日本の原子力発電所とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 施設 > 発電所 > 原子力発電所 > 日本の原子力発電所の意味・解説 

日本の原子力発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/30 18:11 UTC 版)

日本の原子力発電所(にほんのげんしりょくはつでんしょ)では、日本原子力発電所の歴史、現状、予定について説明する。




注釈

  1. ^ フロイスの『日本史』には次のように書かれている。

    「高い山にも似た大波が、遠くから恐るべき唸(うな)りを発しながら猛烈な勢いで押し寄せて(中略)引き返す時には、大量の家屋と男女の人々を連れ去り、その地は泡だらけとなって、いっさいのものが呑(の)みこまれてしまった」[14]

出典

  1. ^ 土井淑平 アメリカの核開発”. 土井淑平 活動と仕事. 土井淑平 (2010年2月27日). 2010年11月14日閲覧。
  2. ^ 原子力の三原則原子力安全・保安院 Archived 2011年3月22日, at the Wayback Machine.
  3. ^ 原子力委員会の役割”. 内閣府原子力委員会. 2011年1月20日閲覧。
  4. ^ 【総論】第1章 はじめに §1 原子力委員会の性格と構成”. 昭和33-34年版 原子力白書. 内閣府原子力委員会 (1960年2月). 2011年1月20日閲覧。
  5. ^ Eleanor Warnock (2012年6月1日). “日本の原子力発電とCIAの関係”. ウォール・ストリート・ジャーナル・ジャパン. 2013年8月19日閲覧。
  6. ^ “原発の源流と日米関係 (4)-原子力協定の攻防/湯川氏、抗議の辞任”. しんぶん赤旗 (日本共産党). (2011年6月10日). http://www.jcp.or.jp/akahata/html/senden/2011_genpatsu/index04.html 2011年9月4日閲覧。 
  7. ^ 沿革”. 日本原子力研究所. 2011年1月20日閲覧。
  8. ^ 沿革”. 日本原子力発電株式会社. 2011年1月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年1月20日閲覧。
  9. ^ 原子力知識の普及啓発”. 原子力委員会. 2012年1月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年1月20日閲覧。
  10. ^ 黒鉛減速炭酸ガス冷却型原子炉 (GCR)”. 原子力百科事典ATOMICA. 一般財団法人高度情報科学技術研究機構. 2010年11月14日閲覧。
  11. ^ “原発の源流と日米関係 (6)-核燃料サイクル計画/日本は施設の実験場”. しんぶん赤旗 (日本共産党). (2011年6月12日). http://www.jcp.or.jp/akahata/html/senden/2011_genpatsu/index06.html 2011年9月4日閲覧。 
  12. ^ “課題残し日本最長「50年運転」関電美浜原発1号機 28日に40年”. 産経ニュース. (2011年1月17日). オリジナル2011年2月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110216093408/http://sankei.jp.msn.com//economy/news/110117/biz11011716540035-n1.htm 2011年2月14日閲覧。 
  13. ^ “福島第一原発全6基の廃炉、東電も「不可避」の見方”. 朝日新聞. (2011年3月20日). オリジナル2011年3月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110323101715/http://www.asahi.com/national/update/0320/TKY201103200297.html 2011年3月25日閲覧。 
  14. ^ ルイス・フロイス 『完訳フロイス日本史』3、中央公論新社〈中公新書〉。[要文献特定詳細情報][要ページ番号]
  15. ^ “若狭湾の津波、調査検討=古文書に被害の記述 - 関電”. 朝日新聞. (2011年5月26日). オリジナル2011年9月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110921191924/http://www.asahi.com/national/jiji/JJT201105260176.html 2011年5月27日閲覧。 
  16. ^ 若狭湾沿岸における天正地震による津波について (PDF)”. 原子力安全・保安院. 2013年1月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年11月15日閲覧。
  17. ^ 若狭湾沿岸における天正地震による津波堆積物調査について (PDF)”. 原子力安全・保安院. 2013年1月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年11月15日閲覧。
  18. ^ 関西電力、日本原子力発電、独立行政法人日本原子力研究開発機構 (2012年12月18日). “若狭湾沿岸における天正地震による津波堆積物調査について”. プレスリリース. 関西電力. 2015年10月13日閲覧。
  19. ^ “福井・原発周辺、文献に大津波の記録も”. 読売新聞. (2011年5月26日). http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110526-OYT1T01016.htm 2011年6月16日閲覧。  [リンク切れ]
  20. ^ “審査合格の高浜原発そばに津波痕跡 福井大学など確認、関電は影響否定”. 福井新聞. (2015年6月22日). http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/npp_restart/73705.html 2015年10月13日閲覧。 
  21. ^ “老朽原発:4基が27日廃止…美浜原発など、40年ルール”. 毎日新聞. (2015年4月27日). オリジナル2015年4月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150430000421/http://mainichi.jp/select/news/20150427k0000m020080000c.html 
  22. ^ “島根原発1号機 廃止”. 山陰放送 (gooニュース). (2015年4月30日). http://news.goo.ne.jp/article/bss/region/bss-9399.html 2015年4月30日閲覧。 
  23. ^ “焦点:国内原発の再稼働展望は3分の1以下、17基は困難か”. ロイター. (2014年4月2日). http://jp.reuters.com/article/2014/04/02/l4n0ms3op-insight-japan-nuclear-reactor-idJPTYEA3102Y20140402 2015年8月11日閲覧。 
  24. ^ 川内原子力発電所1号機の原子炉起動について”. 九州電力株式会社 (2015年8月11日). 2015年8月11日閲覧。
  25. ^ [1]
  26. ^ 高浜原発4号機が営業運転 5年11カ月ぶり、新基準施行後初”. 福井新聞. 2017年6月18日閲覧。
  27. ^ “福島第一原子力発電所1~4号機「廃止」…東電”. (2012年4月16日). http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20120416-OYT1T00592.htm 2012年4月19日閲覧。  [リンク切れ]
  28. ^ “菅氏、もんじゅ廃炉「関係機関と一体で取り組む」”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2017年6月7日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASGG07H09_X00C17A6EAF000/ 2017年10月9日閲覧。 
  29. ^ 【総論】第1章 原子力開発利用の動向と新長期計画 1 着実に進展する原子力発電 (3) 原子力発電所の立地をめぐる動向”. 昭和57年版 原子力白書. 内閣府原子力委員会 (1982年10月). 2011年2月14日閲覧。
  30. ^ 原発と地域振興-福井県美浜町の事例”. 福井・若狭合宿フィールドワーク・報告書(1999年). 神戸大学発達科学部 (1999年). 2011年2月14日閲覧。
  31. ^ 関本博他. “なぜ, いま原子力の熱利用なのか?”. 月刊「エネルギー」誌 2006年6月号. エネルギー問題に発言する会. pp. 11. 2011年2月14日閲覧。
  32. ^ a b 電源立地制度の概要-平成15年度大改正後の新たな交付金制度-地域の夢を大きく育てる(2004年3月) (PDF)”. 経済産業省資源エネルギー庁. 2010年7月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年6月7日閲覧。
  33. ^ “原子力を問う-原発の立地(世界でも珍しい交付金)”. 中国新聞. (2004年5月9日). オリジナル2011年5月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110516075550/http://www.chugoku-np.co.jp/kikaku/nuclearpower/japan/040509_02.html 2009年6月7日閲覧。 
  34. ^ 資料第2号 平成20年度 原子力関係経費政府予算案 総表(速報値) (PDF)”. 第52回原子力委員会 資料 (2007年12月27日). 2008年2月10日閲覧。
  35. ^ 本編 治安の確保 海上犯罪の現況 3 テロ対策”. 海上保安レポート2006. 海上保安庁. p. 65. 2008年2月10日閲覧。
  36. ^ 海上保安庁警備救難部警備課 (2005年10月3日). “「港湾危機管理対策官」及び「原子力発電所警備対策官」の配置について(お知らせ)”. 海上保安庁. 2008年2月10日閲覧。







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本の原子力発電所」の関連用語

日本の原子力発電所のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

FOMA P905i

1/2tトラック

猿渡堰堤

ルードヴィヒ王のビアケーゼ

南滋賀町廃寺

タンゴ・エクスプローラー

サーゲイ・ブリン

オオバギボウシ





日本の原子力発電所のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本の原子力発電所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS