いたします。」と発表した。
  7. ^ 打者は第一試合に出場した茨城県代表の常総学院高等学校(対戦相手は長崎県代表の長崎県立小浜高等学校)で1番打者であった仁志敏久(元横浜ベイスターズ)である。

出典

  1. ^ 宮内庁公式サイト 英語版
  2. ^ a b 2019年(令和元年)5月1日内閣告示第2号「皇位継承に関する件」第4次安倍第1次改造内閣
  3. ^ 皇室典範第二十三条第一項「天皇、皇后太皇太后及び皇太后の敬称は、陛下とする。」
  4. ^ 松本敦「朝日新聞における皇族の呼称および待遇表現の変遷 : 甯子内親王・眞子内親王を例に」『学習院大学大学院日本語日本文学』第10巻、学習院大学大学院、2014年、 52-67頁、 ISSN 134993862020年4月22日閲覧。
  5. ^ 大辞林』第三版 「今上天皇」
  6. ^ 2019年(令和元年)5月1日内閣告示第3号「天皇皇后両陛下の御在所が定められた件」第4次安倍第1次改造内閣
  7. ^ a b c 親王殿下ご誕生|中日新聞社 公開日:1960年(昭和35年)02月26日
  8. ^ “皇太子さまが認証式臨時代行” (日本語). ロイター. 共同通信 (トムソン・ロイター). (2016年1月28日). http://jp.reuters.com/article/idJP2016012801001922 2016年1月28日閲覧。 
  9. ^ 2019年(令和元年)5月1日内閣告示第1号「天皇陛下御退位等に関する件」第4次安倍第1次改造内閣
  10. ^ 明仁が4月30日午後12時(=5月1日午前0時)を以って退位し、同時に徳仁が即位した為、空位は生じていない。
  11. ^ MSN産経 2008年3月11日 「殿下がんばれ」 皇太子さまが都心でジョギング
  12. ^ MSN産経 2009年5月10日 皇太子さま、ビオラで「第九」をご演奏
  13. ^ 浜尾実『殿下とともに』角川出版 1993年
  14. ^ 河原敏明『美智子妃』(講談社文庫、1991年)P.160。
  15. ^ 1993年(平成5年)に、留学記『テムズとともに 英国の二年間』(学習院教養新書)を出版している。
  16. ^ サンデー毎日』1993年1月24日号
  17. ^ 毎日新聞』1993年6月10日
  18. ^ 『毎日新聞』1993年1月18日
  19. ^ 読売新聞』1993年1月7日夕刊
  20. ^ 朝日新聞』1993年1月20日
  21. ^ FLASH』1993年1月26日
  22. ^ MSN産経【皇室ウイークリー特別編】お写真で振り返る皇太子ご夫妻の15年
  23. ^ 皇太子さま、国連諮問委の名誉総裁に=「水と衛生」、皇族で初 時事通信 2007年11月1日[リンク切れ]
  24. ^ 産経新聞』2009年11月21日【花田紀凱の週刊誌ウォッチング】(236)
  25. ^ 『読売新聞』2009年12月15日『特例会見、中国では「次の最高指導者」周知の意図』
  26. ^ YOMIURI ONLINE 2013年3月7日「皇太子さま、国連本部で講演…津波被害に言及
  27. ^ 皇太子さまが認証式臨時代行Reuters Japan 2016年1月28日閲覧
  28. ^ 新天皇陛下が即位「令和」に改元 前陛下、退位し上皇に沖縄タイムス』2019年5月1日
  29. ^ 国民の祝日について - 内閣府” (日本語). www8.cao.go.jp. 2019年4月30日閲覧。
  30. ^ a b c 主な式典におけるおことば(令和元年):天皇陛下のおことば – 宮内庁”. 宮内庁 (2019年10月7日). 2020年5月4日閲覧。
  31. ^ 衆議院
  32. ^ 産経新聞(2019年5月9日)「衆院で陛下ご即位「賀詞」議決 全会一致
  33. ^ 参議院
  34. ^ AERA dot.
  35. ^ “新天皇に初めて面会、新聞に寄稿…日中関係の一層の発展を願い離任した程永華駐日大使―中国メディア”. Record China. (2019年5月11日). https://www.recordchina.co.jp/b709390-s0-c10-d0135.html 2019年5月14日閲覧。 
  36. ^ “両陛下、離任中国大使と面会”. 『日本経済新聞』. (2019年5月9日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44582910Z00C19A5CR8000/ 2019年5月14日閲覧。 
  37. ^ 財務省(2019年5月10日)「天皇陛下御即位記念貨幣を発行します
  38. ^ アメリカ合衆国 トランプ米国大統領の訪日(令和元年5月25日~28日)”. 外務省 (2019年5月28日). 2020年5月4日閲覧。
  39. ^ トランプ夫妻から陛下にビオラ贈進 皇后さま「今夜お弾きになられたら」 両陛下とトランプ夫妻ご会見”. 産経ニュース (2019年5月27日). 2020年5月4日閲覧。
  40. ^ 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」2000人参列し「即位礼正殿の儀」”. 『毎日新聞』 (2019年10月22日). 2019年10月22日閲覧。
  41. ^ 国民祭典、天皇陛下のお言葉全文”. 『読売新聞』 (2019年11月9日). 2020年5月4日閲覧。
  42. ^ 主な式典におけるおことば(令和2年):天皇陛下のおことば – 宮内庁”. 宮内庁 (2020年1月22日). 2020年5月4日閲覧。
  43. ^ https://www.kunaicho.go.jp/about/gokomu/odemashi/odemashi.html
  44. ^ “両陛下、宮城・福島の台風被災地お見舞い”. 産経ニュース. (2019年12月26日). https://www.sankei.com/life/news/191226/lif1912260020-n1.html 2020年4月27日閲覧。 
  45. ^ a b c d e f “天皇皇后両陛下のご日程:令和2年(1月~3月)- 宮内庁”. 宮内庁. (2020年3月31日). https://www.kunaicho.go.jp/page/gonittei/show/2?quarter=202001 2020年4月6日閲覧。 
  46. ^ “両陛下と愛子さま、大相撲ご観戦 令和初の天覧相撲”. 産経ニュース. (2020年1月25日). https://www.sankei.com/life/news/200125/lif2001250040-n1.html 2020年4月27日閲覧。 
  47. ^ a b “天皇陛下お誕生日に際し(令和2年) 天皇陛下の記者会見(会見年月日:令和2年2月21日、会見場所:赤坂御所) - 宮内庁”. 宮内庁. (2020年2月21日). https://www.kunaicho.go.jp/page/kaiken/show/30 2020年4月6日閲覧。 
  48. ^ “天皇陛下御即位に際しての賜金について(令和2年4月28日) - 宮内庁”. 宮内庁. (2020年4月28日). https://www.kunaicho.go.jp/page/okotoba/show/49 2020年5月4日閲覧。 
  49. ^ “陛下ご即位に伴う1億円、寄付先が決定”. 産経ニュース. (2020年4月6日). https://www.sankei.com/life/news/200406/lif2004060052-n1.html 2020年4月28日閲覧。 
  50. ^ “新型コロナウイルスに関する天皇陛下のご発言 - 宮内庁”. 宮内庁. (2020年4月10日). https://www.kunaicho.go.jp/page/okotoba/show/51 2020年5月4日閲覧。 
  51. ^ “両陛下、感染拡大ご憂慮 専門家から進講”. 産経ニュース. (2020年4月10日). https://www.sankei.com/life/news/200410/lif2004100126-n1.html 2020年4月28日閲覧。 
  52. ^ “主な式典におけるおことば(令和3年):天皇陛下のおことば 新年ビデオメッセージ(令和3年1月1日) - 宮内庁”. 宮内庁. (2021年1月1日). https://www.kunaicho.go.jp/page/okotoba/detail/86 2021年1月8日閲覧。 
  53. ^ a b c d 令和元年5月1日(水)午前 | 令和元年 | 官房長官記者会見” (日本語). 首相官邸ホームページ. 内閣官房. 2019年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月7日閲覧。
  54. ^ 以上3点は、薗部英一『プリンス浩宮』(日本映像出版)による。
  55. ^ 『朝日新聞』1989年9月22日
  56. ^ 『日本経済新聞』夕刊1991年2月23日
  57. ^ 『読売新聞』1993年1月20日
  58. ^ 宮内庁. “皇太子殿下の記者会見 デンマーク・ポルトガル・スペインご訪問に際し(平成16年)”. 2009年11月14日閲覧。
  59. ^ 宮内庁. “皇太子殿下の記者会見 皇太子殿下お誕生日に際し(平成18年)”. 2009年11月14日閲覧。
  60. ^ 宮内庁. “皇太子殿下の記者会見 皇太子殿下お誕生日に際し(平成19年)”. 2009年11月14日閲覧。
  61. ^ 皇太子殿下の記者会見 皇太子殿下お誕生日に際し(平成21年)
  62. ^ 『皇太子殿下 皇位継承者としてのご覚悟』(明成社)21ページ
  63. ^ 皇太子殿下の記者会見 皇太子殿下お誕生日に際し(平成25年)
  64. ^ 皇太子殿下お誕生日に際し(平成31年)- 宮内庁 – 2019年9月14日閲覧。
  65. ^ 即位後朝見の儀の天皇陛下のおことば(令和元年5月1日)- 宮内庁 – 2019年9月14日閲覧。
  66. ^ 即位礼正殿の儀の天皇陛下のおことば(令和元年10月22日)- 宮内庁 – 2019年11月12日閲覧。
  67. ^ 天皇陛下のご感想(新年に当たり)令和2年 - 宮内庁 – 2020年5月4日閲覧。
  68. ^ 新型コロナウイルスに関する天皇陛下のご発言(令和2年4月10日)- 宮内庁
  69. ^ 浜尾実『殿下とともに』(角川出版)
  70. ^ 「浩宮さまは背番号38」『朝日新聞』1971年10月17日23頁
  71. ^ 『読売新聞』1971年7月21日11頁
  72. ^ 『皇太子殿下 皇位継承者としてのご覚悟』(明成社、2010年)124ページ
  73. ^ 宮内庁HP 阪神・淡路大震災15周年追悼式典で献花台にご供花になる皇太子同妃両殿下
  74. ^ 徳仁親王『テムズとともに』(学習院総務部広報課、1993年)p150。
  75. ^ a b あふれる「御料車」への思い 天皇陛下、限定本に寄稿『毎日新聞』朝刊2019年5月25日(特集ワイド面)2020年9月20日閲覧
  76. ^ 『皇太子殿下〜皇位継承者としてのご覚悟』(明成社)p46 - 54
  77. ^ 薗部英一『プリンス浩宮』(日本映像出版、1987年)
  78. ^ 『皇太子殿下〜皇位継承者としてのご覚悟』(明成社)p94 - 97
  79. ^ 皇太子さま、市民とご交流 ビール勧められ「次の機会に」 デンマークで運河沿いご散策『産経新聞』2017年6月17日(2018年5月21日閲覧)
  80. ^ 河原敏明『美智子皇后』(講談社、1990年)pp303 - 304
  81. ^ 『皇太子殿下〜皇位継承者としてのご覚悟』(明成社)pp133 - 134。
  82. ^ この部分の出典。高円宮妃久子『宮さまとの思い出』扶桑社、2003年、初版第一刷、272-284頁。ISBN 4-594-04248-1
  83. ^ 皇太子殿下お誕生日に際し(平成19年)”. 宮内庁. 2013年10月20日閲覧。
  84. ^ [1][リンク切れ]
  85. ^ 皇太子殿下お誕生日に際し(平成20年)”. 宮内庁. 2013年10月20日閲覧。
  86. ^ Reply to a parliamentary question about the Decoration of Honour (pdf)” (German). p. 1299. 2012年6月13日閲覧。
  87. ^ Guillaume and Stephanie of Luxembourg’s religious wedding Ceremony, Prince Naruhito, having no Luxembourgish decoration, has worn the ribbon bar of Grand Cordon of the Order of Leopold
  88. ^ www.borger.dk, Persondetaljer - Hans Kejserlige Højhed Naruhito
  89. ^ Semakan Penerima Darjah Kebesaran, Bintang dan Pingat Persekutuan.”. 2012年6月13日閲覧。
  90. ^ Filipino recipients of Japanese decorations and Japanese recipients of Philippine decorations”. Official Gazette of the Republic of the Philippines. 2012年6月13日閲覧。
  91. ^ Cidadãos Estrangeiros Agraciados com Ordens Portuguesas” (ポルトガル語). presidencia.pt. 2012年6月13日閲覧。
  92. ^ Boletín Oficial del Estado
  93. ^ Wedding Of Swedish Crown Princess Victoria & Daniel Westling - Arrivals”. Getty Images (2010年6月19日). 2016年12月2日閲覧。
  94. ^ Glittering Royal Events Message Board: Coronation in Tonga” (2015年6月15日). 2015年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月2日閲覧。
  95. ^ Ito, Kazuya (2015年7月4日). “Crown Princess Masako completes first duties abroad in more than 2 years”. The Asahi Shimbun. オリジナルの2015年7月5日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150705051734/http://ajw.asahi.com/article/behind_news/social_affairs/AJ201507040031 2016年12月2日閲覧。 
  96. ^ https://www.youtube.com/watch?v=VCnaW4zhbDM&t=195s
  97. ^ Japanese Red Cross
  98. ^ reinanzaka-sc.o.oo7.jp/kiroku/documents/20140523-3-kiji-list.pdf
  99. ^ 天皇陛下の「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」名誉総裁御就任について 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「徳仁」の関連用語

徳仁のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



徳仁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの徳仁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS