国民の祝日とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 時間 > 祝祭日 > 国民の祝日の意味・解説 

こくみん【国民】 の 祝日(しゅくじつ)


こくみんのしゅくじつ 【国民の祝日】

日本国民祝祭日旧来の祝祭日に代わって一九四八昭和二三)年七月制定され、のちに増加した。元日成人の日一月五日)・建国記念の日二月一一日)・春分の日天皇誕生日四月二九日)・憲法記念日五月三日)・こどもの日五月五日)・海の日七月二〇日)・敬老の日九月五日)・秋分の日体育の日(一〇月一〇日)・文化の日一一三日)・勤労感謝の日一一二三日)など(現在は、さらに変更がある)。

国民の祝日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/30 19:49 UTC 版)

国民の祝日(こくみんのしゅくじつ)は、日本の法律(日本法)「国民の祝日に関する法律」(昭和23年法律第178号。以下「祝日法」または「法」。1948年(昭和23年)7月20日施行)第2条で定められた祝日である。2021年(令和3年)時点で合計16日ある[1]


  1. ^ a b 【ニュースの門】日本人は祝日がお好き?『読売新聞』朝刊2021年5月8日(解説面)
  2. ^ 慣例上、イギリスタイオランダなどの君主制国家はその在位中の君主(他国における国王または女王など)の誕生日が、その国の「国家の日(ナショナル・デー)」とされる。これに倣い、国際慣例上君主と見なされる天皇の誕生日は、国家の日とされる。
  3. ^ ただし、1924年大正13年)〜2091年の間は春分日は3月20日21日しか現れない見込みで、次に3月19日となるのは2092年2096年の2回のみ(グレゴリオ暦の周期400年の中でこの2回)。また、直近で最後に3月22日だったのは1923年(大正12年)で、次に3月22日となるのは2303年の見込み。
  4. ^ a b 「国民の祝日」について”. 内閣府大臣官房総務課 (2020年). 2021年8月11日閲覧。
  5. ^ a b 2021年の祝日移動について (PDF)”. 内閣官房 東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局 (2020年12月21日). 2021年8月11日閲覧。
  6. ^ a b 東京2020オリンピック・パラリンピック開催にあわせて 2021年の祝日が移動します (PDF)”. 内閣官房 (2020年). 2021年8月11日閲覧。
  7. ^ 1980年(昭和55年)〜2102年の間は秋分日は9月22日23日しか現れない見込み。直近で最後に9月24日だったのは1979年(昭和54年)で、次に9月24日となるのは2103年、その次は2202年となる見込み。
  8. ^ 正確には、即位や結婚の儀など慶事は同法の「国民の祝日」または法令の「休日」と規定されるが、大喪の礼など弔事は単に法令の「休日」と規定している。
  9. ^ 「行政機関の休日に関する法律」(第1条第1項第2号)、「地方自治法」(第4条の2第1項第2号)、「学校教育法施行規則」(第61条第1号)等、「刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律」(第178条第2項)、「民法」(第142条)等
  10. ^ 5月1日が祝日扱いとなることで、前日と翌日が祝日となる平日の4月30日および5月2日は附則により国民の休日となる。


「国民の祝日」の続きの解説一覧



国民の祝日と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「国民の祝日」の関連用語

国民の祝日のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



国民の祝日のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国民の祝日 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS