アイヌとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > アイヌの意味・解説 

アイヌ

アイヌとは、「人間」意味しますアイヌ民族は、「自分たちに役立つもの」あるいは「自分たちの力が及ばないもの」を神(カムイ)とみなし、日々の生活のなかで、祈りさまざまな儀礼行いました
それらの神々には、火や、風、といった自然神クマキツネシマフクロウシャチといった動物神トリカブトキノコヨモギといった植物神、舟、鍋といった物神、さらに家を守る神、山の神、湖の神などがありますそういったに対して人間のことを「アイヌ」と呼ぶのです。

起源
アイヌの人種所属については、かつて「コーカソイド白人)説」「モンゴロイド説」「大洋州人種説」「古アジア民族説」そして「人種孤島説」などが唱えられました。現在ではモンゴロイド説」が発展した一つ仮説として、次のような説があります

古モンゴロイドには南方系と北方系の2つのタイプがあって、縄文時代前、いまから数万年前そのうちの南方系のモンゴロイドが北に向かって移動を始め長い年月間にそれらが沖縄を含む日本列島住みつき全国的規模縄文文化を担うようになります。やがて弥生古墳時代になると北方系のモンゴロイド大挙して渡来するようになり、これらの影響強く受けて急進化してきたのが和人(アイヌ以外の人々)、ほとんど影響受けず小進化してきたのがアイヌと琉球人であるといわれています

アイヌ

イヌ (アイヌaynu)[名] アイヌ語人間の意。〈標〉ウタリカムイ

アイヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/24 07:59 UTC 版)

アイヌアイヌ語: Ainu / Aynu, ロシア語: Айны)は、北は樺太から北東の千島列島カムチャツカ(勘察加)半島北海道を経て、南は本州北部にまたがる地域に居住していた民族である[3]


注釈

  1. ^ 縄文土器の文様は、長い長い年数をかけてゆっくりと変化してゆき、「後期縄文土器」の文様は、その後の時代の「アイヌ」の人々が用いている文様と酷似しており かなり直接的に、連続的に繋がっている。[要出典]
  2. ^ 例えば、「イヌイット」はカナダ・エスキモーの自称であるが、これはイヌクティトゥット語で「人」を意味する Inuk の複数形、すなわち「人々」という意味である。また、7世紀以前、日本列島に居住した民族は、中華王朝の史書では「倭人」と記載されているが、これは自らを「我(ワ)」と呼んだためとする説がある。他にも、タイ族チェロキーカザフなどにも、民族名に「人」の意が含まれる。
  3. ^ 当時、アイヌは和人のことを「シサム」「シャモ」と呼称していた。シサムは隣人という意味のアイヌ語で、シャモはその変化形の蔑称または「和人」のアイヌ読みともいわれる。
  4. ^ 萱野茂によれば、和人の多い学校に通ったアイヌが「あア、イヌが来た(あ、アイヌが来た)」と悪口を言われるのは序の口だったという[15]。1986年には秋玲二の漫画『日本のんびり旅行』で北海道を扱った際、子供が次の行先を決めるために投げた石が犬に当たったのを見て「あっイヌだ!(中略)アイヌコタンへいこう」と言う場面があり[16]小川隆吉は人権侵犯事案として法務局に申し入れた[17]。また、2021年3月12日放送の日本テレビ系朝の情報番組「スッキリ」で、アイヌの映画を紹介する際にコーナーを担当するタレントが「この作品とかけまして動物を見つけたととく。その心は、あ、犬」という謎掛けを披露し、批判が寄せられた[18]
  5. ^ 義務化されたのは国語、算数、体育、農業の4種目であった。
  6. ^ 毒矢と網の使用禁止、禁猟区と禁猟期の設定
  7. ^ 他の7言語は与那国語八重山語が「重大な危険 (severely endangered)」、宮古語沖縄語国頭(くにがみ)語奄美語八丈語が「危険 (definitely endangered)」に分類されている。
  8. ^ 1923年(大正12年)に出版された知里幸恵アイヌ神謡集では、その発音を、ローマ字で表記するなどの工夫がされている。
  9. ^ 「昭和21年(1946年)12月19日、東京でデレヴャンコ中将と日本における連合国軍最高司令官代表ポール・J・ミューラー中将が、ソ連領とのその支配下にある地域からの日本人捕虜と民間人の本国送還問題に関する協定に署名した。協定では、日本人捕虜と民間人はソ連領とその支配下のある地域から本国送還されなければならない、と記されていた。日本市民はソ連領から自由意志の原則に基づいて帰還することが特に但し書きされていた。」(ネットワークコミュニティきたみ・市史編さんニュース №100 ヌプンケシ[リンク切れ] 平成17年1月15日発行)
  10. ^ 「しかしアキヅキトシユキは実際には1975年の樺太・千島交換条約の際に千島に住んでいた90人のアレウト族の末裔だったのではないかと推測している。そのアイヌがどこのだれのことを示しているのかということに関してそれ以上の情報はでてこなかった」 David L. Howell. “Geographies of Identity in Nineteenth-Century Japan”. University of California Press. 2014年7月13日閲覧。 小坂洋右 『流亡: 日露に追われた北千島アイヌ』北海道新聞社、1992年。ISBN 9784893639431 [要ページ番号]
  11. ^ この研究では縄文人の遺伝情報として船泊遺跡出土の人骨(F23)の情報が用いられている。
  12. ^ かねこ やすゆき。1970年、兵庫県生まれ。東京大学卒業後、1998年から北海道に在住し、2011年の市議会議員選挙でみんなの党公認で初当選した後、同年4月から自民党に所属していた[105]。落選後NHKから国民を守る党に入党し2019年渋谷区議に当選するも同年離党、現在は無所属。

出典

  1. ^ アイヌ生活実態調査”. 北海道. 2018年4月20日閲覧。
  2. ^ 第8章 アイヌ民族の宗教意識と文化伝承の課題 (PDF) 櫻井義秀 北海道大学アイヌ・先住民研究センター編『現代アイヌの生活と意識 : 2008年北海道アイヌ民族生活実態調査報告書』 2010年3月刊行
  3. ^ 樺太については北緯50度線付近より南部。浪川健治 『日本史リブレット50 アイヌ民族の軌跡』 山川出版社、2016年(1版6刷)、6頁。
  4. ^ a b 菊池 2012.
  5. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ)『アイヌ』 - コトバンク
  6. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典『アイヌ』 - コトバンク
  7. ^ a b 文化庁「「アイヌの人々の誇りが尊重される社会を実現するための施策の推進に関する法律案」を閣議決定~アイヌの人々の誇りが尊重される社会の実現を目指します~」
  8. ^ 「先住民族」初めて明記 アイヌ支援新法が成立” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2020年2月1日閲覧。[リンク切れ]
  9. ^ アイヌの人々の誇りが尊重される社会を実現するための施策の推進に関する法律(平成三十一年法律第十六号)”. e-Gov法令検索. 2020年10月24日閲覧。
  10. ^ “北大:アイヌ首長遺骨を返還”. 毎日新聞. (2018年7月21日). https://mainichi.jp/articles/20180721/k00/00e/040/318000c 
  11. ^ 「私の教わったアイヌの心」貝澤和明北海道アイヌ協会事務局長 https://www.ff-ainu.or.jp/about/files/sem1509.pdf
  12. ^ 坂田美奈子 『歴史総合パートナーズ5 先住民アイヌはどんな歴史を歩んできたか』 清水書院、2018年、50頁。
  13. ^ 加藤博文 (2012-03-31). まとめ−新しいアイヌ史の構築: マルチヴォイスの歴史に向けて− (Report). pp. 203-213. https://hdl.handle.net/2115/56298. 
  14. ^ 小学館 『デジタル大辞泉』
  15. ^ 萱野茂 『アイヌの碑』朝日新聞社、1980年、65頁。 
  16. ^ 『日本のんびり旅行 社会科まんが 1 (北海道・東北地方)』さ・え・ら書房、1983年、134頁。ISBN 4-378-04101-4 
  17. ^ 「教育漫画でアイヌべっ視」『朝日新聞東京夕刊』、1986年10月24日、19面。
  18. ^ 日テレ、「スッキリ」の放送内容で謝罪「アイヌの方を傷つけた」」(毎日新聞、2021年3月12日)2021年3月16日閲覧
  19. ^ 樋口知志『阿弖流為 夷俘と号すること莫かるべし』ミネルヴァ書房〈ミネルヴァ日本評伝選 126〉 p. 290–295、2013年10月10日。ISBN 978-4-623-06699-5
  20. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 日本学術会議 2011.
  21. ^ 日本国語大辞典,世界大百科事典内言及, 精選版. “樺太アイヌとは” (日本語). コトバンク. 2022年4月7日閲覧。
  22. ^ 『アイヌ学入門』講談社現代新書、2015、220-223頁。 
  23. ^ 『新北海道の古代3 擦文・アイヌ文化』北海道新聞社、2004、71-72頁。 
  24. ^ 『新北海道の古代3 擦文・アイヌ文化』北海道新聞社、2004、82-83頁。 
  25. ^ p.40 『アイヌの歴史』瀬川拓郎
  26. ^ p.97 『アイヌの歴史』瀬川拓郎
  27. ^ 『新北海道の古代3 擦文・アイヌ文化』北海道新聞社、2004、67-68頁。 
  28. ^ 小杉康 (1997年). “物質文化からの民族文化誌的再構成の試み : クリ ールアイヌを例として”. 国立民族学博物館研究報告 21巻2号: 406頁. 
  29. ^ 高瀬克範、鈴木建治 (2013年). “馬場コレクションの再検討 : 北千島の竪穴住居・土器・石器の基礎的研究”. 北大文学研究科紀要 140: 43頁. 
  30. ^ p.193 『アイヌの歴史』瀬川拓郎
  31. ^ 『新北海道の古代3 擦文・アイヌ文化』北海道新聞社、2004。 
  32. ^ p.75『アイヌ史/概説』河野本道 1996年 p.94「擦文人が農耕をさかんに行っていた証拠はいくらでもある」『アイヌの歴史』瀬川拓郎
  33. ^ p.237 『アイヌの歴史』瀬川拓郎
  34. ^ p.37 『アイヌの歴史』瀬川拓郎
  35. ^ 維新前北海道変災年表”. 2020年7月25日閲覧。
  36. ^ a b c Godefroy 2010.
  37. ^ 『ハリストス正教徒としての千島アイヌ』Malgorzata Zajac
  38. ^ 仁多見厳・飯田洋右『わが人生の軌跡―ステップス・バイ・ザ・ウェイ』北海道出版企画センター、1993年、154ページ
  39. ^ 久保寺逸彦『アイヌの文学』(岩波新書、1977年、序iii-iv)
  40. ^ 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) - コトバンク(2020年10月30日閲覧)
  41. ^ 2014年1月12日中日新聞朝刊サンデー版1面
  42. ^ 消滅の危機にある方言・言語 Archived 2014年12月13日, at the Wayback Machine., 文化庁
  43. ^ 八丈語? 世界2500言語、消滅危機 日本は8語対象、方言も独立言語 ユネスコ”. 朝日新聞 (2009年2月20日). 2014年3月29日閲覧。
  44. ^ Lee, Sean; Hasegawa, Toshikazu (2013-04-26). “Evolution of the Ainu Language in Space and Time”. PLoS ONE 8 (4). doi:10.1371/journal.pone.0062243. ISSN 1932-6203. PMC 3637396. PMID 23638014. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3637396/. 
  45. ^ 天野哲也 『骨から探るオホーツク人の生活とルーツ : 形質人類学・遺伝学による研究 : 国際シンポジウム』北海道大学総合博物館、2006年6月、37頁。 
  46. ^ 津曲敏郎 (2009年). “サハリンの言語世界 : 単語借用から見る”. サハリンの言語世界 : 北大文学研究科公開シンポジウム報告書 (北海道大学大学院文学研究科). 
  47. ^ a b c プーチン大統領 アイヌをロシアの先住民とする提案に賛成 2018年12月18日, 01:54
  48. ^ アイヌ語と津軽半島=15 by 陸奥新報”. www.mutusinpou.co.jp. 2022年4月7日閲覧。
  49. ^ a b 第2版,世界大百科事典内言及, 世界大百科事典. “樺太・千島交換条約とは” (日本語). コトバンク. 2022年4月7日閲覧。
  50. ^ Демоскоп Weekly - Приложение. Справочник статистических показателей.”. 2019年3月16日閲覧。, Демоскоп Weekly - Приложение. Справочник статистических показателей.”. 2019年3月16日閲覧。
  51. ^ a b c d e 「アイヌ」を先住民族に―ロシアに初の団体(動画):北海道新聞 どうしん電子版” (日本語). 北海道新聞 どうしん電子版. 2022年4月7日閲覧。
  52. ^ Poisson, B. 2002, The Ainu of Japan, Lerner Publications, Minneapolis, p. 5.
  53. ^ a b 北海道アイヌ協会 Archived 2011年5月18日, at the Wayback Machine.
  54. ^ “北海道のアイヌ、10年余で4割減 実態反映せず”. 日本経済新聞. (2018年8月27日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34630960X20C18A8CR8000/ 2018年9月7日閲覧。 
  55. ^ 人種差別撤廃委員会の最終見解(CERD/C/JPN/CO/7-9)に対する日本政府コメント(2016年8月)[1]
  56. ^ 沖縄の民意尊重を 国連人種差別撤廃委が日本に勧告” (日本語). 琉球新報. 2021年1月11日閲覧。
  57. ^ アイヌ政策に関する世論調査 2 調査結果の概要 2 - 内閣府”. survey.gov-online.go.jp. 2022年4月7日閲覧。
  58. ^ 法務省:アイヌの人々に対する偏見や差別をなくそう”. www.moj.go.jp. 2021年6月27日閲覧。
  59. ^ 菊地千夏. “アイヌの人々への差別の実像 (PDF)”. 北海道大学 アイヌ・先住民研究センター. 2019年3月16日閲覧。
  60. ^ 西浦宏巳『アイヌ、いま-北国の先住者たち』新泉社、1984年
  61. ^ さとうち藍『アイヌ式エコロジー生活:治造エカシに学ぶ、自然の知恵』小学館、2008年、130ページ
  62. ^ 「逆説の日本史17 江戸成熟編/アイヌ民族と幕府崩壊の謎」 p43-48 井沢元彦 · 2014
  63. ^ ゼレンスキー大統領の国会演説にプーチン氏怒り心頭 日本がロシアの敵対国に(NEWSポストセブン)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年4月7日閲覧。
  64. ^ アイヌ民族は「ロシアの先住民族」 プーチン大統領が認定方針 (北海道新聞 どうしんウェブ)”. NewsPicks (2018年12月18日). 2022年4月7日閲覧。
  65. ^ [https://nichibun.repo.nii.ac.jp › ...PDF アイヌの遺伝的起源 アイヌの遺伝的起源] (PDF)”. 20211208閲覧。
  66. ^ https://www.pnas.org/content/pnas/98/17/10017.full.pdf
  67. ^ Jinam, Timothy A.; Kanzawa-Kiriyama, Hideaki; Inoue, Ituro; Tokunaga, Katsushi; Omoto, Keiichi; Saitou, Naruya (2015-10). “Unique characteristics of the Ainu population in Northern Japan” (英語). Journal of Human Genetics 60 (10): 565–571. doi:10.1038/jhg.2015.79. ISSN 1435-232X. https://www.nature.com/articles/jhg201579. 
  68. ^ Brace, C. Loring; Nelson, A. Russell; Seguchi, Noriko; Oe, Hiroaki; Sering, Leslie; Qifeng, Pan; Yongyi, Li; Tumen, Dashtseveg (2001-08-14). “Old World sources of the first New World human inhabitants: A comparative craniofacial view”. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 98 (17): 10017–10022. doi:10.1073/pnas.171305898. ISSN 0027-8424. PMID 11481450. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC55570/. 
  69. ^ Jinam, Timothy; Nishida, Nao; Hirai, Momoki; Kawamura, Shoji; Oota, Hiroki; Umetsu, Kazuo; Kimura, Ryosuke; Ohashi, Jun et al. (2012-12). “The history of human populations in the Japanese Archipelago inferred from genome-wide SNP data with a special reference to the Ainu and the Ryukyuan populations” (英語). Journal of Human Genetics 57 (12): 787–795. doi:10.1038/jhg.2012.114. ISSN 1435-232X. https://www.nature.com/articles/jhg2012114. 
  70. ^ 記者会見「日本列島3人類集団の遺伝的近縁性」” (日本語). 東京大学. 2021年11月8日閲覧。
  71. ^ 【プレスリリース】日本列島3人類集団の遺伝的近縁性 Archived 2013年3月29日, at the Wayback Machine.
  72. ^ Journal of Human Genetics|NPG Nature Asia-Pacific”. 2013年3月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月15日閲覧。
  73. ^ 田島等 "Genetic Origins of the Ainu inferred from combined DNA analyses of maternal and paternal lineages" 2004年
  74. ^ Tanaka, Masashi (2004). “Mitochondrial genome variation in Eastern Asia and the peopling of Japan”. Genome Research 14 (10A): 1832–1850. doi:10.1101/gr.2286304. PMC 524407. PMID 15466285. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC524407/. 
  75. ^ 日沼頼夫(1998) 「ウイルスから日本人の起源を探る」『日本農村医学会誌』, (1997-1998) , 46(6) , 908-911
  76. ^ やはりアイヌ人と琉球人の方が本土人よりも遺伝的に近かった - 東大など | TECH+
  77. ^ 上田正昭他『日本古代史の謎再考(エコール・ド・ロイヤル 古代日本を考える1)』 学生社 1983年 pp.52より
  78. ^ Schmidt, Seguchi (2014). "Jōmon culture and the peopling of the Japanese archipelago". These results suggest a level of inter-regional heterogeneity not expected among Jomon groups. This observation is further substantiated by the studies of Kanzawa-Kiriyama et al. (2013) and Adachi et al. (2013). Kanzawa-Kiriyama et al. (2013) analysed craniometrics and extracted aDNA from museum samples that came from the Sanganji shell mound site in Fukushima Prefecture dated to the Final Jomon Period. They tested for regional differences and found the Tokoku Jomon (northern Honshu) were more similar to Hokkaido Jomon than to geographically adjacent Kanto Jomon (central Honshu). Adachi et al. (2013) described the craniometrics and aDNA sequence from a Jomon individual from Nagano (Yugora cave site) dated to the middle of the initial Jomon Period (7920–7795 cal BP). This individual carried ancestry, which is widely distributed among modern East Asians (Nohira et al. 2010; Umetsu et al. 2005) and resembled modern Northeast Asian comparison samples rather than geographical close Urawa Jomon sample.
  79. ^ http://www.jjarchaeology.jp/contents/pdf/vol002/2-1_034-059.pdf
  80. ^ 安達登・篠田謙一・梅津和夫・松村博文・大島直行・坂上和弘・百々幸雄 (2005) 北海道伊達市有珠モシリ遺跡出土人骨のミトコンドリアDNA多型解析. 「DNA多型 vol.13」所収、日本DNA多型学会・小林敬典編、東洋書店、pp. 242-245.
  81. ^ a b c 安達・篠田 2008.
  82. ^ a b c d 安達・篠田 2010.
  83. ^ a b c d “消えた北方民族の謎追う 古代「オホーツク人」北大が調査 - 文化トピックス - 文化”. asahi.com (朝日新聞社). (2009年2月4日). オリジナルの2015年12月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151228120836/http://www.asahi.com:80/culture/news_culture/TKY200902040080.html 2019年3月16日閲覧。 
  84. ^ a b c d e f g “オホーツク人DNA解読 北大研究グループ アイヌ民族と共通性”. どうしんウェブ (北海道新聞社). (2009年6月18日). オリジナルの2009年6月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090620234851/http://www.hokkaido-np.co.jp:80/news/environment/172199.html 2019年3月16日閲覧。 
  85. ^ a b c d e f g オホーツク人のDNA解読に成功ー北大研究グループー”. オホーツク観光連盟. 2018年11月10日閲覧。
  86. ^ Tokunaga, Katsushi; Ohashi, Jun; Bannai, Makoto; Juji, Takeo (September 2001). "Genetic link between Asians and native Americans: evidence from HLA genes and haplotypes". Human Immunology. 62 (9): 1001–1008. doi:10.1016/S0198-8859(01)00301-9. PMID 11543902.
  87. ^ Junko Habu「Jomon archaeology and the representation of Japanese origins」(1999年)
  88. ^ Ryan W. Schmidt、Noriko Seguchi「Jomon Culture and the peopling of the Japanese archipelago: advancements in the fields of morphometrics and ancient DNA」(2014年)
  89. ^ SHIGEMATSU, MASAHITO; ISHIDA, HAJIME; GOTO, MASAAKI; HANIHARA, TSUNEHIKO (2004). “Morphological affinities between Jomon and Ainu: reassessment based on nonmetric cranial traits”. Anthropological Science 112 (2): 161–172. doi:10.1537/ase.00092. ISSN 0918-7960. https://doi.org/10.1537/ase.00092. 
  90. ^ Hideaki Kanzawa-Kiriyama, Timothy A. Jinam, Yosuke Kawai, Takehiro Sato, Kazuyoshi Hosomichi, Atsushi Tajima, Noboru Adachi, Hirofumi Matsumura, Kirill Kryukov, Naruya Saitou, Ken-ichi Shinoda (2019). “Late Jomon male and female genome sequences from the Funadomari site in Hokkaido, Japan”. Anthropological Science: 2019 年 127 巻 2 号 p. 83-108. 
  91. ^ Takashi Gakuhari, Shigeki Nakagome, Simon Rasmussen, Morten E. Allentoft, Takehiro Sato, Thorfinn Korneliussen, Blánaid Ní Chuinneagáin, Hiromi Matsumae, Kae Koganebuchi, Ryan Schmidt, Souichiro Mizushima, Osamu Kondo, Nobuo Shigehara, Minoru Yoneda, Ryosuke Kimura, Hajime Ishida, Tadayuki Masuyama, Yasuhiro Yamada, Atsushi Tajima, Hiroki Shibata, Atsushi Toyoda, Toshiyuki Tsurumoto, Tetsuaki Wakebe, Hiromi Shitara, Tsunehiko Hanihara, Eske Willerslev, Martin Sikora, Hiroki Oota (2020). “Ancient Jomon genome sequence analysis sheds light on migration patterns of early East Asian populations”. Communications Biology 3: Article number: 437. 
  92. ^ Takehiro Sato , Noboru Adachi, Ryosuke Kimura , Kazuyoshi Hosomichi, Minoru Yoneda, Hiroki Oota, Atsushi Tajima, Atsushi Toyoda, Hideaki Kanzawa-Kiriyama, Hiromi Matsumae9, Kae Koganebuchi, Kentaro K. Shimizu, Ken-ichi Shinoda8, Tsunehiko Hanihara, Andrzej Weber, Hirofumi Kato, Hajime Ishida (2021). “Whole-Genome Sequencing of a 900-Year-Old Human Skeleton Supports Two Past Migration Events from the Russian Far East to Northern Japan”. Genome Biology and Evolution: Volume 13, Issue 9, September 2021, evab192. 
  93. ^ 縄文人ゲノム解析から見えてきた東ユーラシアの人類史 - 東京大学 大学院理学系研究科・理学部縄文人ゲノム解析から見えてきた東ユーラシアの人類史”. 2022年8月4日閲覧。
  94. ^ a b 篠田 2009.
  95. ^ 「アイヌ政策に関する世論調査」の概要”. 内閣府. 2021年3月22日閲覧。
  96. ^ 「アイヌ民族を先住民族とすることを求める決議」に関する内閣官房長官談話”. 首相官邸 (2006年6月6日). 2017年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月24日閲覧。
  97. ^ アイヌ民族を先住民族とすることを求める決議(平成20年6月6日):本会議決議”. 参議院. 2019年3月16日閲覧。
  98. ^ アイヌ先住民族決議、国会で採択”. All About (2008年6月10日). 2008年10月24日閲覧。
  99. ^ 北海道外に居住するアイヌの人々に対する奨学金の貸与について p4 北海道の区域外に居住するアイヌの人々を対象とする施策の対象となる者を認定する業務に係る規則 Archived 2014年9月4日, at the Wayback Machine.
  100. ^ 北海道の区域外に居住するアイヌの人々を対象とする施策の対象となる者を認定する業務についての実施方針 平成26年2月26日 アイヌ政策関係省庁連絡会議申合せ (PDF)”. 首相官邸. 2019年3月16日閲覧。
  101. ^ アイヌ民族の「権利確立」を 鈴木宗男の10年”. SANKEI DIGITAL INC.. 2015年8月8日閲覧。
  102. ^ 『Race and Racism』Routledge & Kegan Paul PLC; New edition edition (1983)、1943年、32頁。 
  103. ^ 先住民族アイヌの権利回復を求める団体・個人署名の要請”. おんな組いのち. 2019年3月16日閲覧。
  104. ^ 2018/12/19付 北海道新聞「アイヌ民族はロシアの先住民族 プーチン大統領が認定方針」
  105. ^ プロフィール|金子快之のひとりごと”. 金子快之. 2018年11月10日閲覧。
  106. ^ 札幌市議:「アイヌはもういない」 ネットで自説 Archived 2014年8月17日, at the Wayback Machine. 毎日新聞 2014年8月17日
  107. ^ J-CASTニュース:「アイヌ民族もういない」札幌市議、過激発言連発 批判の声に「本当のことを言うと議員辞めなければならないのか」 2014年8月17日
  108. ^ “【統一地方選】アイヌ発言の金子氏が落選 札幌市議選”. 産経ニュース. (2015年4月13日). オリジナルの2015年4月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150414235244/http://www.sankei.com/politics/news/150413/plt1504130034-n1.html 2015年4月18日閲覧。 
  109. ^ アイヌ施策に関するツイートについて: 札幌市議会 金子やすゆき ホームページ 2014年8月16日
  110. ^ アイヌ発言の札幌市議除名を決定 自民党の市支部連 ハフィントンポスト 2014年9月10日
  111. ^ 金子快之・札幌市議が落選 「アイヌ民族、いまはもういない」発言で自民を除名” (日本語). ハフポスト (2015年4月12日). 2021年3月20日閲覧。
  112. ^ “北海道大学アイヌ遺骨等返還室”. 北海道大学ホームページ. http://www.hokudai.ac.jp/news/2016/09/post-410.html 2017年8月2日閲覧。 
  113. ^ 「アイヌ民族の遺骨 海外から初の返還」『読売新聞』朝刊2017年8月1日



アイヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/03 00:40 UTC 版)

身体尺」の記事における「アイヌ」の解説

アイヌ民族の間でも、独自の人体尺が使用されていた。 テㇺ - 両手広げた長さ日本本土の「ひろ」に同じ。体幹から指先までの長さは、「テㇺの半分」の意で北海道アイヌ語ではアッテㇺ、樺太アイヌ語ではアㇵテㇺと呼ばれるウォ - 親指から人差し指の先端までの長さ。なお日本中国の「尺」に当たる親指から中指先端までの長さ」は、北海道アイヌ語ではシウォ(大きなウォ)、樺太アイヌ語ではイヌクスン・モンペㇸ・ウォ中指計ったウォ)と呼ばれるイク - 人差し指第一関節から第二関節までの間の長さ

※この「アイヌ」の解説は、「身体尺」の解説の一部です。
「アイヌ」を含む「身体尺」の記事については、「身体尺」の概要を参照ください。


アイヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/06 22:51 UTC 版)

ハプログループD (Y染色体)」の記事における「アイヌ」の解説

アイヌにおいては「D1a2a」が16に14人の割合に当たる87.5%の高頻度見られた。アイヌに見られるD1a2aの内訳はD1a2a*(81.25%)、D1a2a1a(6.25%)である。

※この「アイヌ」の解説は、「ハプログループD (Y染色体)」の解説の一部です。
「アイヌ」を含む「ハプログループD (Y染色体)」の記事については、「ハプログループD (Y染色体)」の概要を参照ください。


アイヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 04:07 UTC 版)

人類館事件」の記事における「アイヌ」の解説

アイヌはむしろこれを好機捉え来場者にアイヌの待遇改善アピールした。[要出典]

※この「アイヌ」の解説は、「人類館事件」の解説の一部です。
「アイヌ」を含む「人類館事件」の記事については、「人類館事件」の概要を参照ください。


アイヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 04:42 UTC 版)

火葬場」の記事における「アイヌ」の解説

アイヌは伝統的に土葬であったが、仏教影響日本政府指導により火葬されようになった

※この「アイヌ」の解説は、「火葬場」の解説の一部です。
「アイヌ」を含む「火葬場」の記事については、「火葬場」の概要を参照ください。


アイヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 02:38 UTC 版)

ゴールデンカムイ」の記事における「アイヌ」の解説

アシㇼパ 杉元一味の項のアシㇼパを参照。 ウイルク(ポーランド語: Wilkロシア語: Вилк) 声 - 東地宏樹 アシㇼパの父。アシㇼパからはアチャ父さん)と呼ばれている。顔面縦横数本裂傷痕と口髭特徴アシㇼパ同様深い青色目を持ちポーランド人の父と樺太アイヌの母の子キリスト教徒ロシア語日本語アイヌ語を話す。普段は温和だが、常人なら躊躇するような行為でも必要とあれば最短経路で決断し実行できる精神性持ち主アシㇼパ曰く元同様羆の洞穴飛び込んだことがある南樺太出身樺太・千島交換条約樺太全島ロシアになった際、彼のコタン住人多く北海道に移住し、彼は出自ポーランド人の父を持つこと)を理由樺太残らざるをえなかったが、故郷コタン解体された。若い頃キロランケらの少数民族と共に帝政ロシアからの解放運動をしていた。15歳のキロランケと共に1881年アレクサンドル2世暗殺実行。顔の裂傷痕はその時爆風よるもので、ロシアから指名手配されるソフィアから思いを寄せられているその後樺太経由北海道へ渡り小樽辿り着いてインカㇻマッアシㇼパの母に出会い生活を共にし、北海道アイヌ信仰文化を学ぶ。アイヌの金塊強奪事件死亡したとされる。 しかしキロランケは「金塊強奪事件でアイヌを殺戮したのっぺら坊がウイルクである」と語ったため、それを確かめるために杉元一味網走向かうこととなる。一方でインカㇻマッ占いにより「のっぺら坊はウイルクではなくキロランケこそが金塊強奪事件犯人であり、ウイルクを殺害した」と信じている独房収監されていた「のっぺら坊」は替え玉で、網走監獄典獄童により教誨地下閉じ込められていた「本当ののっぺら坊」こそがウイルクであった。娘のために彫ったメノコマキリ(小刀を持っていた元をアシㇼパ友人だと信用し、「アイヌ殺し自分ではない」「金塊」と伝えている最中尾形頭部狙撃され死亡した。その狙撃合図したのはキロランケである。ロシア極東樺太北海道少数民族中心とした「極東連邦」の成立目指して活動していたが、アシㇼパ生まれてからは、海に囲まれ比較守りやすい北海道のみを独立させよう考え変わった性格軟化した。これがキロランケとの仲違いを生み、射殺される要因となった。 ウイルクという名前はポーランド語で「」を意味する。これは幼少期群れからはぐれたが、弱った自分殺してもらうために仲間呼び群れ不要という理由で仲間殺されるのを見てそのように合理的気高くなりたい毛皮かぶって遊んでいたため、ポーランド人の父により名付けられものである後にこの話を聞いたアシㇼパの母・リラッテから「ホㇿケウオㇱコニ」(アイヌ語: Horkew oskoni、アイヌ語で「追いつく」の意)というアイヌ名もらった。この名前はウイルク、リラッテ、アシㇼパ3人しか知らないアシㇼパ祖母アイヌ語: Huci) 声 - 一城みゆ希 アシㇼパ母方祖母でアイヌの老女19歳の頃からイコインカㇻマッ取り上げ女、産婆の意)をしている。アシㇼパからはフチおばあちゃん)と呼ばれ本名不明口の周囲彫った刺青大きくコタン一番の実力者で、親族でない谷垣チカパシからもフチ呼ばれ慕われるアイヌ語話者日本語判らないため、孫たち通訳を介して和人会話する孫娘アシㇼパ自分の宝と思っている一方で、アイヌの女としての嗜みを身につけようとせず、狩猟精を出している様を嘆き将来心配している孫娘初め客人連れて来たことを喜び快く和人迎え入れ矢毒息も絶え絶え谷垣手厚く看病するなど、人情に厚い性格アイヌ人としての伝統因習重んじているため、大事な孫娘凶事振りかかるという占い信じ込み、床に伏してしまうが、アシㇼパ無事に連れて帰ってくる約束告げた谷垣涙しカムイ加護捧げ見送る。その後に鶴見によって捨て子形で坂本お銀の子託され大切に育てている。 北海道各地コタン多くの兄弟姉妹親族がおり、杉元一味の旅の助けとなっている。 オソマ(アイヌ語: Osoma) 声 - 朝井彩加 アシㇼパ従妹。父であるマカナックル似の少女。アイヌ独特の風習に沿い、病魔除け幼名として「オソマ(糞)」という汚い言葉命名されている。和人の耳に興味津々日がな一日遊戯明け暮れ谷垣懐きに付き添い、幼い身ながら窮地助力谷垣出立時には未完成ながらも自作のテクンペ(手甲)を手渡し涙ぐんで見送った。 マカナックル(アイヌ語: Makanakkuru) 声 - 斧アツシ アシㇼパ母方叔父でオソマの父。アシㇼパからはアチャポ(叔父さん)と呼ばれている。和人相手商売をしているため、日本語読み書きができる。元のことは賢い姪のアシㇼパ懐いていることから一応の信頼寄せている。先祖のアイヌらが集めた砂金存在知っており、川からの恵み尊んで川を汚さないようにしてきたアイヌの生き方から外れていたものであることから「呪われたもの」と評している。 キロランケアイヌ語: Kiroranke) 声 - てらそままさき キャッチフレーズ - 謎の多き北の工兵 アシㇼパの父・ウイルクの古い友人で、ロシア系少数民族出身のアイヌ。ロシア語アイヌ語日本語ウイルタ語、ニヴフ語などを喋れる日本語ロシア語読み書きも可能。樺太アイヌ独特の髪型(額からつむじ、耳付にかけて短髪後頭部長髪)と蓄えられ顎髭特徴色男名前の意味は「力強い(キロ下半身ランケ)」。 元大日本帝国陸軍第七師団工兵部隊隊員で、工兵として日露戦争に出征した。アシㇼパ元・白石と出会った時点では既に第七師団除隊しており、コタン)で生活している。なお、出征必要な和名は明らかでない若い頃、ウイルクと共に北海道へ渡り小樽近くアシㇼパコタンから少し離れた別のコタン居住。妻と2人幼い子供がいる。 子供のころから馬に慣れ親しんでおり、その体調感情に通じ、どんな馬でも無下に扱うのは忍びない考えているそのため日露戦争出征時には軍馬管理一任された。知らずに食べた肉が馬の腸と知って吹き出す場面もあった。工兵だったことから爆薬扱いにも長け手製の手投げ弾を所持している。 女は抱き心地だとして肥満女性好み、妻もふくよか体型である。若い頃樺太逃亡中長谷川から日本語教わ際にワタシデブ女…スキデース」と発言したり、その後亜港監獄以前スリムな体型から著しく肥大化したソフィア再会した際に開口一番「めちゃくちいい女になったな」と真顔で伝え周り唖然とさせた。 「のっぺら坊正体はウイルクである」「金塊北海道アイヌ返すべき」と言い、その行く末見届けるため、網走監獄向か元らと行動を共にするアシㇼパとはアシㇼパ赤ん坊時に会っており、ウイルクの葬式再会アシㇼパからは「キロランケニㇱパ」と呼ばれているが、元はあまりキロランケ信用していない。土方からはロシアアムール川流域から来た極東ロシアパルチザンで「のっぺら坊」の仲間一人考えられている。また、インカㇻマッからは金塊強奪事件犯人であり、その際、ウイルクを殺した人物推測されている。 ウイルクは網走監獄の中で生きていたが、アシㇼパによりウイルク本人である確認取れると、キロランケひそかに尾形合図出しウイルクを射殺させた。かつてキロランケ合理的なウイルクのことを「心から信頼して愛していた」が、ウイルクが北海道に移住し娘を得て変わってしまったことに失望して判断だった。その後ウイルク殺害主導したことを隠したままアシㇼパ連れて樺太向かいソフィアとの再会目的亜港監獄目指す亜港監獄襲撃し脱獄させたソフィアとともに流氷通ってロシア大陸側渡ろうとしたが、アシㇼパ追ってきた谷垣見つかり網走監獄インカㇻマッ刺した自身のマキリ刺され深手負い逃走その後月島登とも戦闘になり得意の手投げ弾奮戦するも、登にトドメ刺されるところ、止め入ったアシㇼパ金塊の鍵を思い出したことを伝えられると、安心したかのように息を引き取った故郷アムール川)が凍ってできた流氷の上氷葬され、ソフィアもそっと一人で別れ告げた昔の前はユルバルス(ロシア語: Юлбарс, ラテン文字転写: Yulbars)。タタール語で「虎」を意味するキロランケ出身民族かどうか語られていないが、アムール川流域に住む少数民族のひとつナーナイ族では虎は神様であり、虎を殺した者は不幸になるとされる樺太アイヌ曾祖母 を持つタタール人人民の意志党員として1881年アレクサンドル2世暗殺関与した実行犯一人でロシア指名手配犯暗殺から20年以上経ってもロシア側から命を狙われている。暗殺実行時には15歳皇帝殺害後、ウイルクやソフィアとともに10年以上の逃亡続けた末、樺太経由でウイルクと日本へ渡る。樺太ではウラジオストク写真館を営む日本人長谷川一から日本語学んだ。実は長谷川日本軍スパイとしてロシア潜伏していた鶴見中尉仮の姿だが、キロランケ気付いていない様子である携帯している小刀マキリ)のモデル平取町二風谷在住のアイヌ工芸家貝澤徹 に作ってもらっているインカㇻマッアイヌ語: Inkarmat) 声 - 能登麻美子 キャッチフレーズ - 神出鬼没の見る女 苫小牧勇払コタン現れ居ついた、良く当たると評判謎の占い師の女。アイヌ女性慣習として口周囲刺青彫っている。名前の意味は「見る女」。細面美女で、アシㇼパからは「イカッカㇻ・チロンヌㇷ゚誑かすキツネ)」と呼ばれている。「顔に傷がある男性が好き」と元に気がある素振り見せ、彼女をやきもきさせる描写がある。アシㇼパの父と面識があるとしているが、アシㇼパは父から彼女のことを聞かされておらず、またキロランケとの面識無かった占いには「シラッキカムイ」と呼ばれる先祖伝来の白狐頭骨を使うほか、手のひら上に向けて第六感働かせる千里眼」を使ったり、ある状況が「頭にふと浮かんだ」りするが、事前に関係者接触した場面あるため、その能力本物偽物かは曖昧な描写となっている。 孤児子供の頃から占いしながら放浪しており、アシㇼパ同じくらいの齢の時、小樽でウイルクと出会い、共に放浪していた。ウイルクに想い寄せていたが、彼がアシㇼパの母と出会った後に彼の元を離れた。その別れの際に、ウイルクより再会する際に判るようにと彼の母の形見衣装渡された。受け取際に二度と会うことはないと占い出ている」と伝えたが、今もその衣装着用している。その後、アイヌの金塊強奪事件知ってウイルクの死を調べる中、遺留品を持つ鶴見に「ウイルクは金塊強奪際にキロランケ殺されのっぺら坊金塊在処を知るキロランケ仲間」と告げられ、それを信じている白石苫小牧競馬場に連れ出されキロランケ参加したレース以外馬券占い的中させている。これは金塊強奪事件犯人突き止めるため、馬券からキロランケ指紋手に入れるためであった。 アイヌの女として金塊取り戻すため、そしてウイルクの娘であるアシㇼパ助けるために行動していると言いアシㇼパコタン赴く前、鶴見から谷垣利用するよう助言を受け、谷垣と共に彼女を探す旅に出る。その過程谷垣何度か助けられるうちに惹かれてゆき、後に相思相愛となったアシㇼパからは、ウイルクから彼女のことを聞かされてないこと、「元・白石・キロランケ中から裏切り者が出る」と忠告しフチ不安にさせたこと、谷垣利用し追ってきたことなどから怪しまれている。また尾形には鶴見との内通見抜かれるが、鶴見利用しているだけだと答えている。 網走監獄襲撃時の発言から、本心ではアイヌの金塊興味なく、アシㇼパとウイルクの身を何より案じ元や土方より鶴見信頼置いていたことが伺える。また本物のっぺら坊であるウイルクは、双眼鏡越しに自身渡した母の形見衣装着た彼女を見て少女の頃に別れたきりのインカㇻマッ認識したインカㇻマッキロランケ何処か合図送ったのを目撃した直後にウイルクが狙撃されことから脱出時にキロランケ口論になり揉み合った際、キロランケマキリ腹部刺さったのを証拠にするため抜かずに重傷負った第七師団の下で治療中谷垣の子供を宿していることがわかり、小樽病院移される駆けつけた谷垣と共に脱出後、フチコタンにて出産する携帯している小刀(メノコマキリ)のモデル北海道網走郡在住彫刻家藤戸幸夫作ったもの。 チカパシアイヌ語: Cikapasi) 声 - 渡辺明乃 疱瘡流行により家族亡くなったため、アシㇼパコタン老人たちによって育てられた少年。名前は(チカプ、陰茎隠喩)を立てる(アシ)=勃起という意味で、亡くな前の親から正式な名として付けられた。村の子供たちとあまり交流せず、狩り興味を持っていた。谷垣チカパシ狩り盗み見る姿を自身の少年期の姿と重ねた。猟を見せてくれた事を切っ掛け谷垣らを慕うようになり、旅立った彼らを追い掛け以後同行することになる。性に興味があり、少々ませている部分がある。が、オチウを目撃した時には生々しさ怖気づいてしまった。谷垣インカㇻマッ恋仲になった後は二人結婚して本当の家族になるよう提案している。 周囲の大人安全なコタンへ戻るよう促されても「待って人がいない」「居場所がない」と語り結果的に谷垣身柄預かる形となっている。釧路以降はリュウ行動を共にし、谷垣追って樺太渡り杉元一味アシㇼパ追跡行にも同行する樺太出会った同じ年のエノノカと家族になるためにリュウとともに残留谷垣から二瓶の銃を受け継いだキラウㇱアイヌ語: Kirawus) 声 - 前野智昭 釧路付近コタンに住むアイヌ。常にマタンプㇱ(アイヌ伝統鉢巻)を巻いている名前の意味は「角がついている」で、子供の頃鹿の角をつけて遊んでいたことに由来する当時のアイヌ同様、払い下げ軍用銃を猟に使っている。二瓶とは知り合いで、10年上前一緒に狩りしたことがあるエゾシカ惨殺犯が二瓶の銃を持っていたことから持ち主谷垣犯人勘違いし追っていた。後に畑の行為仲間のアイヌと共に目撃したため誤解が解村長説明し谷垣とは和解する杉元一味コタン去った後、コタン蝗害遭ってしまう。そのため食い扶持を稼ぐべく鰊漁場働いていたところ、土井新一件土方一味知り合い共に行動することになる。 エノノカ(アイヌ語: Enonoka) 声 - 市ノ瀬加那 樺太アイヌ少女名前の意味は「フレップコケモモ)」、フレップをたくさん食べてすべて吐いたことに由来するチカパシと同じ齢だが、しっかり者物怖じしない性格日本語達者な上、そろばん使える祖父と共に犬橇大泊現在のコルサコフ)へ行商来ていたが、帰り道犬橇から落ちるも祖父気づかれ置いて行かれてしまい、一人で抜けようとしていたところを見慣れないアイヌの少女」を追う元たちに助けられたチカパシ仲良くなり、よく行動を共にするうになる。 エノノカの祖父アイヌ語: Henke) 声 - 杉崎亮 犬橇所有者孫娘のエノノカからはヘンケおじいちゃん)と呼ばれ本名不明アイヌ語話者日本語判らず、また耳が遠い行商からの帰路孫娘から落ちたことに気づかなかったものの、エノノカが元たちに助けられた後に合流し元たちをコタン案内した登の意向犬橇の操者として彼に雇われ、エノノカと共に元たちのアシㇼパ追跡行に同行することになる。 イポㇷ゚テ 第七師団の項の有古力松を参照キムㇱプ 疱瘡痕のある老人金塊集めたアイヌの一人チカパシ祖父1860年頃、和人対抗しアイヌの金塊ロシア海軍から兵器購入しよう画策する失敗金塊隠しの中でひっそりと生活をしていたが、1902年シロマクル発見されたのを機にアイヌの埋蔵金捜索巻き込まれるシロマクル アイヌ惨殺事件当事者のひとり。有古力松の父。息子とともに八甲田雪中行軍遭難事件遭難者遺体の捜索参加した過去を持つ。和名不明途中メㇱライレンカなどの気の荒い者に嫌気差し、アイヌの金塊捜索から抜けたメㇱラ アイヌ惨殺事件当事者のひとり。沙流出身。 スクタ アイヌ惨殺事件当事者のひとり。 イレンカ アイヌ惨殺事件当事者のひとり。 ラッチ アイヌ惨殺事件当事者のひとり。 オㇱケポロ アイヌ惨殺事件当事者のひとり。

※この「アイヌ」の解説は、「ゴールデンカムイ」の解説の一部です。
「アイヌ」を含む「ゴールデンカムイ」の記事については、「ゴールデンカムイ」の概要を参照ください。


アイヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 16:15 UTC 版)

流罪」の記事における「アイヌ」の解説

アイヌにおいてはアキレス腱切断してコタン集落)から所払いする刑があった。追放刑であるが、歩行支障がある態で野生動物から逃げられず、食料調達難しいため実質的には死刑近かった

※この「アイヌ」の解説は、「流罪」の解説の一部です。
「アイヌ」を含む「流罪」の記事については、「流罪」の概要を参照ください。


アイヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 07:56 UTC 版)

喉歌」の記事における「アイヌ」の解説

詳細は「アイヌ音楽を参照 北海道のアイヌはレクッカラと呼ばれる喉歌一種たしなんでいたが、現在は行われていない。レクッカラの最後の歌手は1976年亡くなっているが、レコーディング残っている

※この「アイヌ」の解説は、「喉歌」の解説の一部です。
「アイヌ」を含む「喉歌」の記事については、「喉歌」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アイヌ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

アイヌ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 08:27 UTC 版)

名詞

アイヌ

  1. 北海道樺太などの先住民族

「アイヌ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アイヌ」の関連用語

アイヌのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アイヌのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
財団法人和歌山県人権啓発センター財団法人和歌山県人権啓発センター
Copyright (C) 2022 財団法人和歌山県人権啓発センター All rights reserved.
北海道方言辞書北海道方言辞書
Copyright © 1997-2022 by akaringo. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアイヌ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの身体尺 (改訂履歴)、ハプログループD (Y染色体) (改訂履歴)、人類館事件 (改訂履歴)、火葬場 (改訂履歴)、ゴールデンカムイ (改訂履歴)、流罪 (改訂履歴)、喉歌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアイヌ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS