久保寺逸彦とは? わかりやすく解説

久保寺逸彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/04 08:44 UTC 版)

久保寺 逸彦(くぼでら いつひこ、1902年9月10日 - 1971年11月5日)は、アイヌ文化およびアイヌ語研究者金田一京助の薫陶を受け、知里真志保山田秀三と交友関係を持ち、ユーカラなどの口承文芸や宗教儀礼(儀式参照)の記録に多大な貢献を残した。墓所は多磨霊園


  1. ^ a b c 佐々木利和「解説にかえて」『アイヌの文学』岩波新書、1977年、p.209
  2. ^ 『アイヌの文学』(岩波新書、1977年、p.210)の記述によれば、1934年から1937年にかけて採録されたとある。
  3. ^ 佐々木利和「解説にかえて」『アイヌの文学』岩波新書、1977年、p.211
  4. ^ 佐々木利和「解説にかえて」『アイヌの文学』岩波新書、1977年、p.205


「久保寺逸彦」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「久保寺逸彦」の関連用語

久保寺逸彦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



久保寺逸彦のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの久保寺逸彦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS