日本の原子力発電所とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 施設 > 発電所 > 原子力発電所 > 日本の原子力発電所の意味・解説 

日本の原子力発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/26 03:36 UTC 版)

日本の原子力発電所(にほんのげんしりょくはつでんしょ)では、日本原子力発電所の歴史、現状、予定について説明する。




注釈

  1. ^ フロイスの『日本史』には次のように書かれている。

    「高い山にも似た大波が、遠くから恐るべき唸(うな)りを発しながら猛烈な勢いで押し寄せて(中略)引き返す時には、大量の家屋と男女の人々を連れ去り、その地は泡だらけとなって、いっさいのものが呑(の)みこまれてしまった」[14]

出典

  1. ^ 土井淑平 アメリカの核開発”. 土井淑平 活動と仕事. 土井淑平 (2010年2月27日). 2010年11月14日閲覧。
  2. ^ 原子力の三原則原子力安全・保安院 Archived 2011年3月22日, at the Wayback Machine.
  3. ^ 原子力委員会の役割”. 内閣府原子力委員会. 2011年1月20日閲覧。
  4. ^ 【総論】第1章 はじめに §1 原子力委員会の性格と構成”. 昭和33-34年版 原子力白書. 内閣府原子力委員会 (1960年2月). 2011年1月20日閲覧。
  5. ^ Eleanor Warnock (2012年6月1日). “日本の原子力発電とCIAの関係”. ウォール・ストリート・ジャーナル・ジャパン. 2013年8月19日閲覧。
  6. ^ “原発の源流と日米関係 (4)-原子力協定の攻防/湯川氏、抗議の辞任”. しんぶん赤旗 (日本共産党). (2011年6月10日). http://www.jcp.or.jp/akahata/html/senden/2011_genpatsu/index04.html 2011年9月4日閲覧。 
  7. ^ 沿革”. 日本原子力研究所. 2011年1月20日閲覧。
  8. ^ 沿革”. 日本原子力発電株式会社. 2011年1月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年1月20日閲覧。
  9. ^ 原子力知識の普及啓発”. 原子力委員会. 2012年1月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年1月20日閲覧。
  10. ^ 黒鉛減速炭酸ガス冷却型原子炉 (GCR)”. 原子力百科事典ATOMICA. 一般財団法人高度情報科学技術研究機構. 2010年11月14日閲覧。
  11. ^ “原発の源流と日米関係 (6)-核燃料サイクル計画/日本は施設の実験場”. しんぶん赤旗 (日本共産党). (2011年6月12日). http://www.jcp.or.jp/akahata/html/senden/2011_genpatsu/index06.html 2011年9月4日閲覧。 
  12. ^ “課題残し日本最長「50年運転」関電美浜原発1号機 28日に40年”. 産経ニュース. (2011年1月17日). オリジナル2011年2月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110216093408/http://sankei.jp.msn.com//economy/news/110117/biz11011716540035-n1.htm 2011年2月14日閲覧。 
  13. ^ “福島第一原発全6基の廃炉、東電も「不可避」の見方”. 朝日新聞. (2011年3月20日). オリジナル2011年3月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110323101715/http://www.asahi.com/national/update/0320/TKY201103200297.html 2011年3月25日閲覧。 
  14. ^ ルイス・フロイス 『完訳フロイス日本史』3、中央公論新社〈中公新書〉。[要文献特定詳細情報][要ページ番号]
  15. ^ “若狭湾の津波、調査検討=古文書に被害の記述 - 関電”. 朝日新聞. (2011年5月26日). オリジナル2011年9月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110921191924/http://www.asahi.com/national/jiji/JJT201105260176.html 2011年5月27日閲覧。 
  16. ^ 若狭湾沿岸における天正地震による津波について (PDF)”. 原子力安全・保安院. 2013年1月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年11月15日閲覧。
  17. ^ 若狭湾沿岸における天正地震による津波堆積物調査について (PDF)”. 原子力安全・保安院. 2013年1月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年11月15日閲覧。
  18. ^ 関西電力、日本原子力発電、独立行政法人日本原子力研究開発機構 (2012年12月18日). “若狭湾沿岸における天正地震による津波堆積物調査について”. プレスリリース. 関西電力. 2015年10月13日閲覧。
  19. ^ “福井・原発周辺、文献に大津波の記録も”. 読売新聞. (2011年5月26日). http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110526-OYT1T01016.htm 2011年6月16日閲覧。  [リンク切れ]
  20. ^ “審査合格の高浜原発そばに津波痕跡 福井大学など確認、関電は影響否定”. 福井新聞. (2015年6月22日). http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/npp_restart/73705.html 2015年10月13日閲覧。 
  21. ^ “老朽原発:4基が27日廃止…美浜原発など、40年ルール”. 毎日新聞. (2015年4月27日). オリジナル2015年4月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150430000421/http://mainichi.jp/select/news/20150427k0000m020080000c.html 
  22. ^ “島根原発1号機 廃止”. 山陰放送 (gooニュース). (2015年4月30日). http://news.goo.ne.jp/article/bss/region/bss-9399.html 2015年4月30日閲覧。 
  23. ^ “焦点:国内原発の再稼働展望は3分の1以下、17基は困難か”. ロイター. (2014年4月2日). http://jp.reuters.com/article/2014/04/02/l4n0ms3op-insight-japan-nuclear-reactor-idJPTYEA3102Y20140402 2015年8月11日閲覧。 
  24. ^ 川内原子力発電所1号機の原子炉起動について”. 九州電力株式会社 (2015年8月11日). 2015年8月11日閲覧。
  25. ^ [1]
  26. ^ 高浜原発4号機が営業運転 5年11カ月ぶり、新基準施行後初”. 福井新聞. 2017年6月18日閲覧。
  27. ^ “福島第一原子力発電所1~4号機「廃止」…東電”. (2012年4月16日). http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20120416-OYT1T00592.htm 2012年4月19日閲覧。  [リンク切れ]
  28. ^ “菅氏、もんじゅ廃炉「関係機関と一体で取り組む」”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2017年6月7日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASGG07H09_X00C17A6EAF000/ 2017年10月9日閲覧。 
  29. ^ 【総論】第1章 原子力開発利用の動向と新長期計画 1 着実に進展する原子力発電 (3) 原子力発電所の立地をめぐる動向”. 昭和57年版 原子力白書. 内閣府原子力委員会 (1982年10月). 2011年2月14日閲覧。
  30. ^ 原発と地域振興-福井県美浜町の事例”. 福井・若狭合宿フィールドワーク・報告書(1999年). 神戸大学発達科学部 (1999年). 2011年2月14日閲覧。
  31. ^ 関本博他. “なぜ, いま原子力の熱利用なのか?”. 月刊「エネルギー」誌 2006年6月号. エネルギー問題に発言する会. pp. 11. 2011年2月14日閲覧。
  32. ^ a b 電源立地制度の概要-平成15年度大改正後の新たな交付金制度-地域の夢を大きく育てる(2004年3月) (PDF)”. 経済産業省資源エネルギー庁. 2010年7月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年6月7日閲覧。
  33. ^ “原子力を問う-原発の立地(世界でも珍しい交付金)”. 中国新聞. (2004年5月9日). オリジナル2011年5月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110516075550/http://www.chugoku-np.co.jp/kikaku/nuclearpower/japan/040509_02.html 2009年6月7日閲覧。 
  34. ^ 資料第2号 平成20年度 原子力関係経費政府予算案 総表(速報値) (PDF)”. 第52回原子力委員会 資料 (2007年12月27日). 2008年2月10日閲覧。
  35. ^ 本編 治安の確保 海上犯罪の現況 3 テロ対策”. 海上保安レポート2006. 海上保安庁. p. 65. 2008年2月10日閲覧。
  36. ^ 海上保安庁警備救難部警備課 (2005年10月3日). “「港湾危機管理対策官」及び「原子力発電所警備対策官」の配置について(お知らせ)”. 海上保安庁. 2008年2月10日閲覧。







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本の原子力発電所」の関連用語

日本の原子力発電所のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日本の原子力発電所のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本の原子力発電所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS