日本の国旗とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本の国旗の意味・解説 

日本の国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 14:26 UTC 版)

日本国旗(にっぽんのこっき、にほんのこっき)は、地にが描かれた。法律上は日章旗(にっしょうき)と呼ばれ、日本では古くから、一般的に日の丸(ひのまる)と呼ばれる。日本では聖徳太子遣隋使に託した文書以来、自国を"日出ずる国"とする考え方があり、赤い日の丸は日の出の太陽を象徴する。 また紅白は日本の伝統色で、めでたいものとされており、赤は博愛活力、白は神聖純潔を意味するとも言われている[1]


注釈

  1. ^ 熊野からでは北に向かって戦う事になる。このため鈴木眞年のように、「伊勢まで行って西から大和盆地に侵攻した」とする説もある。
  2. ^ 日本の国旗#特例の日章旗も参照されたし。

出典

  1. ^ 日本の国旗 世界の国旗図鑑
  2. ^ 森浩一著「日本神話の考古学」(朝日新聞出版 1993年7月)
  3. ^ 「日本古典文学大系 2 風土記」(岩波書店 1958年4月)の伊勢国風土記逸文に、「神武天皇が伊勢国造の祖の天日別命に命じて伊勢国に攻め込ませ、国津神の伊勢津彦を追い出して伊勢を平定した」とある。
  4. ^ 泉欣七郎、千田健共編『日本なんでもはじめ』ナンバーワン、1985年、149頁、ISBN 4931016065
  5. ^ 強い傾向ではなく、バングラデシュの国旗グリーンランドの旗では太陽を赤で示し、パラオの国旗では月を黄色で示している(#日章旗とデザインが類似している旗参照)。
  6. ^ a b c 雲峰寺「宝物殿の案内」
  7. ^ 日の丸の御旗/富士の国やまなし観光ネット
  8. ^ 日の丸御旗(堀家所蔵)
  9. ^ 「江戸図屏風」の最新事情|歴博プロムナード|歴博アーカイブズ|国立歴史民俗博物館 2004年9月6日 - 2005年1月23日展示。"今までは不確かであった制作年代について、「寛永期」であることがほぼ確定できたことです。制作年代の確定は、炭素14年代測定研究の成果"。
  10. ^ 江戸図屏風 江戸湊、向井將監武者船懸御目候所 左隻6扇下左隻第5扇下
  11. ^ 貴重資料「御船印並諸国御船印之図」、水野家文書、首都大学東京所蔵
  12. ^ 御用船長春丸―赤塗りの船(赤船)・日の丸の帆―
  13. ^ 暉峻康隆『日の丸・君が代の成り立ち』28頁参照。
  14. ^ a b c 松本健一『「日の丸・君が代」の話』
  15. ^ 吉野真保編『嘉永明治年間録 四巻』安政二年二月薩州ニ於テ製造ノ船琉砲船江戸海ニ着ス琉砲船長十五間檣三本出し共裾黒の帆標帆三段ふ掛け中程ふ裾黒の吹流し付艫の方日の丸並轡の紋船標小織布交の吹貫を立つ
  16. ^ 暉峻康隆『日の丸・君が代の成り立ち』28頁参照
  17. ^ 石井謙治『和船Ⅱ』法政大学出版局、1995年
  18. ^ 横須賀開国史研究会編『幕末浦賀軍艦建造記(横須賀開国史シリーズ 5)』横須賀市、2002年
  19. ^ 安達裕之『異様の船 洋式船導入と鎖国体制』平凡社、1995年
  20. ^ 石井行夫「国旗日の丸のルーツは」『開国史研究』4号、横須賀市、2004年
  21. ^ 遣米使節団のブロードウェー・パレード在ニューヨーク日本国総領事館
  22. ^ 松本健一『「日の丸・君が代」の話』PHP研究所、1999年。
  23. ^ 中西立太『日本の軍装-幕末から日露戦争-』大日本絵画、2001年
  24. ^ 但しこの時の錦旗は、事前に岩倉具視薩摩藩が用意していたものである。錦旗を与える手続き自体は朝廷の正式な決定を経ている。
  25. ^ 『戊辰戦争絵巻』(致道博物館蔵)
  26. ^ 国旗及び国歌に関する法律#法律制定の背景
  27. ^ 小学校学習指導要領解説 特別活動編、文部科学省
  28. ^ 中学校学習指導要領解説 特別活動編、文部科学省
  29. ^ 学習指導要領においては「入学式卒業式などにおいては、その意義を踏まえ、国旗を掲揚するとともに、国歌を斉唱するよう指導するものとする。」と記されており、『学習指導要領解説』(文部科学省著作物)には、「国際化の進展に伴い、日本人としての自覚を養い、国を愛する心を育てるとともに、児童(生徒)が将来、国際社会において尊敬され、信頼される日本人として成長していくためには、国旗及び国歌に対して一層正しい認識をもたせ、それらを尊重する態度を育てることは重要なことである。(後略)」とも記されている[27][28]
  30. ^ 日の丸の大きさ・解答 - 吹浦忠正(ユーラシア21研究所理事長)の新・徒然草 2007年12月31日
  31. ^ 月刊五輪:吹浦忠正の1964年東京五輪物語 「日の丸」基準に苦労 - 毎日新聞、2015年4月21日 東京朝刊(アーカイブ
  32. ^ 東京五輪エンブレムのパクリ疑惑 原因はコンペ作品のコンセプトか - ライブドアニュース(2015年8月2日 LITERA)
  33. ^ 自衛隊法施行令(昭和29年政令第179号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2019年12月23日閲覧。
  34. ^ 伊本俊二『国旗 日の丸』中央公論新社、1999年、176-177頁、ISBN 4122034639
  35. ^ 吹浦忠正『「日の丸」を科学する』自由国民社、1995年、ISBN 4426745004
  36. ^ 新情報センターが委託を受け調査した。
  37. ^ “年号制度・国旗・国歌に関する世論調査” (日本語) (プレスリリース), 内閣府政府広報室, (1974年), https://www8.cao.go.jp/survey/s49/S49-12-49-14.html 2010年7月31日閲覧。 
  38. ^ ニュースステーション電話世論調査、1999年7月、テレビ朝日(インターネットアーカイブ参照)
  39. ^ オリンピック東京大会沖縄聖火リレー ―1960年代前半の沖縄における復帰志向をめぐって沖縄県公文書館
  40. ^ 4 諸外国における国旗、国歌の取扱い、文部省「国旗及び国歌に関する関係資料」、1999年9月(インターネット・アーカイブ参照)
  41. ^ 国旗の侮辱を禁じる新法を公布、フランス、AFPBB News、2010年7月25日
  42. ^ a b アーカイブされたコピー”. 2009年9月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年9月6日閲覧。 【日本の議論】日の丸裁断による民主党旗問題 国旗の侮辱行為への罰則は是か非か]、産経新聞2009年8月30日
  43. ^ 【09衆院選】日の丸裂いて「党旗」に陳謝 鹿児島の民主候補陣営産経新聞2009年8月18日 Archived 2009年8月21日, at the Wayback Machine.
  44. ^ 国旗で民主マーク、鹿児島の候補者 出陣式でおわび読売新聞2009年8月18日
  45. ^ 「ビーバップ!ハイヒール」国旗に秘められたミステリー2 朝日放送 2009年10月1日
  46. ^ 清水憲司 (2014年5月27日). “バングラデシュ首相:日の丸参考に国旗…親日アピール”. 毎日新聞. オリジナルの2014年5月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140528005244/https://mainichi.jp/select/news/20140528k0000m030031000c.html 2014年5月29日閲覧。 
  47. ^ 吹浦忠正 (2010年10月26日). “パラオ国旗の作者との対話”. 吹浦忠正(ユーラシア21研究所理事長)の新・徒然草. CANPANブログ. 公益財団法人日本財団. 2021年11月11日閲覧。
  48. ^ 日の丸バスケ、買春に悔悟の日々〔敗軍の将、兵を語る〕 - 日経ビジネス電子版
  49. ^ Morita, D. (2007-04-19) "A Story of Treason", San Francisco: Nichi Bei Times
  50. ^ カンボジアで「つばさ橋」開通——ベトナム・カンボジア・タイが1本の道路でつながった 国際協力機構、2015年3月26日
  51. ^ 広島カープ誕生物語より





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本の国旗」の関連用語

日本の国旗のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日本の国旗のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本の国旗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS